入れる 類語。 「耳に入れる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

入れるの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

入れる 類語

他の物の一部として加える; セット、グループまたはカテゴリーの一部として入れられる の意• 差し込む の意• 挟みいれる• 差しいれる• 挟入れる• 差しこむ• 差しはさむ• さし挟む• さし入れる• 挿れる• さし込む• 挟込む 絶え間なく導入する の意• 許容するか、順応する の意• 受容れる• まる呑み• 受けいれる 何かの一部として考慮する の意• 組みこむ• (体)の前に置く の意• ぴったりと収める の意• 挟みいれる• 差しいれる• 挟入れる• 差しこむ• 差しはさむ• さし挟む• さし入れる• 挿れる• さし込む• 挟込む 何かに入れるあるいは導入する の意• 組みこむ• 挟みいれる• 差しいれる• 挟入れる• 差しこむ• 差しはさむ• さし挟む• さし入れる• 挿れる• さし込む• 挟込む 注意して聞く の意• 認められる理由; 機関の人の の意• 送込む 参加すること、あるいはの一環であることを許容する; 権利、機能、および責任の行使を許可する の意• 入ることを許す; 入ることを承諾する の意• 受けいれる 日本語ワードネット1. 1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi.

次の

「耳に入れる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

入れる 類語

1つ目は戦国時代に 豊臣秀吉の側室であった「 淀殿」という女の人の名前からできた言葉だ、という説です。 彼女は近江国の戦国大名で有名な 浅井長政の娘で本名は「 浅井茶々」及び「浅井菊子」といいます。 そして、その母親は織田信秀の娘の「市」。 つまりは、 織田信長の姪に当たる存在です。 豊臣秀吉は茶々の母親に当たる市のことを 憧れの対象としていたそうで、市の娘3人のなかで一番 彼女の面影を受け継いでいた長女の茶々を一等気に入っていたそうです。 更に、亡き親である「織田信長」の血を受け継いでいたというのならば側室に迎え入れる理由は十分でしょう。 そのような事情がある上に、茶々は当時にしては珍しく身長が170㎝もある長身美女だったそうです。 そんな美人な茶々とは裏腹に豊臣秀吉はよく猿と称される見目をしていたので、尻に敷かれていても不思議ではないですね。 今風に言えば、お金も地位も権力もある三頭身のお世辞でもかっこいいとは言えない社長さんとモデル並みのスタイルと顔を持った美人の美女と野獣のカップルを想像してみてください。 美女が野獣にあれやこれやと指図をしたり、水を差したりする光景が容易に想像できませんか? その美女というのが 淀殿、つまりは 浅井茶々であったので彼女の名前を取って「 茶々を入れる」という言葉ができたという説。 ほとんど同じ意味ですが、時と場合によって若干ニュアンスが変化してしまう場合があるので使い分けには気を付けてくださいね。 ちなみに、茶々を入れると似たような意味で「 冷やかす」「 おちょくる」「 小突く」「 いじめる」などいろいろありますが、すべて「 to tease」で表現することができてしまいます。 これは表現することができるだけであって、もっと最適な単語が本当はきちんと存在しています。

次の

「喝を入れる」と「活を入れる」はどちらが間違い?使い方や類語も

入れる 類語

他の物の一部として加える; セット、グループまたはカテゴリーの一部として入れられる の意• 差し込む の意• 挟みいれる• 差しいれる• 挟入れる• 差しこむ• 差しはさむ• さし挟む• さし入れる• 挿れる• さし込む• 挟込む 絶え間なく導入する の意• 許容するか、順応する の意• 受容れる• まる呑み• 受けいれる 何かの一部として考慮する の意• 組みこむ• (体)の前に置く の意• ぴったりと収める の意• 挟みいれる• 差しいれる• 挟入れる• 差しこむ• 差しはさむ• さし挟む• さし入れる• 挿れる• さし込む• 挟込む 何かに入れるあるいは導入する の意• 組みこむ• 挟みいれる• 差しいれる• 挟入れる• 差しこむ• 差しはさむ• さし挟む• さし入れる• 挿れる• さし込む• 挟込む 注意して聞く の意• 認められる理由; 機関の人の の意• 送込む 参加すること、あるいはの一環であることを許容する; 権利、機能、および責任の行使を許可する の意• 入ることを許す; 入ることを承諾する の意• 受けいれる 日本語ワードネット1. 1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi.

次の