近くの郵便局 何時まで。 郵便の配達時間は朝何時から何時まで?土日や配達時間の変更方法まで徹底解説

左京郵便局 営業時間 窓口

近くの郵便局 何時まで

県内の場合:翌日中• 県外(本州内)の場合:翌日中• 県外(その他)の場合(例:東京から九州など):翌日から翌々日• 北海道-沖縄の場合:翌々日 というように、距離が離れるとその分日数がかかります。 その理由は、郵便物を各地の支局から一旦各地の本局に集められて仕分けをし、それぞれの都道府県にある本局に向けてトラックや飛行機などで配送するため、距離が長ければ長いほど日にちがかかるということなのです。 ということは、届けてもらいたい場所が同市であり、なおかつ速達で出したなら当日に相手先に郵便物が届く。 ということなのでしょうか? 郵便局は当日に届けるとは公にしていない 実は、 郵便局では「当日にお届けします」とは公にしてはいません。 郵便局で取り扱われる速達のお届けにかかる時間及び日数は、基本以下の通りとなっています。 県内の場合:翌日午前中• 県外(本州内)の場合:翌日午前中• 県外(その他)の場合(例:東京から九州など):翌日午前から夕方• 『新特急郵便』は「おおむね午前中の差し出しで、午後5時頃までにスピード配達」してくれるサービスですが、一部の主要都市でしか取扱いしていないことや、利用する際には事前に申し込みをしなければならないこと。 また、定期的に継続して差し出すことが必要となってくるので、どちらかというと企業向けの方法と言えるでしょう。 おすすめ関連記事• 速達なら当日に届く可能性も高い 郵便局は当日に郵便物を届けるとは明記していませんが、当日に配達してもらう可能性を上げることはできます。 「速達」ならば、急いで出したい郵便物やゆうメールをスピーディに届けてくれます。 速達で出したい郵便物やゆうメールの表の面には、 出典: 上の図のように、縦長の郵便物やゆうメールなら表面の右上部に赤い線を、横長の郵便物や荷物なら右側部に赤い線を引きます。 (郵便局の窓口でも速達のしるしを付けてくれますので、窓口で出す場合は赤い線がなくても大丈夫です。 )郵便局の窓口に持っていき、料金を計算してもらい支払いをするか、または料金分の切手を貼ってポストへ投函します。 もちろん当日に届けたいのなら早めの時間が一番じゃが、出すところもポストはあまり良い選択ではないかもしれんよ。 速達を出すならポストよりもゆうゆう窓口で! 速達はポストに投函することももちろん可能ですが、速達で送るときの料金は、郵便物の重さや大きさで変わってきます。 もし、貼った切手の料金が間違って少ない料金だったとしたら、速達として届けられません。 その点、郵便局のゆうゆう窓口に直接持っていけば、料金をその時にきちんと計算してもらえますし、速達のしるしも窓口で付けてくれますのでポストに投函するよりもずっと確実で安心ですね。 本局に持っていけば当日届く確率はもっと上がる! 速達をお願いする郵便局は「本局」であると、当日の配達の確立がもっと上がります。 本局に郵便物を直接持っていけば、「各支局から集められた郵便物を本局に収集する」という時間を短縮することができますので、その分早く配達される可能性があるというわけです。 そして、配達先が速達をお願いする郵便局(本局)の管轄内にあると、配達先への距離が短いため早く届けられることになります。 (配達先があまりにも遠方である時は、無理をせずお近くの本局に持っていきましょう。 ) 一つ気を付けたいことは、同じ管轄内でも当日に配達してもらいたい場合は必ず「速達」にすることです。 たとえ本局に持って行っても、普通郵便では当日に配達してもらえる確率は下がってしまいます。 料金は速達にする分高くなってしまいますが、そこは当日配達してもらうためです。 手を抜かないようにしましょう。 念のために、お近くの本局に当日の配達が可能かどうかを事前に問い合わせておくといいでしょう。 おすすめ関連記事• 土日祝でも速達なら配達してくれる! 昔、郵便局が官公庁であった「日本郵政公社」という名前の時代に、土日祝日がお休みだったことから、今でも郵便局は土日祝日は「お休み」だというイメージが強く残りますが、郵便事業を扱うゆうゆう窓口や本局はしっかりと営業をしています。 特に本局ですと、平日でも土日祝日でも夜間の受け付けを行っていますし、本局のみならず、24時間営業している窓口がほかにもありますので、夜中や明け方に持っていくことも可能ですよ。 配達の方も、普通郵便ですと土日祝日を挟むことにより1~2日出遅れることがありますが、速達で出してあるならば土日祝日にかかわらず早く確実に配達してくれます。 (ただし、ほかの「当日に届けられる条件」がそろっていないと、当日に届かない可能性もあります) しかし中には土日祝日がお休みの郵便局もありますよね。 開いている窓口とお休みの窓口の違いは、実は『銀行法』にあるんです。 その内容は、 『第二章「業務」(休日及び営業時間)【第一五条】 銀行の休日は、日曜日その他政令で定める日に限る。 』 出典: とされており、銀行は土日祝日がお休みとなります。 郵便局でも「ゆうちょ銀行」と「かんぽ生命の代理店機能」を中心とした窓口局があり、こちらの営業タイプの郵便局は「銀行」と同じ扱いとなりますので、土日祝日はお休みとなってしまいます。 間違えないように注意しましょう。 もしお近くの郵便局がお休みだった場合は、本局に持っていくのが一番確実となります。 速達などのオプションを付けた時の料金や封筒サイズごとの料金については、の記事で詳しくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。 配達先が「管轄内にある郵便局」であること (配達までの時間の短縮)• 速達をお願いする郵便局は「本局」であること (支局から本局までの配送時間を省く)• 必ず「速達」にすること (同じ管轄内であっても「速達」にする)• 朝イチバンに持っていくこと (仕分けが早くできれば、当日に配達される確率が上がる)• 当日の配達が可能かどうかを郵便局に事前に問い合わせておくこと (念のため、確認しておくのがBESTです。 ) 今やインターネットでメールやチャットで連絡を容易に取ることができる時代ですが、大切な書類や情報などネットで送ることができないものもありますよね。 郵便局の郵送システムを大いに利用して、配達先とのスムーズなやり取りをしていきたいものですね。 損したくないなら読むべき記事!.

次の

当日消印は何時までに出す?郵便窓口はどこでもいい?ポスト投函の場合は?

近くの郵便局 何時まで

その日までの消印が押されたものまでが有効ですよ。 6月1日の消印では無効ですよ。 という事になります。 で、この消印が押されるのは 郵便局に届いて 事務処理が済んだ時点 となるんですね。 つまり、その日の窓口受付最終時間というのは 直接持ち込みで手渡したとすると、受付さえしてもらえれば 23時55分だったとしてもその日の消印が押される という事になります。 当日消印は何時までなら窓口で受け付けてくれるのか? 受付さえしてもらえれば、当日ギリギリでも 当日消印になります。 が、ほとんどの郵便局は、17時~21時くらいで閉まってしまいますよね。 そうなると結局、どんなに遅くても21時なんじゃないか? って思うと思いますが、実は ほとんどの都道府県で1か所くらいは24時間営業をしているところがあるんです。 なので、本当にギリギリになってしまった場合は 24時間営業の郵便局へ直接持ち込みをして、念のため 「今日の消印は押されますよね?!」と確認をすることをおすすめします。 もちろん、そういう状況にならない様、ゆとりをもっておくのは大事ですが 何があるかわからないですからね。 いざという時の為にご自宅の近くでは どこに24時間営業の郵便局があるのか確認しておくのがおすすめです^^ 当日消印にしたい時は何時までにポストに入れればいい? これは結構難しい部分もあるんですよね。 設置されているポストには、1日に何度か 郵便局の人が集荷に来ます。 その時間がポストのどこかに記載されているんですが 本来は 「最終の集荷時間」までに投函すれば その日の消印が付くことになっています。 ですが、なにせ人の手で行っている作業。 記載されている集荷時間は あくまで 「予定」なので それよりも早く集荷してしまう場合もあるんです。 そうなると、結局はその日の集荷が終わってしまった という事になるので当然 翌日の集荷=翌日の消印 という事になってしまいます。 さらに、最終の集荷に間に合ったとしても 郵便局での仕分けの状況により、当日の消印にならない という可能性もあるんです。 その点から考えても、ポスト投函の場合は なるべく前日まで。 もしくは当日朝1の集荷予定時間前 にしておくのが安心です。 おわりに 最悪、ギリギリになってしまった場合は もちろん、24時間営業のところなら受付は可能です。

次の

近くの郵便ポストを現在地から探したいときの方法を紹介!

近くの郵便局 何時まで

郵便局の弔電「レタックス」 郵便局の弔電は土日でも受付している? 郵便局の弔電サービス「レタックス」は、 土曜日や日曜日はもちろん祝日や年末年始でも年中無休で申し込みできるので、突然の訃報があってもいつでも電報を送ることができます。 ただし、窓口での申し込みになると郵便局によっては 土日に業務を行っていない(お休み)のところもありますので、その場合は「Webレタックス」もしくは「コールセンター」への申し込みがおすすめです。 郵便局の弔電受付時間は何時まで? 上記のとおり窓口での受付は各郵便局の営業時間に限られますが、ネットから申込みの 「Webレタックス」は24時間いつでも申し込みできます。 コールセンターは24時間とはいきませんが 、朝8:00から夜10時まで年中無休で受け付けしています。 「レタックス」は土日の当日配達も可能! 弔電は、お通夜~葬儀(告別式)までの間に送るのがマナーですので、できるだけ早く送るのがベストです。 郵便局のレタックスもNTTなどの電報と同じく、即日配達可能で 15:30(一部地域は13:30)までの申し込みで土日でも弔電を当日に届けてくれます。 ただし、離島などの一部地域は対象外となりますので配達可能な地域については郵便局の下記ホームページを確認されてください。 レタックス当日配達確認一覧表 郵便局のサービスですので「郵便番号」を使って当日配達可能な地域を確認できます。 郵便番号の最初の1桁(のボタン)を押すと一覧が表示されます。 郵便局の弔電申し込み方法 レタックスの申し込み方法は大きく3つに分かれますので、それぞれの流れを簡単にご説明しておきます。 ネットで弔電を申し込み『Webレタックス』 パソコンを使ってネットから祝電や弔電の申し込みができる便利なサービスです。 大まかな流れは以下のようになります。 Webゆうびんの利用者登録をする• 弔電の台紙を選ぶ• メッセージ(お悔やみ文)を入力する• お届け先(宛名・住所・斎場名)を入力する• 支払い・決済~申し込み完了 利用者登録をする手間が必要ですが、Web割引もありメッセージや台紙もしっかりと選べるので安心です。 電話で弔電を申し込み『コールセンター』 時間がない!忙しいから手早く送りたい!という方にはコールセンターに直接電話をする方法がおすすめです。 お届け先・申込者情報の確認• 支払い方法の確認• 台紙の選択• 差出人・受取人の確認• メッセージ(お悔やみ文)を作成• 申し込み内容確認~完了 すべて電話口で伝えることになるので、予め「差出人・受取人・住所・メッセージ」などの情報をまとめてから申し込みするのがおすすめです。 電報台紙も料金の相場を知っておくと、スムーズに選べます。 郵便局の窓口で弔電を申し込み『郵便窓口』 レタックスはお近くの郵便局窓口でも申し込みできますが、前述のように営業時間外は受付していないこともありますので行く前に確認しておくのがおすすめです。 郵便局の窓口で弔電を申し込み• レタックス専用の原稿用紙に必要事項を記入• 原稿用紙を提出し、料金の支払い~完了 申込用紙はその場で記入して、直接窓口で渡すのが一般的ですが用紙を郵送やFAXで郵便局に送る方法もあります。 弔電料金の支払い方法 弔電料金の支払い方法は、上記の申し込み方法によって使えるものと使えないものがありますので注意されてください。 『Webレタックス』申込みの料金支払い ネットから申し込むWebレタックスの場合は、 クレジットカードもしくは料金後納 (請求書払い等)のどちらかを選ぶことができます。 現金や口座振替などでの支払いはできません。 『コールセンター』申込みの料金支払い コールセンターへの電話申し込みでは、 クレジットカードもしくは電話料金合算請求 のどちらかを選ぶことができます。 ただし、電話料金合算請求はソフトバンクテレコムの「おとくライン」か「クイックライン」の加入者に限られますので、ほぼクレジット一択になります。 『郵便窓口』申込みの料金支払い 直接、窓口で申し込みする時だけ 現金での支払いが可能です。 また、 郵便切手を料金の支払いに使うことも可能で、申込用紙を郵送で送る場合に料金分の切手を貼って送れば料金支払い分として受付してもらえます。 郵便局は弔電と香典をあわせて送れる? 料金支払いとあわせて、弔電といっしょに香典も送れる「マネーレタックス」というサービスが郵便局にはありましたが、郵政民営化後に廃止され現在は弔電メッセージのみを送る「レタックス」のみとなっています。 郵便局の弔電台紙 選べる台紙(種類・料金)が少ない 郵便局の弔電台紙は種類が少なく、一番安い500円台の「弔」から、5,000円台の「うるし風」まで 全部で6種類のみとなっています。 1000円以下の電報は見た目にも安っぽいので、ビジネスや大切な方へ送る弔電としては、 2,000円前後の「刺繍」タイプが相場となっています。 郵便局以外の当日配達可能な電報サービス 郵便局以外ではやはりNTTが最大手の電報サービスになりますが、 2,000円以内の電報は郵便局と同じで種類が少なくあまり見栄えもよくありません。 同じ料金でも種類が豊富で、当日配達が可能なサービスとしては老舗の「VERYCARD」などがおすすめです。

次の