居酒屋 禁煙。 2020年4月から屋内全面禁煙化! 吸っていい店・ダメな店の見分け方

2020年4月から屋内全面禁煙化! 吸っていい店・ダメな店の見分け方

居酒屋 禁煙

2018年7月18日) これにより、2020年4月から全面実施が飲食店の禁煙法律が決定しました。 ただし、後述のように例外措置はそのままということで、すべての飲食店が禁煙になるわけではないようです。 違反した罰則もある 禁煙エリアに灰皿を設置した施設管理者(飲食店の場合は企業)に50万円以下、禁煙エリアで喫煙した人に30万円以下の罰則もあります。 ただし、いきなりではなく都道府県知事らの指導、勧告、命令に従わない場合に適用されるようです。 全国的に禁煙エリアで喫煙した場合、現状は罰金1千円を受けることが通例ですのでこれが通常になるのではないでしょうか。 (もちろん見つからなければいいという問題ではないです) 禁煙対象の飲食店内ではどうなんでしょう。 店側が注意して、それで終わりですかね。 注意したら99%の人はやめるでしょうし。 小規模店舗は喫煙可能 100平方メートル以下の客席であれば喫煙は出来るます。 (厨房50平方メートル以下) 100平方メートルというと30. 25坪です。 厨房まで含めると45. 375坪です。 飲食店に従事されているなら、すぐ分かると思いますが小規模店舗ではないですよね。 業種にもよりますが、30坪あれば客数目安は、 レストラン1. 2席/坪=36席 居酒屋1. 5席/坪=45席 カフェ2席/坪=60席 結構広い店舗スペースです。 これを例外店舗として扱うのですから、骨抜きされたと国会では言ってますがそれも納得できます。 (草案では30平方メートルで約3. 3倍) これ以上のスペースの飲食店となるとホテルのバイキングなどのイメージですね。 そもそも禁煙ですが。 資本金5000万円以下でないと適用はされないので、大手チェーンは下の項目で詳細を書きますが喫煙所の設備投資しないといけません。 該当する店舗では、喫煙できる(禁煙ではない)趣旨を店舗前に掲示する義務が必要になります。 【wi-fi繋がります】の横に【喫煙できます】というこんなステッカーを貼るイメージになるんでしょうか。 そもそも、現在でも個人、大手関係なく飲食店は禁煙は基本になっていますし、昔ながらの喫茶店かラーメン屋くらいしか喫煙し放題というイメージがないんですけども。 センチメンタルな感じで言えば、レトロな喫茶店も油で汚れたラーメン屋も灰皿があって、そこも含めて店舗の雰囲気や趣向が成立していると個人的には思うんですよね。 なので、健康だの、受動喫煙だという人自体はそもそも、そういう店には行かないので例外あることが問題になるとは現場レベルでは感じないです。 【追記】東京都では従業員を雇う飲食店では禁煙となり、国の法律よりも厳しい規制になる骨子が出ています。 ほぼ決定といっていいでしょう。 約84%の店舗が対象になるようです。 バーやスナック、居酒屋も含まれます。 ただし、国の法律と同様に分煙室の設置があれば、喫煙は可能となります。 新店舗は禁煙だが例外あり 既存店は喫煙可能な場所という掲示義務だけで問題ありませんが、これから開店する店に関しては原則禁煙になっています。 しかし、例外として喫煙可能にする場合は、喫煙専用室設置が必要になります。 外部に煙が流出しないようにすることで受動喫煙が防げることができます。 当たり前ですが、20歳以下の立ち入りも禁止の掲示義務があります。 簡単に言えば設備投資して、分煙を完璧にできるならば喫煙してもいいということですね。 そこまでして、これから新店を開業する時に喫煙を考慮することはないでしょうから、ほとんどすべての新店は禁煙と考えていいでしょうね。 水たばこの店とかはどうなるんでしょう。 たばこの領域ではないんですかね。 大手チェーン店舗は禁煙だが例外あり 客席100平方メートル以上、もしくは資本金5001万円以上の企業でも喫煙できる例外があります。 実は、上記の新店と同じ条件。 つまり喫煙専用室を新たに設けることで可能になります。 すでに一部のファミレスなどでは設置されているのを見たことあると思います。 結局議員の票田があるから法律に例外ができたのかも WHOの評価をはじめ、国際的に評価されたいと思うのであれば正直、強制的に飲食店全面禁煙で押し通せば抵抗があったとしても押し通せたと感じるんですよね。 そもそも日本人の喫煙率が20%を切っている。 つまり80%の人が賛成しているのと同様なので、どう考えても他に理由があると感じるのが普通じゃないですか。 その裏には商店街なども過去の大店法や補助金などを多く支援してきた、ある政党の支持が強くてその中に飲食店も多く存在しているわけです。 その影響力を考えるとどうしても大きな声で、強制禁煙を訴えると選挙での不利さがあるかもしれません。 (だって高齢者が多い商店街では飲食店喫煙は当たり前) また、日本では少なくなっていますが、たばこ葉をつくっている農家もいるわけです。 農業関係者の票田はかなりですから、これを失うと次期当選には風当たりが厳しくなるのは目に見えています。 国会議員自身が愛煙家だからという理由で、反対という勘違いしているマスコミもありますが、商店街や農村を中心に票田がある議員に勘案した制度である部分が見え隠れします。 例外で骨抜きになったと騒がれているのは、この事情が大きいと個人的な意見ですが事実じゃないでしょうか。 まとめ 厚生労働省がまとめたものがありますので、詳しく知りたい方はこちらから調べてみてください。 2020年4月1日からは原則全面禁煙になるということがお分かり頂けたかと思います。 しかし、実質は例外という名のもと経営者判断に任せるということで国からボールを投げられた形になっています。 これを機に、自店を全面的に禁煙することを検討される方もいると思いますし、掲示するだけで実質的には何も変えないという店もあります。 あなたがお客として行く場合、受動喫煙に対して意識が高い飲食店経営者かどうかは禁煙化しているかどうかでわかると思いますので、今後そこも感じながら利用しても面白いかもしれません。

次の

禁煙した居酒屋、売り上げは… 飲食店の喫煙なぜ争点?:朝日新聞デジタル

居酒屋 禁煙

厚生労働省の受動喫煙対策を含んだ法律「健康増進法改正案」は、小規模居酒屋も含めて全面禁煙を義務化する法律にまとまりそうです。 もともと「健康増進法改正案」には飲食店は全面禁煙を謳っていました。 この法律は小規模居酒屋も含めて飲食店は全面禁煙の方向のだということがわかったんですね。 これに対してもちろん居酒屋側含め飲食業界は反発していますが、僕は喫煙者ではありますが個人的には賛成です。 この居酒屋が禁煙になる法律はいつから施行されるのでしょうか? また飲食店を原則禁煙にするという法律が作られている理由が、どうやら2020年のオリンピックと関係しているようです。 それでは、受動喫煙対策を含んだ法律「健康増進法改正案」について考えてみます。 居酒屋が禁煙になる法律はいつ? 居酒屋が禁煙になる法律がいつ施行されるかですが、 早ければ 今年の5月には施行されるようです。 しかし、このような法律の改正案は延びることも往々にしてあるので、絶対とは言い切れません。 反対意見もまた多いようなので。 ただ遅くても日本でオリンピックが開催される2020年までには、必ず法律は改正されると感じています。 この法律の改正が進むためには、飲食業界との折り合いが必要となってきそうです。 飲食店側から見たら経営に関わることですから、反発するのももっともですけどね。 厚生省は全飲食店を全面禁煙するのではなく、一部例外も織り込む事を検討しているようです。 それが、 未成年が原則立ち入らない床面積が約30平方メートル以下の小規模なバーやスナック ただ居酒屋は家族連れも外国人の観光客も多く訪れるということで、レストランなどと同じ枠で見られるようです。 喫煙室の設置も可能な屋内全面禁煙が必要と判断しているようなので、居酒屋も分煙化してねってことですね。 ただこの 例外や分煙化に関しても反対の声が多いのが現状です。 個人的にも例外なく全面禁煙の方が分かりやすいし、分煙して完全に受動喫煙対策となっているのかが疑問ですね。 入り口もトイレも別など店の中にもう一つ店があるくらいの分煙をしないと、恐らく受動喫煙対策にはならないのではないでしょうか。 まぁそうなると、もう別の店ですけどw 飲食店の禁煙がオリンピックの前提条件? この飲食店の全面禁煙を含んだ法改正案は、どうやらオリンピックに関係しているみたいです。 国際オリンピック委員会(IOC)は、 オリンピック大会での完全禁煙をオリンピックの開催国として推奨しているようで(必須としているとも)、これは世界保健機関(WHO)も推奨しています。 先進国の中では禁煙対策はかなり遅れています。 スペインでは2006年に施行した分煙を含めた受動喫煙防止法の誤りを認めて、2011年には 全面禁煙に舵を取っています。 世界を見てみるとやはり禁煙の方が強い、というかそれが常識とする国が多いです、特に先進国では。 昨年開催されたオリンピックの開催地リオデジャネイロでは、敷地内は全面禁煙でした。 その前のロンドンでは建物内は全面禁煙で外気に拡散するようなスペースに喫煙場がありました。 一方で現在の東京は建物内で分煙するという、受動対策としては緩いという印象です。 オリンピックが開催されれば、外国の方が多く来日してきます。 その時に今のような緩い受動喫煙対策だと日本の評判は落ちるでしょうしね。 この法案改正の目的は受動喫煙対策、いわゆる国民の健康のためはもちろんあるでしょうけど、日本と世界との乖離を埋めたいと言う思惑があるのではないでしょうか。 アイコスは受動喫煙対策になる? 最近流行っている アイコスは、当面は法規制の対象外となるようです。 (3月2日現在で方針が変わっています。 以下参照) ~3月2日追記~ アイコスも現時点では 規制対象とするようです。 ただし、施行までに健康への影響を調べ、 影響がないと判断されたら規制対象から外れるとのこと アイコスが法規制の対象外となる理由は、現状では 受動喫煙の危険性が明らかになっていないからだそうです。 ゆくゆくは喫煙もアイコスのような形に代わって行くでしょうね。 受動喫煙対策の原因の喫煙自体には何もしない? 受動喫煙対策を含んだ法律「健康増進法改正案」は、恐らく2020年のオリンピックがきっかけとなっているでしょうけど、今は国民の過半数以上が禁煙者ですから、全面禁煙は今の時代に沿っていると思います。 もちろん居酒屋含め飲食業界は打撃を受ける可能性は十分にあります。 しかし、遅かれ早かれ分煙ではなく全面禁煙の上で、採算の取れる経営をしていかなければならない時代に将来必ずなると思うんですね。 一方で、喫煙自体はどうなのか。 ここまでするのなら喫煙禁止すれば良いんじゃないかって思ってしまいます。 このような意見も。 受動喫煙対策で罰則化ですか……もう喫煙者イジメやめてスパッと法的にタバコ違法化したら? ちまちまチクチクとなーんか陰湿なんだよ。 受動喫煙も有害でガンになって百害しかないものをそもそもなんで売ってんだよじゃあ。 — 榎宮@ノゲノラPWG発売中! yuukamiya68 極端な意見かもしれませんが、この意見はそうだよなって感ますね。 ただ料金は上がることがあっても無くなることがない。 税金かかってますから国としてもそうそう全面的に排除はできないでしょうね。 国の財源の一部が、受動喫煙対策の大元になっているモノっていうのはジレンマだなぁ.

次の

居酒屋が禁煙になる法律はいつ?飲食店がオリンピックの前提条件?│クラウドノート

居酒屋 禁煙

日本は喫煙に関しては後進国と言われています。 すでにニュージーランド、トルコ、フランス、香港、アメリカ(州による)など屋内全面禁煙の法律があります。 もはや公共空間での禁煙は海外では常識となっていますし、各国民も受けいれています。 日本人でも、今回は飲食店事業主が抵抗をみせていますが、愛煙家の方々も仕方ないと受け入れているんじゃないですかね。 これから国際社会は、さらに禁煙化が進みますので外資系飲食店はもちろん、インバウンド客が増加している企業は日本国内でも禁煙化が当然となるのは間違いないでしょう。 データから見る飲食店の禁煙化の影響 現在の日本の喫煙率は、男性30. 2%、女性8. 6%となっています。 成人の割合から人数にして、約1400万人ほどです。 残りの約7500万人は、非喫煙者です。 国立がん研究センターHPから抜粋 男女併せた平均値は約20%程度です。 つまり残り80%の対象は禁煙でも全く問題がありません。 大きい枠で考えた時に20対80のマーケットのパイです。 どちらに参入していくかという判断をした時に後者(つまり80%の非喫煙者)を選ぶことは当然のことです。 ただし、喫煙率の性別、年齢を見ると 男性の30~50代の働き盛りの層に関しては約40%の喫煙率です。 この層をターゲットにしている飲食店に関しては、サービス内容を変える、業態を変えるなどの大幅な変更を検討する必要があるかもしれませんね。 (それでも60%は非喫煙者です) これほど社会的に禁煙化の動きがある中で、いつまでも喫煙者層をターゲットにした事業展開をしても近い将来、苦しい状況になるのは間違いありません。 禁煙化に伴う売上への影響を比較 飲食店が法律により禁煙となると売上への影響が気になるところです。 結論から言えば、売上が増加する可能性が高いです。 禁煙化による売上増になる要因 一番の大きなメリットは新しい顧客層が来店することです。 つまりこれまで、喫煙を敬遠してきた客層が流入します。 また子供連れであれば、なおさら喫煙可能な場所になんか連れていく必要はありません。 もともと 積極的に禁煙化を実施してきた店舗は飲食店は、世間から見て評価が高いです。 イメージが良いブランド力のある企業では既に禁煙化は当たり前。 大手チェーンも全面禁煙化(分煙室設置の例外なし)をかなりのスピードで進めています。 しかも健康ブーム、食の安全を求める動きも重なって外食にも健康食を求めることも多い中、社会の動きに逆行している飲食店は長い目で見て淘汰されていくのはもはや仕方ないのもしれないです。 いくら味や雰囲気が良くても受動喫煙のリスクやにおいが気になる人は非喫煙者の方には多いわけです。 所得が高い人ほど喫煙率は下がるデータもあります。 現在習慣的に喫煙している者の割合(男性) 【世帯所得別】 200万円以下 37. 類はともを呼ぶとも言えばいいでしょうか。 その方が気に入ってくれれば、また新たに 客単価が上がるサイクルを作ることが期待できます。 もともと所得が低い層、もしくは価格競争勝負の低価格化した商品で展開している店舗はどうする。 となると、 原材料費や人件費の高騰が進む中で禁煙問題でなく、先に経営構造自体が限界に来ますから戦略自体をまず考えなければ辛い小手先の話ではないと思います。 見逃せないアルバイト採用への良い影響 喫煙できないと飲食店に行かないという層がそれほど居るとは思いませんが、酒場やバーなどでは一時的には客足が遠のく可能性があります。 特に利用客が喫煙率の高い層を狙っている(30~50代男性)昔ながらの喫茶店や赤提灯の店などは、禁煙化すると売上への影響は必至です。 そもそも味や雰囲気のみで勝負するのではなく、 喫煙できることも含めたサービスが売りの店は当然打撃を受けます。 固定客も減るかもしれません。 それでも時代は変化しているので自ら変化できるかどうかじゃないでしょうか。 いつまでも固定客に頼っているようでは、下請け会社と同じで、いつ切られるかわからなくてビクビクしている零細企業と同じです。 何も禁煙に限ったことではありません。 事業を営む限りあらゆる制約の中で事業内容を変化させていくことが重要ですからね。 東京都では、どこも一貫して禁煙になりますから考える余地は与えられませんが、全国的に見て例外措置を受けるように分煙室の設置、店舗規模の調整で喫煙を継続していく選択がいいと考えがちになります。 例外措置の適用によって、一時的には売上を維持できる可能性はありますが、それだけ喫煙者が集まると煙濃度が高くなります。 これが、徐々に嫌になって客足が遠のく可能性もあります。 自分の煙は気にならなくても他人のものは気になるというのは意外と多いです。 また非喫煙者も利用客グループに居ると、やはり煙濃度が高いところは喫煙者側も気を遣いますし、 非喫煙者が上司や先輩であれば確実に禁煙化した店舗を選択するようになります。 昔ながらの喫茶店や赤提灯の店であっても、禁煙を巡って否が応でも競争に晒されます。 (今後一切、選択肢から外される) 禁煙化することによって売上が落ちることを懸念したり、一時的に実際ダメージを受けることもあります。 しかし、長期的に見てみれば早めに実施して新たな顧客獲得、店舗イメージを構築した方が事業にとってはプラスになるのは海外事例でも起きています。 目先の利益を追うだけではジリ貧に陥るのは明確です。 上でも述べましたが、絶対数が多い非喫煙者を狙っていく方が賢いわけです。 まとめ 飲食店の禁煙化においての影響をみてきました。 単純に喫煙率が20%を切っているなかで、残りの80%をターゲットにした飲食店展開するほうが、いいわけです。 客単価は上がる機会になりますし、これまでの事業を変化させ、メンテナンスすることが必要な時代になっているということでしょうね。 長期的に事業を考えるのであれば、禁煙化の例外措置関係なく全面禁煙を選択する方がメリットは大きいということです。 管理人:ハラハチ ネザーランドドワーフという種類のうさぎと暮らす30代自営業者です。 飲食業で働き始めるも挫折して営業職へ。 その後、自分でやりたいようにやるというワガママで現在の自営業へ。 これまでの経験や日々のことを書いています。 カテゴリー• 3 最近のコメント• に ハラハチ より• に はせがわゆきお より アーカイブ•

次の