熱中症 子供。 子どもの熱中症-自宅でできる処置・対処法とは?

【子供も飲める】熱中症対策の飲み物の作り方5種【育児パパの夏バテ予防】

熱中症 子供

急に気温が上がってきましたね。 マスクを着けながら過ごす夏は、熱中症のリスクが高いとされています。 注意喚起の情報も増えてきました。 高齢者だけでなく小児も熱中症にかかりやすいと言われます。 もっとも例年は、小学校高学年以上の部活動絡みが中心でした。 今年はこれまでと違って、部活動や大会が縮小され、こうした熱中症は例年ほど多くないかもしれません。 乳幼児も注意が必要ですが、実際には保護者が近くにいることが多く、重い熱中症にまで至る件数は多くありません。 ただし、乳幼児に際立って多い熱中症のパターンがあります。 新型コロナウイルス感染の拡大に見舞われた今年は、そのパターンでの発症が増えるかもしれません。 それは、「自動車内に閉じ込められた子どもの熱中症」です。 イラスト:江村康子 「自分は絶対にしない」と思っていても 緊急事態宣言は多くの地域で解除されましたが、引き続き外出自粛が呼びかけられています。 「子連れでスーパーに入るのを自粛した方がいいのでは」と感じている保護者も多いと思います。 「短時間の買い物なら……」と、子どもを車内で待機させる方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、子どもを車内に残すと、熱中症のリスクは非常に高くなります。 そして、知っていただきたいのは、「自分は車内放置など絶対にしない」と保護者が思っていても、子どもが熱中症になってしまうケースがあることです。 どういうことでしょうか? 今回は、車内放置による子どもの熱中症について、現実的な提案を含め、考えてみたいと思います。 乳幼児の熱中症死 55%が車内閉じ込め 米国では、毎年、40~50人ものお子さんが、自動車内の熱中症で死亡しています 1)。 少し古い では、自動車内で放置されたことが原因で死亡した78人の子ども(14歳未満)の82%が3歳以下。 また、78人のうち35%が熱中症でした 2)。 車内放置が原因で子どもが亡くなった16例を検討した でも、うち14例が3歳以下でした 3)。 亡くなるのは、小さなお子さんが多いようです。 もちろん、海外に限った話ではありません。 我が国のデータでも、過去45年間に熱中症で死亡した4歳以下の子どもは、288例に達しています。 このうち158例(55%)が、自動車などに閉じ込められたことによる熱中症でした 4)。 乳幼児が重い熱中症になったケースの半数以上は、車内の閉じ込めが原因なのです。 2018年8月の1か月間にJAF(日本自動車連盟)による「キー閉じ込み救援」のうち、 5)。 また では、回答者の28.2%が、「子どもを車内に残したまま車を離れたことがある」と回答しています 6)。 子どもが車内に放置されるケースは少なからずあるようです。 そしてこれが、車内熱中症のリスクとなります。 坂本昌彦(さかもと・まさひこ) 佐久総合病院佐久医療センター・小児科医長 2004年名古屋大学医学部卒。 愛知県や福島県で勤務した後、12年、タイ・マヒドン大学で熱帯医学研修。 13年、ネパールの病院で小児科医として勤務。 14年より現職。 専門は小児救急、国際保健(渡航医学)。 日本小児科学会、日本小児救急医学会、日本国際保健医療学会、日本国際小児保健学会に所属。 日本小児科学会では小児救急委員、健やか親子21委員。 小児科学会専門医、熱帯医学ディプロマ。 現在は、保護者の啓発と救急外来の負担軽減を目的としたの責任者を務めている(同プロジェクトは18年度、キッズデザイン協議会会長賞、グッドデザイン賞を受賞)。 投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。 リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。 コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。 次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。 ブログとの関係が認められない場合• 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合• 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合• 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合• 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合• 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合• 事実に反した情報を公開している場合• 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合• 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)• メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合• その他、編集スタッフが不適切と判断した場合 編集方針に同意する方のみ投稿ができます。 以上、あらかじめ、ご了承ください。

次の

子供の熱中症対策!効果的な飲み物やおすすめのグッズは?

熱中症 子供

こまめな水分補給:本人が「喉が渇いた」と思ったときには、もうすでにかなり水分が失われています。 喉が渇く前に少しずつ水分と塩分を補給させたり、水筒・ペットボトルを持ち歩かせましょう。 高温・運動時の水分補給については、もともと脱水がない状態であれば、9〜12歳では100-250mLを20分毎、思春期では1時間で1-1. 5Lの経口補水が目安になります。 補給するのは電解質などが含まれたイオン飲料が望ましいでしょう。 気温と体温に合わせて衣類を調節する:通気性の良い涼しい服を着せるようにしましょう。 暑さに応じて脱ぎ着するようにしましょう。 外出時には帽子をかぶりましょう。 こまめに日陰・屋内で休憩する:子どもは照り返しの影響を大人よりうけることに留意しましょう。 子どもの異変にお敏感になる:顔が赤い、ひどく汗をかいているなどの状態に気を配りましょう。 車内や屋内では適切なクーラーの使用を:いつもクーラーの効いた部屋にいて汗をかかずにいると、暑さに弱くなります。 適度に運動させ、暑さに強い身体をつくりましょう。 ベビーカーを長時間日なたに置かない:ちょっとだけだからと油断せず、常に一緒にいてあげる心配りをお願いいたします。 国立成育医療研究センターの小児救急センターは、原因に関わらず急な出来事で困っている子どもの手助けができるよう、年末・年始やゴールデンウィークなどの長期連休を含め、昼夜を問わず24時間365日、複数名の外来診療担当医を配置しています。 診療を希望される方は、いつでも救急センターへ直接いらしてください。 当センターでは「まず全ての子どもを受け入れて、病院内で子どものもつ病状の緊急度を判断し(これを「トリアージ」とよびます)、緊急度に応じた診療を行う」ことが小児救急医療の理想だと考えております。 重篤な、緊急度の高いお子様の治療を優先するために、長らく待合室でお待ちいただくことも御座います。 ご理解・ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。

次の

熱中症対策と予防!子供の水分補給・飲み物は麦茶かポカリどっちがいいの?

熱中症 子供

1.気温や湿度が高い日は熱中症の発症数が急増 熱中症は、毎年7月から8月に多く発生しています。 特に梅雨明けの蒸し暑く、急に暑くなる7月には、体が暑さに慣れていないため、例年熱中症による救急搬送者数や死亡者数が急増しています。 私たちの体は、血管を広げて外気に体内の熱を放射したり、汗をかいて蒸発させたりして体温の急激な上昇を防いでいます。 しかし、気温が高いと体内の熱は放散されず、湿度が高いと汗は蒸発しません。 熱中症は、周りの温度に体が対応することができず、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ、体温の調節機能がうまく働かないなどが原因で起こります。 日最高気温が30度を超えるあたりから熱中症による死亡が増え始め、その後気温が高くなるにしたがって死亡率が急激に上昇します。 また、熱中症は、気温が高い場合だけでなく、湿度が高い場合や、風が弱い、日差しが強いなどの環境でも起こりやすくなります。 近年、地球温暖化や大都市のヒートアイランド現象により、熱中症の危険性は高まってきています。 特に、小さい子ども、高齢者、体調不良の人、肥満の人、ふだんから運動をしていない人などは熱中症になりやすいので注意が必要です。 2.熱中症は予防が大切 熱中症は命にかかわる病気ですが、予防法を知っていれば防ぐことができます。 熱中症を防ぐためには、「暑さを避ける」「こまめな水分補給」「暑さに備えた体作り」が大切です。 一方で、新型コロナウイルスの感染を防ぐために、「身体的距離の確保」、「マスクの着用」、「3密(密集、密接、密閉)を避ける」といった「新たな生活様式」を実践することも求められています。 新たな生活様式の中で、熱中症を予防するために、次のようなことに気をつけましょう。 (1)暑さを避けましょう ・感染症予防のため、換気扇や窓開放によって喚起を確保しつつ、エアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。 ・外出時は暑い日や暑い時間帯を避け、無理のない範囲で活動を。 ・涼しい服装を心がけ、外に出る際は日傘や帽子を活用しましょう。 ・少しでも体調に異変を感じたら、涼しい場所に移動し、水分を補給する。 (2)適宜マスクをはずしましょう ・ 気温・湿度の高い中でのマスクをすると熱中症のリスクが高くなるため注意が必要です。 ・ 屋外で人と十分な距離(2m以上)が確保できる場合は、マスクをはずしましょう。 ・マスクを着用しているときは、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人との距離を十分にとったうえで、適宜マスクをはずして休憩を。 イラスト:厚生労働省・環境省制作リーフレット「令和2年度の熱中症予防行動」より (3)こまめに水分を補給しましょう ・のどが渇く前に、こまめに水分を補給する(目安は1日あたり1. 2リットル)。 ・たくさん汗をかいたときは、スポーツドリンクや塩あめなどで水分とともに塩分も補給。 (4)日ごろから健康管理をしましょう ・日ごろから体温測定や健康チェックをしましょう。 ・体調が悪いと感じたときは、無理せず自宅で静養を。 (5)暑さに備えた体づくりをする ・暑くなり始めの時期から、適度に運動を。 ・水分補給は忘れずに、無理のない範囲で行いましょう。 ・「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる強度で毎日30分程度行い、身体が暑さに慣れるようにしましょう。 熱中症の発生には、その日の体調が影響します。 前の晩に深酒をしたり、朝食を抜いたりした状態で暑い環境に行くのは避けましょう。 脱水症状になると、頭痛やめまい、倦怠感などの症状が現れ、重症になると意識を失うこともあります。 3.小さい子どもや高齢者は屋内での熱中症にも注意 熱中症は屋内でも起こります。 小さい子どもや高齢者、病人がいる家庭では、冷房の使用を我慢しすぎないで、適切にエアコンを利用しましょう。 小さい子どもは、汗腺をはじめとした体温調節機能が十分に発達していないため、気温が皮膚温よりも高くなったときに、深部体温が上昇し、熱中症を起こしやすくなります。 また、気温が高い日などに散歩をする場合、身長が低い子どもは、地表面からの熱の影響を受けやすく、大人よりも熱中症になりやすいので、特別な注意が必要です。 子どもの顔が赤かったり、ひどく汗をかいたりしているときには、深部体温がかなり上昇していると推察されますので、涼しい場所で十分に休ませましょう。 子どもが熱中症にならないように、ふだんから、風通しのよい涼しい衣服を着せ、水をこまめに飲ませるようにしましょう。 高齢者は、暑さを感じにくい上に体温調節機能の大切な役割を果たしている発汗と血液循環が低下し、暑さに対する抵抗力も少なくなっています。 また、のどの渇きを強く感じないため、水分不足になりがちで、気づかないうちに熱中症を起こしてしまう場合もあります。 熱中症にならないために、のどが渇いていなくても、早め早めに水分補給をしましょう。 4.熱中症の症状が現われたら、まずは涼しい場所へ移動 では、具体的に、熱中症になるとどのような症状が現れるのでしょうか。 日本救急医学会(熱中症に関する委員会)では、熱中症の症状を、重症度によってI度からIII度までの三つに区分することを推奨しています。 熱中症は急速に症状が進行し、重症化しますので、軽症の段階で早めに異常に気づき、応急処置をすることが重要です。 すぐに風通しのいい日陰やクーラーなどが効いている室内など涼しい場所へ移す• 衣服をゆるめたり、体に水をかけたり、またぬれタオルをあてて扇いだりするなどして、体から熱を放散させ冷やす• 冷たい水を与え、たくさん汗をかいた場合は、スポーツドリンクや塩あめなどにより、塩分も補給する• 自分の力で水分の摂取ができない場合や、意識障害が見られる場合は、症状が重くなっているため、すぐに病院に搬送する 5.気象庁の「高温注意情報」や環境省の「暑さ指数」の情報などを参考に、熱中症への十分な対策を 熱中症の予防に役立ててもらうため、気象庁では、「高温注意情報」を発表しています。 高温注意情報などの熱中症への注意の呼びかけは、テレビやラジオの天気予報のほか、 気象庁ウェブサイトで知ることができます。 では、高温注意情報が発表されていないときでも、翌日または当日の予想気温を毎日グラフで表示しています。 さらに、翌日または当日の最高・最低気温の分布の予想をきめ細かく地図に示した も提供されていますので、熱中症対策に役立ててください。 他にも、気象庁では、向こう1週間以内で高温が2日以上続くことが予想される場合には、数日前から「高温に関する気象情報」を、さらに、5日後~14日後までの7日間平均気温がかなり高いことが予想される場合には、「異常天候早期警戒情報」を発表します。 これらの情報も活用し、暑さから身を守りましょう。 暑さ指数とは、気温だけでなく、湿度、日射などからの熱についても取り入れた指標で、労働環境や運動環境の指針としてISOなどで規格化されているものです。 同サイトにおいては、全国約840地点において、当日、翌日、翌々日の3時間毎の暑さ指数の予報値及び現在の暑さ指数の値を情報提供しており、その値によって、「危険」「厳重警戒」「警戒」「注意」「ほぼ安全」という5段階に分けることで、熱中症の注意喚起を行っています。 これらの情報も活用し、暑さから身を守りましょう。 さらに、同サイトの暑さ指数の情報を、民間のメール配信サービス(無料)でお知らせしていますのでご活用ください。 詳細な情報についてはでも紹介しています。 さらに、現在、環境省と気象庁では、熱中症の危険性が極めて高くなる暑熱環境が予測される場合に、特に熱中症予防行動を促すことを目的として「熱中症警戒アラート(試行)」(以下、アラート)を新たに設立することを検討しています。 令和2年度夏(7~10月)は関東甲信地方の1都8県(東京都、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、山梨県、長野県)で「高温注意情報」の発表基準を暑さ指数に換えて先行的に実施し(関東甲信地方以外については従来の気温を基準とした高温注意情報を継続)、その検証を踏まえ、令和3年度からは高温注意情報に代えて、新たな情報として全国で本格運用する予定になっていますので、今後はこのような情報もご活用ください。

次の