悠悠館 解約。 こうじ酵素(悠悠館)効果を確かめるため半年間続けてみた!

悠悠館のこうじ酵素解約方法

悠悠館 解約

そんな人のために今回は、ラクビの定期コースを申し込んだあと解約するにはどうしたらいいか? また、休止やキャンセルは? 返品の仕方も一応知っておきたい・・・ と言う方のために、上記について詳しく調べてみたので、ラクビの定期購入を迷っている人は参考にしてみてくださいね~! \公式サイトで今だけ初回¥500!/ ラクビの定期コースには回数縛りはあるの? まずラクビの定期コースについて少し説明しますね。 ラクビの定期コースとは ラクビの定期コースは「ゆうゆうコース」という名前です。 そして、ゆうゆうコースにホームページから申し込むと、通常価格3800円のところが、初回500円 税込 になって、通常は200円かかる送料も無料になるんです! 回数縛りは? ゆうゆうコースは、 継続の決まりはありません! つまり、初回500円だから一回だけ申し込んでみよう、ということも可能となります。 ちなみに 2回目以降は、27%オフの2740円になります。 そしてゆうゆうコースにするとずっと送料はかからないので、3回継続すると合計で5980円 税込 支払うことになります。 ラクビの定期コースはどうやって解約したらいいの? 定期コースの解約は、解約したいと思った時は電話で連絡すれば解約できます。 期限は、 次回発送日の5日前までです。 次回発送日は、商品に同梱されている納品書に書かれているので、そちらで確認してください。 マイページあるならそこから解約することも出来るんじゃないの?と思ってしまいますが、残念ながら解約する場合は電話連絡のみになるので、下記の電話番号へ連絡してください。 ラクビを解約する際の電話番号 フリーダイヤル 0120-275-458 年末年始以外は土日・祝日も営業していますので、連絡は取りやすいですね! ラクビを休止したい時は? ラクビの飲み忘れが続いちゃってちょっとまだ余ってる、なんていう場合など、解約したいわけじゃないけど少しお休みしたい、という場合は、前回の出荷から 最長で6カ月間お休みすることが出来ますよ。 解約の場合は電話連絡のみでしたが、休止する時は マイページからでも休止の手続きをすることが出来ます。 マイページには、メールアドレスとパスワードを入力することで入ることが出来ます。 パスワードはマイページを登録したときに作ったものです。 マイページに登録しておくと、注文履歴が確認出来たり、色々な手続きもそこから出来るので、しておいた方がいいですよ! 休止の手続きも、 次回出荷の5日前までにしてくださいね。 もちろん電話ですることも出来ます。 電話番号は先ほど紹介した電話番号と同じです。

次の

ラクビの初回500円モニターは一回ですぐ解約しても良い?いつまでなら返品送料無料?悠悠館の電話番号について!

悠悠館 解約

価格: 初回は500 円のみ(2回目以降は3,800円) 送料:無料 特典:毎月美活アドバイザー考案の特別プログラムを無料で受講可能 ラクビ(LAKUBI)には、初回500円で購入できるお得な「500円モニター」定期コースがあります。 解約するには次の条件を満たしていなければいけませんので、事前にチェックしておきましょう。 定期便「定期コース」の解約条件 1、解約は3か月間できない 定期便「定期コース」の毎月先着500名を限定のキャンペーンで購入した方は 3か月間解約ができないという制限があります。 そのため、最短で定期便を 解約できるのは4か月目以降となるので要注意です。 ラクビ(LAKUBI)は本気で体質改善を目指している方におすすめしている商品のため、短期間ではなく長期間使って徐々に効果が出てくるというのが理由です。 まずは3か月間はしっかり服用してほしいというのが運営会社の思いのようです。 2、期間内に電話で連絡 解約すると決めましたら、次回商品発送日の 5日前までに直接メーカーに連絡しなければいけません。 もしこの期間を過ぎることがあれば、 解約が次の月に持ち越されてしまう恐れがあります。 解約時に必要なものは特にありません。 ラクビ(LAKUBI)定期便「定期コース」解約手順 実際に解約する手順です。 順を追っていけば解約できますので参考にしてみてください。 解約完了 以上で、定期便「定期コース」の解約手続きは完了になります。 電話1本で簡単に解約できるので、あっさり終わってしまいます。 ラクビ(LAKUBI)解約時の注意点 連休前は電話が繋がりにくい場合もある 何名かのオペレーターさんが待機していますが、混雑が考えられる 連休前や日曜・祝日明けの月曜日は電話が繋がりにくいこともあります。 また、土曜日は17時でコールセンターが終わるので間違えないようにしましょう。 繋がらない場合は時間をおいてかけ直したりするといいですよ。 平日の11~14時ごろは混雑する傾向にあります。 平日の15~17時ごろがオペレーターに繋がりやすいのでおすすめです。 私が定期便「定期コース」を解約した理由と感想 私もダイエットを決意してから1年間、毎日ラクビを飲んでいました。 それまで何をやっても減らなかった体重がラクビを飲み始めてから徐々に減り、 満足な結果を得られたため、もう必要ないなと思い解約手続きしました。 オペレーターさんに解約の理由を伝えたところ、 特にしつこく引き止められることも勧誘もありませんでしたので、あっさりと解約できました。 手続きにかかる時間は10分もかからなかったと思います。 ラクビ(LAKUBI)が必要なくなった場合は・・・ もう飲まないのなら持っていてもしょうがないですし、捨てるのはもったいないです。 薬ではなく健康食品のため、ご兄弟や友人にプレゼントすると喜ばれますよ。 ラクビ(LAKUBI)は 平子理沙 さんなど多くの芸能人も愛用していることから、必要としている人が結構いて人気なんですよ。 少しでもお金に換えることができればwinwinの関係を築けますよ。

次の

【続けるならお得】ラクビのゆうゆうコースの特徴とその解約方法

悠悠館 解約

消費者がホームページやSNS等で「健康に良い」「ダイエット効果あり」「バストアップ効果あり」や「有名女優も使用」とうたう広告を見て、商品を通常価格より安い価格で購入したところ、実際は定期購入契約だったというトラブルが急増しています。 定期購入をめぐるトラブルでは、消費者が自主的に停止手続きをしないと自動で定期購入へ切り替わってしまうという相談の他、消費者の認識が「お試し」「1回だけ」でありながら実際には定期購入契約になっているという相談が多く寄せられています。 また、解約を申し出ようとしたところ、「事業者へ電話がつながらない」「初回価格だけ支払えばよいと思っていたのに事業者から通常価格を請求された」という相談もみられます。 そこで、最近の定期購入トラブルについて、相談事例やアドバイスをまとめ、消費者に注意喚起を行います。 図1 相談事例からみる定期購入トラブル例 相談件数の推移 通信販売で「お試し価格」「初回無料」などをうたった健康食品、化粧品、飲料の定期購入に関する相談は、PIO-NETに2011年度以降11,812件寄せられています。 年々増加傾向にあり、2015年度の相談件数(5,620件)は、2011年度(520件)の10倍以上に増えています。 図2 年度別相談件数 2011年度の相談件数は520件、2012年度は830件、2013年度は1,471件、2014年度は1,785件、2015年度は5,620件、2016年4月・5月は1,586件です。 相談事例 【事例1】 サプリメントを初回お試し価格として購入。 体に合わず解約を申し出たが、定期購入だとして拒否された。 【事例2】 通信販売でお試し価格500円の健康食品を注文した。 一度限りだと思ったが2回目が届いた。 解約したいが電話がつながらない。 【事例3】 通信販売で青汁を注文したら定期コースだった。 毎月商品が届くが中止し返品したい。 【事例4】 SNSで知った化粧品の無料お試しを注文したら定期購入になった。 解約したい。 相談事例からみる問題点• 定期購入である旨の表示が分かりにくい• 解約はできない旨の表示が分かりにくい• 解約を申し出たところ、通常価格を請求される• 事業者への解約の申し出が困難 消費者へのアドバイス• 契約内容や解約条件を確認しましょう• トラブルになった場合には消費生活センター(局番なしの188(いやや))に相談しましょう 情報提供先• 消費者庁 消費者政策課(法人番号5000012010024)• 消費者庁 取引対策課(法人番号5000012010024)• 消費者庁 表示対策課(法人番号5000012010024)• 内閣府 消費者委員会事務局(法人番号2000012010019)• 公益社団法人 日本通信販売協会(法人番号9010005018680)• 公益社団法人 日本広告審査機構(法人番号3010005016566)• 一般社団法人 日本インタラクティブ広告協会(法人番号2010005014868) 本件連絡先 相談情報部 ご相談は、お住まいの自治体のにお問い合わせください。

次の