女 の 厄年 30 代。 【女性】厄年の年齢早見表・2019(厄年の意味と数え年)

30代厄年は六年ある?

女 の 厄年 30 代

・厄払いで心を引き締める 初詣などで厄除け祈願をされる人が多いですよね。 元日は1年のスタート。 心を引き締めて、新しい年に向かうためのよい機会になります。 もちろん厄除けを願っての行動ですが、自分自身に誓いをたてるためにも良い機会だと思います。 もちろん年末年始以外でも厄払いはできますよ。 ・厄除けのプレゼント 厄年の人へプレゼントをしたり、厄年のときに人からもらうと良いものがあります。 それは、「長いもの」、「鱗模様のもの」、「七色のもの」などがいいと言われています。 ・厄年にしてはいけないことは? 厄年には、何かを始めることをためらったり、自粛される方がいるようです。 例えば、結婚や出産などですね。 しかし厄年は、前述のようにあくまでも注意をするべき年なので、何かをしてはいけないということはありません。 慎重に物事を見極めて行なうことが必要なだけです。 厄年に良くないことが起こると、すぐに「厄だから」と結びつけてますが、「これで厄が落ちたから大丈夫」という思いや、「厄だから気をつけて万全をきしていこう!」という前向きさならいいと思います。 しかし、「厄年だからいいことがない」とか「厄年だからうまくいくはずがない」と言った後ろ向きな発言は、いいことまでも引きずってしまいます。 要は気持ちの持ちようです。 「厄だから」と言って悪いと思うのではなく、「厄だから」気をつけながら平穏に過ごせるようにしようと前向きでいることが大切ですよ。 おわりに 女性は30代はとくに厄年や前厄、後厄が多くやってきます。 しかし厄年は、身体に変調が起こりやすい年齢であることが多いので、慎重に注意をしながら過ごせば、安定した生活を送ることができます。 先人の智慧だと思って、堅実に過ごすことが良い1年にしてくれると思います。 仕事でも、プライベートでも無理をせずに、ひとつひとつしっかりと前に踏み出せるといいですね。

次の

30代女性は厄年だらけ!?でも大丈夫!知っているようで知らない厄年のこと

女 の 厄年 30 代

2020年(令和2年)の厄年と八方塞がり 早見表。 人生の転機やホルモンバランスの変化などで体に不調が起こりやすいと言われる厄年。 該当する年齢の方はご注意ください。 厄年(やくどし)とは、災難や障りが身に降りかかると言われている年の事。 事故や災いだけでなく、心身バランスが崩れやすかったり体力低下・ホルモンバランスの変化などで体調を崩しやすく、健康管理面でも注意したい年齢と言われています。 厄年の数え方 厄年や八方塞がりの早見表は、数え年で見ます。 数え年とは、その年に誕生日を迎える 年齢にプラス1歳したもの。 2020年で20歳になる人なら、数え年は21歳ということになります。 お払いに行くタイミングは? 厄年にお祓いをしてもらう場合、いつ頃行けばいいのか時期に悩みますが、厄年に入り元旦(1月1日)から節分(2月3日)までが一般的と言われています。 2020年(令和2年)に厄年を迎える男女の年齢・早見表 厄年は男性の本厄が 25歳・42歳・61歳で、女性の本厄は 19歳・33歳・37歳・61歳となっており、中でも最も気をつけなければならないとされる厄年を「大厄」と呼びます。 以下は男女別厄年の早見表(年齢は数え年) 前厄 本厄 後厄 男性の厄年 24歳(1997年生まれ) 25歳(1996年生まれ) 26歳(1995年生まれ) 41歳(1980年生まれ) 42歳(1979年生まれ) 43歳(1978年生まれ) 60歳(1961年生まれ) 61歳(1960年生まれ) 62歳(1959年生まれ) 中でも「大厄」にあたるのは、 42歳(1979年生まれ)の方です。 前厄 本厄 後厄 女性の厄年 18歳(2003年生まれ) 19歳(2002年生まれ) 20歳(2001年生まれ) 32歳(1989年生まれ) 33歳(1988年生まれ) 34歳(1987年生まれ) 36歳(1985年生まれ) 37歳(1984年生まれ) 38歳(1983年生まれ) 60歳(1961年生まれ) 61歳(1960年生まれ) 62歳(1959年生まれ) 女性で「大厄」にあたるのは、 33歳(1988年生まれ)の方。 実際に、体調を崩しやすかったり、転機を迎えるタイミングの年齢です。 どの方角に向かって事を行っても、不吉な結果が予想される年のことを言うのだそう。 八方塞がりの年は、物事を始めるのによくない年回りと言われているため、生活環境が変わる人は特に注意が必要。 この年齢にあたる人の対策としては、神社などで八方除け(厄除け・厄祓・厄払い)の祈祷やお祓いをして貰う、または、厄除けお守りを身に着けておく、といった方法があるようです。 予告なく変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

次の

厄年に妊娠・出産は厄落としになる?女の子供は「厄がうつる」は本当か

女 の 厄年 30 代

30代の女性がいい女を目指すのであれば、どんなファッションをするかはとても大切なことです。 10代20代は流行や男ウケを狙ったファッションでも良かったかもしれませんが、30代の女性はそれではダメなんですね。 それだけではいい女に見せることはできません! その理由は似合う・似合わないが明確になってくる年代だからです。 10代20代の場合は、若さだけでどんなファッションもなんとなく着こなすことができるもの。 しかし30代になると、似合わないファッションはとことん似合わなくなってしまうんですね。 雰囲気に合っているかどうかが、とても大切になってくるのです。 つまり30代でいい女と言える人は、自分のスタイルや雰囲気に合ったファッションができている女性なのです。 いい女と言える女性は、自分をちゃんと知ることができる女性なんですね。 あれこれといろんなファッションに挑戦したのは20代まで! きっともう自分にはどんなファッションが似合うのかは、なんとなく分かっている人が大半だと思います。 好きなだけではなく、似合うということがいい女の条件なんですね。 そのため手のケアをしっかりしていないと、おばさんだと思われてしまうことも…。 しかし手のケアといっても、10代20代のようにいろいろなネイルにチャレンジすることではありません。 手と爪はシンプルに美しく!が30代女性のテーマと言えるでしょう。 とにかくハンドケアでは、ふっくらとしたスベスベの手でいるようにしてください。 そしてネイルはあくまでもシンプルに、派手にならないようにするのがポイントです。 10代20代の女性のように派手ネイルを楽しむのはもう卒業! 派手ネイルは反対に老けてみえることがあるからです。 爪の手入れをしないということではなく、爪のケアをしてピカピカにした爪でいるだけでも充分ということ! 透明マニキュアだけ…といった風に、色をつけないのも良いでしょう。 とにかくシンプルで美しい状態にしておくことが、30代のいい女の手の条件! 頑張りすぎないくらいが、ちょうど良いのです。 ほどよい脂肪と筋肉のある身体作りをする 30代女性がいい女だと思われるためには、ほどよい脂肪と筋肉のある身体作りをすることが大切です。 10代や20代の頃のように、ただ痩せていればいいわけではないんですね。 ただ痩せているだけでは、いい女にはなれません! とくに30代になると、脂肪が少なすぎるのも老けの原因になってしまいます。 どうしてもシワが目立ってしまったり、肌にハリが出なくなってしまったりするからです。 だからといって脂肪があるだけでも当然ダメ! 年齢的にも「ぽっちゃり」よりも「だらしない」印象になりやすく、いい女にはかなり遠ざかってしまいます。 この年代に大切なのは、適度な脂肪と筋肉! 食事制限などをしてただ体重を落とすのではなく、運動や筋トレをして身体を引き締めるようにするのが一番です。 ダイエットではなく、シェイプアップだと思いたいですね。 10代や20代というのは、基本的にはポイントメイクに力を入れていましたよね。 アイメイクを強調したり、チークで印象を変えてみたりと、パーツを主張するメイクがメインだったと思います。 ですが30代になると、こういったメイクよりも大切なのが肌なんですね。 肌で年齢を感じさせてしまうのは、言うまでもありません。 肌が綺麗か綺麗じゃないかで、若く見えるか見えないかが変わってくるわけですね。 どんなにアイメイクに力を入れても、肌が老けて見えてしまったら「ただの若作り」に見えてしまうわけです。 30代のいい女と聞いて、決して濃いメイクをした女性を思い浮かべる人はいないと思います。 肌が綺麗に見える女性ほど、いい女に見えるわけですね。 つまりメイクで力を入れるべきは、ベースメイクです。 スキンケアからしっかりとして、ファンデなども10代20代の頃よりも良いものを使うようにしてみてください。 30代になると、髪にも年齢が出てしまいやすいのがポイント。 実際に白髪に悩んでいたり、髪に艶がない、髪のボリュームが少ないなどの問題が出やすくなる年齢と言えます。 だからこそ、髪はいい女を目指すためには重要なんですね。 当然、ヘアケアをして美しい髪を保つことはとても大切なことです。 30代だからこそ、10代20代よりもヘアケアにはお金をかけたいところ! 尚且つ髪型選びも大切になります。 30代になったら、ファッションと同じく髪型も自分に似合うものにしましょう。 いい女を目指すのであれば、髪型に冒険心は必要ありません。 あくまでも定番でシンプルな髪型で良いのです。 40代以降になるとロングヘアを綺麗に維持するのは大変になります。 もしもロングが好きなのであれば、より一層ヘアケアに力を入れることが大切ですよ。 10代や20代の頃の自分磨きと同じことをしても、30代の女性は磨かれません! ダイエットやメイクなど、全くの逆効果になってしまうこともあるので要注意! 30代女性としてのいい女を目指すのであれば、30代女性が最も輝く姿を目指す必要があります。 自分磨きをしている女性としていない女性に大きく分かれる時期なので、頑張れば頑張るほど周りの30代女性と差がつくはずですよ。

次の