豆腐 保存。 豆腐を冷凍保存する方法

豆腐の冷凍保存の仕方は?パックのままでも冷凍できる?賞味期限は?

豆腐 保存

一般的なパック入りの木綿豆腐や絹ごし豆腐の賞味期限は、平均して2~3日程度。 長くても4~5日ほどだ。 ここでいう一般的なパック入りの豆腐というのは、充填豆腐ではなく、容器の中に水が張ってあるタイプのものだ。 充填豆腐は豆乳とにがりを容器の中に入れて加熱しているため、製造過程で空気や水にふれることがなく、賞味期限は1~2ヶ月ほどでかなり長い。 一般的なパック入りの豆腐とは、容器と豆腐の間に隙間がなく、ピッチリとしている点で見分けられる。 では一般的な豆腐の容器の中の水は何なのか。 じつはいたって普通の水であり、柔らかい豆腐が移動中の衝撃などで崩れてしまうのを防ぐための、緩衝材のような役目をしている。 製造過程では冷たさを保ち、アクを抜く役目も担っている。 このタイプの豆腐は、パックごと冷蔵庫に入れておくか一度パックから出して新しい水を入れるのが、保存方法の定番だった。 水を入れ替えるのは、元の水よりも清潔な水にすることでより日持ちさせるためであり、美味しさを保つことができるといわれている。 豆腐のなめらかな口当たりの秘密は、木綿豆腐なら平均86. 8%、絹ごし豆腐なら平均89. 4%にも達する水分含有率の高さであり、水を張っておくことで水分量も保つことができるとされてきた。 長年にわたり、水に浸けて保存されてきた豆腐だが、水から取り出して保存する方法も提唱されている。 あるTV番組では数年前、創業寛政年間の老舗豆腐店の当主・川島義政氏が「豆腐を美味しく食べるためには水にさらしてはいけない」といい、豆腐を保存する際は清潔なザルや皿に入れラップをしておくとよいと紹介していた。 彼は「水にさらさない豆腐」をつくりたいとの思いで、店の看板商品「ざる豆腐」を生み出した経歴を持つ。 ざる豆腐を汲み上げる竹ざるには抗菌効果があるといわれ、なるほどいろいろと理にかなっているのがうかがえる。 もしも家庭で水を切って保存する場合は、菌が付着しないようにビニール手袋などをはめ、素手で扱わないのもポイントになりそうだ。 では彼は何故、「豆腐を美味しく食べるためには水にさらしてはいけない」といったのか。 それは水に長時間さらしておくことで、豆腐の旨みが逃げてしまうからである。 豆腐の原料である大豆には、旨み成分のグルタミン酸が豊富に含まれている。 このグルタミン酸は大豆そのものの時ほどではないが豆腐に移行しており、水に溶け得る性質を持っている。 そしてもう一つ着目しておきたいのが、栄養素のことだ。 パックのまま2~3日冷蔵庫に入れておいたときに、腐ってはいないが水が黄色っぽく変色しているのを目にしたことはないだろうか。 この黄色の正体は大豆に含まれるイソフラボン配糖体という水溶性の色素の一種であると考えられ、抗酸化作用やその他の身体によい作用があるといわれている。 ちなみに水をきった場合の保存期間は、2日程度。 長くて3日程度が望ましい。 もしも変な臭いがしたり表面が粘っていたりした場合は腐っているので食べないように。 島豆腐... 沖縄を中心に食べられているズッシリと大きな豆腐のことで、茹でたての熱々がビニール袋に入れて売られている。 島豆腐はでき立てが一番旨いともいわれており、わざわざ豆腐コーナーに各豆腐店の入荷時間を記しているスーパーや、その時間を狙って買い物に訪れる人も多く見受けられる。 チャンプルーにしても崩れないほどの固さで、味や香りも一般的な豆腐に比べて濃厚だ• 堅 固 豆腐... 北陸エリアを中心に食べられており、富山県五箇山の別名:岩豆腐や、石川県白峰村の別名:石豆腐がよく知られている。 島豆腐同様にズッシリとしており縄で縛って持ち歩けるほど固く、重石で徐々に水分を抜いて作るため、一般的な豆腐よりも大豆本来の旨さが凝縮されている。 味噌漬けや田楽、豆腐ステーキにはうってつけだ。 いまの日本では柔らかい豆腐が主流だが、かつて遣唐使が日本に持ちこんだものはこのような固いものであり、古来の豆腐の型を残し続けているともいわれている。 ちなみに中国の市場では、日本の木綿豆腐よりも遥かに固いものが、やはり水に浸けられずに売っているのを見かけることができる。 その他... 山口県祝島の石豆腐・徳島県祖谷地方の岩豆腐・長崎県五島列島の潮豆腐・長崎県壱岐市の壱州豆腐・熊本県球磨郡五木村の五木豆腐など意外と種類は多いが、年々、より希少な物となりつつある。 冷凍した豆腐を解凍する方法は3種類。 まずは自然解凍。 約1日かかるため、食卓に並べる前日に準備を忘れないようにしよう。 次に、電子レンジで解凍する方法。 豆腐約100gに対して、500Wで約1分30秒加熱し、水分をきってから調理しよう。 3つめは、みそ汁や煮込み料理、炒め料理などの調理過程で直接入れて加熱する方法だ。 解凍すると、生の豆腐のような口当たりのよい食感は失われてしまうが、高野豆腐や麩のような弾力ある食感を楽しめる。 木綿豆腐はしっかりした弾力、絹豆腐はしなやかな弾力を味わえるので、それぞれ試してみて好きな食感を見つけるのもいいだろう。 ここで、冷凍豆腐をつかった簡単レシピを2つ紹介しよう。 水きりの時間が短縮できるため、簡単に調理できて便利なレシピだ。 冷凍豆腐で時短!揚げ出し豆腐.

次の

保存料不使用をうたっているお豆腐の賞味期限が1ヶ月ということは...

豆腐 保存

豆腐を冷凍すると お肉のような食感になるのを、ご存知ですか? 精進料理でも、豆腐がお肉の代わりに使われています。 冷凍豆腐を使うとご家庭でも簡単に、 お肉を使わずに満足感のある料理が作れるのです。 木綿豆腐を使えば、鶏肉のような噛み応えのある食感になります。 絹ごし豆腐なら、湯葉を重ねたような層が出来て、木綿豆腐よりも柔らかい食感になります。 安くて栄養価の高い豆腐を、お肉の代わりに使えば、 節約やダイエットにも役立ちます。 水溶性ではない豆腐の栄養は、冷凍してもほとんど変わらないというのも嬉しいですね。 豆腐は使いやすくて栄養があり、赤ちゃんにも食べさせやすいので、 離乳食にもおすすめの食材です。 月齢に合わせて潰して冷凍した豆腐をストックしておくと、毎日の離乳食作りに重宝します。 豆腐の冷凍保存法と合わせて、肉似せレシピや便利な離乳食レシピをご紹介します。 お肉のような食感になる 豆腐を冷凍すると、お肉のような食感になります。 何度も冷凍を繰り返して乾燥させた高野豆腐(凍み豆腐)を、ご家庭で作るような感覚です。 冷凍して良く水を切ることで、スポンジのように 味が浸み込み易くなります。 料理によって、木綿豆腐と絹ごし豆腐を使い分けることで、より美味しく調理することが出来ます。 木綿豆腐は、唐揚げや煮物など、 味を浸み込ませた噛み応えがある料理におすすめです。 絹ごし豆腐は層のようになるので、角煮やとんかつなどバラ肉の代用におすすめです。 安くてカロリーの低い豆腐が、お肉の代用になるということは、嬉しいメリットですね。 長期保存できる 豆腐の賞味期限は開封後2日が目安とされていますが、冷凍すると 1ヶ月位は、保存することができます。 日持ちのしない豆腐は、安売りをしていても、沢山買い込むことが出来ません。 冷凍保存をすれば、安い時に沢山買うことが出来るようになりますね。 食感は変わってしまいますが、色々な料理に使うことが出来るので、節約にも繋がります。 解凍方法 冷凍した豆腐は、解凍して水気を切って使って下さい。 パックのまま冷凍した豆腐は、自然解凍するか、パックのまま熱湯に5分程浸して、解凍します。 切ってから冷凍した豆腐は、煮物や味噌汁などに使うなら、そのまま調理も可能です。 肉似せ料理に使う場合には、自然解凍やお湯に浸けたりレンジを使うなどして解凍します。 水気をよく切ってから使うことで、味が浸みこみ、肉の代わりになります。 離乳食用の冷凍豆腐は、そのまま調理に使うことが出来ますが、冷凍して解凍した豆腐は、 細胞が壊れていて菌が繁殖しやすくなっています。 赤ちゃんに食べさせる時には、自然解凍は避け、一度加熱してから冷まして食べさせて下さい。 冷凍豆腐の保存期間 冷凍した豆腐の保存期間は、 1ヶ月程度です。 冷凍と解凍を繰り返すことで、食中毒菌が発生してしまうことがあるので、 一度解凍した豆腐を再冷凍するのは止めましょう。 解凍した豆腐は、その日のうちに調理して下さい。 >> >> >> 〈材料3~4人分〉 ・冷凍豆腐(木綿がおすすめです) 2. 3)ポリ袋に小麦粉と片栗粉を1:1の割合で入れて、軽く混ぜ合わせます。 4)3)に2)の豆腐を一度に揚げる分量ずつ入れて、粉をまぶします。 6)豆腐がなくなるまで、4)と5)の作業を繰り返して、すべて揚げれば出来上がりです。 カリッと仕上げたい方は、2度揚げして下さい。 7)豆腐のカスが沢山残っているようなら、汁を捨てて粉を入れ、大きめのスプーンですくって揚げます。 あまり動かさないようにして、火力は強めの方がまとまり易いです。 2)玉ねぎをみじん切りにして、油を引いたフライパンで炒めて、粗熱を取っておきます。 3)材料をすべてボールに入れて、手でこねたら、5等分にして、形を整えます。 4)油を引いたフライパンを中火に熱し、中火から弱火で両面に焼き色が付くまで焼きます。 5)お皿に盛り付けたら、出来上がりです。 洋風ソースや和風ソースなどお好みの味付けで、頂いて下さい。 豆腐の分量を減らして挽肉を加えると、肉感が出てさらに美味しくなります。 2)残りの材料を加えて、よく練り混ぜます。 3)8等分して、厚さ1. 5cm程度の楕円形に形を整えます。 5)弱火で3分程揚げ焼きにしたら、裏返してさらに3分程加熱して、出来上がりです。 冷めても美味しく頂けますので、お弁当にもピッタリですね。 豆腐に切れ込みを入れて、チーズを挟んでチーズカツにするのも、おすすめです。 2)さつまいもは柔らかく茹でて、ペーストにします。 3)1)と2)を、レンジを使い解凍した冷凍豆腐とよく混ぜ合わせます。 滑らかな食感にしたい方は、さらにすり潰して裏ごしして下さい。 4)オクラを出し汁で茹でて種を取り、みじん切りにして、上に飾れば出来上がりです。 舌触りが気になる方は、オクラもすり潰して滑らかにして下さい。 まとめ 豆腐の冷凍保存と肉似せレシピは、如何でしたか? 水分が多く、冷凍に不向きと思われがちな豆腐ですが、食感が変わることを逆手にとれば、美味しい料理に変身します。 安くて栄養価の高い豆腐を冷凍保存して、お肉の代用にするのは、節約にもダイエットにも効果的です。 パックのまま冷凍庫に入れるだけでも出来てしまう冷凍豆腐は、簡単で便利な食材ですね。 離乳食にも使える豆腐の冷凍保存を、試してみて下さい。 まとめ 豆腐の冷凍保存と肉似せレシピは、如何でしたか? 水分が多く、冷凍に不向きと思われがちな豆腐ですが、食感が変わることを逆手にとれば、美味しい料理に変身します。 安くて栄養価の高い豆腐を冷凍保存して、お肉の代用にするのは、節約にもダイエットにも効果的です。 パックのまま冷凍庫に入れるだけでも出来てしまう冷凍豆腐は、簡単で便利な食材ですね。 離乳食にも使える豆腐の冷凍保存を、試してみて下さい。 >> >> >>.

次の

保存料不使用をうたっているお豆腐の賞味期限が1ヶ月ということは...

豆腐 保存

2 冷蔵保存の方法( 冷凍保存をする前に ) 開封した豆腐はすぐに食べなければいけないと考える人がほとんどだと思います。 私もその一人です。 ですが、ある程度の期間であれば冷蔵保存も可能となります(もちろん賞味期限内ですが)。 まず何よりも、購入する時に賞味期限が一番新しいものを選ぶのが一つ。 もう一つは、開封後、冷蔵庫に保存する時に、冷蔵保存用の容器に豆腐が浸かる程のきれいな水を張り、そこに豆腐を入れて保存する方法です。 毎日、水を換えれば、ある程度保存期間を延ばせます。 メリットとしては購入した時と同じ食感を楽しめます。 2,3日は冷奴としても楽しめます。 デメリットとしては、あまり賞味期限を延ばすことはできません。 また、3日間以上保存した後の豆腐は火を通して食するほうがいいようです。 3 冷凍保存の方法 豆腐でも木綿豆腐のほうが 冷凍保存に向いているようですが、それでも冷凍保存後は冷凍前と同じ食感を楽しむことはできません。 解凍すると、高野豆腐のような感じになります。 保存方法は、パックを開封しないまま冷凍庫に保存しても大丈夫です。 開封した場合は、ラップに包んで冷凍保存しても大丈夫。 その場合は、あらかじめ次回使用する大きさに切っておいて個別にラップに包んで保存すると料理に使用するときに便利です。 解凍するときは冷蔵庫に移すか、 自然解凍してください。 デメリットとしては冷凍前と同じ食感を楽しめないことですが、解凍後の豆腐は煮物やすき焼きなどに投入すると味がよく染み込み、冷凍前の豆腐とはまた違った感じを楽しめます。 メリットとしては冷凍の場合、 2~3週間ほど保存が可能になることです。

次の