ハノイ 日本 人 学校。 ベトナム人が夢見る「1カ月で年収が稼げる国」 偽装留学生の闇② WEDGE Infinity(ウェッジ)

日本語学校ウラ話①ベトナム人が日本へ行く理由

ハノイ 日本 人 学校

ベトナムでも珍しい日本式の教育を行う「ベトナム日本国際学校(Japan International School=JIS)が、ハノイ市内で開校した。 第1段階として、9月から始まる2016-2017年度に幼稚園と小学校の授業を開始。 今後、中学校と高校も併設する予定という。 同校があるのは、首都ハノイでも発展が著しいハドン区のバンフック地区、トーフー通り36番地。 ハノイ中心部からハドン区につながる大通りに建ち、白い校舎が美しい。 5月7日に行われた開校式典には、ベトナム教育訓練省の関係者のほか、ハノイ日本大使館、日本の中央大学、ハドン区人民委員会などの代表者らが参加した。 式典では、日本人教師とベトナム人教師がいっしょにベトナムの伝統的な歌、「クアン・ホ・バック・ニン(Quan ho Bac Ninh)」を歌って開校を祝った。 日本国際学校の開校式 日本国際学校の幼稚園は、ベトナム語、日本語と英語で教育を行う。 費用は1カ月1480万ドン(約7万4000円)。 モンテッソーリ教育法と七田式教育の手法を導入する。 小学校以降の授業は、ベトナム語・日本語・英語の多言語で教育を行うコース(月額2200万ドン=約11万円)と、日本語と英語の二言語で教育するコース(同1520万ドン=約7万6000円)の2コースを設ける。 JISは日本の中央大学と連携しており、同校学長には、山田正・中央大学教授が就任した。 中央大学からは同校へ教師が派遣されるほか、毎月、同大学の担当者が訪問し、教育内容などをチェックする。 また、訓練を受けたアメリカ、オーストラリア、イギリスなど英語圏からの教師、ベトナム人の教師らが教育にあたる。 同学校のベトナム語・日本語・英語の3カ国語で学ぶコースに入学した高校生は、日本やアメリカの高校に転入できるカリキュラムとなる予定。 また、同コースの高校卒業者は、日本やアメリカの大学受験資格が取得できるという。

次の

ドンズー日本語学校!ベトナム人留学生採用にはなぜ日本語学校を見るべき?

ハノイ 日本 人 学校

沿革 [ ]• 1943年 ハノイ、ハイフォン、サイゴン(現ホーチミン市)において、ベトナム人のみならず華僑やフランス人を対象に日本語教育が開始される。 1944年 日本語学習者2,500名との報道。 1957年 サイゴン大学日本語講座開始。 1961年 ハノイ貿易大学日本語教育開始。 2000年 人材育成支援無償事業(JDS)プロジェクト開始。 2001年 ハノイとホーチミンにベトナム日本人財協力センター(VJCC 開設。 初代日本語専門家は柴原智代と平田好。 2002年 ダナン外国語大学で日本語教育開始。 2003年 国際交流基金による「ベトナム中等学校における日本語教育試行プロジェクト」開始• 2003年 ハノイのチュー・ヴァン・アン(朱文安)中学校で、第1外国語科目としての日本語教育開始。 2004年 ハノイのロモノーソフ中学校(私立)で、第1外国語科目としての日本語教育開始。 2005年 ハノイのリ・トゥオン・キエット(李常傑)中学校、フオンナム(芳南)中学校(私立)、ダナンのタイソン(西山)中学校、レ・ロイ(黎利)中学校、フエのグエン・チ・フオン(阮知方)中学校、チュー・ヴァン・アン中学校、ホーチミン市のヴォー・チュオン・トアン(武長纘)中学校で、第1外国語科目としての日本語教育開始。 2005年 ハノイの国家大学群の外国語大学付属高校での日本語教育開始• 2006年 フエ外国語大学で日本語教育開始。 2007年 ハノイのチュー・ヴァン・アン高校、フエのファン・サオ・ナム(潘巣南)中学校で日本語教育開始。 2007年 ハノイ国家大学群の外国語大学主催「日本語学・日本語教育国際シンポジウム」• 2007年 ハノイ日本語教師会発足。 2008年4月 国際交流基金のベトナム日本文化交流センターが開設された。 2008年8月 JENESYSの日本語教師が派遣された。 2008年8月 財団法人日本国際協力財団からの派遣が始まった。 (2名:ダナン・フエ)• 2008年 ホーチミン市のレ・クイ・ドン(黎貴惇)高校、マリー・キュリー高校、ゴ・タット・ト(呉必素)中学校で日本語教育開始。 2008年 ハノイ大学主催の国際シンポジウム「日本語教育を踏まえた日本研究への道」• 2009年11月 国家大学群の外国語大学に日本語教育専攻の大学院が開設された。 2010年より小学校三年生から外国語学習開始(日英仏中露)。 担当はVNIES(ベトナム教育科学院)。 2010年8月 VJCCがハノイ貿易大学へ移管予定。 2013年 国際交流基金による「ベトナム中等学校における日本語教育試行プロジェクト」終了予定。 2016年3月1日 ベトナム全土の小学校で日本語を「第1外国語」として教えることをベトナム教育・訓練省が発表。 最近の動向 [ ]• 日本への留学生数は2008年5月1日現在で2,873名で世界第四位(非漢字圏では一位)。 上位5カ国の中では最も伸び率が高い(前年比11. ITエンジニアを対象とした日本語教育の隆盛。 日越EPA締結により、介護・看護分野における日本語教育への関心が特に民間を中心に高まっている。 ハノイ日本語教師会が会報を発行し、勉強会を再開するなど活動が活発化している。 主な高等教育機関 [ ] [ ] 日本語学部(グエン・ティー・ビック・ハ学部長)があるが学習時間は四年間で700時間たらず。 にもかかわらず、日本語能力試験の一級に300点以上で合格する学生もいる。 大学ランキングではここ数年一位を維持している。 構内にベトナム日本人材協力センターがある。 ビジネス日本語コースでは日本語学習時間も充実し、日系企業などへの就職が目立っている。 ホーチミンに分校がある。 青森中央学院大学と姉妹校。 [ ] 日本語学習時間は2000時間程度。 ゴ・ミン・トゥイ学部長の強力な指導力の下、優秀な教師陣も集まっている。 日本語関係の大学ではベトナムで初めて大学院を併設した。 日本語教員を輩出している。 三井物産の協賛で砂川有里子筑波大学教授などを招聘した日本語教師向けのコースなども開講している。 日本語能力試験の一級と二級の現地実施団体。 日本の佐賀大学と交流がある。 付属高校でも充実した日本語教育が行われており、大学入学前に一級を取得する生徒もいる。 [ ] 旧「ハノイ外国語大学」。 日本語学部の学部長はギエム・ヴィエト・フオン教授。 国際交流基金の長期日本語教師研修の第一期生でもある。 日本語能力試験の三級と四級の現地実施団体。 [ ] 東洋学部日本学科のファン・ハイ・リン助教授が学科長を務める。 日本学科は一学年20名程度の少数精鋭主義。 研究者を輩出することを目的にしている。 学科長の父親も有名な歴史研究者。 専修大学、立教大学、早稲田大学などと交流がある。 [ ] 日本からの受注が五割を超えるFPTソフトウェアが自社のエンジニアを育成するために設立した大学。 ハノイとホーチミンのほか、ダナン校も開講。 2009年現在、全国で3000人が学んでいる。 二年生から全員が日本語必修。 [ ] 通称HUT。 理系の最高峰。 長岡技術科学大学とのトゥイニングプログラム(機械工学系)や、慶応と立命館とのトゥイニングプログラム(IT系)などで集中的に日本語を学習してる学生も多くいる。 ハノイ日本語フェスティバル2009でもHUTの学生が優勝した。 [ ] ベトナムではじめての私立大学。 フイン・ムイ初代学長。 [ ] [ ] 2004年ごろ日本語学科開設。 [ ] 2006年に日本語学科開設。 [ ] 2009年に日本語学科開設。 [ ] [ ] [ ] 主な生涯教育機関 [ ]• 民間の日本語学校 [ ]• ベトナムにおける中等教育段階の日本語教育の概要 [ ] ハノイ [ ]• 中学校:チュー・ヴァン・アン(朱文安)中学校、リ・トゥオン・キエット(李常傑)中学校、フオンナム(芳南)中学校。 高等学校:チュー・ヴァン・アン高校、キムリエン(金蓮)高校。 ダナン [ ]• 中学校:タイソン(西山)中学校、レ・ロイ(黎利)中学校。 高等学校:ファン・チュー・チン(潘周楨)高校(主にタイソン中学校から進学)、ホアンホアタム(黄花探)高校(主にレロイ中学から進学)。 フエ [ ]• 中学校:ファンサオナム中学校、チュー・ヴァン・アン中学校、グエンチーフーン中学校。 高等学校:、ハイ・バー・チュン(𠄩婆徵)高校、グエン・フエ(阮化)高校。 ホーチミン [ ]• 中学校:レ・クイ・ドン(黎貴惇)中学、ヴォー・チュオン・トアン(武長纘)中学校。 高等学校:レ・クイ・ドン高校、マリー・キュリー高校、チュンヴオン(徵王)高校、ゴ・タット・ト(呉必素)高校。 日本からの日本語教師派遣 [ ] 国際協力機構からの日本語教師派遣(2009年) [ ]• ハノイ人文社会科学大学• 貿易大学ホーチミン分校• 国家大学ホーチミン(市)人文社会科学大学• ホーチミン市師範大学• 国立ダナン大学 ダナン外国語大学 二名• カントー大学外国語センター• フエ大学附属外国語大学• ハノイ国家大学外国語大学 国際交流基金からの日本語教師派遣 [ ] VJCCハノイ• 専門家 VJCCホーチミン• 専門家 ベトナム日本文化交流センター• 専門家• ジュニア専門家• 指導助手• JENESYS教師(4名)*2011年第三期をもって終了。 公益財団法人 日本国際協力財団(2008年~) [ ] 消費者金融のを母体とする財団。 ダナンとフエに一名ずつ派遣している。 *2013年夏に終了予定。 今後の課題 [ ] 国家大学群の外国語大学付属高校で日本語を学び大学へ進学した学習者たちが日本語学習を継続しようとするとき、現在では受け皿となる既習者クラスが各大学に用意されていない。 そのため、既習者たちはひらがなから学習するクラスに入るか、あるいは教室に入らないで待機するように指示されている。 今後、国際交流基金のプロジェクトからの既習者も高等教育に進むようになると、この問題はさらに深刻化する懸念がある。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

日本語学校ウラ話①ベトナム人が日本へ行く理由

ハノイ 日本 人 学校

私の駐在生活の主な活動の中に でのボランティア的活動があります。 コロナ騒動により現在活動は休止中ですが 約1年間で文化をたっぷり学び、 ひじょ〜〜に充実した時間を過ごせたので その思い出の一部をここに残しておきたいと思います。 私が初めてを訪れたときは、大歓迎してくれました。 また、のテレビ放送で、 日本を紹介する番組があるくらい の中では、日本は身近な存在だそうです。 その番組では富士山や桜、、などが紹介されているそうで、 はそれらが大好き。 それに、に欠かせない バイクは ホンダが圧倒的に多く、 家電もミツビシや、製品が多いそうです。 そして欠かせないのが、 アニメやマンガ! コナンや、などは に翻訳されていて、 本屋さんでは子供達がマンガを立ち読みしているのをよくみます。 最近ではも人気で、マンガはやっと3巻が出ていました。 (日本では19巻まで) このように生活の中で、 自然に日本の文化に触れながら育つため 日本好きの人が多いようです。 に聞いた日本のイメージは・・・ ・景色がきれい ・食べ物がおいしい ・交通が便利 ・日本人は親切 だそうです。 平均月収は約30,000円だそうです。 (ちなみにの1ヶ月の生活費は 1万円で足りるそうです。 ) 日本へ行けば、 時給1,000円程度、留学生の法定労働時間である 週28時間以内で働けば、月に10万円以上もらうことができます。 これはにとってはかなり大金で、 このお金で 家族に仕送りしたいという人や、 に帰ってから 家を建てたいという人がたくさんいます。 の地方で立派な家が建っているのを見ると 日本で稼いできたとわかる、と言っている人もいました。 内の四大を卒業しても、高卒と給料が変わらないんだとか。 仕事があっても非常に安い賃金の仕事しかないそうです。 でいい仕事につくための必須条件は 英語か日本語ができること、という話を聞きました。 要は系の会社や外国人相手に働くということですね。 自分も英語もも勉強がんばろう!と思いました。 *** こうやって 日本を好きになってくれて 一生懸命努力をして 日本へ来てくれることは 本当にありがたいことだと思います。 の日本だから 将来、自分が介護されるのは ロボットかだ、と言っている友達がいました。 たしかに、将来、日本の介護やサービス業の分野を支えるのは が中心になっているかもしれませんね。 これからもたくさんお世話になるであろうに 感謝しながら、生活を楽しみたいと思います。

次の