ねえ 先生 知ら ない の ドラマ。 ねぇ先生知らないの1話の無料で見逃し動画を視聴する方法

ねぇ先生、知らないの?:馬場ふみか&赤楚衛二W主演実写ドラマ 人気モデル役に矢作穂香、“ドS”編集者役に和田雅成も キャスト一挙公開

ねえ 先生 知ら ない の ドラマ

特撮ドラマ「仮面ライダービルド」の万丈龍我(仮面ライダークローズ)役でも知られる俳優の赤楚衛二さんが女優の馬場ふみかさんとダブル主演を務める連続ドラマ「ねぇ先生、知らないの?」の放送が、MBSの深夜ドラマ枠「ドラマ特区」で放送中だ。 ドラマは恋愛経験に乏しいマンガ家の青井華とカリスマ美容師の城戸理一の恋愛を描いたラブストーリー。 理一を演じる赤楚さんは、今作がドラマ初主演で「上京した当時はそういうことが起こるとは思ってもいなかった」と驚きと喜びを語る。 赤楚さんに、演じる理一との共通点や仕事へ懸ける思い、「仮面ライダービルド」で現場を共にしたメンバーたちへの思いを聞いた。 恋愛経験に乏しい自分を隠しながら恋愛マンガを描いてきたマンガ家の華(馬場さん)が、飛び込みで入った美容室でカリスマ美容師の理一(赤楚さん)と出会い、互いに引かれ合っていく……というラブストーリー。 矢作穂香さん、和田雅成さん、古川毅さんらも出演する。 今作がドラマ初主演。 赤楚さんは「主演だと聞いたときは、本当にうれしかったです。 恋愛もので主演をやらせていただくことは初めてで。 上京した当時は、そういうことが起こるとは思ってもいなかったので、純粋にうれしいです」と喜ぶ。 ただ、「プレッシャーのようなものも少し感じていた」と不安な胸中も明かし、「頑張らなきゃなという意気込みもあります。 高ぶっていますね(笑い)」と興奮気味に話す。 ドラマでは、人気のカリスマ美容師であると同時に、仕事最優先の華を優しく包む理解のある理一を演じる。 「僕も上京して『なんのために今ここにいるのか』と考えたとき、第一にすべきは仕事だった。 だから一番恋愛したい時期にもかかわらずお仕事を頑張っている人というのは、大変なのも分かりますし、すてきだなと思います」と自らと重ね合わせて語る。 仕事に没頭するとプライベートがなくなるタイプなのは、華と共通するところでもあるという。 「作品に入ると、まず仕事以外の欲が全部なくなります。 本を読むことも途中でやめちゃうし、友達にも全然会わなくなっちゃうことが多々あります」と赤楚さん。 それぐらい情熱を込めているからでは?と聞くと、「いい意味で言えばそうですし、悪い意味で言えば不器用です。 でも、それぐらい情熱をかけないと評価してもらえないところにいると思うので……。 『やるしかない』というところですね」とほほ笑む。 「見てくれるファンの方や、家族や友達など、僕のことを知っている人たちが喜んでくれるのがうれしい」と語る赤楚さん。 その喜びが、仕事をする上での原動力にもなっているという。 「僕に興味がなかったとしても、作品を見て面白かったと思ってもらえたら最高です。 『僕が演じるから日常を忘れられる』というような俳優になれたら、最高だなと思います」と前向きに語る。 赤楚さんはライダーを演じた経験は、演技の技術的な部分というより精神面での助けになっているという。 「日常のハードスケジュールの中でのタフさや現場に慣れるという部分では、仮面ライダー(経験)に助けられているなと思います。 心がけのような部分ですね」と語る。 桐生戦兎(仮面ライダービルド)を演じた犬飼貴丈さんをはじめ武田航平さん、水上剣星さんら「ビルド」メンバーとは今でも連絡を取り合うほど仲がいいという。 だが、それぞれ多忙な日々を送っているため、会うことはあまりないとか。 「仲はいいんですが、しょっちゅう会っているというわけではなくて。 それぞれ自分のやるべき道があるから、頻繁に会わなくなったのかなという気がします」と現状を明かす。 今作で初主演を務める赤楚さんはもちろん、「一番会っている」という犬飼さんも今年4~9月に放送されたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」に出演。 武田さんも舞台にドラマにと活躍中だ。 こうした「ビルド」メンバーたちの活躍は、赤楚さんにどのような刺激を与えているのか。 そう赤楚さんに聞くと、「奮い立たせてくれる存在です」と話す。 「かつての仲間でもあるし、でもやっぱりライバルだし。 いろんなところで頑張っている姿を見て、『俺も頑張らなきゃな』と奮い立たせてくれる存在です。 みんなが頑張れば頑張るほど、『ビルド』自体も『こんなメンバーが出ていたんだ』と思われる作品になると思う。 だから、それぞれが今、前を向いて生きているのが素晴らしいと思います」と語る。 今作で主演を務め、これからますますの活躍が期待される赤楚さん。 改めて今後の目標を聞くと、「一人暮らしで、30代あたりで二子玉川の1LDK以上のマンションに住むというのが夢です(笑い)。 ほどよい田舎とほどよい都会で、(出身の)名古屋に雰囲気が似ているんです」と笑顔で、まずはプライベートの目標を明かし、続けて「『人を幸せにする』というのが原動力なのは大前提で、その先で、自分の幸せも勝ち取れるようになったら一番なのかなと思います」と仕事面での理想を語った。 連続ドラマ「ねぇ先生、知らないの?」はMBSの深夜ドラマ枠「ドラマ特区」で、毎週木曜深夜0時59分に放送。 テレビ神奈川、チバテレ、テレ玉、SBSでも放送される。

次の

ねえ先生知らないのドラマの最終回予想!原作と違う結末になる?

ねえ 先生 知ら ない の ドラマ

特撮ドラマ「仮面ライダービルド」の万丈龍我(仮面ライダークローズ)役でも知られる俳優の赤楚衛二さんが女優の馬場ふみかさんとダブル主演を務める連続ドラマ「ねぇ先生、知らないの?」の放送が、MBSの深夜ドラマ枠「ドラマ特区」で放送中だ。 ドラマは恋愛経験に乏しいマンガ家の青井華とカリスマ美容師の城戸理一の恋愛を描いたラブストーリー。 理一を演じる赤楚さんは、今作がドラマ初主演で「上京した当時はそういうことが起こるとは思ってもいなかった」と驚きと喜びを語る。 赤楚さんに、演じる理一との共通点や仕事へ懸ける思い、「仮面ライダービルド」で現場を共にしたメンバーたちへの思いを聞いた。 恋愛経験に乏しい自分を隠しながら恋愛マンガを描いてきたマンガ家の華(馬場さん)が、飛び込みで入った美容室でカリスマ美容師の理一(赤楚さん)と出会い、互いに引かれ合っていく……というラブストーリー。 矢作穂香さん、和田雅成さん、古川毅さんらも出演する。 今作がドラマ初主演。 赤楚さんは「主演だと聞いたときは、本当にうれしかったです。 恋愛もので主演をやらせていただくことは初めてで。 上京した当時は、そういうことが起こるとは思ってもいなかったので、純粋にうれしいです」と喜ぶ。 ただ、「プレッシャーのようなものも少し感じていた」と不安な胸中も明かし、「頑張らなきゃなという意気込みもあります。 高ぶっていますね(笑い)」と興奮気味に話す。 ドラマでは、人気のカリスマ美容師であると同時に、仕事最優先の華を優しく包む理解のある理一を演じる。 「僕も上京して『なんのために今ここにいるのか』と考えたとき、第一にすべきは仕事だった。 だから一番恋愛したい時期にもかかわらずお仕事を頑張っている人というのは、大変なのも分かりますし、すてきだなと思います」と自らと重ね合わせて語る。 仕事に没頭するとプライベートがなくなるタイプなのは、華と共通するところでもあるという。 「作品に入ると、まず仕事以外の欲が全部なくなります。 本を読むことも途中でやめちゃうし、友達にも全然会わなくなっちゃうことが多々あります」と赤楚さん。 それぐらい情熱を込めているからでは?と聞くと、「いい意味で言えばそうですし、悪い意味で言えば不器用です。 でも、それぐらい情熱をかけないと評価してもらえないところにいると思うので……。 『やるしかない』というところですね」とほほ笑む。 「見てくれるファンの方や、家族や友達など、僕のことを知っている人たちが喜んでくれるのがうれしい」と語る赤楚さん。 その喜びが、仕事をする上での原動力にもなっているという。 「僕に興味がなかったとしても、作品を見て面白かったと思ってもらえたら最高です。 『僕が演じるから日常を忘れられる』というような俳優になれたら、最高だなと思います」と前向きに語る。 赤楚さんはライダーを演じた経験は、演技の技術的な部分というより精神面での助けになっているという。 「日常のハードスケジュールの中でのタフさや現場に慣れるという部分では、仮面ライダー(経験)に助けられているなと思います。 心がけのような部分ですね」と語る。 桐生戦兎(仮面ライダービルド)を演じた犬飼貴丈さんをはじめ武田航平さん、水上剣星さんら「ビルド」メンバーとは今でも連絡を取り合うほど仲がいいという。 だが、それぞれ多忙な日々を送っているため、会うことはあまりないとか。 「仲はいいんですが、しょっちゅう会っているというわけではなくて。 それぞれ自分のやるべき道があるから、頻繁に会わなくなったのかなという気がします」と現状を明かす。 今作で初主演を務める赤楚さんはもちろん、「一番会っている」という犬飼さんも今年4~9月に放送されたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」に出演。 武田さんも舞台にドラマにと活躍中だ。 こうした「ビルド」メンバーたちの活躍は、赤楚さんにどのような刺激を与えているのか。 そう赤楚さんに聞くと、「奮い立たせてくれる存在です」と話す。 「かつての仲間でもあるし、でもやっぱりライバルだし。 いろんなところで頑張っている姿を見て、『俺も頑張らなきゃな』と奮い立たせてくれる存在です。 みんなが頑張れば頑張るほど、『ビルド』自体も『こんなメンバーが出ていたんだ』と思われる作品になると思う。 だから、それぞれが今、前を向いて生きているのが素晴らしいと思います」と語る。 今作で主演を務め、これからますますの活躍が期待される赤楚さん。 改めて今後の目標を聞くと、「一人暮らしで、30代あたりで二子玉川の1LDK以上のマンションに住むというのが夢です(笑い)。 ほどよい田舎とほどよい都会で、(出身の)名古屋に雰囲気が似ているんです」と笑顔で、まずはプライベートの目標を明かし、続けて「『人を幸せにする』というのが原動力なのは大前提で、その先で、自分の幸せも勝ち取れるようになったら一番なのかなと思います」と仕事面での理想を語った。 連続ドラマ「ねぇ先生、知らないの?」はMBSの深夜ドラマ枠「ドラマ特区」で、毎週木曜深夜0時59分に放送。 テレビ神奈川、チバテレ、テレ玉、SBSでも放送される。

次の

ねぇ先生、知らないの?:馬場ふみか&赤楚衛二W主演実写ドラマ 人気モデル役に矢作穂香、“ドS”編集者役に和田雅成も キャスト一挙公開

ねえ 先生 知ら ない の ドラマ

そんなところを目撃してしまったらやっぱり華の性格からだと会わずに帰ってしまいますよね。 そこで直接この人とはどういう関係?って聞けてしまう人もいるんでしょうけどね。 華はそんなタイプじゃないですからね。 星野七瀬は、理一に彼女ができたことを知ったのに抱きついたりできる積極的というか華とは正反対なタイプです。 というか星野七瀬ってちょっと怖い!男性と女性の前では態度が変わるタイプなのではと思います。 でも理一は星野七瀬のことは妹のようにしか思っていないようですけど! しかし星野七瀬は漫画家の華の大ファンだととても喜んでいたのに、華が理一の彼女だとわかったとたん態度が変わるなんて本当に怖いです。 それだけ理一のことが好きってことなんでしょうけど・・・。 それに最終回ではドラマの撮影で理一と星野七瀬が一週間夜遅くまで一緒にいることになるようなんですよね。 原作では星野七瀬が華と理一が会えなかった一週間のことを華に聞くのですが、「仕事に夢中だった」との答えを聞いて華には勝てないと思い友達になるという話になっています。 でも予告動画を見た限りでは星野七瀬は理一のことを好きで諦めていないようなんですよね。 もう最終回なのにとてもライバル宣言を取り消すようには見えないんです! 理一もなんだか桐谷と華との仲を心配しているようですし・・・。 理一と華がハッピーエンドになるのは間違いないはずなのになんだか最終回でどうなるのか読めない感じなんですよね。 それとも続編ができるということなのでしょうか? あと1回でとてもスッキリ終わるような予告ではなかったので本当に気になってしょうがないんですよね。 原作に忠実なようでところどころオリジナルもあったりしますし。 1週間が長すぎます・・・。

次の