肉じゃが 作り方。 基本の肉じゃがの材料と作り方【動画あり】|お料理まとめ

5つのポイントでプロ並の「肉じゃが」が作れる!芋の選び方から仕上げテクニックまでコツが満載【レシピ】

肉じゃが 作り方

家庭料理の定番中の定番「肉じゃが」。 肉じゃがを美味しく作れるようになったら、彼やダンナ様に自慢できちゃいますよね。 けど、肉じゃがを作ってみると、なんだか上手くいかない。 ジャガイモが煮崩れてしまう。 味があまり染み込んでいない。 肉じゃがの作り方が難しいと思っている人、いませんか? そこで5つのコツを押さえた美味しい肉じゃがの作り方をお教えしちゃいます。 ほっくりとして、味のしみ込んだ美味しい肉じゃが。 ぜひ今晩作ってみてください。 【1】下ごしらえからコツがあります 美味しい肉じゃがの作り方はまずは下ごしらえから。 しゃきしゃきした玉ねぎがお好みの人は、繊維に沿って大き目の櫛形に。 くたっと味の染みた玉ねぎが好きな人は、繊維に直角に切るといいですよ。 ジャガイモは一口大に切った後、水に5,6分さらして、あく抜きをしてください。 これも煮崩れを防ぐコツ。 ぜひ作り方を試してみてください。 【2】肉はあまり炒めすぎないで 鍋を熱して油をひいたら、まず肉を炒めます。 肉を炒めない作り方もありますが、炒めるとコクのある美味しい肉じゃがになります。 このとき、肉が鍋底にくっつくようだったら、いったん鍋を火からおろして、濡れ布巾の上に置いてみてください。 はがれやすくなります。 肉の色が白く変わったら、野菜を加えて、油がなじむ程度に炒めます。 肉は炒めすぎると固くなるので、なるべく手早くを心掛けて。 【3】砂糖、味醂を先に ジャガイモの表面が透き通ってきたら、砂糖、みりん、酒を加えて、ひと混ぜし、だし汁を入れます。 (水を使う作り方もOKです) 量は材料がひたひたする程度。 強めの中火で煮立たせて、煮立ったらアクを取って、醤油を加えてください。 調味料は、まず砂糖やみりんを先に入れるのが美味しい肉じゃがを作るコツ。 その後で醤油を加えると、旨味のある肉じゃがに仕上がります。 醤油を入れたら、一度味見をしてみてください。 この時には、薄いかな?ぐらいがちょうどいいでしょう。 【4】強火にしない。 あわてず、ゆっくりと 醤油を加えた後、いよいよ煮込みに入ります。 落し蓋をして、いったん煮立たせた後は、火を中火に落とし、ことこと程度の火加減で煮込んでいきます。 落し蓋は、なければアルミホイルやクッキングペーパーを鍋の大きさに切って、使ってください。 水分を飛ばして煮詰めていくのですが、あまり強火でグラグラさせないで。 水分が飛びすぎると焦げ付いちゃいます。 中火であわてず、ゆっくりと煮込んでください。 【5】いったん冷まして、味を染み込ませる ここが作り方の最大のポイント。 水分が3分の2ほどになったら、いったん火を止めて、冷ましてください。 この冷めていく間に、味が具材になじんで、美味しい肉じゃがになります。 冷ます時間は、あれば1時間以上、なければ10分ほど蒸らすだけでも違いますよ。 食べる直前に暖めて、味見をして醤油の風味が欲しければ、少し醤油を足してください。 これで美味しい肉じゃがの出来上がりです。 まとめ 美味しい肉じゃがの作り方、いかがですか? 肉じゃがはシンプルだけど、奥が深いお料理ですよね。 美味しい肉じゃがの作り方のコツをまとめると、じゃがいもは炒める前に水にさらすこと、肉に火を通し過ぎないこと、味付けは砂糖やみりんから、強火にしすぎないこと、いったん冷ますこと、の5点です。 肉じゃがの味や食材はいろいろアレンジしてみてください。 好みに合わせてアレンジできるのが家庭料理の楽しさです。 我が家ならではの美味しい肉じゃがの作り方を見つけてください。

次の

【みんなが作ってる】 肉じゃがのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが332万品

肉じゃが 作り方

人参は皮をむいて乱切りに、玉ねぎは5ミリ幅に切ります。 豚肉は食べやすい大きさに切りましょう。 じゃがいもは一口大に切り面取をしておきます。 こうすることで、荷崩れを防ぐことができます。 ピーラーで優しくなぞると簡単に面取ができます。 じゃがいもはラップをかけレンジで温めましょう。 600wで4分程度がおすすめです• 深めのフライパンにごま油をひき豚肉を炒めます。 豚肉の色が変わったら人参と玉ねぎを加え玉ねぎがしなっとするまで炒めていきます。 じゃがいもを加え、その後水とめんつゆを加え蓋をし中弱火で煮込みます。 途中で様子を見ながらかき混ぜるのがポイントです。 煮汁が少なくなったら出来上がりです。 煮込む時間は味を見ながらお好みで調整しましょう。 玉葱は半分に切ってから縦1cm幅に切ります。 また、牛肉は長さを2~3つに切って、ほぐしておきましょう。 じゃが芋は皮をむいたら、切らずに丸ごと水に浸けます。 じゃがいもを大きめの一口大に切ります。 鍋にサラダ油を熱し、玉葱を強めの中火で熱々になるまで炒めます。 真ん中をあけて肉を置きます。 肉めがけてA(砂糖・みりん・醤油)の調味料を加えます。 肉をほぐしながら味をからめます。 全体にコテッと味がついたら、じゃが芋を加えてひと混ぜし、分量の水を注ぎましょう。 表面を平らにします。 強めの中火で蓋をして、10分位煮ます。 中で一度上下を返すように混ぜます。 蓋をして30~60秒ほどして、じゃが芋がやわらかくなったら火を止めます。 すこし蒸らすといい感じの仕上がりになります。 しらたきは熱湯で約2分茹で、粗熱が取れたら食べやすい大きさに切っておきます。 生姜は、みじん切りにするものと針生姜にするものをそれぞれ切っておきます。 人参は乱切り、玉ねぎはくし形、じゃがいもは一口大にそれぞれ切っておきます。 鍋にサラダ油大さじ2を入れて牛肉を炒めます。 肉を入れたら30秒〜1分は弱火でそのまま置くと肉が鍋にくっつくのを防げます。 1分ほど経って牛肉の色が変わるまで炒めたら牛肉をお皿に取り出しておきます 写真は取り出す直前の牛肉。 肉を取り出した鍋にサラダ油大さじ1を入れてなじませたら、生姜のみじん切りを入れて、香りが出てくるまで弱火で炒めます。 だし汁と調味料を加え、中火で約5分煮込みます。 このとき灰汁が出てくるのでその都度すくってください。 5分経ったら、取り出しておいた6の牛肉を入れ、さらに10分煮込みます。 このとき牛肉は上に乗せる感じで混ぜ合わせません。 火を止めて5分ほど味をなじませます。 その間にお好みでさやえんどうをサッと茹で矢羽根の形に飾り切りします。

次の

牛肉たっぷり肉じゃがのレシピ・作り方

肉じゃが 作り方

人参は皮をむいて乱切りに、玉ねぎは5ミリ幅に切ります。 豚肉は食べやすい大きさに切りましょう。 じゃがいもは一口大に切り面取をしておきます。 こうすることで、荷崩れを防ぐことができます。 ピーラーで優しくなぞると簡単に面取ができます。 じゃがいもはラップをかけレンジで温めましょう。 600wで4分程度がおすすめです• 深めのフライパンにごま油をひき豚肉を炒めます。 豚肉の色が変わったら人参と玉ねぎを加え玉ねぎがしなっとするまで炒めていきます。 じゃがいもを加え、その後水とめんつゆを加え蓋をし中弱火で煮込みます。 途中で様子を見ながらかき混ぜるのがポイントです。 煮汁が少なくなったら出来上がりです。 煮込む時間は味を見ながらお好みで調整しましょう。 玉葱は半分に切ってから縦1cm幅に切ります。 また、牛肉は長さを2~3つに切って、ほぐしておきましょう。 じゃが芋は皮をむいたら、切らずに丸ごと水に浸けます。 じゃがいもを大きめの一口大に切ります。 鍋にサラダ油を熱し、玉葱を強めの中火で熱々になるまで炒めます。 真ん中をあけて肉を置きます。 肉めがけてA(砂糖・みりん・醤油)の調味料を加えます。 肉をほぐしながら味をからめます。 全体にコテッと味がついたら、じゃが芋を加えてひと混ぜし、分量の水を注ぎましょう。 表面を平らにします。 強めの中火で蓋をして、10分位煮ます。 中で一度上下を返すように混ぜます。 蓋をして30~60秒ほどして、じゃが芋がやわらかくなったら火を止めます。 すこし蒸らすといい感じの仕上がりになります。 しらたきは熱湯で約2分茹で、粗熱が取れたら食べやすい大きさに切っておきます。 生姜は、みじん切りにするものと針生姜にするものをそれぞれ切っておきます。 人参は乱切り、玉ねぎはくし形、じゃがいもは一口大にそれぞれ切っておきます。 鍋にサラダ油大さじ2を入れて牛肉を炒めます。 肉を入れたら30秒〜1分は弱火でそのまま置くと肉が鍋にくっつくのを防げます。 1分ほど経って牛肉の色が変わるまで炒めたら牛肉をお皿に取り出しておきます 写真は取り出す直前の牛肉。 肉を取り出した鍋にサラダ油大さじ1を入れてなじませたら、生姜のみじん切りを入れて、香りが出てくるまで弱火で炒めます。 だし汁と調味料を加え、中火で約5分煮込みます。 このとき灰汁が出てくるのでその都度すくってください。 5分経ったら、取り出しておいた6の牛肉を入れ、さらに10分煮込みます。 このとき牛肉は上に乗せる感じで混ぜ合わせません。 火を止めて5分ほど味をなじませます。 その間にお好みでさやえんどうをサッと茹で矢羽根の形に飾り切りします。

次の