カッシーナ マラルンガ。 アウトレット|カッシーナ・イクスシー公式オンラインストア

675 MARALUNGA(マラルンガ ソファ) Cassina

カッシーナ マラルンガ

出典: カッシーナは「I Maestri (イ・マエストリ)」のようなクラシック家具の復刻コレクション以外にも、現代的なアーティストとのコラボレーションコレクションである「コンテンポラリーコレクション」も展開しています。 カッシーナが築いてきた伝統のある技術と、若い才能がコラボレートした家具は、まさに「伝統とコテンポラリーの集合体」と呼ぶにふさわしい作品と言えるでしょう。 カッシーナの歴史 1927年、北イタリアのミラノ近郊で木製椅子の製造事業などをしていたカッシーナ兄弟によって、「アメデーオ・カッシーナ社」が設立されました。 第二次世界大戦後の1948年頃からは、外部の建築家やデザイナーとのコラボレーションをいち早く行い、それまでの手工業的な生産から、デザイン性の高い家具を工業的につくりだす手法へと変わっていきました。 中でも豪華客船「アンドレア・ドリア号」のインテリアと家具の制作は、カッシーナの名を一躍有名にした大きなプロジェクトだったと言われています。 カッシーナの中でも最も有名と言われているのが、指一本で持ち上げられる椅子「スーパーレジェーラ」です。 極限まで削ぎ落とされた幅18mmの三角形フレームに、重さ1,700gという超軽量の椅子は、完ぺきなバランスで構成されていると絶賛されました。 1950年に開発された「スーパーレジェーラ」で、カッシーナ社の名声は揺るぎないものとなりました。 1964年には「I Maestri (イ・マエストリ)」コレクションが発表され、世界中で愛される家具のハイブランドとして現在も注目されています。 出典: カッシーナは、今まで培われてきた伝統的な木工技術はもちろん、時代の変化に合わせ、技術を日々進化させてきました。 もともと手工業の椅子をつくっていたため、確かな技術を持ち合わせているカッシーナですが、現代アートとのコラボレーションを実現し、見事に伝統的な技術と革新的なデザインの融合を果たしています。 素材にこだわった妥協のない品質 カッシーナは、家具に使用する素材へのこだわりも一切妥協を許しません。 デザイナーの細やかなディティールに応えるため、デザインを忠実に再現できる素材にこだわり抜いています。 価格帯は高いですが、それに見合った質の良い素材を使っているのが特徴です。 カッシーナのコレクション カッシーナの代表的なコレクションをご紹介します。 名作を復刻させた「イ・マエストリ」 「I Maestri (イ・マエストリ)」は、「巨匠たち」という意味の歴史的名作シリーズです。 近代建築の世界三大巨匠の1人に数えられる「ル・コルビュジエ」や「チャールズ・レニー・マッキントッシュ」、「フランク・ロイド・ライト」などの著名なデザイナーたちとコラボしています。 現代美術との融合「コンテンポラリー」 「コンテンポラリー」は、現代で活躍しているデザイナーや建築家とのコラボレーションを実現したコレクションです。 イタリア建築デザイナーの父と呼ばれる「ジオ・ポンティ」や「ヴィコ・マジストレッティ」、「マリオ・ベリーニ」などの一流デザイナーとコラボレートし、最先端の洗礼されたデザインの家具を販売しています。 カッシーナ・イクスシー(IXC. )とは カッシーナ・イクスシーは、イクスシーのセカンドラインにあたるブランド名で、イクスシーには「ixc. EDITION(イクスシー・エディション)」と「ixc. SELECTION(イクスシー・セレクション)」の2つのコレクションに分かれています。 イクスシー・エディション イクスシーが独自に企画・開発をしているコレクションです。 場所をとらずにくつろげるというコンセプトを掲げて、フランス出身のデザイナー「グエナエル・ニコラ」デザインの「BOOMERANG」シリーズや、キング&ミランダによる高級オフィス家具コレクション「TWIN WALL」シリーズなどがあります。 イクスシー・セレクション モダンデザインをテーマに、世界各地の優れた製品をセレクトしているコレクションで、海外の数多くのトップブランドと販売契約を結んでいます。 「フィリップ・ユーレル」や「アリアス」、「レマ」など、モダン家具を取り扱っています。 また、それらの製品をカッシーナの高い技術を持って、一部ライセンス生産も行っています。 カッシーナのソファの選び方 カッシーナのソファを選ぶうえで押さえておくべきポイントをご紹介します。 設置するスペースによって選ぶ.

次の

カッシーナのおすすめソファ25選!人気のマラルンガもご紹介

カッシーナ マラルンガ

出典: カッシーナは「I Maestri (イ・マエストリ)」のようなクラシック家具の復刻コレクション以外にも、現代的なアーティストとのコラボレーションコレクションである「コンテンポラリーコレクション」も展開しています。 カッシーナが築いてきた伝統のある技術と、若い才能がコラボレートした家具は、まさに「伝統とコテンポラリーの集合体」と呼ぶにふさわしい作品と言えるでしょう。 カッシーナの歴史 1927年、北イタリアのミラノ近郊で木製椅子の製造事業などをしていたカッシーナ兄弟によって、「アメデーオ・カッシーナ社」が設立されました。 第二次世界大戦後の1948年頃からは、外部の建築家やデザイナーとのコラボレーションをいち早く行い、それまでの手工業的な生産から、デザイン性の高い家具を工業的につくりだす手法へと変わっていきました。 中でも豪華客船「アンドレア・ドリア号」のインテリアと家具の制作は、カッシーナの名を一躍有名にした大きなプロジェクトだったと言われています。 カッシーナの中でも最も有名と言われているのが、指一本で持ち上げられる椅子「スーパーレジェーラ」です。 極限まで削ぎ落とされた幅18mmの三角形フレームに、重さ1,700gという超軽量の椅子は、完ぺきなバランスで構成されていると絶賛されました。 1950年に開発された「スーパーレジェーラ」で、カッシーナ社の名声は揺るぎないものとなりました。 1964年には「I Maestri (イ・マエストリ)」コレクションが発表され、世界中で愛される家具のハイブランドとして現在も注目されています。 出典: カッシーナは、今まで培われてきた伝統的な木工技術はもちろん、時代の変化に合わせ、技術を日々進化させてきました。 もともと手工業の椅子をつくっていたため、確かな技術を持ち合わせているカッシーナですが、現代アートとのコラボレーションを実現し、見事に伝統的な技術と革新的なデザインの融合を果たしています。 素材にこだわった妥協のない品質 カッシーナは、家具に使用する素材へのこだわりも一切妥協を許しません。 デザイナーの細やかなディティールに応えるため、デザインを忠実に再現できる素材にこだわり抜いています。 価格帯は高いですが、それに見合った質の良い素材を使っているのが特徴です。 カッシーナのコレクション カッシーナの代表的なコレクションをご紹介します。 名作を復刻させた「イ・マエストリ」 「I Maestri (イ・マエストリ)」は、「巨匠たち」という意味の歴史的名作シリーズです。 近代建築の世界三大巨匠の1人に数えられる「ル・コルビュジエ」や「チャールズ・レニー・マッキントッシュ」、「フランク・ロイド・ライト」などの著名なデザイナーたちとコラボしています。 現代美術との融合「コンテンポラリー」 「コンテンポラリー」は、現代で活躍しているデザイナーや建築家とのコラボレーションを実現したコレクションです。 イタリア建築デザイナーの父と呼ばれる「ジオ・ポンティ」や「ヴィコ・マジストレッティ」、「マリオ・ベリーニ」などの一流デザイナーとコラボレートし、最先端の洗礼されたデザインの家具を販売しています。 カッシーナ・イクスシー(IXC. )とは カッシーナ・イクスシーは、イクスシーのセカンドラインにあたるブランド名で、イクスシーには「ixc. EDITION(イクスシー・エディション)」と「ixc. SELECTION(イクスシー・セレクション)」の2つのコレクションに分かれています。 イクスシー・エディション イクスシーが独自に企画・開発をしているコレクションです。 場所をとらずにくつろげるというコンセプトを掲げて、フランス出身のデザイナー「グエナエル・ニコラ」デザインの「BOOMERANG」シリーズや、キング&ミランダによる高級オフィス家具コレクション「TWIN WALL」シリーズなどがあります。 イクスシー・セレクション モダンデザインをテーマに、世界各地の優れた製品をセレクトしているコレクションで、海外の数多くのトップブランドと販売契約を結んでいます。 「フィリップ・ユーレル」や「アリアス」、「レマ」など、モダン家具を取り扱っています。 また、それらの製品をカッシーナの高い技術を持って、一部ライセンス生産も行っています。 カッシーナのソファの選び方 カッシーナのソファを選ぶうえで押さえておくべきポイントをご紹介します。 設置するスペースによって選ぶ.

次の

アウトレット|カッシーナ・イクスシー公式オンラインストア

カッシーナ マラルンガ

出典: カッシーナは「I Maestri (イ・マエストリ)」のようなクラシック家具の復刻コレクション以外にも、現代的なアーティストとのコラボレーションコレクションである「コンテンポラリーコレクション」も展開しています。 カッシーナが築いてきた伝統のある技術と、若い才能がコラボレートした家具は、まさに「伝統とコテンポラリーの集合体」と呼ぶにふさわしい作品と言えるでしょう。 カッシーナの歴史 1927年、北イタリアのミラノ近郊で木製椅子の製造事業などをしていたカッシーナ兄弟によって、「アメデーオ・カッシーナ社」が設立されました。 第二次世界大戦後の1948年頃からは、外部の建築家やデザイナーとのコラボレーションをいち早く行い、それまでの手工業的な生産から、デザイン性の高い家具を工業的につくりだす手法へと変わっていきました。 中でも豪華客船「アンドレア・ドリア号」のインテリアと家具の制作は、カッシーナの名を一躍有名にした大きなプロジェクトだったと言われています。 カッシーナの中でも最も有名と言われているのが、指一本で持ち上げられる椅子「スーパーレジェーラ」です。 極限まで削ぎ落とされた幅18mmの三角形フレームに、重さ1,700gという超軽量の椅子は、完ぺきなバランスで構成されていると絶賛されました。 1950年に開発された「スーパーレジェーラ」で、カッシーナ社の名声は揺るぎないものとなりました。 1964年には「I Maestri (イ・マエストリ)」コレクションが発表され、世界中で愛される家具のハイブランドとして現在も注目されています。 出典: カッシーナは、今まで培われてきた伝統的な木工技術はもちろん、時代の変化に合わせ、技術を日々進化させてきました。 もともと手工業の椅子をつくっていたため、確かな技術を持ち合わせているカッシーナですが、現代アートとのコラボレーションを実現し、見事に伝統的な技術と革新的なデザインの融合を果たしています。 素材にこだわった妥協のない品質 カッシーナは、家具に使用する素材へのこだわりも一切妥協を許しません。 デザイナーの細やかなディティールに応えるため、デザインを忠実に再現できる素材にこだわり抜いています。 価格帯は高いですが、それに見合った質の良い素材を使っているのが特徴です。 カッシーナのコレクション カッシーナの代表的なコレクションをご紹介します。 名作を復刻させた「イ・マエストリ」 「I Maestri (イ・マエストリ)」は、「巨匠たち」という意味の歴史的名作シリーズです。 近代建築の世界三大巨匠の1人に数えられる「ル・コルビュジエ」や「チャールズ・レニー・マッキントッシュ」、「フランク・ロイド・ライト」などの著名なデザイナーたちとコラボしています。 現代美術との融合「コンテンポラリー」 「コンテンポラリー」は、現代で活躍しているデザイナーや建築家とのコラボレーションを実現したコレクションです。 イタリア建築デザイナーの父と呼ばれる「ジオ・ポンティ」や「ヴィコ・マジストレッティ」、「マリオ・ベリーニ」などの一流デザイナーとコラボレートし、最先端の洗礼されたデザインの家具を販売しています。 カッシーナ・イクスシー(IXC. )とは カッシーナ・イクスシーは、イクスシーのセカンドラインにあたるブランド名で、イクスシーには「ixc. EDITION(イクスシー・エディション)」と「ixc. SELECTION(イクスシー・セレクション)」の2つのコレクションに分かれています。 イクスシー・エディション イクスシーが独自に企画・開発をしているコレクションです。 場所をとらずにくつろげるというコンセプトを掲げて、フランス出身のデザイナー「グエナエル・ニコラ」デザインの「BOOMERANG」シリーズや、キング&ミランダによる高級オフィス家具コレクション「TWIN WALL」シリーズなどがあります。 イクスシー・セレクション モダンデザインをテーマに、世界各地の優れた製品をセレクトしているコレクションで、海外の数多くのトップブランドと販売契約を結んでいます。 「フィリップ・ユーレル」や「アリアス」、「レマ」など、モダン家具を取り扱っています。 また、それらの製品をカッシーナの高い技術を持って、一部ライセンス生産も行っています。 カッシーナのソファの選び方 カッシーナのソファを選ぶうえで押さえておくべきポイントをご紹介します。 設置するスペースによって選ぶ.

次の