アップル ペンシル ペン 先。 Apple Pencilや市販のタッチペンは使える? iPhoneでペン入力をする方法|@DIME アットダイム

価格が高いアップルペンシル代用品は?筆圧・ipadとの互換性など解説

アップル ペンシル ペン 先

【注意!】アップルペンシルの故障は「保障内」は無償、「保証外」は有償での対応となる アップルペンシルには 購入時に1年間の保障が付与されています。 そのため1年以内の故障の場合、(意図的な故障でなければ) 無償で交換、修理対応を受けることが出来ます。 一方、「保証外」の場合は有償対応となり、下記表の価格での対応となります。 本体交換 約7,000円 電池交換 3,200円 本体交換、電池交換ともにそれなりの金額がかかりますので 「アップルペンシルが本当に故障しているのか」、精査をすべきです。 アップルペンシルが本当に故障しているのか確認する アップルペンシルは画面も警告を示すようなランプも無いため、 「本当に故障しているのか」分かりづらいです。 以下にアップルペンシルが本当に故障しているのか確認をする手順を記載します。 まずは「故障しているのか」確認し、それでも駄目ならサポートに問い合わせるようにしましょう。 これで 意外とアップルペンシルが使えるようになることがあります。 何らかの影響でiPadとアップルペンシルの接続がうまくいかないこともあるので、まずはiPadの再起動をしてみましょう。 そんな時は アップルペンシルの再接続を試してみましょう。 まずは設定画面へ。 Blue toothの項目へと進みます。 Apple Pencilをタップして設定を解除します。 その後アップルペンシルの再接続を試します。 ここで アップルペンシルが接続されれば、動作復活です。 アップルペンシルで書いた文字が上手く表示されない場合 書いた文字が「途中で切れてしまう」等上手く表示されない場合、 アップルペンシルの故障ではなくペン先に問題があります。 アップルペンシルのペン先は永久的なものではありません。 ペン先は消耗品。 アップルペンシルの誤作動は ペン先交換の証です。 上図の製品の様にペン先は取り外すことが可能です。 ペン先は手でペン先をつまみ、回すことで取り外せます。 ペンの動作不良の原因としてペン先が緩んでしまっているという可能性があります。 まずはペン先を締め直して、動作が正常にならないか確認してみましょう。 それでも正常にならない場合は、 アップルペンシルの箱の中に予備のペン先が入っていますのでそちらと交換しましょう。 ペン先の予備を無くした(もしくは使ってしまった)場合、Amazon等で購入することも出来ます。 価格は4個入りで2,258円。 ちょっと高い気もしますが、こちらを購入して対処していきましょう。 アップルペンシルが故障していたら・・・ 前項の手順を踏んで、それでもアップルペンシルが動かなかった場合、「故障」と判断して良いです。 サポートセンターに連絡をして、「修理」、「交換」処置をとりましょう。 シリアルナンバーを確認する 問い合わせ時に アップルペンシルのシリアルナンバーを入力する場面があります。 アップルペンシルのシリアルナンバーは上記図の ライトニングコネクタ部分に記載がありますので、そちらを確認しましょう。 サポートセンターに連絡をする サポートセンターには直接連絡をするのではなく、 AppleのHPより電話の予約を行う形となっています。 注意 単純にアップルペンシルが故障したことだけを報告すると、 「iPadを再起動しましたか?」、「ペアリングの再接続をしましたか?」などと確認され時間がかかります。 必ず自分から 「色々試したけど結局動かなかったこと」を伝えるようにしましょう。 すると、サポート担当者から• Appleストアもしくは代理店での交換• 郵送による代替品との交換 を提案されました。 私は郵送による交換を希望。 4日程で代替品が届くということでしたが、 2日後には代替品のアップルペンシルが到着していました。 めちゃめちゃスピーディーですね。 (私は関東在住ですので、地域差はあると思います。 ) あとはその場で代替品の入っていた箱に故障したアップルペンシル(本体のみで可)を入れ配達員に渡して交換修理完了! 全くストレス無く私の手元に新しいアップルペンシルが届きました。 もちろん 「保証内」なので、全て無償での対応です。 アップルペンシルを故障から守る!おすすめアクセサリー iPhone、iPad同様、アップルペンシルもカバーやキャップを付けることで故障を未然に防ぐことが出来ます。 ここではアップルペンシルを故障から守るためのおすすめアクセサリーを紹介していきますので是非参考にしてください。 シリコンキャップカバー アップルペンシルはiPadとともに持ち歩くもの。 iPadケースにアップルペンシルを収納することが出来れば、紛失の恐れもなく、保護力も高まりますね。 iPadケースをまだ購入していない方はこのような収納付きのケースを購入されることをおすすめします。 まとめ~アップルペンシルが故障しても慌てずに対処しましょう~ アップルペンシルが故障した際、• 購入1年以内は「保証内」のため無償• 購入1年以上は「保証外」のため有償 となっていますので注意をしましょう。 「アップルペンシルが故障した!」と思っても実は故障していない場合があります。 必ず「本当にアップルペンシルが故障しているのか」確認してからサポートに問い合わせるようにしましょう。

次の

Apple Pencil(アップルペンシル)故障時完全マニュアル【Appleの神サポート】

アップル ペンシル ペン 先

あなたのAppleペンシルは大丈夫?ペン先の取り替え時期や価格について iPadユーザーに欠かせない存在となったAppleペンシル。 シンプルでフェルトペンのような無駄のないフォルムながら、マーカーや色ペンなどさまざまな役目を果たします。 じつはAppleペンシルのペン先こと「チップ」は消耗品で、劣化したままだと大事なiPadの表面に傷をつけてしまいます。 ずっと使っているとペン先が削れて角度が鋭くなってくるので、そうなるとペン先の取り替え時期となります。 取り替え時期としてはまだ初期なので、「あともうちょっと大丈夫かな」なんて思うこともあります。 ですが、表面が削れて中の部分が露出するのは時間の問題ですので、早めに取り替えしてくださいね。 書き心地が変わった 「Appleペンシルの書き心地が前と変わった」と感じたらすぐにペン先を取り替えてください。 Appleペンシルの中には表面のプラスチックとはまた違った材質のものがあり、削れてくると書き心地が変わり、ある日急に中の部分が露出してきます。 書き心地が変わるだけならいいのですが、この中の部分はiPadの表面を傷つけることがあるのです。 多くのiPadユーザーは画面に保護フィルムを貼っていると思いますが、中にはそのままの状態で使っている人もいます。 気づいたら「iPadの表面が傷だらけになっている!」とショックを受けることにもなるので、すぐにペン先を取り替えてくださいね。 中の金属が折れた ペン先を外してAppleペンシルの先端を露出させたことがある人はお分かりと思いますが、Appleペンシルのペン先には金属があります。 この金属がセンサーとなり、iPadでペンのように自在に使うことができるのでしょう。 一度見てもらうとすぐ分かるのですが、このペン先に内蔵されている金属はとても細くて繊細です。 この金属部分はAppleペンシルにとって大事な部分なので、充電中にうっかり倒して折れてしまったり、ペン先の取り替え中にうっかり落として折れてしまったりすると、残念ながら再起不能です。 ペン先を取り替えたところでもとには戻りません。 この場合、修理や買い替えとなります。 ペン先の価格は? まずAppleペンシルを購入してはじめてのペン先取り替えなら、予備としてペン先が1つ付属しているので無料で取り替えできます。 付属のペン先をなくしたり2回目以降の取り替えをしたりする場合は、新たに購入しましょう。 Appleの公式サイトでは、Appleペンシルのペン先が4つセットで販売されています。 価格は税別で2,200円、単価にして550円となっています。 公式サイトリンク: そもそもAppleペンシル自体が1万円以上するアイテムですから、それを考えると「高すぎる」ことはないかもしれません。 ですが、1つ500円以上すると考えると、そう気軽に取替できるものでもありませんよね。 少し安価なものとして、サードパーティ製のペン先もあります。 ですが、商品説明の段階で「iPadで反応しづらいことがある」と明記しているものもあり、やはり非純正の不安感は拭えません。 どうやって取り替えるの? ペン先はネジタイプでくっついているので、指先で優しくつまんでクルクルと回せば簡単にAppleペンシルからペン先を取り外せます。 後は新しいペン先を同じようにクルクル回しながら装着して完了です。 よく見るとAppleペンシルのペン先には狭い溝があり、私ははじめて見た時「爪を引っ掛けて取り外すのかな?」と無理に引っ張って取ろうとしてしまいました。 そんなにうっかりした人は少ないかもしれませんが、ペン先は回すタイプですのでご注意ください。 ペン先の寿命はどれくらい? 当然とも言えますが、どれくらい頻繁にAppleペンシルを使うかでペン先の寿命は変わってきます。 毎日何時間も使うヘビーユーザーの場合は、2カ月程度でペン先の劣化を感じます。 逆に週末に少し使う程度なら、何カ月あるいは1年以上ペン先は削れないでしょう。 Appleペンシルのユーザーがどの程度の頻度でペン先を取り替えたか、事例を紹介します。 保護フィルムほどではありませんが、筆圧次第でも取り替え時期が変わることが理解できますね。 先ほども触れたように、落として破損した場合はペン先がきれいでももう使えません。 Appleペンシルは転がりやすいので、お気を付けください。 書き味を高めるための保護フィルムがペン先の取り替え時期を早める iPadユーザーに不満なのが「書き味」 タブレット向けのペンでありがちなのが「ツルツルして書きにくい」ということですよね。 ガジェット特有の滑りやすさがあり、文字の「止め」や「はらい」も表現しにくいです。 iPadをノート代わりに愛用している人にとっては、「紙に書く感じがほしい」と思うものです。 そんな時におすすめのアイテムがあります。 「ペーパーライクな保護フィルム」が人気 書き心地重視のiPadユーザーに重宝されているのが、「ペーパーライク」と言われる保護フィルムです。 iPadの画面に貼ると適度なザラザラ感があり、iPadとAppleペンシルが「紙と鉛筆」のような書き心地になるのです。 クリエイターやビジネスマンなど、iPadユーザーに人気のあるアイテムとしてさまざまなメーカーが発売しています。 保護フィルムによってペン先の消耗スピードは加速する ペーパーライクな保護フィルムは、1枚2千円程度なので気軽に購入できます。 ですが、先ほど紹介したように残念ながら保護フィルムの抵抗が大きくなるほど、Appleペンシルのペン先は削れて取り替え時期が早まってしまいます。 「どうしても紙のような書き心地にこだわりたい!」という人は、潔くペン先をこまめに取り替えましょう。 または、ペン先を長持ちさせるように工夫することで寿命を延ばせます。 ペン先の寿命を延ばすためにできる2つのこと サードパーティのペンシルキャップを使う 無駄のないシンプルなデザインが売りのAppleペンシルなので「カバーをつけるなんてダサい!」とApple信者の方に怒られそうですが、あえてご紹介させてください。 シリコン製のサードパーティ製のペンシルキャップがあるので、それをペン先につけるのがおすすめです。 また、キャップカバーのホルダーとセットで売っているものも多いです。 充電中にAppleペンから外す必要があるキャップカバーは、なくしてしまう人も多いもの。 セットで使うと、ペン先の保護をしながらキャップカバーの紛失防止もできます。 Appleペンシルになじむ色のアイテムも多いので、ぜひとも活用していただきたいです。 また、個人的におすすめなのは「クリップ」です。 Appleペンシルは無駄のないボディの完全な円柱形で、一度落とすと永遠に転がり続けます。 さまざまな製品が発売されており、サイズやデザインにこだわって選べるでしょう。 電車やカフェで落として隙間に入ってしまうと、たいへん恥ずかしい思いをします。 クリップをつければ「引っ掛かり」ができますので、遠くへ転がってしまうこともありません。 また、AppleペンシルはApple製品らしい真っ白なボディですから、小さな汚れや傷も目立ちやすいです。 そんな傷つきやすいAppleペンシルですから、ペンケースに大事に格納しておきましょう。 Appleペンシル専用のペンケースとして、ペンを1本だけ固定するバンドがついたものがおすすめです。 Appleペンシルはそれ1本でマーカーやカラーペンの役割もできますから、ペンケースに1本入れたところでかさばりません。 ヘビーユーザーの人は、充電ケーブルも一緒に収納できるペンケースがおすすめですよ! ペン先の予備は用意するべきか 保護フィルムを使うなら、予備は必須 ペン先の予備は、常に用意しておくべきなのでしょうか?これは人によって、異なるでしょう。 ペーパーライクな保護フィルムを使っているなら、予備は必ず用意しておくべきです。 先ほど紹介したように、人によっては毎月変えることになります。 取り替えようと思った時に予備がなければ、Appleペンシルを使えません。 また、筆圧が強いと自覚があるなら、予備を用意しておく方がいいでしょう。 Appleペンシルを使っていると、取り替え期が分かるようになります。 サイクルが早いと思うなら、常に用意しておくことで、Appleペンシルを快適に利用できるはずです。 純正は出荷待ちになることもあり、注意が必要 先ほども紹介したように、Appleペンシルのペン先は、純正と非純正品があります。 非純正品の場合、反応が悪くなることもあるので、注意が必要です。 使い心地が悪くなれば、Appleペンシルの良さは半減してしまいます。 Appleペンシルの良さを最大限に活かすなら、ペン先にこだわるべきです。 だからこそ、純正のペン先を購入しましょう。 注意が必要なのは、純正のペン先が売り切れになることが多いからです。 サラサラと書ける書き心地を求め、ユーザーは純正のペン先を購入します。 そのため、出荷待ちになることも珍しくありません。 Appleペンシルを使うなら予備は確保するべきなので、早めに購入して快適に使う準備をしましょう。 まとめ Appleペンシルのペン先の取り替え時期や価格、ペン先を長持ちさせる方法について解説してきました。 Appleペンシルの力を発揮するには、ペン先の状態は良くなければいけません。 書き心地が変わってきたら、状態に合わせて交換することで、スラスラと使えるでしょう。 Appleペンシルのペン先の取り替え時期や価格を把握して、快適に利用してください。 参考サイト(比較サイト) [2019年4月4日アップデート].

次の

【レビュー】「Apple Pencil」はiPadの使い方が180度変わるペン!

アップル ペンシル ペン 先

外観 パッケージ アップル製品のパッケージって高級感もあってワクワクしますよね! セット内容• Apple Pencil本体• ペン先(スペア)• 充電用変換端子• 取扱説明書 Apple Pencil本体だけかなと思っていたら、ペン先のスペアと、充電用の変換コネクタも同梱されていました。 ちなみにペン先は消耗品ですが、交換品が別売りでも販売されています。 普通のペンよりも結構長い Apple Pencilは普通のペンよりも長さが長いです。 こうやって比べるとビックリ。 シャーペンのクルトガと比べると、長さが全然違います。 普通の筆箱には入らないかもしれませんね。 重さは20g ペンとしては結構重たいです。 クルトガと比べると2倍くらいの重さなので、長時間の作業ではちょっと重く感じるかもしれません。 しかし 重いからといって書きにくいということは一切ないのでご安心を! 1回の充電で12時間使える!充電方法は2種類 Apple Pencilは、iPadと通信したり色んなセンサーで動作するので、バッテリーが内蔵されています。 そのためバッテリーを充電しないと使えません。 バッテリー持続時間は1回の充電でなんと12時間! 結構持つので、1日2時間くらい使用したとしても5〜6日は持つことになりますね。 充電方法ですが、Apple Pencilの上に付いているキャップを外すと充電端子が現れます。 そしてこの充電端子を利用して充電するのですが、充電は2種類の方法があります。 iPadに直接ぶっ挿して充電する方法 Apple Pencilのキャップを外し、iPadの充電端子に直接ぶっ挿さすと充電されます。 充電している姿はあまりかっこいいとは言えません… 泣 ただ外出先でApple Pencilのバッテリーが切れたときに、コンセントもケーブルも不要で充電できるのは助かりますよね。 充電中にぶつけてしまったり、落下させてしまったら、ポキッと折れてしまいそうで要注意です。 Lightningケーブルでの充電方法 iPadのLightningケーブルでも充電できるようにする変換コネクタが付属されるので、それを使えばLightning ケーブルでも充電できます。 変換コネクタはとても小さいので、無くさないように注意です。 余っているLightningケーブルに常に装着させた状態にして、Apple Pencil専用の充電ケーブルとして使うのもいいかもしれません。 変換コネクタに「iPadのLightningケーブル」と「Apple Pencil」を繋げば充電されます。 こんな感じで充電されます。 iPad本体からの充電だと本体のバッテリーを分け、減らしてしまうため、時間に余裕のあるときはケーブルからの充電がオススメです。 バッテリー残量はiPadで確認 Apple Pencilのバッテリー残量は、ウィジェットに「バッテリー」を追加することで、Apple Pencilのバッテリーも一緒に確認できます。 実際に使ってみた感想 書き心地がマジで鉛筆 これまで静電容量式のタッチペンしか使ったことがなかったのですが、Apple Pencilは「1」と「100」くらい違います! 静電容量式のタッチペンは、とりあえず画面に書けるだけで、線の太さも変わりませんし、滑らかな線を書くのも難しいです。 ところが、Apple Pencilで書いてみると… おおおお!?鉛筆そのものじゃん…! 鉛筆のように自分が思う通りの線が書けるんです。 Apple Pencilは筆圧も感知してくれるので、 力を入れずに画面をなでれば鉛筆と同じように薄い線が書けて、逆に力を入れて書くと線が太くなります。 またペン先を斜めにして書けば、鉛筆のように広い線を引けます。 あまりの凄さにびびりました。 Apple Pencilの1本で何役もこなす アプリにもよりますが、 Apple Pencilの1本だけで、鉛筆だけじゃなく、ボールペンや、色鉛筆、マーカー、筆、さらには消しゴムでもなんでもなります! アプリのペン種選択の好きなペンを選ぶだけで簡単に切り替わるので、ペンを持ち替えたり、探したりする手間が一切いりません。 イラスト描くのにも最高 僕は絵が苦手なので絵はあまり描かないのですが、Apple Pencilはイラストを描く方にも高評価を得ています。 人気な「Procreate」というイラストアプリと一緒に使えば、鉛筆絵から水彩画まで様々な絵が描けるんです。 こちらはサンプルの絵ですが、上手い人ならこんなステキな絵も描けちゃうんです! これを機に絵の練習してみようかな…! ペンでの画像編集がすごい Apple Pencilに対応した画像編集アプリを使用すると、ペンで直接画像を編集できます。 僕は画像編集はパソコンのPhotoshopでマウスを使って行っていました。 特にこれでも不自由はなかったのですが、iPadとApple Pencilを使って編集してみると衝撃を受けました… 例えば、選択範囲を選択するときに、マウスだと微調整するのが結構大変だったのですが、Apple Pencilでは選択したい部分をペンでなぞるだけで選択されます。 また画像に手書きの文字や矢印を書き加えたりもできるので、パソコン以上に画像編集の幅が広がりました。 ペンで直感的に画像をいじれることがこんなにもすごいことなのかとびびってます。 ちなみにアプリは、Photoshopに近い使い方ができるこちらの「Pixelmator」がオススメです! 公式サイトから引用 iPadとApple Pencilで、手書きのノートとしても使えます。 ページ数を気にする必要もありませんし、何冊も持ち歩く必要もないんです。 「あのメモを読み返したいけど、どこに書いたかな?」というときでも、検索ワードを入力することで簡単に探し出すこともできます。 タブレットなので、参考書の電子書籍を読むこともでできますし、インターネットで調べ物もできちゃいます。 さらに紙のノートと違い、クラウド上に保存しておけば万が一、本体を紛失してしまってもデータは残せます。 メリット多すぎないですか!? PDFや画像にペンで注釈を入れられるのが便利 iPadに標準でインストールされている「メモ」アプリには PDFや画像にペンで注釈を書き入れることができます。 また紙媒体をカメラでスキャンして読み込む機能もあるので、印刷物や本のページをカメラで読み込んで、ペンでマークを入れたりすることもできるんです。 まとめ 僕は手書きすることがあまりなかったので、Apple Pencilは購入していませんでした。 ところが実際に買ってみると、 「なんでもっと早く買わなかったのか!」と後悔するくらい便利なアイテムだったんです。 画像編集で細かいところを修正したり、書類に注釈を手書きで書き入れたり、イラストを扱わない人でも十分に使えるツールだと思います! またこれまではiPad ProにしかApple Pencilは対応してなかったので結構お金がかかっていました。 ところが普通のiPad 2018~ にもApple Pencil対応になったので、セットでも5万円ほどで入手できるようになりました。

次の