手話 ありがとう ござい ます。 「有り難うございます」と「ありがとうございます」

手話通訳の勉強方法。閲覧ありがとうございます。今回、市が実施してい...

手話 ありがとう ござい ます

ヨミドクターをご覧のみなさま。 サービス介助士インストラクターの冨樫正義です。 以前のコラムで、についてお伝えしました。 今回は、特に、ろう者のコミュニケーション方法である「手話」についてお伝えします。 体全体で表現する言語 「ろう者」とは、両耳がそれぞれ100dB以上(100dB以上の音がかすかに聴こえる)の聴覚障害のある人のことで、身体障害者の等級では2級となります。 ただし、こうした医学的な区分とは別に、音声言語獲得前に失聴し、手話を母語とする人を「ろう者」と呼ぶのが一般的です。 その他、聴覚に障害のある人には、両耳の聴力レベルが100dBより軽く、日本語など音声言語の習得後に失聴している人が多い「難聴者」や、健聴者(聞こえる人)だったが、人生の途中で病気や事故により聴力を失った「中途失聴者」がいます。 手話とは、主にろう者がコミュニケーションをとる際の手段で、指の動きや表情などを使って視覚的に表現する言語です。 同じ指の動きでも、スピードや強弱などで意味が異なることもあります。 つまり体全体で表現する言葉なのです。 「日本手話」と「日本語対応手話」がある 手話には、「日本手話」と「日本語対応手話」があります。 日本手話とは、日本のろう者が母語として獲得している言語であり、現在、多くのろう者が使用しています。 日本語の文法と異なる場合があり、助詞や助動詞を表さないことが多くあります。 これに対して日本語対応手話は、主に中途失聴者や難聴者など日本語を母語とする人が用い、手話の表現は、日本語を話す順に並べられます。 助詞や助動詞も指文字や手話、口形で表現します。 このように、日本手話と日本語対応手話は、基本的に語順や言語の構造が違うため、手話を学んだ健聴者でも、ろう者同士の会話を理解するのが難しいこともあります。 ただ、手話を使うことで聴覚障害への理解が深まり、聴覚に障害がある人とコミュニケーションを取るきっかけにもなります。 あいさつだけでも手話を使えば、「コミュニケーションを取りたい」という意思は伝わります。 手話を学ぶきっかけとして、以下に二つの手話をご紹介します。 右利きか左利きか、自分が動かしやすいほうで表現します。 「こんにちは」の手話 <1>立てた人差し指と中指を額にあてて、時計の文字盤の12時の位置を表す。 <2>向かい合わせて立てた両手の人差し指を折り、あいさつの表現をする。 投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。 リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。 コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。 次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。 ブログとの関係が認められない場合• 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合• 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合• 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合• 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合• 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合• 事実に反した情報を公開している場合• 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合• 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)• メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合• その他、編集スタッフが不適切と判断した場合 編集方針に同意する方のみ投稿ができます。 以上、あらかじめ、ご了承ください。

次の

「ご清聴ありがとうございました」って手話で表すとどうなりますか?

手話 ありがとう ござい ます

「何か理由」は、ないと判断します。 私は ちょっとした物書きですが 、「ありがとうございます」ですが、ご質問の例示のほか「有難う御座います」などもありますネ。 「有り難う」には当てはまりませんが、常用漢字の範囲内とか、JIS第1水準の範囲でとか、いろいろ自分で決めれば、それが最高と思います。 ちなみに私は、原則「常用漢字」ですが、自分で例外を決めています。 完全に常用漢字で、ということになると、「な良」「くま本」としなくてはいけません。 また、「全」は常用漢字ですが、それには音訓の制約があって、「全く」は使えても「全て すべて 」は使えません。 私自身の基準は、多くの人が接するであろう新聞の表記基準を参考にしています 自身は、新聞記者などではありませんが。 それによると、「めったにない」 有ることが難い 意味では漢字で「それは世にも有り難いことだ」「彼は有り難い才能の持ち主だ」としますが、感謝の表現では「ありがとう」「ありがたいお言葉で」「ありがた迷惑」のように漢字を使いません。 私もそうしています。 ご参考まで。 A ベストアンサー 私個人の感覚では、それは漢字が多すぎる気がします。 つまり、いかにも取ってつけたようなというか、わざとらしいと受け取られる危険がないともいえないような気がします。 むしろ、素直に 「よろしくお願いいたします」 くらいの方が好感が持たれるかもしれない。 「有難う御座います」 に至っては、「どうせワープロで漢字変換できるから漢字にしただけだろう」 という受け止め方をされるかもしれない (もちろん、いちいちそんな意地悪なことを考えるものかどうかは疑問ですけれども、あえて意地悪な受け止め方をすればの話です)。 「ありがとうございます」 というように仮名で書くと、言葉がそのまま聞こえてきそうで、和語のやわらかさがあり、好感の度合いは高くなるのではないかと思います。 もちろん、漢字にして悪いというわけのものではありませんし、あまりにも仮名ばかりだと、読みづらいという場合もあるでしょう。 ただ、挨拶の言葉ですから、そのあたりはやわらかく表現されてもいいんではないかな、という気がします。 A ベストアンサー 私は「ありがとうございました」反対派です。 以前に別の場でこのことをテーマにあげたら、語源は「有り難いこと」つまり、「なかなか無いこと」「有り得ないようなこと」だから、どちらでも良いとされました。 ただ、「ありがとう」ということばを感謝の意を表すことばとして使うなら、感謝の気持ちに過去もしくは過去完了はなく、現在進行形であるべき、と私は今でも思っています。 ですから、過去形のほうが自然かなと思える 殆どの人が過去形にする 、話の終わりにいう「本日はお越しいただき 素晴らしいお話等 ありがとうございました」や、「その節はありがとうございました」でもあえて「~ありがとうございます」 但し、後者のような場合は一言加えて「~本当にお世話になりました、ありがとうございます」 といっております。 英語はそれ程得意ではないのですが、「Thank you、Thanks」ですよね。 ひねくれた考え方をすれば過去形にすると、「そのときは感謝したけど、今となっては感謝して損したよ」と言外に含めることが可能ですよね。 最後に、これは私の勘違いかもしれませんが20年くらい前に、永六輔さんが、ラジオで感謝のことばは「ありがとうございます」だとおっしゃっていたような気がするのですが・・・ 私は「ありがとうございました」反対派です。 以前に別の場でこのことをテーマにあげたら、語源は「有り難いこと」つまり、「なかなか無いこと」「有り得ないようなこと」だから、どちらでも良いとされました。 ただ、「ありがとう」ということばを感謝の意を表すことばとして使うなら、感謝の気持ちに過去もしくは過去完了はなく、現在進行形であるべき、と私は今でも思っています。 ですから、過去形のほうが自然かなと思える 殆どの人が過去形にする 、話の終わりにいう「本日はお越しいただき 素晴らしいお... A ベストアンサー もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。 話す時はどちらでもいいですよ。 ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。 「すいません」はちょっとくだけた感じかな。 でも、これはあくまで私個人の語感。 人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。 書くときはもちろん「すみません」にしましょう。 これも、話す時にはどちらでもいいです。 「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。 A ベストアンサー No. 5で回答した者です。 下記のように修正します。 申し訳ない。 こういう場合の「~て頂き」(補助動詞)は、ひらがなで書くことが多いようです。 『公用文における漢字使用等について』(平成22年11月30日/内閣訓令第1号)の「別表」に次のようにあります。 「~ていただく」は4例目にあるとおり、ひらがなで書くルールになっています。 おそらく、本動詞の「~を頂く」と補助動詞の「~ていただく」で使い分けるのでしょう。 bunka. pdf ================引用開始 ・・・かもしれない 間違いかもしれない。 ・・・てあげる 図書を貸してあげる。 ・・・ていく 負担が増えていく。 ・・・ていただく 報告していただく。 ・・・ておく 通知しておく。 ・・・てください 問題点を話してください。 ・・・てくる 寒くなってくる。 ・・・てしまう 書いてしまう。 ・・・てみる 見てみる。 ・・・てよい 連絡してよい。 ・・・にすぎない 調査だけにすぎない。 ・・・について これについて考慮する。 ================引用終了 No. 5で回答した者です。 下記のように修正します。 申し訳ない。 こういう場合の「~て頂き」(補助動詞)は、ひらがなで書くことが多いようです。 『公用文における漢字使用等について』(平成22年11月30日/内閣訓令第1号)の「別表」に次のようにあります。 「~ていただく」は4例目にあるとおり、ひらがなで書くルールになっています。 おそらく、本動詞の「... A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink.

次の

新しい手話の動画サイト:日本手話研究所 厚生労働省委託 手話研究・普及等事業

手話 ありがとう ござい ます

手話通訳の勉強方法。 閲覧ありがとうございます。 今回、市が実施している手話講座の上級コースに合格する事が出来ました。 正直何で私が受かったのだろうと言う気持ちです。 試験では聞き取りがほとんど出来ず、自分がどんな表現をしたのかはっきり覚えていません。 上級コースは通訳メインの勉強になるとの事で、授業についていけるか今から不安です。 昨年から地域の手話サークルに入り、ろう者の方々との交流を少しずつ増やしています。 読み取りは何とか出来ているのですが、自分でする手話表現は苦手です。 要約する事が大事と教わりましたが、頭の中での変換が難しいです。 手話通訳者、手話通訳士の方々、聞き取りの練習方法やアドバイスを頂けたら嬉しいです。 よろしくお願いします。 聞き取りの練習方法は色々なものがあります。 一緒に手を動かすときに速さや表情なども真似ることで色々な表現を身につける方法です。 例「今日は朝から気温が高いので、熱中症にご注意ください」 「(・・・)今日は朝から気温が高いので、熱中症にご注意ください」 音声が遅れる衛星放送のようなイメージです。 2単語遅れて話していくと、次から次に文章が流れてくるので、聞いて記憶して声に出してを連続して行っていくトレーニングになります。 ろうの方とも交流をされているということでしたので、 とりあえず家でもできそうなものを挙げてみました。 多分、これから講師の方から色々な練習方法を教えてもらうと思います。 頑張ってください。

次の