コロナ ウイルス 感染 都 道府県。 新型コロナウイルス(COVID

新型コロナ:島根県、移動自粛解除を拡大 関西圏含む37府県 :日本経済新聞

コロナ ウイルス 感染 都 道府県

国民の皆様へ ~まん延を防止するために~• ・日常生活や職場では、人混みや近距離での会話、多数の者が集まり室内において大きな声を出すことや歌うこと、密接した状況で呼気が激しくなるような運動を行うことを避けましょう。 ・感染防止のためには、できる限り頻繁に石けんを使って手洗いして下さい。 ・咳をする際には、咳エチケットにより飛沫を飛ばさないようにし、室内の換気にも気を付けて下さい。 ご留意ください。 人口が多いエリアであっても、外出の自粛によって接触量は低くなります。 ご利用に当たっては次の事項にご注意ください。 ・個人情報は入力しないでください。 ・このチャットボットは、AI(人工知能)を活用したシステムによる自動応答です。 有人によるチャットではありません。 ・関連する全ての質問に対応しているわけではありません。 主に厚生労働省、文部科学省、経済産業省、総務省、法務省、内閣官房のホームページに公表されているQ&Aをもとに構築しており、順次、問い合わせの多い質問への回答を準備しておりますのでご了承ください。 ・なお、このチャットボットによる回答はデータベース構築時点の情報であり、更新状況によりさらに新たな情報が取りまとめられている可能性があります。 最新の状況や詳細については、インターネット等でご参照いただければ幸いです。 ・現在、精度向上のため試験運用を行っています。 質問の意図をAIが認識しない場合には、表現を変えて再度入力してください。 ・チャットボットの回答精度の向上や機能改善を目的として、利用履歴(入力された質問及び表示された回答)を記録しています。 内閣官房は以下の目的でこれらの情報を利用します。 ・内閣官房のホームページの利用規約、免責事項、著作権に関する事項が適用されます。 同意して始める.

次の

【新型コロナウイルス】緊急事態宣言が全国拡大 「特定警戒都道府県」とは

コロナ ウイルス 感染 都 道府県

安倍首相は対象期間を1カ月程度とした理由について、衆院議運委で「外出自粛の徹底などの取り組み効果を確認するためには、潜伏期間なども考慮すると1カ月は必要であり、専門家の意見も聞いて定めた」と説明した。 宣言終了の判断基準については、「取り組みが奏功し7都府県全体の一日当たりの新規感染者数がクラスター対策が可能なレベルまで低減できれば、爆発的増加の可能性は相当程度低下すると考えられる」とし、専門家の意見を聞いた上で適切に終了の判断を下す方針を示した。 必要なら対象地域追加も 一方、西村康稔経済再生担当相は参院議運委で愛知県、京都府、北海道の状況についても議論したが、感染者が増えるスピードが比較的緩やかで感染経路の分からない人の比率が少ないなどの理由で指定を見送ったと説明した。 対象地域については今後は専門家の意見も聞きながら、「必要があれば追加も考えていきたい」と語った。 出所:東京都 備考:6日現在の累計感染者数 小池百合子知事は6日夜の記者会見で、緊急事態宣言発令後に都として実施する措置を。 「都市封鎖という形はない」と説明する一方、徹底した外出自粛を求めた。 やむなく外出する場合も人と人との距離を約2メートル確保するよう注意喚起した。 7日午前には「人の流れを減らすことが第一のポイント、ここから始めて行く必要がある」とあらためて都民に訴えた。 4日に最多の41人の感染者が判明した大阪府の吉村洋文知事は6日のへの投稿で、大阪府では宣言が出された場合の行動計画を事前にまとめていると指摘、「食料品や医薬品、スーパー等、生活の維持に必要な店は営業しますし、食材や物資が不足するものでもありません」と府民に呼び掛けた。 「産業別では、まず外食や宿泊などの需要が完全に蒸発してしまう。 影響は極めて甚大だ」と述べ、4-6月期の成長は、外需の弱さも反映してリーマンショック後の2009年1-3月期の同17. 8%減よりも「厳しくなる」との見方を示した。 政府は新型コロナウイルスの感染拡大による甚大な経済への影響を踏まえ、国内総生産(GDP)の2割に当たる事業規模108兆円の経済対策を実施する。 感染拡大防止策に加え、生活困窮世帯への現金給付や企業の資金繰りなど雇用維持と事業継続を支援する「緊急支援フェーズ」と、消費と投資を喚起する「V字回復フェーズ」の2段階で実行する予定。 20年度補正予算案と共に7日に閣議決定した。

次の

【新型コロナウイルス】緊急事態宣言が全国拡大 「特定警戒都道府県」とは

コロナ ウイルス 感染 都 道府県

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて出された緊急事態宣言。 対象となった首都圏など7都府県では8日、ビジネス街や繁華街は人影もまばらで、閑散とした風景が広がった。 九州最大の商業地・福岡市の天神では、通勤ラッシュの時間帯も人が少なく、行き交う路線バスにも空席が目立った。 デザイン関連会社に勤める福岡県大野城市の会社員男性(61)は「いつもより人が7~8割少ない」と驚いた。 昼すぎの大阪・ミナミ。 名店が集まる法善寺横丁は、臨時休業の貼り紙をしている店が目立った。 和食店の男性店主(66)は「7日の夜は2組しか客がいなかった。 観光客が激減している中で宣言も出て、見通しが立たなくなってつらい」。 9日から4月下旬まで休業するという。 IT関連企業の支店長の男性(56)はATMのメンテナンスが主な業務。 「不具合は毎日起きる。 1日2~3カ所回る仕事だから、リモートワークはできない」 兵庫県と大阪府にスーパーなどを展開するコープこうべ(神戸市東灘区)は8日から当面の間、全99店舗で開店後の30分間を高齢者や障害者、妊産婦を優先する「専用時間」とした。 緊急事態宣言が出されても安心して買い物をしてもらうための措置だ。 地下の食品売り場が営業していた千葉県柏市の高島屋柏店では、買い物客がレジで一定の間隔を保てるように、立ち位置が分かる線を引いた。 買い物かごも、この日から店員が交代で消毒した。 午前中は混雑したが、午後はいつもの平日と比べて客は少なめだったという。 埼玉県越谷市の商業施設「イオンレイクタウン」もスーパーなどを除いて専門店街が臨時休業になり、周辺は人がまばらだった。 新型コロナウイルスの感染拡大から緊急事態宣言が出た東京都。 飲食店やカラオケ店の多くが臨時休業。 風俗店を紹介する無料案内所はシャッターを下ろしていた。 ネオンが消え、店から漏れる照明も少なく、道は暗い。 「街が死んじゃったみたいでしょ」。 焼き肉店の呼び込みをしていた40代男性はあきらめ顔だった。 7日の客はゼロだったという。 焼き鳥店にいた男性会社員(27)は、友人の店を応援するために訪れた。 「つぶれそうだからと言われて。 人がいないから逆に『三密』にならないと思った」と話した。 各知事が続々メッセージ 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、緊急事態宣言の対象となった首都圏と関西、福岡の7都府県からの来訪を自粛するよう求める声が自治体から相次いでいる。 感染拡大のリスクを抑えたい考えだが、自治体側も対象区域の住民も、ジレンマを抱えている。 7都府県から訪れる人は、2週….

次の