フィリップ 二 世 twitter。 フィリップ2世

フィリップ2世

フィリップ 二 世 twitter

フィリップ2世(フィリップ・オーギュスト)とルーヴルの設立 ルーヴルの歴史は、1190年頃にフィリップ2世が、パリを防御する目的で要塞化した城壁の建設を決めたときに始まる。 それは、十字軍参戦のために国を離れる際に国王が示した都市計画の一つであるとともに、その権力の表れでもあった。 この要塞の弱点の一つであったセーヌ川との接合部分を防御するために、城の建設を考えなければならなかった。 これがルーヴル城の誕生である。 フィリップ2世の建築技師たちが考案した建物は、方形の敷地に建てられ、周囲を濠(ほり)で囲むとともに、四隅と建物正面側の中央部は円塔によって守られていた。 その中庭の中央には、周囲を濠に囲まれた主塔がある。 この城のモデルは、他の城を建設する際に、応用を加えて何度も採用されている。 イル・ド・フランス地域圏のドゥルダン城は、今日でもよく保存された例の一つである。 フィリップ2世の時代のルーヴルは、王の居住ではなく守備隊のための城塞であった。 ルーヴルは、今日のように町の中心地ではなく外れに位置しており、町を守るとともに、おそらく町を監視する役目も担っていた。 ルーヴルの「グロス・トゥール」と呼ばれる主塔は、王の金庫として使われるともに、地位の高い人びとの監獄の役割も果たしていた。 フィリップ2世の政敵フェラン伯は、ブーヴィーヌでの敗戦後、この監獄に13年間も勾留された。 しかし、城の状況はまたたく間に変わっていく。 城の周りは、次第に込み入った町に取り囲まれるようになったため、要塞としての意味を失いっていった。 さらに、首都の中にある複数の居住の間を移り住むことを好んだフランス国王たちは、次第にルーヴル宮に住むことになる。 宮殿の地下に支柱のある大広間が設(しつら)えられたのは、サン・ルイ王(1226—1270年)の治世下で、この遺構は今日でも目にすることができる。 シャルル5世による近代化 国王シャルル5世(在位1364—1380年)は、ルーヴルが城塞から居住へと変貌をとげることを認めた。 ルーヴルの西側300メートルにわたって新しい城壁を建てることを決め、王の建築家レイモン・デュ・タンプルに命じて、城塞を当時の趣味に合ったものへと改築させた。 そのときに、壁には窓が取りつけられ、建物上部はさらに高く持ち上げられ、装飾を凝らした高屋根によって豪華なものになった。 こうしてルーヴルは、政治的なメッセージを持つことになる。 来客は、入り口の門の上におかれた国王と王妃の彫像によって迎えられる(これらの彫像は、おそらく現在美術館の所蔵作品になっているものと思われる)。 中庭に入って国王の居室へと通じる螺旋階段にたどり着くためには、主塔を迂回しなければない。 この螺旋階段には、国王の両親の彫像で飾られている。 北側の翼に位置する王妃と国王専用の部屋の配置は、きわめて入念に考えられた王の儀礼を行うのに適したものとなっている。 それは、最も公の空間(広間)から、最も私的な空間(寝室)へと段階的に移行し、その複雑な構成を示している。 シャルル5世はまた、千巻にも及ぶ蔵書のために、かの有名な図書館をルーヴルに作らせた。 北西の塔に三階にわたって設えられたこの図書館は、「賢王」と呼ばれた君主の知的野心を示すとともに、重要文書の伝播の中心地にもなっていく(手稿の書写や、翻訳の注文を受けたり、他の王族への貸与を行った)。 しかしこの図書館は、シャルル6世の治世(1380—1422年)になるとあっという間に散逸してしまう。 その間、ルーヴルは百年戦争というきわめて多難な時期を過ごし、首都は1420年から1435年の間、イギリスによって占領された。 中世の城の井戸から発見されたシャルル6世の壊れた飾り兜は、この混乱の時代のものである。 中世のルーヴルは、ルネサンス時代に進められた城の近代化によってその大部分が失われ、1528年から1660年にかけて徐々に取り壊されていった。 1980年代の「大ルーヴル計画」で行われた発掘により、消えた中世の城の基礎部分が掘り出された。 今日、来館者は昔の濠の跡を歩くことができ、主塔の基礎や、通称「サン・ルイの間」を見学できる。

次の

[B! あとで読む] フィリップ2世@Deepfake沼 (@Philip2Prof)

フィリップ 二 世 twitter

王国のの王。 尊厳王(オーギュスト)と言われる。 在位1180~1223年。 それまで弱体だったカペー朝の王権を強大にする基礎を築いた。 イギリス王とともにに参加したが、いち早く帰国し、一転してイギリス領ノルマンディーに侵入してリチャードの英軍と戦った。 イギリスのジョン王との戦い リチャード1世の死後もフランス国内のイギリス領(プランタジネット家領)の奪取をめざし、リチャードの弟が立つとそれを離婚問題で裁判にかけると挑発し、国王の裁判に出廷しないという封建義務の不履行を口実に、領などのジョンの知行地を奪った。 怒ったジョン王が甥の神聖ローマ皇帝(ドイツ王)やフランドル伯とともにフランスに攻め入ると、にで破り、この結果、フランス国内のイギリス領はのみとなった。 フランス統一王権形成の第一歩 それまでのカペー朝のフランス王は、パリ周辺の直轄地を持つに過ぎず、その西部には広大なの所領が広がっていた。 その他にもフランドル伯やブルゴーニュ公など有力な諸侯が名目的にはフランス王に臣従しながら、事実上は独立政権として存在していた。 そのようななかで、フィリップ2世がジョン王からイギリス領を奪ったことは、フランス王によるフランス全土の支配という国家統一の第一歩となった。 この勝利は、フランスが一つの国家になったことを意味するとしてフランスでは記憶されている。 このようにフィリップ2世はカペー朝フランスの王権の基盤を作ったが、再婚問題からローマ教皇に破門の脅しをかけられ、再婚をあきらめた(1213年)ことがあり、全盛期のローマ教皇には逆らえなかった。

次の

[B!] フィリップ2世@Deepfake沼 on Twitter: #Deepfake #ディープフェイク #すずニー…

フィリップ 二 世 twitter

・ ・ ・ アルベール2世(: Albert II、 - )は、第6代(在位: - )。 妃はのルッフォ・ディ・カラブリア公爵の娘である。 姉に前の妃、兄に第5代国王がいる。 経歴 [ ] 第4代国王の第3子。 即位前はであった。 兄の第5代国王には子供がいなかったため、長らくの立場にあった。 幼少期から青年期・リエージュ公時代 [ ] 、と、国王の三男の三女との間に次男として生まれる。 幼少期を、で、またで過ごし、母親の事故死とを経験する。 に国王夫妻がのキュスナハトにある別荘近くの道をドライブ中、レオポルド3世が運転を誤り車がに転落し、この事故で母である王妃アストリッドが死亡した。 その後、が勃発、ベルギーは降伏する。 一家はへと移送された。 アルベールの10歳の誕生日であるにが決行される。 その後、一家はアメリカ軍によって1945年5月7日に解放される。 しかし、彼ら一家は即座に帰国出来たわけではない。 戦後処理と国内問題によって1950年7月まででの亡命生活を強いられる。 詳細は「」を参照 1950年8月の帰国後にレオポルド3世は退位を発表した。 翌に兄のボードゥアン王太子が即位した。 1953年にアルベールは自ら志願して海軍に入隊した。 1954年に少尉、1957年に中尉、1959年に大尉となり、最終的には1971年に中佐となる。 、のルッフォ・ディ・カラブリア公爵の娘であると結婚した。 その後はベルギー赤十字やベルギーオリンピック委員会の名誉職に就いた。 国王時代 [ ] 、南部に滞在中だった兄ボードゥアン1世が、により死去した。 兄王には子供がいなかったため、同年、リエージュ公アルベールは新国王アルベール2世として即位した。 アルベールが先代の国王たちと違ったのは、オランダ語系住民とフランス語系住民の対立()が続いたため、1993年にを主とするに移行したことで、連邦国家の国王となったところである。 に新憲法に署名した。 アルベール2世はドイツ語を含めた3つの言語の理解を促進、地域融和を訴える。 アルベール2世はやをスピーチの中で定期的に非難し、積極的に機会均等と人種差別との闘いのためのセンターや多文化社会支援団体のサポートをしている。 即位以来、極右主義的な人物ないし彼の意図に反する人物を王宮のレセプションに招待していない。 また、第一次世界大戦終結の祝祭日である11月11日に毎年式典を主宰し、ベルギーの全国慰霊委員会など様々な愛国団体を支援している。 の取り組みにも支持を表明している。 アルベール2世は宗教的な価値観に囚われず、自らの信仰とは別に議会の決定を尊重するとしている。 兄が法案に反対したのとは違い、やを認める法案に署名している。 2010年に総選挙が行われた際に、連立交渉の難航により政権が1年以上発足できない事態に見舞われた()。 アルベール2世は演説で、強い政府を形成するため、国の未来を救うために妥協点を見つけるべきだと各党首に訴え、この危機への解決策を達成する粘り強さを示した。 王室の近代化・民主化にも力を入れ、憲兵隊の廃止を決めた。 譲位 [ ] 、国民向けのテレビ演説において、高齢や健康状態を理由に退位する意向を表明 、建国記念日である同月21日に、長男のに譲位した。 退位後も「ベルギー国王アルベール2世陛下」の称号と尊称は維持される。 生前に退位を行ったベルギー王は、1951年に退位したに次いで2人目である。 退位の理由として、年齢や健康問題の他に、ベルギー王室には豪華なヨット購入や相続税逃れ疑惑が浮上し、国民の不満が高まっており、これから逃れるためという説もある。 また、2013年6月にはアルベール2世の「隠し子」だと主張する女性がの裁判所で訴訟を起こすという騒動が発生しており、これらの批判をかわすという側面も指摘されている。 また、後継者は国王としての才覚に欠けるとの評価もあり、2014年に予定されている選挙を前に、フィリップが政治経験を積む期間を設けるためであったとの説もある。 家族 [ ] パオラ王妃との間に2男1女を儲けた。 (1960年 - )第7代ベルギー• (1963年 - ) 孫はベルギー王太子であるをはじめ、合わせて12人いる。 2016年には初曾孫となるオーストリア=エステ大公女アンナ・アストリッド(第一王女アストリッドの孫、アルベール2世の初孫であるの長女)が誕生した。 系図 [ ] () 隠し子 [ ] アルベール2世が ()女男爵と愛人関係にあったことはベルギー国民の公然の秘密とされてきた。 1999年、パオラ王妃の非公認の伝記によってベルギーのアーティスト ()がアルベール2世とセリスとの間に1968年に儲けた隠し子であるとの疑惑が持ち上がった。 2013年、アルベール2世が健康上の理由で生前退位したことにより不訴追特権を失い訴追することが可能となったため、デルフィーヌは認知を求めて提訴。 アルベール2世がデルフィーヌを呼び出し、自分の子ではないことを通告したことが提訴のきっかけになったとも言われる。 その後、裁判でアルベール2世はデルフィーヌとは一切の関係がないと主張し、2018年には裁判所よりDNA鑑定を求められたが拒否。 2019年5月、DNA鑑定を拒否した場合1日5000ユーロ(約60万円)の罰金を支払うよう裁判所が命じたため鑑定に応じ、その結果デルフィーヌの法的な父親(セリスの夫)ジャック・ボエルとは血縁関係にないことが明らかとなり、裁判所はこれをもってデルフィーヌの実の父親はアルベール2世であると推測されるとした。 2020年1月27日にアルベール2世は弁護士を通じてこれ以上は争わないと表明。 デルフィーヌを実の娘と正式に認めた。 アルベール2世にとって4番目の子供ということになる。 栄典 [ ]• にはイギリス君主からが贈られるのが慣例だったが、アルベール2世には贈られなかった。 これはイギリス女王がの葬儀に出席した際、葬列の最前列を求めたのに対して、ベルギー側が「最前列は最も親しかった王族専用にしたい」と断ったことを女王が恨みに思い、その意趣返しだったといわれている 日本との関わり [ ] 1958年、が開催された際、アルベール王子(当時)は、訪白したとを歓待し、日本館では喜久子妃に箸の持ち方を習った。 1963年頃、海外経験の無いが外遊を望んでいることを知った喜久子妃は、を介して首相に、・香淳皇后の外遊の話を伝えた。 同時期に来日したアルベール王子に対しても、晩餐会の席上で喜久子妃は天皇・皇后の外遊について話し、外遊経験が無いことに驚いたアルベール王子は兄に働きかけることを約束した。 その後、宣仁親王とアルベール王子の間でが交換され、佐藤首相や宮内庁長官らとの協議を経て、ベルギーを含む欧州各国への訪問が実現した。 脚注 [ ] []• 2013年7月4日. 2013年7月23日閲覧。 2013年7月21日. 2013年7月22日閲覧。 2013年6月19日. 2013年7月22日閲覧。 2013年7月4日. 2013年7月23日閲覧。 2020年1月27日. 2020年1月28日閲覧。 BBC News. 2020年1月28日. 2020年1月28日閲覧。 時事ドットコム. 2020年1月28日. 2020年1月28日閲覧。 277-280• 154• 153-154• 154-155• 155 参考文献 [ ]• 『菊と葵のものがたり』、1998年11月。 『菊と葵のものがたり』〈中公文庫〉、2002年1月。 君塚直隆『女王陛下の外交戦略 エリザベス二世と「三つのサークル」』、2008年(平成20年)。。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 アルベール2世に関連する および があります。 - 出身校。 - アルベール2世の肖像が描かれている。 外部リンク [ ]• (オランダ語) (フランス語) (ドイツ語) (英語) 地位の継承.

次の