Zoom 音楽 共有。 Zoomで画面共有で音楽、音声などを流すには

Zoom 画面共有(操作方法・複数・ipad・ホワイトボード・音・共有機能・画面共有できない・音声・動画・参加者・Youtube・パワポ)

Zoom 音楽 共有

電話やチャットなどでやり取りをしていると、言葉だけで伝えるのが難しいと感じることがあるのではないでしょうか。 言葉と合わせて、実際の画面や資料を見せながら説明できたらスムーズで便利ですよね。 そんなときにおすすめしたいのが、画面共有の機能を備えたWeb会議ツール「Zoom」です。 ここでは、Zoomの画面共有機能で実現できることとその使い方、また不具合の対処方法についてまとめています。 Zoomの画面共有機能を活用して、ミーティングの効率化を図ってみましょう。 Zoomの画面共有でできること 画面共有とは、自分のPCやスマホ・タブレットに表示されている画面をそのまま相手の画面に表示させる機能のことです。 Zoomならホスト側の画面だけでなく、クライアント側の画面を共有にすることも可能。 まずは、Zoomの画面共有機能で共有できるデータについて詳しく見ていきましょう。 ファイルの共有 ZoomではパワーポイントやPDFのファイル・画像や動画データ・現在表示させているブラウザなど、様々な画面を共有することができます。 PCはもちろん、スマホやタブレット間での画面共有も可能です。 これにより、自分の画面を共有して操作説明を行ったり、相手の画面を共有してリモート操作を行ったりすることができるようになります。 またスマホの動画も共有できるため、ゲームのプレイ動画の共有に活用するなど個人利用にもおすすめ。 Zoomにはミーティング内容の録画・録音機能も搭載されているので、共有データと指示内容を合わせて見返すことができるのもポイントです。 ホワイトボードの共有 Zoomで共有できる画面の中に「ホワイトボード」という項目があります。 ホワイトボードにはテキスト入力や図形挿入などの機能が備わっている他、直接ペンで書き込むことも可能。 操作はホスト・クライアントともに可能となっており、相互のアイデア出しや絵や図による説明をしたいといった場合に便利です。 ホワイトボードの内容を画像ファイルとして保存しておくこともできます。 コメントの入力 Zoomでは画面共有しているデータにコメントや注釈を付けられます。 共有中の資料内容について通話を行いながら、重要なポイントにマーカーを引いたりメモを加えたりして自分なりにまとめられるので効率的です。 ただし、 コメントの内容は自分だけでなく相手側の画面にも表示されるという点に注意。 複数人が一度に書き込みをするとかえって分かりにくくなってしまうケースも考えられます。 Zoomならホスト側の設定でクライアント側のコメントを無効にすることもできるので、参加人数に応じて活用してみると良いでしょう。 Zoomで画面を共有するやり方 Zoomを利用するには、ミーティングの主催者となるホストがアカウントを持っている必要があります。 Zoomアカウントの作成は簡単にできるため、あらかじめ用意しておくとスムーズです。 ここからは、Zoomで実際に画面共有をする際の手順について解説していきます。 自分の画面を共有する Zoomでのミーティング中に自分の画面を共有したい場合の手順は以下の通りです。 画面内にある「画面共有」をクリック• 一覧の中から共有したい項目を選択• 「画面の共有」をクリック 共有が完了すると、ミュート機能やコメント機能など画面共有に対するメニューが表示されます。 相手の画面も同じ状態になっていることを確認し、ミーティングを再開しましょう。 相手の画面を共有してもらう 相手の画面を共有する場合も上記と同様の手順となります。 共有してほしい画面を伝え、相手側に操作してもらいましょう。 相手の画面共有が完了すると、自分の画面が切り替わり、画面共有のメニューが表示されます。 複数人でミーティングをしている場合で、ホストに対してのみ画面共有を行いたい場合はオプションから設定を変更することが可能です。 共有できる相手を「全参加者」から「ホストのみ」に変更してから共有を行いましょう。 1対1でのミーティングの場合は特に設定を変更する必要はありません。 別の画面に切り替える 画面共有中に別の画面に切り替えたい場合は、以下の手順で操作できます。 共有メニューから「新しい共有」をクリック• 一覧の中から切り替えたい項目を選択• 「画面の共有」をクリック 画面共有に回数制限などはないので、自由に切り替えながらミーティングを進めていきましょう。 画面共有を停止する 画面共有を停止させたい場合は、共有メニューにある「共有の停止」をクリックするだけで完了です。 共有が停止されると、自動でビデオ通話の画面に戻ります。 また共有している画面を閉じることで、強制的に共有を停止させることもできます。 例えばエクセルの画面を共有している途中で、エクセル自体を終了させるといったやり方です。 こちらでも特に問題はありませんが少し強引な印象になってしまうので、基本的には「共有の停止」ボタンから操作するようにしましょう。 リモート操作を行う リモート操作とは、相手の画面を遠隔で操作することを言います。 相手が操作に困っているときや口頭での説明が難しいときに便利な機能です。 Zoomでリモート操作を行う場合は以下の手順で進めましょう。 相手の画面を共有してもらう• 共有メニューから「リモート制御」のリクエスト行う• 相手にリモート制御を承認してもらう リモート操作の停止は双方から行えるので、必要な操作が終了したら自分で停止するか相手に停止してもらいましょう。 画面共有がうまくできないときの原因と対処方法 ZoomではPC画面だけでなく、スマホやタブレットの画面を共有することもできます。 しかし、中にはスマホ画面の共有がうまくできないといったケースも。 最後に、画面共有がうまくできない場合の原因と対処方法について詳しく見ていきましょう。 ホストによる画面共有を許可されていない 現在、ZoomでWeb会議に参加する場合、ホストが画面共有を許可するかどうかの権限を持っています。 これはセキュリティ対策でもあり、スムーズなWeb会議を行うのに必要な設定です。 もし参加者で画面共有ができない場合は、ホストに画面共有権限を許可してもらうようにしましょう。 Zoomのソフト・アプリが最新版になっていない スマホの画面を共有する場合、初回のみZoomプラグインのインストールが必要となります。 スマホ側でプラグインのインストールが失敗している場合やZoom側のプラグインが最新になっていない場合は共有の不具合が起こる可能性があります。 同じネットワークに接続されているにも関わらず、画面共有が機能しない場合はプラグインの更新を行ってみましょう。 最新版のプラグインはZoomのダウンロードセンターからダウンロードすることができます。 まとめ• Zoomの画面共有機能では各種ファイルやホワイトボード、コメントの共有ができる• 簡単な操作で画面共有・リモート操作ができるので初心者でも使いやすい• スマホ画面の共有がうまくできない場合はネットワークとプラグインを確認 画面共有を活用することで、離れた場所にいる人ともスムーズに会議を進めることができます。 Zoomはミーティング以外にも、研修やセミナーなど様々な使い方ができる便利なサービスなので、ぜひ導入を検討してみてくださいね。

次の

画面共有でビデオや音楽を流す時、音声を参加者に直接届ける方法

Zoom 音楽 共有

ハウリングとは? カラオケなど行った時に、こんな経験した事ありませんか? スピーカーから急に「キーーーン」という高い音が鳴ったり「ホァンホァンホァン…」といった奇妙な音がでたり。 あの現象の事を「ハウリング」と呼びます。 簡単に言うと、スピーカーからでた音を、マイクがその音を拾い、何度も音がループしてしまう状態です。 zoom使用時にも、あれと同じ現象が起きたりします。 何が原因なの? 原因として考えられるのはいくつかありますが、一番よくあるのが、1人で2台以上同時にzoomに参加している場合です。 (もしくは、一緒に参加してる人が近くにいるか) 同時に使用すると、音を拾いあってしまうので、ほぼ確実に「ハウリング」がおきてしまいます。 どうやったら音が消えるの? すぐにできる対策方法は、どちらかの機種のマイクモードをオフにする、又はボリュームをゼロにする事です。 主催者の操作方法 もし、どの参加者から鳴っているのか原因が分からない時は、ひとまず全員の音量を消してみて下さい。 操作方法は次の通りです。 参加者を指定して音を消す場合は、マイクのボタンを押して下さい。 参加者の操作方法 やばい!私の所からピーピー鳴ってる!と思ったら、落ち着いて「ミュート」と書かれたイラストをタッチ(クリック)しましょう。 大きな音が出て慌てると、ついつい退出ボタンを押したくなりますが、落ち着いてマイクをオフにすれば大丈夫です。 ハウリングではなく、ガサガサ音が消えない場合の対処法 たまに、参加者の方から、異常なほどガサガサ音が聞こえる場合があります。 これも、音量かマイクモードオフで解決できますが、原因はいくつか考えられます。 抜いてしまうか、他のものに変えて試してみましょう。 特に携帯で参加する場合は、気付かずに触れている場合がり、他の参加者さんの迷惑にもなってしまうので気をつけましょう。 手元に書類を用意しておくのは良いことですが、感度の良いマイクだと、書類の音を鮮明に拾ってしまう場合があります。 きちんと身の回りを整理してから参加するように、気をつけましょう。 参加者さんが移動しながらだったりすると、イヤホンをしていても、電車の音やアナウンスの音が聞こえてしまいます。 本人は以外と分からなかったりするのですが、飲食店のBGMや周りの人の声も、目立って他の参加者さんに聞こえてしまいます。 屋外で参加する場合は、音量をオフにして参加するか、できるだけ静かな場所に移ってからにしましょう。 まとめ 音の問題は、ご本人が気付かない場合も多いです。 主催者さんは、全員の音を一度オフにしてから、原因と思われる方にだけ、こっそりチャットやメールを送ってあげましょう。 皆が参加してる時に、名指しで指摘すると、ものすごく恥をかかされた気分になってしまいますからね。 また、赤ちゃんや子供が近くにいる場合も、注意が必要です。 子育て向けのオンライン講座を開催されるのであれば、はじめに主催者さんがどうするかを伝えておくと親切ですよね。 オンラインは、自宅や外出先でも参加できる自由な所がウリですが、お金を払って受講されていたり、音声を録音している場合もあります。 参加されるみなさんが、快適にオンラインを楽しめるよう、最低限のマナーとして、音の気遣いを忘れないようにしましょう!.

次の

画面共有で音声が共有されない時

Zoom 音楽 共有

スポンサーリンク Zoomで音楽が途切れてしまいます… 先日、Zoomを使ってダンスレッスンを行なう方法()を書いたのですが、こんな質問を何度かいただきました。 Zoomは会議用のツールで、人の声以外は拾われないようになっているそうで…。 声を出しながらレッスンしている時は曲も相手に届きます。 どのように対処したら良いでしょうか? スタジオで音楽を流すと、 相手には音楽がブツブツ切れてしまうようなんです。 Zoomで配信する際に音響で気をつけていることはありますか? 自分のパソコンから音楽を流してダンスレッスンを行なう場合、やっておくと良い設定があります。 この方法を知っていれば、雑音も入らないし、音が途切れることもありません。 相手にクリアな音質を届けることができるんです。 <下に続く> Zoomで音が相手に聞こえない時の対処法(ダンス講師向け) Zoomは会議用に作られたアプリなので、 最初の設定のままにしておくと自動的に雑音が排除されてしまいます。 よって、「音源が相手側に聞こえない」という現象が起きます。 山みたいな形をしているやつですね。 真ん中らへんにある「マイク音量を自動調節する」のチェックを外します。 上の2つが無効化になっていればOKです。 エコー除去は自動のままで大丈夫。 左上の赤いバツで画面を閉じます。 「オリジナル・サウンドをオフにする」という表示になっていれば設定完了です!! これで設定が完了したので 音楽が相手側に聞こえるようになります。 レッスン前に設定確認を! 画面を閉じてしまうと、もしかしたら元の設定に戻ってしまう可能性があります。 レッスンが開始したら 必ず画面の左上を見て「オリジナル・サウンドをオフにする」という表示になっているか確認してくださいね。 生徒の音声をミュートにしておくと良いよ オンラインダンスレッスンを行なう際は、 生徒の音声をミュートにしておくのもオススメです。 例えば、同時に20人の生徒に向けてダンスレッスンをすると、それぞれの生徒の雑音が入り混じってしまいますよね。 英会話でネイティブの音声を流したい• 友達と一緒に音楽鑑賞をしたい• 音楽をひたすらかけてダンスパーティーしたい• 若干わかりにくい位置にあります。 自分のパソコンの音楽が相手に共有される! この設定をすると、 自分のパソコンから流した音楽が相手に共有されます。 意外と知られていない方法ですね。 これでZOOMで音楽をかけたときに音が小さくなったり、途切れたりすることはありません!! 自分の画面共有でYouTubeから音源を流す場合にも使えます。 ただ、Youtubeはそもそも音質が悪いので、それはそのまま相手側に聞こえる感じになりますね。 それでもこの設定方法でコンピューターサウンドを共有して使えば、 音質は随分と改善されます。 Zoomで音楽を共有する方法まとめ この記事ではZoomで音楽が途切れる・音源が相手側に聞こえない時の対処法について書きました。 ダンス、フィットネス、ヨガ、音楽の先生などの参考になったら嬉しいです!!

次の