ムーン フェイス 野牛 肩。 ムーンフェイス(満月様顔貌)の芸能人/有名人9人!ステロイドとの関係や基礎知識も解説【2020最新版】

ムーンフェイスとは?原因や症状、ステロイドの副作用を知って予防しよう!

ムーン フェイス 野牛 肩

【 満月様顔貌 ムーンフェイス の症状】 満月様顔貌とは、どのような症状かというと、抗がん剤などの内服薬や点滴薬の影響で、顔面が満月のように丸くパンパンに腫れ上がったようになってしまうことです。 服用をやめれば、しばらくして治まりますが、顔の変化に伴って、患者本人の精神的な苦痛や変化に、周囲で接する人たちは、注意をすることが大切になってきます。 本人にとって苦痛のない声かけを行いたいものです。 【 満月様顔貌 ムーンフェイス の原因】 満月様顔貌は、副腎皮質ホルモンを大量に摂取することが原因で起こる病気です。 ステロイド剤を長い間、大量に服用している人に多く見られます。 ステロイド剤の副作用として、食欲増進、脂肪の分泌異常が挙げられます。 食欲が増して、たくさんの食べ物を摂取すると、体に大量の糖が取り込まれます。 それらの糖が脂肪に変化して、皮下に蓄積します。 そして、脂肪が蓄積して体重が増えると、顔が丸くなります。 【 満月様顔貌 ムーンフェイス の検査と診断】 満月様顔貌とは、顔面に異常に脂肪がついて顔が満月のようにぱんぱんに丸くなる状態を言います。 ステロイド剤の長期使用、クッシング症候群などで副腎皮質ホルモンであるグルコチノイドが過剰に分泌されると、顔に脂肪が沈着してこのような状態になります。 検査方法としてはステロイド剤使用の有無を調べ、ステロイド剤不使用の場合は血液検査で血中の副腎皮質刺激ホルモン、副腎皮質ホルモンの値を診て原因を調べます。 【 満月様顔貌 ムーンフェイス の治療方法】 満月様顔貌の治療法は、ステロイドの量を減らすこと、あるいは利用しないようにすることです。 ステロイドの影響で発症するため、使用を止める必要があります。 ただし理由なくステロイドを使用しているというケースはめったにないため、使用理由によってはなかなか止めることはできません。 そのためステロイドを使っての治療が終わったあとに、対処することになります。

次の

プレドニンによる副作用

ムーン フェイス 野牛 肩

病棟での日々のお仕事、お疲れ様です。 ムーンフェイスは、ステロイドを使用している患者さんの看護を考える場合に、必ずといっていいほど出てくるキーワードではないかと思います。 ムーンフェイスが顔に発生する理由 ムーンフェイスというのは、言葉の通りムーン(満月)のようにフェイス(顔)が丸くなった状態を言います。 これは、 ステロイドを摂取することによって起こる、脂肪の代謝異常によるものです。 質問者様の疑問は、どうして顔だけに症状が出るのかということでしたが、全身に肥満として症状が出る場合もあります。 しかし、 顔には脂肪の代謝に影響の出やすい種類の細胞が多く存在しているために、顔を中心としたムーンフェイスという特徴的な症状が出ると言われています。 また、肩を中心に脂肪が蓄積する 野牛肩という症状も同様です。 過剰なエネルギー摂取はさらなる脂肪蓄積を招き、ムーンフェイスを悪化させてしまいます。 看護師は患者さんの状態をみながら、医師や栄養士と連携して エネルギーコントロールをしていく必要があります。 症状が出現した場合は、ステロイドの副作用であることを伝えることで精神的ストレスを軽減することにつながります。 また、 ステロイドの摂取が終了すれば改善していく可逆的な症状であることを伝えておくことも必要です。 ステロイドの治療期間は病状次第であり、不確かなものですが、その都度看護師が説明や言葉かけをすることで、患者さんの安心につながることも多く、大切な援助です。 ムーンフェイスは、顔に脂肪が蓄積することに加え、顔がむくむことによっても助長されます。 そのため、 顔面の筋肉をほぐしたり、リンパマッサージをしたりすることで、 むくみを改善して脂肪を蓄積しにくい状態に近づけることができます。 直接看護師が行うだけでなく、自分でできそうな患者さんにはやり方を伝えて、自ら実践していくように促すことも大切です。 特に、質問者様の受け持ちの患者さんの場合は、ステロイドパルス療法というステロイドを大量に投与する治療法なので、特にその他の合併症が出現する可能性を考慮して観察していくことが必要です。 【 易感染症】 ステロイドは異常な免疫反応と同時に正常な免疫反応も抑制します。 そのため、免疫力が低下し、様々な感染症にかかりやすくなります。 看護師は感染症の観察と同時に、 清潔操作の徹底や、患者さん自身の 感染予防のうがい・手洗い・マスクの着用など、必要に応じて指導をする必要があります。 【高血糖】 ステロイドは血糖値を下げるインスリンの働きを阻害するため、 高血糖に注意が必要です。 看護師は、医師の指示に基づき、血糖値チェックや食事内容の見直しをしていきます。 【骨粗しょう症】 長期的な投与で起こる場合が多いとされていますが、ステロイドの摂取によって骨密度が低下することで骨粗しょう症が起こります。 看護師は圧迫骨折や転倒転落による骨折など、愛護的な 身体的援助と 安全管理により注意する必要があります。 【 消化管潰瘍】 ステロイドの大量接種で起こりやすい合併症です。 消化管粘膜の作用が抑制されるために起こります。 看護師は消化器症状や、事前に胃粘膜保護剤が処方されているかを把握しておく必要があります。 【血栓症】 ステロイド摂取により、出血をとめる働きをする血小板の機能が過剰になることで起こります。 【緑内障・白内障】 どちらも、ステロイドの影響で発症する場合があります。 異常を感じたら、早期に眼科の診察が必要です。 【精神症状】 長期化する場合に、精神的に不安定になったり不眠となったりすることがあります。 看護師は、活動・休息パターンや情緒の観察をし、必要時医師に報告や介入をしていきます。 おわりに.

次の

全身性エリテマトーデス ステロイド副作用対策

ムーン フェイス 野牛 肩

・皮膚が薄くなる ・顔が赤くなる ・ニキビができやすくなる ・口の周りのひげが濃くなる ・野牛肩(バッファローハンプ)になる 顔が膨らみ皮膚が薄くなることで、 皮膚表面にある毛細血管が透けるので、顔が赤く見えてしまうことがあります。 また、顔の皮脂腺が活発になることで、ニキビができやすくなるんです。 また、ムーンフェイスになると、 肩にも脂肪が蓄積しますので、野牛のように肩をすくめたような肩の形になることもあります。 ムーンフェイスの原因 ムーンフェイスの原因は、 副腎皮質ホルモンです。 副腎皮質ホルモンが体内で増えることで、 食欲が増進し、 脂肪の代謝障害が起こるのです。 食欲が増せばたくさん食べてしまうので、カロリー過多になり、顔に脂肪がついてしまいます。 さらに、体の中の脂肪が代謝されにくくなるので、脂肪がどんどん溜まっていきます。 そうすることで、ムーンフェイスになるんですね。 では、ムーンフェイスの原因になる副腎皮質ホルモン過多は、なぜ起こるのか?次からは、その根本的な原因を見ていきましょう。 クッシング症候群とは、慢性的に糖質コルチコイドが過剰になる病気です。 糖質コルチコイドは、副腎皮質ホルモンの1つです。 つまり、クッシング症候群になると体内で 副腎皮質ホルモン(糖質コルチコイド)が過剰に分泌されるようになるので、ムーンフェイスになってしまうのです。 友寄蓮 生年月日:1995年3月29日 出身:東京都小金井市 身長:164cm 血液型:O型 活動:タレント タレントの友寄蓮さんは、芸能活動を開始した翌年である高校2年生の時、 急性リンパ性白血病を発症します。 治療で ステロイド薬を使ったところ、病気でほとんど食事を摂っていないのに、顔に脂肪が蓄積し、パンパンに丸くなってしまったそうです。 さらに「より衝撃的だったのがムーンフェイスという副作用。 顔ばかりがどんどん丸く膨れ上がってしまった」と振り返りました。 ステロイド剤の影響で、食事を取っていないにもかかわらず、顔に集中的に脂肪がつくというもので、 精神的に苦しめられたといいます。 引用: 友達からはそのムーンフェイスを見て、「太ってるね、思ったよりも元気そうじゃん」のように言われて傷ついたと話しています。 確かに、副作用で苦しんでいるのに「太った」と言われるのは、高校2年生女子にとっては辛いですよね。 6.山田雨月 後藤邑子 生年月日:1975年8月28日 出身:愛知県清須市 身長:163cm 所属:アクセルワン 血液型:O型 活動:声優 声優の後藤邑子さんは、 全身性エリテマトーデスを患っています。 2012年に入院した時には、ステロイド薬を大量に使ったようで、ムーンフェイスになっています。 だから同じ病気の女性たちは嫌がってるけど そうゆうのに比べれば「ムーンフェイス」って言う 顔がお月様のように膨らむ必発の副作用は 全然構わんぞって思ってたんだけど、先日、 患者友達に「 あらだいぶ膨らんで。 」と言われた次第。 引用: 元の顔がほっそりしている方なので、そこまで目立ってはいませんが、治療前の写真と比べると、やはりムーンフェイスになっているのが分かります。 9.安奈淳 安奈淳 生年月日:1947年7月29日 出身:大阪府箕面市 身長:164cm 血液型:B型 活動:女優 元宝塚のトップスターだった安奈淳さんは、2000年に 全身性エリテマトーデス(SLE)を発症して、長期療養しています。 そして、 ステロイド薬の副作用で、やはりムーンフェイスになったようです。 「全国膠原病友の会」東京支部総会で安奈淳さんが講演した時には、次のように語っています。 仕事に復帰しようと決めたきっかけはと言う質問に、ムーンフェイスがなくなって、見た目にわからないほどに顔が戻った時だったそうです。 やはり彼女もステロイドの副作用でムーンフェイスになり、体重も油断すると増えるので、一日1時間を歩くこと、油分を控え、体重を維持することを心がけているそうです。 引用: 今ではほっそりされていて、ムーンフェイスの面影はありませんが、ステロイドの量が多かった時には、ムーンフェイスがあったんですね。 まとめ ムーンフェイスの基礎情報やムーンフェイスの原因となる病気やステロイド、ムーンフェイスの芸能人・有名人をまとめましたが、いかがでしたか?.

次の