宮沢 和 史。 宮沢和史・島唄歌手の今現在は?THE BOOMのボーカル、出身や息子などプロフィール|TV番組から発見!気になる有名人

CiNii Articles

宮沢 和 史

宮沢賢治の生い立ち 宮沢賢治は、東北の岩手県花巻町に生まれた童話作家・詩人です。 父は呉服店と質屋を営み、地元では裕福な家で生まれ育ちました。 子どもの頃から読書や鉱物採集が趣味で、中学時代には、散歩に行くときに金づちを持ち、珍しい石(鉱石)があると叩きながら歩いたそうです。 また、「不思議体験」を何度かしたことがあり、木や花の精霊を見たなどと友人に語ったことがあったとか。 「コックリさん」や睡眠術に熱中したこともあるようですよ。 成長すると盛岡高等農学校(現在の岩手大学農学部)に入学し、その頃から詩を書き始めました。 岩手県の花巻で農学校の教師として働きながら農民の生活を詩にしましたが、教師と文学活動という2つの活動で多忙な日々を過ごしたため、過労で重い肺病にかかってしまいます。 1922年、賢治の自慢の妹・トシが結核で亡くなってしまいました。 愛する妹を失った失意の中で生み出したのが「永訣の朝」や「無声慟哭」という作品です。 それから、賢治は花巻農学校を辞職して、農業を行うようになりました。 でも、食べていくために必死で農業を営んでいる農民たちにとって、賢治の農業活動は「金持ちの道楽」にしか見えませんでした。 賢治は拝金主義の父親を馬鹿にしながらも、父から援助を受けていたのですから。 その後、伊藤七雄という人から招待されて、伊豆大島で農学校の設立に尽力しましたが、結核を発症してしまいます。 病状は一進一退を繰り返していましたが、最後は肺炎にかかってしてしまい、37歳の若さで亡くなりました。 スポンサーリンク 宮沢賢治の性格と特徴 宮沢賢治は、優しく真面目だったけど、かなり頑固な性格をしていました。 彼は凝り性で、いろんなものを集めていましたが、そこにも頑固さが表れていると思います。 クラシックレコードの収集はマニアの域に達し、ポリドールの社長から感謝状が届くほど売り上げに貢献しています。 完全にオタクですね。 「セロ弾きのゴーシュ」は、オーケストラのチェロ(セロ)弾きですし、 「銀河鉄道の夜」の登場人物カムパネルラの名前は、リストのピアノ曲「ラ・カンパネラ」のイメージでつけたそうです。 また、彼は 浮世絵(春画)コレクターとしても知られています。 彼の作品に仏教思想の影響が色濃く反映されているのは、このためだと思われます。 実家は、代々浄土宗を信仰する家系だったのですが、20歳の頃、 日蓮宗に傾倒しました。 その一方で、彼はキリスト教の教えにも関心があったようです。 法華経信仰に入った後、盛高研究生になった1918年頃から5年ほどの間、宮沢賢治は 菜食生活をしていました。 でも、そんなに厳格な採食主義ではなく、たまに魚なども食べていたようです。 そして、農学校の教師になった頃には、他の人と同じようにいろんな物を食べるようになっています。 自分の詩のいくつかを、エスペラント語に翻訳しています。 宮沢賢治の詩などで 「イーハトーブ」という言葉を目にしたことがありませんか? これは、 実際の地名をエスペラント語風に読みかえたものなんですよ。 それを自分の作品にも登場させています。 ちなみに、 「イーハトーブ」は「岩手」のことです。 他に、 「盛岡」は「モリーオ」、「塩釜」は「シオーモ」、「東京」は「トキーオ」になります。 実際の地名を、エスペラント語に翻訳して作品に登場させているのです。 他には、ドイツ語も熱心に学習していたようです。 宮沢賢治の恋愛 宮沢賢治は、彼は生涯結婚しませんでした。 彼は恋人よりも妹の影のほうが濃い人(作品に残しているから)なので、恋愛経験がないように思われがちですが、まったくなかったわけではありません。 教員をしていた頃は、大畠ヤスという女性と恋をしています。 付き合うようになったきっかけは、賢治が女学校でレコードコンサートを開いたとき出会ったのでした。 レコードという趣味が縁だったんですね4。 でも、結局うまくいかずに別れています。 宮沢賢治は、女性の好みがはっきりしていたようで、あまり好ましくない人から世話を焼かれたときは、割と分かりやすく避けています。 (やり方が下手だったのか、その人には嫌われたようですけど) 晩年、伊豆に渡ったと、賢治を招待してくれた伊藤七雄という人の妹を気に入りました。 でも、若くして賢治自身が病気になり亡くなったので、結婚することはありませんでした。 いくつか女性エピソードはありますが、真面目に対応していたようです。 宮沢賢治と中原中也 中原中也は、1907年生まれの「詩人」です。 (30歳で死去) 「汚れちまった悲しみに 今日も小雪の降りかかる」 この詩でよく知られています。 中原中也は破天荒な生き方をした詩人で知られ、太宰治と口論したり小林秀雄に奥さんを取られて、それでも最後まで2人と付き合っていた(小林秀雄は中也の死を看取った)りと、ハチャメチャなエピソードが多い興味深い人物です。 (詩人ですから) 酒乱でケンカっ早く、ランボーに心酔してフランス語をよく学び、ランボーの詩の訳本を出した、自分の興味あることにはとても勉強熱心な人でもありました。 中原中也は、 宮沢賢治の詩の不思議な宇宙観と口語による響きに、すごく魅かれていた人だったのです。 宮沢賢治の生前に発売された書籍は、詩集 「春と修羅」と童話集 「注文の多い料理店」だけでした。 「春と修羅」は、自費出版でほとんど売れなかったのですが、中原中也はそれを書店で見つけては自分で買って、よい作品だからと友人たちに配っていたそうです。 2人はほぼ同時代人で、どちらも上京し 草野心平など共通の知人もいましたが、微妙に時期がずれていて直接的な面識はなかったようです。 宮沢賢治の代表作 『雨ニモマケズ』 『注文の多い料理店』 『セロ弾きのゴーシュ』 『銀河鉄道の夜』 『やまなし』 『よだかの星』 『どんぐりと山猫』 『オツベルと象』 それぞれの作品の記事は、こちらにまとめてます。 短歌を詠むなどの文学活動を始める。 17年に雑誌『アザレア』を作る。 農業指導と文学活動に従事する。 私塾「羅須地人協会」を設立。 実家に戻って療養する。 詩・ 「雨ニモマケズ」を記す。 おわりに 作品タイトルを見ると、動物や星、銀河など自然がテーマのものが多いですね。 宮沢賢治は童話作家といわれますが、大人でも難解な物語が多いと思います。 少なくとも、私はあまりよくわかりません。 (一部の作品ですが)深読みしたくなるたちなので、いくつかの解釈ができる話にもやっとするのです。 娘は小学生のときよく読んでいましたが、分からないと感じたことはなかったと言っています。 子供は素直にとらえるのでしょうね。 でも、どの解釈が正しいのかよく分からないところに、なぜか魅かれます。 そして、独特の感性が表れている 「オノマトペ」がおもしろくて素敵なのです。

次の

宮沢和史・島唄歌手の今現在は?THE BOOMのボーカル、出身や息子などプロフィール|TV番組から発見!気になる有名人

宮沢 和 史

来歴 [ ] 出身。 、、、経営学部卒業。 にを結成、でのライブを積み重ねた後、1989年シングル「」でデビュー。 ほぼ全ての楽曲を作詞・作曲している。 グループの知名度を特に高めた楽曲として「」「」があげられる。 世界中を旅し、そこで得たインスピレーションで独創的な音楽を生み出してきた。 楽曲はロックがすべての下敷きになってはいるが、、、、、、、、、、、、、、、など、あらゆるジャンルに造詣が深い。 ソロミュージシャンとしても楽曲を多数発表している。 シンガーソングライターとして楽曲提供も多数。 また著書多数。 以前には俳優としても活動し、ミュージカルやテレビドラマ、映画にも出演した。 妻はタレントでパーソナリティの(1994年に結婚)。 3人の子供がおり、長男のは2015年9月に男性ファッション誌「」の専属モデルとしてデビュー。 人物 [ ]• 明治大学には一浪して入学している。 現役時代、に合格していたが入学書類を紛失したために仕方なく浪人したと本人は語っている。 ところが明治大学合格後にその書類が自宅から発見された。 無類の釣り好きとして知られる。 明治大学の先輩に当たると誕生日が同じで大ファンでもある。 学生時代、レストランでアルバイト(調理担当)をしており、料理が得意である。 2001年に「島唄」がアルゼンチンで大ヒットしていることは本人は全く知らず、インターネットを見たスタッフに知らされたという。 カバーしたも「島唄」の作者である宮沢に無許可でリリースしていた。 しかし、後に宮沢自身がアルゼンチンまで出向き、カセーロと2人で島唄を聴衆と共に合唱した。 のファンで2003年には開幕戦の始球式をした。 2014年 THE BOOM 福岡での最終公演では、3年ぶりのホークス日本一を祝い公式球団歌 「」を熱唱。 2005年に合併新設されたの校歌を作詞・作曲。 三線の棹に使われるの植樹活動をしている。 経歴 [ ]• 1986年11月、THE BOOM結成。 1987年7月26日、で路上ライブ開始。 1988年12月18日、のに合格。 1989年5月21日、シングル「」・アルバム「」でデビュー。 1990年9月21日、3rdアルバム『』で初めて沖縄音楽に触れる。 前2作がスカやロックなど、オーソドックスな音楽スタイルであったが、このあたりからBOOMの音楽性・方向性が著しく変わっていく。 1992年1月22日、4thアルバム『』発表。 この作品で後の大ヒット曲となる「」が初めて発表された。 1992年12月12日、を限定で発売。 のCMタイアップ曲にも使用され、ヒットする。 1993年6月21日、かねてからシングルリリースの要望が高かった「」が発売となり、全国的な大ヒットとなる。 1993年12月31日、で「ベストソング賞」を受賞。 また、『』に出場し、「島唄」をで歌う。 1994年11月21日、6thアルバム『』発表。 これまでの沖縄音楽やアジアの音楽的要素から完全に脱却する。 以降、1997年初頭にグループとしての活動を一時休止するまで、ブラジル音楽に傾倒。 この頃の代表曲が「」である。 1996年5月、念願であったTHE BOOMのブラジルでのコンサートを3都市で行う(4公演)。 1997年1月に表立ったBOOMの活動を一時休止し、各自ソロ活動に専念。 1998年3月5日には宮沢がの開会式でテーマ曲「旅立ちの時」を歌う。 1999年にBOOMとしての活動を再開。 以後は局地的な音楽をアルバムのコンセプトにすることはせず、さまざまなジャンルに挑戦している。 2000年には、、、らと「Beautiful Songs」と題したコンサートを全国8ヶ所で行い、ライブアルバムをリリース。 2002年にも再びこの5人でコンサートを行っている。 2001年、でがカバーした「SHIMAUTA」が大ヒットして日本でも話題に。 国内では「島唄」をまとめたシングル「」がリバイバルヒット。 2006年、新バンド結成。 リーダーおよびボーカルを担当。 THE BOOMとしての活動は停止。 2008年9月、の日本公演にスペシャル・プレゼンターとして参加し、また、THE BOOMとしての活動も再開。 それからはTHE BOOMとGANGA ZUMBAの活動を並行して行っている。 2013年11月、治療のため約4か月の活動休止を発表した。 2014年12月、THE BOOM解散。 宮沢含めメンバーは個々で音楽活動を継続している。 2015年6月より、本格的なソロ活動として、弾き語りツアー 寄り道2015『連れづれなるままに…』開催。 2015年10月19日、翌2016年4月からので講師を務めることが明らかになる。 2016年1月3日、同年春を目処に表舞台における歌唱活動を無期限で休養することを発表した。 2017年1月7日、Twitterおよび公式サイトにて、歌唱の活動を少しずつ再開していくことを発表。 2017年3月11日、震災チャリティーイベント「The Unforgettable Day 3. 11」で歌手活動復帰。 2018年、やのウルトラフェスにソロとして初出演し、THE BOOM以来9年ぶりに出演し島唄を25年振りに同番組で披露した。 その他、とらでライブを頻繁に行っている 作品 [ ] シングル [ ]• Seven Days, Seven Nights(1998年2月18日)オリコン57位• Seven Days, Seven Nights[3:35](作詞・作曲:宮沢和史)• 抜殻[5:34](作詞・作曲:宮沢和史)• Seven Days, Seven Nights Instrumental [3:35]• 抜殻 Instrumental [5:34]• ブラジル人・イン・トーキョー(1998年5月27日)オリコン77位• ブラジル人・イン・トーキョー[2:45](作詞:ペドロ・ルイス/訳詞:宮沢和史/作曲:宮沢和史)• 矮小な惑星[4:00](作詞:宮沢和史/作詞:レニーニ・宮沢和史)• BRASILEIRO EM TOQUIO[2:45](作詞:ペドロ・ルイス/作曲:宮沢和史)• 沖縄に降る雪(2001年11月7日)オリコン39位• 沖縄に降る雪[5:42](作詞・作曲:宮沢和史/編曲:宮沢和史・)• ゲバラとエビータのためのタンゴ〜2001年の黙示録〜[3:38](作詞:宮沢和史/作曲・編曲:オズバルド・レケナ)• ちむぐり唄者 Monoaural mix[7:05](作詞:平安隆/作曲:宮沢和史/編曲:Monoaural)• 沖縄に降る雪 Chari Chari mix[6:14](編曲:井上薫)• (2005年4月22日)• 「ひとつしかない地球」教育団体「」のために書かれたナンバー アルバム [ ]• (1998年3月18日)• (1998年7月8日)• 「MIYAZAWA」名義・全編のリリース盤• (1998年7月18日)• 日本盤• (1998年10月16日)• 「オリジナル・ポルトガル語ヴァージョン」の日本盤• (2001年11月28日)• (2003年1月16日)• ベストアルバム• DEEPER THAN OCEANS(2003年6月3日)• 「MIYAZAWA」名義、輸入盤(イギリスでリリース)• (2004年1月28日)• セルフカヴァー集• TOKYO STORY(2004年11月1日)• 「MIYAZAWA」名義、輸入版(イギリスでリリース)• (2007年5月15日、通信販売・ライブ会場のみで購入可能)• ライヴアルバム• (2008年2月27日)• 前作「寄り道」にDVDを添付した作品。 CDの内容は前作同様。 (2015年12月2日)• ソロ活動の集大成として、新曲・セルフカバー10曲とソロ・GANGA ZUMBA名義のベスト10曲、計20曲が収録されたベストアルバム• (2019年5月22日) ビデオ [ ]• AFROSICK LIVE IN OSAKA(1998年10月18日)• afrosick(1999年3月)• 映像の全ての編集を、宮沢和史本人が担当。 未完の夜(2001年12月6日)• afrosick(2003年1月16日)• 1999年に発売された作品を化• MIYAZAWA-SICK(2003年1月16日)• EURO ASIA 〜MIYAZAWA-SICK EUROPE TOUR '05〜(2005年6月18日)• 寄り道2007 夏さがし(2008年2月27日) 書籍 [ ]• 『セイフティ・ブランケット』シリーズ(1993-2004年)• セイフティ・ブランケット(1993年)• セイフティ・ブランケット 2(1996年)• セイフティ・ブランケット 3(1999年)• セイフティ・ブランケット 4(2004年11月2日)• セイフティ・ブランケット 1991-1998(2004年11月25日)• 同名本1-3をまとめた文庫版• 夜ふかしの凡人(1996年)• 『音の棲むところ』シリーズ(1996年、2000年、2007年)• 音の棲むところ(1996年)• 音の棲むところ 2(2000年)• 音の棲むところ 3(2007年7月31日)• 詞人から詩人へ(2000年)• 未完詩(2001年)• 宮沢和史全歌詞集(2001年11月22日)• 旅の響き(2002年2月25日)• 写真: 旅:宮沢和史• 寄り道(2005年6月29日)• CD-ROM付き、コンサート会場での直接販売と通信販売のみ• 寄り道2(2006年6月8日)• CD-ROM付き、コンサート会場での直接販売と通信販売のみ• 寄り道(上記の作品とは別物)• 言の葉摘み(2006年8月25日)• 足跡のない道(2008年6月18日)• BRAZIL-SICK(2008年12月3日) 関連作品 [ ]• 神様の宝石でできた島(1994年3月21日)• 「」名義• (1994年4月21日)• 二人のハーモニー(1995年5月1日)• 「&宮沢和史」 名義• 旅立ちの時(1998年9月10日)• 「宮沢和史 with 」名義• (2000年10月20日)• 「・・・宮沢和史・」名義で発表したライヴアルバム• (2002年7月10日)• の主題歌。 (2005年3月9日)• 「 feat. 宮沢和史」名義• (2008年6月25日)• ・日本代表選手団公式応援ソング。 の一員として参加。 、、、、、、、、らとの共演。 Brasil 100 〜BEST BRASILIAN MUSIC SELECTION〜(2008年12月3日)• 日本人のブラジル移民100周年を記念し、宮沢がJAL機内チャンネルのために選曲したブラジル音楽の曲を中心に収録したベストアルバム。 野に咲く花()• が結成したユニット「」の3rdアルバム『みちくさ日和』収録曲。 リード・ヴォーカルとして参加。 シンカヌチャー(2012年1月27日)• 「宮沢和史+DIAMANTES+シンカヌチャー」名義• MIYATORA(2013年11月6日)• (2015年10月1日)• 50周年イメージソング。 「16 voices」の一員として参加。 、、、、、、、、、、、、、、らとの共演。 楽曲提供 [ ]• 「白百合の花が咲く頃」作詞・作曲:宮沢和史 編曲:• 「あなたに会いに行こう」作詞: 作曲:宮沢和史 編曲:• 「TREASURE THE WORLD」作詞:Dick Lee 作曲:宮沢和史 編曲:高野寛• 「ありがとう」作詞:MCU・宮沢和史 作曲:MCU・宮沢和史・ヤマヒロ• 「ひがらがさ」作詞:おおたか静流 作曲:宮沢和史 編曲:大村達司• 「いちばん小さな島で」作詞:織田裕二 作曲:宮沢和史 編曲:キハラ龍太郎• 「何もいらない」作詞・作曲:宮沢和史• 「愛は私の胸の中」作詞・作曲:宮沢和史 編曲:喜納昌吉&チャンプルーズ 我如古より子• 「あの海へ帰りたい」作詞・作曲・編曲:宮沢和史• 「島唄南の四季」作詞:我如古盛栄 作曲:宮沢和史 編曲:• 「誰よりも遠くから」作詞:宮沢和史 作曲・編曲:川村結花• 「」作詞・作曲:宮沢和史 編曲:高野寛• 「」作詞・作曲:宮沢和史 編曲:高野寛・Tin Pan Family・弦一徹• 「」作詞・作曲:宮沢和史 編曲:MARIA CASTRO BALBI• 「」作詞・作曲:宮沢和史 編曲:高野寛• 「時雨の森」作詞:坂本美雨 作曲・編曲:宮沢和史• 「We're gonna go home」作詞:宮沢和史 作曲・編曲:佐藤正治• 「あたたかな夢」作詞: 作曲:宮沢和史 編曲:佐藤正治• 「」作詞・作曲:宮沢和史 編曲:• 「」作詞・作曲:宮沢和史 編曲:GANGA ZUMBA• 「」作詞・作曲:宮沢和史 編曲:家原正樹 コーラスアレンジ:Ko-saku• 「とある夏の日」作詞:TAKA・宮沢和史 作曲:TAKA・宮沢和史・nzm 編曲:nzm• 「国分寺1976」作詞・作曲:宮沢和史 編曲:岸利至• 「」作詞・作曲:宮沢和史 編曲:家原正樹• 「Wind that blow to bikal」作詞:宮沢和史 作曲・編曲:高橋幸宏• 「僕等はもっとすごいはず」作詞:CHAKA 作曲:宮沢和史 編曲:• 「新しい日々」作詞:CHAKA 作曲:宮沢和史 編曲:鶴来正基• 「魂をコンドルにのせて」作詞:アルベルト城間・宮沢和史 作曲:アルベルト城間 編曲:・アルベルト城間• 「太陽の祭り」作詞:宮沢和史 作曲:アルベルト城間• 「鎌倉に向かう靴」作詞:友部正人 作曲:宮沢和史• 「」作詞:宮沢和史 作曲:Sin 編曲:森俊也・STEPHEN• 「」作詞・作曲:宮沢和史 編曲:• 「あしたの子守唄」作詞・作曲:宮沢和史• 「夏花の唄」作詞・作曲:宮沢和史• 「月の蛍」作詞・作曲:宮沢和史• 「月見草」作詞・作曲:宮沢和史 編曲:宮沢和史・• 「僕の部屋で暮らそう」作詞・作曲・編曲:宮沢和史• 「かげろう」作詞・作曲:宮沢和史 編曲:宮沢和史・安斎直宗• 「」作詞・作曲:宮沢和史• 「」作詞・作曲:宮沢和史• 「月」作詞:宮沢和史 作曲・編曲:Sinkiroh• 「虹が出たなら」作詞・作曲:宮沢和史 編曲:矢野顕子• 「遠い町で」作詞・作曲:宮沢和史 編曲:矢野顕子• 「涙のようにきれいな星」作詞:尾上文 作曲:宮沢和史 編曲:春野高広• 「巡る想い」作詞:RIKKI 作曲:宮沢和史 編曲:• 「地球の上で」作詞: 作曲:宮沢和史 編曲:高野寛・宮沢和史 with M2• 「花はただ咲く」作詞: 作曲:宮沢和史• 「ニヒルに愛して」作詞:宮沢和史 作曲・編曲:大野雄二 出演 [ ]• (1989年 - 不明)• パーソナリティー• ナガランド(1992年、主演およびプロデュースの)• チャンタピンパーのくれた塵芥(ごみ)(1992年福岡・主演。 共演)• (1994年、主演・)• (1995年、との共演)• コマーシャル• (1996年、主演・深津絵里)- 山上博幸 役• パーソナリティー(1997年4月-2003年12月・)• 番組司会・ナレーション(・1997年4月3日-9月25日)• (1998年、CM曲に宮沢名義の楽曲「故郷になってください」)• コマーシャル• (2000年 系・主演)• (2001年 系・主演)• ハイビジョンスペシャル はるかなる音楽の道 海を渡った郷愁 ~ポルトガルギターの大航海~(NHK 2002年)• 環境プロジェクト、ナビゲーター(・2007年)• ナレーション(・2008年4月-)• 企業広告「塾帰り」篇(ナレーション、2008年)• コマーシャル• 「」(2008年、CM曲にTHE BOOM名義の楽曲「」)• コマーシャル• パーソナリティー(2008年10月1日-2015年3月・系列全国23局ネット)• 「銀河の輝き 天の川 宮沢和史とめぐる星空の旅」(2009年夏、歌とナレーション)• 企業広告「世界は、ひとつずつ変えることができる。 」(ナレーション、2011年、2015年〜)• コマーシャル• (2011年 TBS系・主演)- 役• (2011年 TBS系・主演)- 岩城昌隆 役• (2014年、主演・)• テーマソング(2014年)• コマーシャル• (2016年、・主演) - 大江嗣久 役• (2018年7月7日)• 2015年9月9日. 2015年9月9日閲覧。 2013年11月7日• 琉球新報 琉球新報社. 2015年10月20日. 2017年12月1日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2016年1月3日. 2017年12月1日閲覧。 、 2017年12月1日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2017年2月4日. 2017年12月1日閲覧。 音楽ナタリー ナターシャ. 2017年3月12日. 2017年12月1日閲覧。 音楽ナタリー. 2016年11月9日. 2016年11月10日閲覧。 音楽ナタリー 2015年8月26日. 2015年8月26日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

CiNii Articles

宮沢 和 史

宮沢氷魚は母・光岡ディオンと父・宮沢和史の長男!出身大学が凄かった! 宮沢氷魚は母・光岡ディオンと父・宮沢和史の長男! 宮沢氷魚は、2015年にメンズノンノ専属モデルとして芸能界デビューしたモデル。 身長184cmと高身長でスレンダー、明るい髪色で、独特の雰囲気のあるイケメンです。 その顔を一目見ると分かる人には分かるのですが、宮沢氷魚の父は、元THEBOOMの宮沢和史。 宮沢和史は、1994年にタレントの光岡ディオンと結婚し、同年に宮沢氷魚が誕生しました。 母親の光岡ディオンは、アメリカ人とのハーフなので、宮沢氷魚はクオーター。 身長184cmという高身長も、雰囲気のあるイケメンぶりにもうなずけます。 宮沢氷魚は高学歴!母・光岡ディオンと同じく出身大学が凄かった! 宮沢氷魚の母親ゆずりなのは、身長やイケメンな顔立ちだけではありません。 宮沢氷魚は、母親の光岡ディオンも卒業した国際基督教大学(ICU)の卒業生。 同行の卒業生としては、秋篠宮家の佳子さま眞子さまを筆頭に、タレントのジョン・カビラや、直木賞作家の高村薫など、多彩な人材を輩出しています。 宮沢氷魚は、幼い頃からインターナショナルスクールに通い、国内で高校卒業後は、アメリカのカリフォルニア大学へ留学。 その後、ICUへ編入して、現在に至ります。 もちろん英語は堪能。 日本語より英語が得意だということですが、それもうなずける経歴ですね。 宮沢氷魚の名前の読み方、意味は?マラソンの接触妨害に非難殺到! 宮沢氷魚の名前の読み方は?父・宮沢和史の思いがこめられた意味とは? 宮沢氷魚は、芸能界デビューしたばかり。 厳しい視聴者の視線にさらされるテレビの世界では、早速試練が待っていました。 企画の内容は、青山学院大学の陸上部と、芸能人チームの体育会TV陸上部が、駅伝で対決するというもの。 青学陸上部といえば、箱根駅伝を連覇した実力の持ち主です。 ところが、マラソン中に、芸能人チームの宮沢氷魚が、青学の選手と接触。 ハンデとして芸能人チームは倍の人数が参加し、青学よりも短距離で交代していたこともあり、事故が起こりやすい状況ではありました。 しかし、結果、芸能人チームが圧勝したことから、宮沢氷魚の接触妨害で、かえって後味の悪いレースとなってしまったのです。 視聴者からは「接触妨害で失格だろう」「妨害して勝ってうれしいか?」と非難が殺到しました。 宮沢氷魚は、父である元THEBOOM宮沢和史を超えられるのか? 狭き門を実力でくぐる 宮沢氷魚は、芸能界デビュー1年目。 宮沢氷魚がデビューのきっかけをつかんだ雑誌「メンズノンノ」の専属モデルといえば、阿部寛、田辺誠一、谷原章介、大沢たかお、伊勢谷友介といった数多くの才能を輩出しています。 もはやモデルにとどまらず、俳優、タレントとして幅広い活躍をし、日本の芸能界を支えている存在といってもいいでしょう。 最近では、ドラマ「重版出来!」に出演している坂口健太郎も、「メンズノンノ」の先輩にあたりますね。 宮沢氷魚は、その輝かしいメンズノンノの歴史に加わることができるのでしょうか。 2015年の6月から事務所「レプロエンタテインメント」に所属した宮沢氷魚は、初めて受かったオーディションが「メンズノンノ」の専属モデルオーディションだったそうです。 幸先のいいスタートですが、二世タレントの親の七光りなのではと思う方も多いでしょう。 しかし、現在の事務所には、父親のことは伏せて、自分で履歴書を送ったのだとか。 宮沢氷魚、なかなか男前です。 レプロエンタテインメントは、新垣結衣、清水富美加、マギー等が所属する大手事務所。 宮沢氷魚はその狭き門を実力でくぐったのです。 両親の存在 将来的には、俳優として、先輩である阿部寛と共演することが夢だと語っている宮沢氷魚。 父親の宮沢和史からは「簡単な世界じゃないけど、やりがいはある」とエールを送られているそうです。 また、母親の光岡ディオンのように、語学力をいかしたラジオパーソナリティーにも興味があるという宮沢氷魚。 すでに、4月からは、NHK「おとなの基礎英語」への出演も決まり、得意の英語を活かしてドラマパートに出演中。 演技には初挑戦ながら、オーストラリアでオリジナルレシピを求めて奮闘する若手シェフを演じている宮沢氷魚は、流暢な英語で、初挑戦という事実を感じさせません。 幼い頃から憧れた芸能界 このように語学も堪能で、高学歴な宮沢氷魚ですが、スポーツも万能で、特に野球やクロスカントリーが得意。 身体能力を活かしてテレビ番組等でも活躍してみたいと夢は広がります。 実は、幼い頃から芸能界への憧れがあったという宮沢氷魚。 これは、父・宮沢和史がステージに立ち、大勢の人々の心を動かす様を見て育ったことが大きかったようです。 着実に学歴を積んでいるところを見ると、芸能界に興味はなかったようにも思えますが、学業をおろそかにしないことも重要と考えてのこと。 芸能界で、それらの経験が活かされ、宮沢氷魚の能力が花開くところを見てみたいものです。

次の