ピカチュウ 雷の呼吸。 アニメに登場する“雷・電気”キャラといえば? 3位「ヒロアカ」上鳴電気、2位「鬼滅」我妻善逸、1位は…(アニメ!アニメ!)

【鬼滅の刃】全集中 雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃・六連 [ニコニコあっぷる]

ピカチュウ 雷の呼吸

ゲームやアニメが人気の「ポケットモンスター」シリーズのピカチュウがモチーフのグミ「ピュレグミ でんげきトロピカ味2」(カンロ)が7月21日に発売される。 ポケモンとカンロのコラボ商品の第2弾。 パイン果汁をメインに、マンゴー、バナナ果汁を使用したトロピカル感のあるフレーバーで、ピカチュウの攻撃わざである「でんげき」をイメージしたコーラフレーバーを加えた。 パッケージは全4種で、サングラスや麦わら帽子などを身につけた夏の装いのピカチュウをデザインした。 グミはピカチュウ(メス)形で、通常のハート形も含まれる。 価格は150円。 コラボ第1弾「ピュレグミ でんげきトロピカ味」は6月に発売され、SNSなどで話題となった。 前回のコラボに続き、期間限定でピュレグミのレモン味、グレープ味、マスカット味もピカチュウとコラボする。 パッケージにピカチュウの足跡がデザインされる。 グミにも一部ピカチュウ形が含まれる。

次の

アニメに登場する“雷・電気”キャラといえば? 3位「ヒロアカ」上鳴電気、2位「鬼滅」我妻善逸、1位は…(アニメ!アニメ!)6月26日は「雷記念日」。930年の旧暦の同日…|dメニューニュース(NTTドコモ)

ピカチュウ 雷の呼吸

や漫画にもが雷や電気にまつわるが数多く登場しますよね。 本記事では 雷・電気にまつわるをご紹介します。 どんなが登場するのか想像しながらご覧ください。 やを見たことがない人でもを見れば、老若男女問わず知っているであろう有名な。 頬には赤い色をした「電気袋」と呼ばれるものを持っており、溜め込んだ電気の放電はここから行っています。 『鬼滅の刃』我妻善逸 『』に登場するは雷の呼吸を使用する。 電光の如き一閃により鬼の身体を瞬く間に斬断することが可能で、その疾さは刀を抜く手はおろか納刀の動作すら目に映す事は敵わなほど。 また生来は黒髪だったのだが、修行中に雷に打たれた衝撃で金髪になったという体質も持っています。 『僕のヒーローアカデミア』上鳴電気 『』に登場するは、個性「帯電」をもつ。 体に電気を纏わせ放出する事が可能で、かなり強力な電気を放出でき、自分を中心とした範囲攻撃は相手が数十人居ても余裕で制圧することができるほど。 1度に大量の放電をすると攻撃力は高いが、自身の許容Wを超える電力を使用すると、脳がし一時的に著しいアホになってしまうという一面を持っています。 変化系に属する念能力者で、固有能力に相当する「発」はを電気に変化させる能力。 雷掌といった手のひらから電撃を繰り出す攻撃や、落雷といった標的の頭上から稲妻のように電撃を落とす技といった技を使用し戦います。 『家庭教師ヒットマンREBORN! 』ランボ 『』に登場するはで、レ・(ツナ)の雷の守護者。 普段はウザい5歳児ですが、ある種の「10年」を使用し成長した姿は、ではとなっており、25歳はたのもしい人間に成長しています。 『金色のガッシュベル!! 』ガッシュ・ベル 『』に登場する・ベルは、「魔界の王を決める戦い」の人の王候補の1人。 の高嶺清麿と共に、口から電撃を出すザケルや、地面から電撃の盾を出し敵の攻撃を防ぎ跳ね返すラシルドなどを使用し戦います。 『美少女戦士セーラームーン』セーラージュピター 『』に登場するは、雷の星・木星を守護星に持つ保護の戦士。 雷電と嵐を自在に繰流ことができ、元々力が強いことから近接格闘戦をに敵と戦います。

次の

アニメに登場する“雷・電気”キャラといえば? 3位「ヒロアカ」上鳴電気、2位「鬼滅」我妻善逸、1位は…(アニメ!アニメ!)

ピカチュウ 雷の呼吸

イーブイはその夜、ピカチュウのいる樹に訪れた。 しかし、ピカチュウの姿はどこにもない。 本当に解放され、ピカチュウはこの森からいなくなってしまったのか。 「…………」 イーブイは何も言わず、しょんぼりして樹を後にする。 その帰り道、誰かがイーブイの肩を叩いた。 「!」 イーブイが振り返ると、そこにいたのは カラカラだった。 このカラカラは、イーブイの彼氏。 だが最近ピカチュウと付き合っているという話を聞き、急にイーブイを嫌い始めていた。 「あ…カラカラ…」 「…ピカチュウと別れたんだ。 」 「……………」 「そう。 じゃ、もう心残りはないでしょ。 早くボクの家においでよ。 」 「………うん。 」 イーブイは、カラカラの家へ連れて行かれる。 カラカラの家で、イーブイはカラカラの股間に顔を埋めていた。 「…ん…ぐぅ…」 「ほら、もっとしっかり咥えなきゃだめじゃない。 」 「…ぐ…ぐ…んちゅ…」 ジュブッ…ジュブッ… 「…イーブイ下手だね、いつもピカチュウにやってることなんだろう?」 「……ぐ…ググ…」 「…ウ…そうそう、もっとしっかり吸いついて、」 「………ン…う…ぷはっ!!」 イーブイは顔を上げた。 それに対しカラカラは腹を立てる。 「なんでやめちゃうんだよ、まだ途中じゃないか。 」 イーブイは涙目になりながら言った。 「だって…息が続かないんだもの…。 ひどいよ…なんでこんなに意地悪するの…」 「意地悪なのはそっちじゃないか。 僕がいるっていうのに、ピカチュウなんかと…」 「……………」 イーブイは、『ピカチュウが悪いんだ』とは言わなかった。 言えないのだ。 「…ほら、息継いだならさっさと咥えて。 」 イーブイはまた黙ってカラカラのものを咥え始める。 その大きさはピカチュウには到底及ばないものだが、だが口の小さいイーブイにとっては咥えるのも精一杯なものだった。 「もう、もっとしっかりやってよ。 イライラするなぁ。 」 「……んちゅ…ちゅ……」 「仕方ないなぁ。 」 カラカラは急にイーブイの頭をつかんで激しく前後させた。 「んっ!? んぅっ!! うぅぅ!!」 「ほらほら、このぐらいしっかりやってよ。 」 「ぐぐぅ…ぐぅぅぅ…」 「ハァ…ハァ…ハァ…だんだん気持ちよくなってきた。 じゃ、口の中に出すからね。 」 「ん…ぐぐ…」 (もう…嫌…誰か助けて……………ピカチュウ…………) 「ウッ…ウッ…で、出る…うっ!!」 ガツンッ!!!! イーブイは一瞬、何が起こったのか分からなかった。 誰かがカラカラを殴って押し倒したのだ。 おかげでなんとか、イーブイの口腔内に出されることは無かったが… 「だ、だれだっ!!」 カラカラが叫んだその先をイーブイも見た。 「あ! ピカチュウ!」 そこにいたのはピカチュウだ。 ピカチュウとは初対面であるカラカラも少し動揺気味のようだ。 「お、お前…」 「ピカチュウ!! なんでここに…」 イーブイの言葉を遮ってピカチュウが言った。 「おい、カラカラ、イーブイに何してんだ!! そうか、お前が話に聞いてた彼氏だな。 やめろよ、イーブイ苦しそうじゃないか!」 カラカラも負けじと言う。 「フンッ、そんな事言って、お前だってイーブイに、同じような事をしてきたんだろう!?」 「…そうかもしれない。 だが…」 ピカチュウが言葉を失ったとき、すかさずイーブイが言った。 「ううん! ちがう! ピカチュウはもっと優しくやってくれたよ!」 イーブイはピカチュウに向かって言った。 「ピカチュウ、このカラカラが、私の彼氏だった…だけどこの人、本当は私の体が目当てだったんです!!」 「やっぱり、そんな気はしてたけど。 」 それを聞いてカラカラは怒り出した。 「うるさいっ! 余計なこと言うな!!」 カラカラがイーブイに向かって思い切りホネブーメランを投げつけた。 それはイーブイに直撃し、イーブイはそのまま、気を失って倒れた。 イーブイの意識が一瞬回復したとき、イーブイは、ピカチュウとカラカラが闘っているのを見た。 二人とも傷だらけだ。 イーブイはなんとか立ち上がろうとしたが、傷がひどくて起き上がれない。 とうとうイーブイは、そのままふたたび倒れてしまった。 ふたたび目を覚ましたとき…もう起き上がれるほど回復していた。 ということはずいぶん時間が経っている。 イーブイはすぐに起き上がって辺りを見回した。 カラカラはどこにもいない。 だが目の前に… 「ピカチュウ!!」 ピカチュウが倒れている。 「ああっ!! ピカチュウ!!!!」 イーブイはピカチュウに駆け寄った。 ピカチュウはぐったりして動かない。 「ピカチュウ、そんな、ピカチュウ…ピカチュウ!!!」 「う…」 ピカチュウがちょっとうめいた。 「ピカチュウ!? 大丈夫!? ど、どうなったんですか!?」 ピカチュウはかすれた声で言った。 「…あ…あぁ…カラカラは…逃げた…だけど、俺も………やられた…………」 「うそ!? そんな! なんで、どうして!? ピカチュウ、しっかりしてください!!!」 「…ごめん、もうだめだな…最後にイーブイの顔が見れただけで…」 「やめて!! 嫌!! お願い! しっかりして!!」 「なんで…そこまで……?」 「だって! だってピカチュウがいなかったら、私一人っきりになっちゃう!!」 「…?」 「…私は…物心あるときには…もう親がいなくて…それで…血がつながってない人たちにたらい回しにされて育ったんです……そんなとき…優しく声をかけてくれたのがカラカラで…でも、彼も結局は私の体を目当てに近づいてきただけで…ピカチュウがいなかったら…私…もう寄り添う人が…」 「…そうだったのか…」 「私、ピカチュウが死ぬなら私も死にます! もう…これ以上生きていたって…」 「…イーブイ…どこまでも、俺についてくるのか。 」 「…はい。 」 「………………………………よく言った…」 「…?」 ピカチュウは体を起こした。 「…イーブイ、ちょっとからかってみただけだ。 俺は大丈夫。 ただ、疲れて起き上がれなかっただけだ。 大丈夫だ。 」 「……………」 「イーブイ? どした?」 「………ワァァァァン!!!」 イーブイはとつぜんピカチュウに抱きついた。 「ひどい! ピカチュウ…もう私…」 イーブイはひたすら泣いた。 「イーブイ…泣くな。 もうどこにもいかないから。 …正式に、付き合うか。 」 イーブイはピカチュウによりかかったまま頷いた。 「…そうか。 じゃ…そうだな、もう、一緒になろう。 ずっと…」 「…はい…」 「それから…明日の朝にでも、森の奴らに、謝りに行って…」 「森のみなさんにも認めてもらって…」 「…結婚するか。 」 「…はい…」 ピカチュウとイーブイはその夜、ピカチュウの住処である樹へと戻った。 「…今夜やるのか?」 「…はい…お願いします…」 「そうか…本当にいいんだな?」 「はい。 もう何にも遠慮することはありません。 」 「そうか…分かった。 」 イーブイは仰向けになり、その上にピカチュウが乗って、向き合っている状態だ。 「なぁ、やっぱり心の準備が出来てから…」 「お願いします。 」 「…そうか。 分かった、いいだろう。 」 ピカチュウとイーブイはいよいよ本格的な関係を結ぼうというのだ。 「よしッ…じゃぁ…体の力を抜いて…」 「はい…」 「ゆっくり、やるんだぞ。 お前は初めてだけど…俺も初めてだから…」 「はい…」 「ちょ、ちょっと緊張するな…」 「はい…」 「じゃぁ…」 ピカチュウは、ゆっくりとイーブイに体を密着させていく。 やがて、イーブイにピカチュウのものが押し付けられた。 「…いくぞ…」 イーブイは緊張して、ただただうなずいた。 ピカチュウが腰に力を入れた。 ググッ… 「うっ…痛い…」 イーブイの股間からは少量の血が流れ出し、イーブイが辛そうな顔をした。 「だ、大丈夫か?」 「は…はい…」 「分かった。 」 ピカチュウはさらに力を入れ、少しずつイーブイの腰に自分のモノを埋めていく。 ズブッ… 「くぅ…」 「ん…ゥ…キツイ…な…」 ピカチュウも少し辛そうな顔をした。 ピカチュウも初めて体験する膣の締め付けに戸惑っているようだ。 「ぐ…けっこう痛いな…」 「…は…い…」 「がんばれ、あとちょっと…」 ズズズ… 「ぐ…」 「…ハァ…ハァ…」 ピカチュウはイーブイの、一番奥まで到達した。 「ぐっ…う…ふぅ…どうだ…?」 「だ…大丈夫…です…」 「はぁ…こんなもんだったなんて知らなかったな…だけど…俺も、だいぶ楽になった…」 「はい…」 「よし…じゃぁ…一気にいくぜ!!」 「はいっ!!」 ピカチュウは深く深呼吸し、それから一気に自らを引き抜いた。 ズズッ!! 「あぁぁ!!」 イーブイが身をよじらせた。 「おい、イーブイ…」 「わたしは…だいじょうぶ…ですから…遠慮しないで…」 「…分かった。 …もう、何も言わないぞ。 」 ピカチュウはそれから、ぐっと口を閉じた。 「………」 ピカチュウはそのまま、イーブイに一気に挿入した。 ズブッ!! 「んあぁぁ!!」 (……心配…しなくていい…だな…イーブイ…) ピカチュウはもういちど、イーブイからモノを抜く、そして、激しく腰を振りはじめた。 …ズッ…ズッ…ズッ…ズッ…ズッ… 「あっ、あっ、あっ、あぁ、あぅあ……」 「ぐっ…う……う……ウゥ…ウウウッ…」 イーブイは自分の中でピカチュウの太いモノが激しく上下する刺激を体全体で受けている。 またピカチュウも、イーブイの中に入り、熱く締め付けられる快感を受けた。 そのまま、ピカチュウのスピードはどんどん加速していく。 「う、うぁ、うぁ、あ!」 (がんばれ…イーブイ、もう少しだ…) 「あ、あ、あ、あ、あ、あ!!」 「うっ…ぐ…」 ピカチュウの体に熱いものが滾ってきた。 「イーブイ…そ…そろそろ…」 「うっ、うっ、…」 「外で…出すぞ…ッ」 イーブイはそれを聞いたとたん、必死で首を横にふった。 「えっ? だ、だってそうしないと…」 イーブイは激しくあえぎながら、しかし必死にピカチュウの言葉を否定する。 「イーブイ…外でじゃ…ないと…あ…出そう…だッ…ぬ、抜くぞ…」 「いや、いや!!」 「ダメだ、う…イ、イーブイ…だってお前が…あ…あぁっ…!!」 ピカチュウは堪えきれず、腰を引き抜こうとした。 するとイーブイがとつぜんピカチュウに抱きつき、ピカチュウが離れないようしっかりとつかんだ。 「えっ!? おいイーブイっ!! うわわわゎゎ…あ…ああっ!!」 ピカチュウはもう我慢が出来ず、しかしイーブイの腕からも抜けられず、もう目茶目茶になって、とうとうイーブイに抱きついた。 「あ…ああああああッ…!!」 ビュウウゥッ…ビュウウゥッ…ビュウウゥッ…… イーブイの胎内から、ピカチュウの射精の音が聞こえた。 「あ…出し…ちゃった…」 ピカチュウはそのまま、がっくりとイーブイに倒れこんだ。 「イーブイ……いいのか?」 イーブイはまだ苦い顔をしていたが、だがむりやり微笑んで見せた。 「…はい…。 」 二人の初体験は終わった。 2匹はしばらく抱き合ったままじっとお互いを見詰め合っていた。 だが、やがて離れて、並んで仰向けになった。 「イーブイ…やっちゃったな…これで本当に俺ら…」 「はい…いいんです。 …これで、私…幸せです…」 イーブイは自分の下腹をさすった。 「もう、この中にピカチュウが………まだちょっと温かい……」 「俺も…ようやく、イーブイとひとつになった…もう…離れないよ。 」 ピカチュウは上体を起こした。 「イーブイ…もうお前は、奴隷なんかじゃない。 俺の…れっきとした…パートナーだ…」 「はい…………。 嬉しいです…。 」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ あれから、1年経った。 ピカチュウとイーブイは、あの日の翌日、森中のポケモンたちに謝罪し、許しを得て、正式に森のポケモンとなった。 そして、ピカチュウとイーブイは、ピカチュウが住んでいた樹で2匹で暮らすこととなる。 もちろん、ピカチュウもイーブイも、幸せだ。 では、一年経った今ではどうしているだろうか。 「おーい、イーブイ、また食料持って来たぜ。 」 ピカチュウが、イーブイの待つ樹へ帰ってきた。 「あ、お帰りなさい…」 イーブイは横になってピカチュウを待っていた。 「イーブイ、どうだ、調子は?」 「はい、大丈夫です。 」 「そっか。 良かった。 じゃ、たくさん食べてくれよ。 」 そう言って、ピカチュウはイーブイに食物を差し出した。 今、イーブイはこうして一日中樹におり、ピカチュウに食べ物をもらって生きている。 なぜなのか。 その答えは… 「あ! またちょっと動いた!」 「えっ! 本当!」 ピカチュウはすぐイーブイに駆け寄って、その腹に耳を当てた。 「…健康そうだな。 」 「はい…ちょっと妊娠には早い…って言われましたけど…大丈夫みたいです。 」 イーブイはすでに、ピカチュウの種子を腹に宿している。 だがイーブイは妊娠するのに若すぎたため、体が重く自由に行動が取れない。 そのためにピカチュウが食料調達をしているのだ。 また、その若すぎのために出産も心配されたが、思ったほど様子は悪くなく、この調子ならなんとか安産できそうだという。 「イーブイ…大丈夫か?」 「…ちょっと…まだ食欲が無くて…」 「そうか…じゃぁ…食べさせるよ。 」 ピカチュウは自分が取ってきた木の実をいくつか口に含んで噛み砕き、イーブイに口移しで食べさせる。 「……………どうだ?」 「…はい…美味しいです…」 「そうか。 良かった。 じゃ、また食料取ってくるから。 」 「…はい。 」 ピカチュウはそう言うと、再び食料を調達に出て行った。 イーブイはふたたび横になり、眠りにつく。 胎児がいるというのはかなり労力がいるので、横になっているだけでも疲れるのだ。 イーブイはそのまま、静かにピカチュウを待った。 その寝顔は、満面の笑みであった。 3ヶ月後、その樹から元気な産声が聞こえてきた。

次の