える おじ。 『アステライト鉱石』と『古代樹の化石』の両方をがっぽり狙っていくキラキラマラソンのルート

エルヴァ えるおじ えるんご(@ELVA0907)

える おじ

eek. eek. eek. jpg 性別:おんな 種族:エルフ 頭:リーネコサージュ [メイン]ブラッド [サブ]クリーム 体上:パッショントップ [メイン]コアブラック [サブ]レッド 体下:ゴシックフリル [メイン]コアブラック [サブ]コアブラック 腕:黒鳥のスリーブ [メイン]コアブラック [サブ]コアブラック 足:マリンシューズ [メイン]コアブラック [サブ]レッド 顔:ピンクほっぺシール [メイン]さくら コピーしてご利用ください。 旅の槍使い 小さな英雄の鎧上はかっこいいんですが、縁取りの色を変えられないのが玉に瑕... 最近のお気に入り 堅そうなバニーを作ってみました。 バイカースタイル バイク谷に落としちゃったw• パジャマコーデ 空飛ぶベッドのプリズムに合わせて パジャマコーデをやってみました!... 無題 なし• 嵐の領界で出会う 疾風の騎士団Ver. アンルシア。 ブリティッシュ! ロンドン大好き!!• 剣客 なし• 無題 なし• 天空騎士 可愛いけれど戦える格好です。

次の

コーデ No.14879

える おじ

[PR] トルコのイスタンブールについておさらい• 出典: トルコの国旗 イスタンブール(Istanbul)はトルコ最大の都市であり、ヨーロッパ最大の都市の1つです。 人口は約1,500万人と東京に匹敵する規模があります。 ボスポラス海峡をまたいでアジアとヨーロッパの大陸をつなぐ中継地点にある、地理的にも世界で類を見ない場所です。 イスタンブールが首都と勘違いされる場合もあるようですが、トルコの首都はイスタンブールから東に約450km離れたアンカラ(Ankara)です。 トルコの「塩振りおじさん」とは• 写真:がぅちゃん イスラエル 塩振りおじさんの像 肉に塩をふりかける動作が独特で、その姿がSNSを通じて世界的に話題となったのがこの「塩振りおじさん」です。 「塩振りシェフ」「塩の恋人」「ソルトベイ」「Salt Bae」など、様々なニックネームで呼ばれています。 レオナルド・ディカプリオ、 デビッド・ベッカム、 長友佑都、マラドーナ、ベネズエラ大統領など世界の著名人にも注目されて爆発的に人気となりました。 塩振りおじさんが経営する人気レストラン「Nusr-Et」• 写真:がぅちゃん イスラエル 「Nusr-Et」の店内 「Nusr-Et」はステーキハウスです。 トルコ・イスタンブールを中心に、マイアミやニューヨークなど世界各地でも展開しています。 中でもイスタンブールの観光名所「グランドバザール」にある店舗「Sandal Bedesteni サンダルベデステン」店は特に人気です。 「Sandal Bedesteni」というセクションに「Nusr-Et」はあります。 塩振りおじさんのテーマパークと化しているエントランス周辺• 写真:がぅちゃん イスラエル 「Nusr-Et」の入り口付近 「Nusr-Et」はトルコの名所・グランドバザールの地下空間のようなエリアの中心部にあります。 地下空間ではいたるところで「塩振りおじさん」を目にすることができ、アトラクション要素も強いです。 塩振りおじさんが目立つエリアをいくつかピックアップして紹介します。 等身大の塩振りおじさん人形• 写真:がぅちゃん イスラエル 塩振りおじさんの像• 写真:がぅちゃん イスラエル 像の前で記念撮影する人々 地下へ降りるやいなや、等身大の塩振りおじさんの人形が現れます。 この辺りはグランドバザールの通路からも見えるので、記念撮影をする人で非常に混んでいることが多いです。 塩振りおじさんグッズ• 写真:がぅちゃん イスラエル グッズ販売店の様子• 写真:がぅちゃん イスラエル 塩振りおじさんのシャツ シャツや帽子など、様々な塩振りおじさんのグッズが売られています。 「Nusr-Et」の店員さんもこれらの商品を着用しています。 塩振りおじさんのアート• 写真:がぅちゃん イスラエル 「Nusr-Et」の壁には、塩振りおじさんをデザインした絵画が飾られています。 ひと目で「トルコの塩振りおじさんの店」とわかります。 いかにもトルコらしい白黒のデザインです。 「Nusr-Et」の店内の様子• 写真:がぅちゃん イスラエル 「Nusr-Et」は天井が非常に高く、とても高級感がある雰囲気です。 店内では写真を撮る観光客をよく目にします。 写真:がぅちゃん イスラエル エントランス• 写真:がぅちゃん イスラエル 天井 エントランスにはメニューが置かれ、その頭上には豪華なシャンデリアがあります。 レストランと言うよりは地下宮殿といった佇まいです。 バーエリア• 写真:がぅちゃん イスラエル 店の端にはバーエリアもあり、意外にも堅苦しくない様子も伺えます。 テーブルには大粒の塩• 写真:がぅちゃん イスラエル メニュー• 写真:がぅちゃん イスラエル 塩 「Nusr-Et」と書かれた木製の表紙のメニューが置かれたテーブルには、大粒の塩も常備されていました。 トルコの塩振りおじさんをマネして塩を振って楽しめます。 「Nusr-Et」のメニュー• 写真:がぅちゃん イスラエル メニュー内容• 写真:がぅちゃん イスラエル メニューのロゴ 塩振りおじさんのロゴがばっちりデザインされたメニューは、英語とトルコ語で表記されています。 トルコの肉料理を軸にステーキメニューが展開されています。 高額かと思いきや、意外にもカジュアルなランチとしても食べられるメニューが揃っています。 トルコの肉料理 スジュク(Sucuk)• 写真:がぅちゃん イスラエル• 写真:がぅちゃん イスラエル• 写真:がぅちゃん イスラエル スジュクはトルコの定番肉料理で、サラミのような食べ物です。 ハッシュタグ付きで「 saltbae」( 塩振りおじさん)と、ブランディングが抜かりないです。 なお、スジュクは英語で「Sucuk」や「Sujuk」と綴られます。 60トルコリラ/1,080円 キョフテ(Kofte)• 写真:がぅちゃん イスラエル キョフテはトルコのミートボールで、中東地域でもよく食べられます。 ミートボールというにはもったいないほど美味しいです。 「Nusr-Et」のキョフテは量が多くなくリーズナブルなので、おつまみ感覚でも頼めます。 55トルコリラ/990円 デザート:バクラヴァ(Baklava/Havuc Dilim)• 写真:がぅちゃん イスラエル バクラヴァはトルコの定番デザートです。 シロップとピスタチオがかかったパイ生地がトルコアイスとともに提供されます。 店員さんがパフォーマンスをしながら作ってくれます。 トルコの塩振りおじさんに会いたいなら「Nusr-Et」へ• 写真:がぅちゃん イスラエル 「Nusr-Et」の塩振りおじさん像の前では自撮りの嵐となっていて、レストランで食事をしなくても問題なく楽しめます。 そんな塩振りおじさんの印象が強いので忘れがちですが、「Nusr-Et」の料理はかなり美味しいです。 リーズナブルで美味しいトルコ料理が食べられる上に、塩振りおじさんにも会えるので(グッズも手に入る!)、イスタンブール観光の際は寄って損は無いスポットだと思います。 印象的なので間違いなく思い出には残りますよ!.

次の

【おじさん化対策特集:後編】「カッコイイおじさん」になるために必要な3つのこと

える おじ

[PR] トルコのイスタンブールについておさらい• 出典: トルコの国旗 イスタンブール(Istanbul)はトルコ最大の都市であり、ヨーロッパ最大の都市の1つです。 人口は約1,500万人と東京に匹敵する規模があります。 ボスポラス海峡をまたいでアジアとヨーロッパの大陸をつなぐ中継地点にある、地理的にも世界で類を見ない場所です。 イスタンブールが首都と勘違いされる場合もあるようですが、トルコの首都はイスタンブールから東に約450km離れたアンカラ(Ankara)です。 トルコの「塩振りおじさん」とは• 写真:がぅちゃん イスラエル 塩振りおじさんの像 肉に塩をふりかける動作が独特で、その姿がSNSを通じて世界的に話題となったのがこの「塩振りおじさん」です。 「塩振りシェフ」「塩の恋人」「ソルトベイ」「Salt Bae」など、様々なニックネームで呼ばれています。 レオナルド・ディカプリオ、 デビッド・ベッカム、 長友佑都、マラドーナ、ベネズエラ大統領など世界の著名人にも注目されて爆発的に人気となりました。 塩振りおじさんが経営する人気レストラン「Nusr-Et」• 写真:がぅちゃん イスラエル 「Nusr-Et」の店内 「Nusr-Et」はステーキハウスです。 トルコ・イスタンブールを中心に、マイアミやニューヨークなど世界各地でも展開しています。 中でもイスタンブールの観光名所「グランドバザール」にある店舗「Sandal Bedesteni サンダルベデステン」店は特に人気です。 「Sandal Bedesteni」というセクションに「Nusr-Et」はあります。 塩振りおじさんのテーマパークと化しているエントランス周辺• 写真:がぅちゃん イスラエル 「Nusr-Et」の入り口付近 「Nusr-Et」はトルコの名所・グランドバザールの地下空間のようなエリアの中心部にあります。 地下空間ではいたるところで「塩振りおじさん」を目にすることができ、アトラクション要素も強いです。 塩振りおじさんが目立つエリアをいくつかピックアップして紹介します。 等身大の塩振りおじさん人形• 写真:がぅちゃん イスラエル 塩振りおじさんの像• 写真:がぅちゃん イスラエル 像の前で記念撮影する人々 地下へ降りるやいなや、等身大の塩振りおじさんの人形が現れます。 この辺りはグランドバザールの通路からも見えるので、記念撮影をする人で非常に混んでいることが多いです。 塩振りおじさんグッズ• 写真:がぅちゃん イスラエル グッズ販売店の様子• 写真:がぅちゃん イスラエル 塩振りおじさんのシャツ シャツや帽子など、様々な塩振りおじさんのグッズが売られています。 「Nusr-Et」の店員さんもこれらの商品を着用しています。 塩振りおじさんのアート• 写真:がぅちゃん イスラエル 「Nusr-Et」の壁には、塩振りおじさんをデザインした絵画が飾られています。 ひと目で「トルコの塩振りおじさんの店」とわかります。 いかにもトルコらしい白黒のデザインです。 「Nusr-Et」の店内の様子• 写真:がぅちゃん イスラエル 「Nusr-Et」は天井が非常に高く、とても高級感がある雰囲気です。 店内では写真を撮る観光客をよく目にします。 写真:がぅちゃん イスラエル エントランス• 写真:がぅちゃん イスラエル 天井 エントランスにはメニューが置かれ、その頭上には豪華なシャンデリアがあります。 レストランと言うよりは地下宮殿といった佇まいです。 バーエリア• 写真:がぅちゃん イスラエル 店の端にはバーエリアもあり、意外にも堅苦しくない様子も伺えます。 テーブルには大粒の塩• 写真:がぅちゃん イスラエル メニュー• 写真:がぅちゃん イスラエル 塩 「Nusr-Et」と書かれた木製の表紙のメニューが置かれたテーブルには、大粒の塩も常備されていました。 トルコの塩振りおじさんをマネして塩を振って楽しめます。 「Nusr-Et」のメニュー• 写真:がぅちゃん イスラエル メニュー内容• 写真:がぅちゃん イスラエル メニューのロゴ 塩振りおじさんのロゴがばっちりデザインされたメニューは、英語とトルコ語で表記されています。 トルコの肉料理を軸にステーキメニューが展開されています。 高額かと思いきや、意外にもカジュアルなランチとしても食べられるメニューが揃っています。 トルコの肉料理 スジュク(Sucuk)• 写真:がぅちゃん イスラエル• 写真:がぅちゃん イスラエル• 写真:がぅちゃん イスラエル スジュクはトルコの定番肉料理で、サラミのような食べ物です。 ハッシュタグ付きで「 saltbae」( 塩振りおじさん)と、ブランディングが抜かりないです。 なお、スジュクは英語で「Sucuk」や「Sujuk」と綴られます。 60トルコリラ/1,080円 キョフテ(Kofte)• 写真:がぅちゃん イスラエル キョフテはトルコのミートボールで、中東地域でもよく食べられます。 ミートボールというにはもったいないほど美味しいです。 「Nusr-Et」のキョフテは量が多くなくリーズナブルなので、おつまみ感覚でも頼めます。 55トルコリラ/990円 デザート:バクラヴァ(Baklava/Havuc Dilim)• 写真:がぅちゃん イスラエル バクラヴァはトルコの定番デザートです。 シロップとピスタチオがかかったパイ生地がトルコアイスとともに提供されます。 店員さんがパフォーマンスをしながら作ってくれます。 トルコの塩振りおじさんに会いたいなら「Nusr-Et」へ• 写真:がぅちゃん イスラエル 「Nusr-Et」の塩振りおじさん像の前では自撮りの嵐となっていて、レストランで食事をしなくても問題なく楽しめます。 そんな塩振りおじさんの印象が強いので忘れがちですが、「Nusr-Et」の料理はかなり美味しいです。 リーズナブルで美味しいトルコ料理が食べられる上に、塩振りおじさんにも会えるので(グッズも手に入る!)、イスタンブール観光の際は寄って損は無いスポットだと思います。 印象的なので間違いなく思い出には残りますよ!.

次の