十 味 敗 毒 湯 漢方。 ニキビの化膿を治す漢方薬の一番お勧めは十味敗毒湯?排膿散及湯?

脂漏性皮膚炎と漢方治療【百花園漢方薬局】

十 味 敗 毒 湯 漢方

十味敗毒湯 スポンサード リンク 成分(一般名) : 十味敗毒湯 製品例 : ツムラ十味敗毒湯エキス顆粒 医療用 、クラシエ十味敗毒湯エキス細粒 ・・ 区分 : 漢方/漢方/漢方製剤 PR 概説 腫れ物や湿疹、皮膚炎などに用いる漢方薬です。 作用 【働き】 十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)という方剤です。 皮膚の赤みやカユミを発散し、腫れや化膿をおさえます。 また、そのようになりやすい体質を改善します。 体力が中くらいの人に向く処方です。 【組成】 漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。 十味敗毒湯の構成生薬は下記の10種類です。 これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。 病院では、煎じる必要のない乾燥エキス剤を用いるのが一般的です。 荊芥 ケイガイ• 防風 ボウフウ• 柴胡 サイコ• 桔梗 キキョウ• 川きゅう センキュウ• 茯苓 ブクリョウ• 甘草 カンゾウ• 生姜 ショウキョウ• 樸そく ボクソク• 独活 ドッカツ 特徴• 十味敗毒湯は「万病回春」という古典書にのっている荊防敗毒散をもとに、江戸時代の華岡青洲によりつくられた処方です。 その名が示すよう、10種類の生薬を用いて毒素を敗退させることを目標に考えだされました。• 適応証(体質)は、中間証(体力中くらい)となります。 注意 【診察で】• 持病のある人は医師に伝えておきましょう。• 市販薬も含め服用中の薬を医師に教えてください。 【注意する人】 体がひどく弱っている「著しい虚証」の人には向きません。 また、食欲不振や吐き気、嘔吐や下痢など、胃腸の弱っている人は慎重に用いる必要があります。 【飲み合わせ・食べ合わせ】 芍薬甘草湯など甘草を含む他の漢方薬といっしょに飲むときは、「偽アルドステロン症」の副作用に注意が必要です。 飲み合わせに注意..甘草含有製剤、グリチルリチン(グリチロン等)など。 【使用にあたり】• ふつう、漢方薬は食前もしくは食間(空腹時)に飲みます。 顆粒は、お湯で溶かしてから、ゆったりした気分で飲むとよいでしょう。 むかつくときは、水で飲んでもかまいません。• もし、食欲がなくなったり、吐き気を催すようでしたら、食後でもよいと思います。• 効果のないときは、医師と相談してみてください。 証の再判定が必要かもしれません。 【備考】• 漢方は中国で生まれた体系医学です。 その起源は遠く2千年以上もさかのぼります。 そして、日本にも古くから伝わり、独自の発展をとげました。• 漢方の特徴は、体全体をみるということです。 体全体の調子を整え、病気を治していくのです。 ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。 このときの体の状態や体質をあらわすのが「証(しょう)」という概念です。 このような考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。 漢方のよさは、薬そのものよりも、証にもとづき「人をみる」という、その考え方にあるといっても過言でないでしょう。• 病院では、服用が簡単な「エキス剤」が広く使われています。 これは、煎じ薬を濃縮乾燥させたもので、そのままお湯に溶かすだけで飲めます(一部の専門外来では、生薬のまま調合することも)。 現在、十味敗毒湯をはじめ約150種類の方剤が保険適応となっています。 効能 【ツムラ・他】 化膿性皮膚疾患・急性皮膚疾患の初期、じんましん、急性湿疹、水虫。 【コタロー】 腫物、湿疹、ジンマ疹、にきび、フルンクロージスの体質改善。 用法 通常、成人1日7. 5gを2〜3回に分割し、食前又は食間に経口服用する。 なお、年齢、体重、症状により適宜増減する(ツムラ)。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 漢方薬にも少しは副作用があります。 人によっては、服用時にむかついたり、かえって食欲がなくなるかもしれません。 しだいに慣れることが多いのですが、つらいときは医師と相談してください。 重い副作用はまずありませんが、配合生薬の甘草の大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。 「偽アルドステロン症」と呼ばれる症状です。 複数の方剤の長期併用時など、念のため注意が必要です。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• 偽アルドステロン症..だるい、血圧上昇、むくみ、体重増加、手足のしびれ・痛み、筋肉のぴくつき・ふるえ、力が入らない、低カリウム血症。 【その他】• 胃の不快感、食欲不振、吐き気、下痢• いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

アトピーで使われる漢方薬十味敗毒湯について効果や副作用をまとめてみた

十 味 敗 毒 湯 漢方

こんにちは。 和漢美容の専門家、漢方薬剤師の原明奈です。 桜が美しく咲く季節にぴったり。 桜の樹皮(桜皮・おうひ)が入る漢方薬のご紹介いたしますね。 桜皮は日本では昔から言い伝え使われてきた薬草のひとつです。 肌荒れや解毒を目的に使われます。 以前こちらの記事でも取り上げておりますのでぜひご覧ください。 桜皮は中国ではお薬として使いません。 桜皮は江戸時代の外科医、 華岡青洲(はなおかせいしゅう)の考案した漢方薬、「十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)」に使われています。 華岡青洲は 世界で初めて全身麻酔を用いた手術を成功された方として有名です。 奥様が実験台となることを申し出て、失明してしまうお話「華岡青洲の妻」は書籍化されにもなったんですよ。 そんな有名な日本人医師が考案した十味敗毒湯、中身を見ていきましょう。 十味敗毒湯と桜皮(おうひ) 桜の皮は中国の処方には入ってきませんが、日本人(華岡青洲)が作った 十味敗毒湯という漢方薬に入ります。 十味敗毒湯は皮膚のトラブルに使う漢方薬。 具体的にはアトピー性皮膚炎、にきび、じんましん、湿疹、乳腺炎などに使います。 十味敗毒湯はその名のとおり10種類の生薬から構成されます。 10種類は上の写真にもありますがはたらきをもう少しわかりやすく4つに分類して書きます。 独活・防風・荊芥・川芎・生姜:身体の表面の毒素を外へ出す、かゆみを抑える• 柴胡・桔梗・桜皮(樸樕):炎症をしずめる、毒素を中和させる• 茯苓:ジュクジュクした部位の分泌物をとる• 甘草:炎症をとる、他生薬のバランスを整える 10種類の生薬がそれぞれのはたらきをして、かゆみを抑えて、炎症がでているのをしずめ、化膿するのを防ぎます。 肌に使う漢方薬は沢山ありますが、十味敗毒湯は皮膚の状態が比較的急性期から慢性期までカバーできますし、身体を強く冷やすこともないためとても使いやすい漢方薬ですね。 桜の皮以外にも一つご紹介しますと、 桔梗の根が入っています。 桔梗は観賞用としてもとても身近な植物。 肌に使う漢方薬では 排膿作用を期待して、そして喉が痛いときにも痰をとりのぞく役割として漢方薬に使われています。 桜皮の期待されるはたらき 日本で 桜皮は昔から 魚の中毒、排膿、咳どめ、解熱を目的に民間薬として使用されてきました。 十味敗毒湯にも 排膿のはたらきを期待して配合されますが、最近はそれだけでなく新しいメカニズムも分かってきました。 このメカニズムは20代、30代女性の女性ホルモンがアンバランスな方のニキビにとても効果的な理由と言われています。 メカニズムを結論からいいますと桜皮には エストロゲンのようなはたらきがあるようです。 エストロゲンは卵胞ホルモンといわれる 女性ホルモンのひとつ。 卵巣で分泌され女性らしい身体づくりを助けるホルモンです。 女性ホルモンと肌の関係はとても深く、エストロゲンには肌の弾力を保つ コラーゲンや 水分量を増やす働きがあるため、ツヤツヤではりのある肌を保つのに必要です。 エストロゲンが表皮と真皮の両方にはたらきかけて美肌をつくります。 ) そしてこのエストロゲンは 男性ホルモン(テストステロン)のはたらきも抑えてくれます。 女性でもテストステロンがあり、これにより 皮脂分泌が促されてしまいます。 ニキビの原因、 アクネ菌は皮脂が大好物。 男性ホルモンが多いと皮脂が増えアクネ菌が集まりニキビが出来てくるという結果に。 桜皮はエストロゲン様作用によって、テストステロンのはたらきを抑え肌のよぶんな油分をへらしニキビを出来にくくします。 まだまだ研究の余地はありますが、私は実際に皮脂が少なくなったと感じました。 薬用には "ヤマザクラ" か "カスミザクラ" を 日本で現在多く見られる ソメイヨシノは実は江戸時代末期にあらわれた品種。 開花が華やかで若木から花を咲かす特性が好まれ、明治以来急速に広まりました。 日本でもっとも一般的な桜となりましたが、古来からあったわけではありません。 そのため薬用には原種のヤマザクラ、もしくはカスミザクラの樹皮が使われています。 葉芽と花が同時に開くのが特徴でソメイヨシノとは違うところです。 遠くから見ると霞のように見えることが名前の由来となっています。 桜の開花は少し遅く4月中旬から下旬となります。 十味敗毒湯には桜皮が配合されていないものも 歴史的な背景や参考にした書籍の違いにより、現在販売されている十味敗毒湯は 桜皮がはいっているものと、 樸樕(ボクソク)が入っているものが存在しています。 樸樕は漢字が難しいのですが、 ドングリがなる木の樹皮になります。 具体的には クヌギやミ ズナラの樹皮です。 こちらも皮膚の化膿を和らげる働きがあります。 打撲したときの血液のうっ滞にも効果的です。 もし十味敗毒湯をにきびを治すために使いたいのであれば、桜皮が入った方をおすすめいたします。 ドラッグストアで買う時はパッケージをご覧になり、桜皮が入っているか確かめてからご購入くださいね。 メーカーではクラシエさんが桜皮がはいったもの、ツムラさんが樸樕がはいったものを販売されています。 こちらはクラシエさんの漢方セラピーシリーズ。 桜皮が入ったものになります。 にきびに気になったらぜひこの 十味敗毒湯を試してみてくださいね。 それではみなさま、和漢や漢方薬の自然の恵みを借りて身体の中から美しく整えていきましょう。 登録してくださるとうれしいです。

次の

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう):漢方薬の通信販売

十 味 敗 毒 湯 漢方

十味敗毒散出自日本江戶年代,華岡青洲方 1 ,功效為袪風化濕、清熱解毒,主治風、濕、熱三邪所夾雜所致之皮膚搔癢及初期的瘡瘍腫毒,惡寒發熱,苔膩或黃膩,脈浮數或濡。 以十味敗毒散為基礎,加減方使用則為:加金銀花、土茯苓可治風寒濕毒,加黃耆、當歸可治癰疽瘡癤,合升麻葛根湯可治麻疹濕疹,合托裏消毒散治瘡瘍腫痛,合黃連解毒湯治癰疽腫熱。 關鍵字: 華岡青洲方、十味敗毒散、皮膚病症、辨症論治• 前言 本方為臨床常用方,主要為治療化膿性疾患、皮膚疾患初期或用於改善體質的方劑,功效為袪風化濕、清熱解毒。 方中的獨活、防風能夠擴張體表血管發汗發散,有去濕作用;荊芥、防風、桔梗、川芎、柴胡具解毒作用;茯苓與桔梗則有消炎作用;川芎可止痛,柴胡用於各種抗過敏反應,甘草具消炎、解毒、抗過敏、袪痰,對支氣管平滑肌痙攣有緩解作用 2。 文獻回顧 十味敗毒方乃來自於日本華岡清洲方,用於好發癤癰之癤腫症及濕疹。 溼熱相搏,故頭面身體皆生瘡也。 本方能使解毒臟器機能旺盛,有解毒之效。 方中有解毒之藥為荊芥、防風、桔梗、柴胡、川芎、連翹等。 此外,獨活、甘草、茯苓、生薑為補助藥物。 臨床上常應用於治療濕疹、蕁麻疹、改善過敏體質、淋巴腺炎、水泡疹、面? 、化膿性面? 、中耳炎、外耳炎等皮膚炎症。 藥物方義說明 十味敗毒散是由十味藥物所組成的,方解說明如下:• 川芎:含有多種揮發油及生物鹼,《本草方藥大全》記載川芎辛溫無毒,浮而升陽也,屬熱性藥品。 主治袪風燥濕、行氣開鬱、活血止痛,為治少陽厥陰經頭痛。 生薑:含薑醇、薑烯、薑辣素等揮發油。 具散寒止嘔、開痰、解毒、開胃氣、溫中去濕等作用。 柴胡:柴胡味苦,平、微寒,無毒。 《新修本草》記載柴胡主心腹,去腸胃中結氣,飲食積聚,寒熱邪氣,推陳致新。 久服輕身,明目,益精。 桔梗:《本草經集注》說明桔梗味辛、苦,微溫,有小毒。 主治胸脅痛如刀刺,腹滿,腸鳴幽幽,驚恐悸氣。 利五臟腸胃,補血氣,除寒熱風痺,溫中消谷,治喉咽痛。 清頭目散表虛寒。 防風:《本草經集注》記載防風味甘、辛,溫,無毒。 主治大風,頭眩痛,惡風,風邪,骨節疼痛、四肢攣急。 獨活:《本草經集注》記載獨活味苦、甘,平、微溫,無毒。 主治袪風、金瘡止痛,治諸賊風,百節痛風無久新者。 久服輕身,耐老。 茯苓:為草木上品,味甘、平,無毒。 《本草經集注》記載主治胸脅逆氣,驚邪恐悸,心下結痛,寒熱,咳逆,止口焦舌干,利小便。 久服可安魂魄、養神、延年。 甘草:《本草蒙筌》云:因味甘甜,故名甘草。 《飲膳正要》記載味甘、平,無毒。 可和百藥、解諸毒。 主治五臟六腑寒熱邪氣,堅筋骨,長肌肉,可解毒。 溫中下氣,傷臟咳嗽,止渴,通經脈,利血氣。 久服輕身,延年。 荊芥:《得配本草》記載荊芥辛、苦、溫。 入足厥陰經氣分,兼入血分。 主治散淤破結、通利血脈,袪風邪、清頭目、利咽喉、消瘡毒、中風口噤等作用。 陳皮:《湯液本草》記載陳皮氣溫,味為苦。 辛而苦,味厚,陰也。 《本草》又云:主胸中痰熱,逆氣,利水谷。 下氣,止嘔咳,除膀胱留熱、停水、五淋,利小便。 臨床應用 1. 尋常性痤瘡 尋常性痤瘡為青少年常見的疾病之一,對在發育的青少年而言,外表容貌是給人第一印象的主要來源之一,因此對於身心發展具有相當大的影響力。 中醫為根據臨床症狀、皮疹大小、紅腫程度、色素沉著及大便、出汗、倦怠、月經等全身情況辨證施治並施以治療。 且也發現十味敗毒散比四環素屬在同樣程度對抗痤瘡桿菌及脂肪? 作用都要強。 十味敗毒散常用於治療蕁麻疹、濕疹、皮膚炎、中耳炎等症,根據國內外醫學發表的文章顯示 7 ,小林衣子根據臨床症狀對 29 位患者來辨證用藥發現,投與十味敗毒湯來治療體力為中等以上、皮疹較輕微、合併便秘或有或無、軀幹部反覆出現皮囊炎的患者,其有效痤瘡改善者有 7 例。 臨床上根據患病年齡可分為嬰兒期、兒童期和成人期,治療方針則是根據全身的體質和體力程度以及皮膚的性狀為指標作為考慮,長期目標著重於改善患者失調的生理功能 8。 急性期治療重點在於以局部辨症為主,針對皮膚病變的性狀加以處理,主要是辨皮損。 乾燥性皮損常用溫清飲、十味敗毒湯、當歸飲子、白虎加人參湯。 治療濕疹 現代醫學認為濕疹屬於慢性重複再發反應,病因可能和遺傳、免疫、神經調節、環境有關。 《醫宗金鑑》認為其病因是由於心火脾濕受風而導致的。 現代中醫醫家認為此病的主要病因為先天稟賦不足,溼熱內生,復感風溼熱邪;或因飲食不當,好食辛辣肥甘厚膩,傷及脾胃所致 9。 治療採以改善體質為目的之病態為漢方治療的適應,體力中等程度者,滲出液少,附帶散發性紅色發疹和化膿性病灶要選用十味敗毒散方劑。 蕁麻疹 蕁麻疹是一種皮膚黏膜真皮部位的一種局部性充血與水腫,常伴有腹痛、發熱,甚至過敏性休克等全身症狀。 對於此症,使用頻度最高的漢方藥為十味敗毒湯,特別是在慢性期時的第一選擇用藥。 十味敗毒湯非常適合於一般的皮膚病患者具有慢性蕁麻疹病態,依據局部所見,隆起又大又紅的,其治療效果特別好,因此若是疹的顏色和皮膚面相同,或比較白的效果就難了。 心得與討論 個人在臨床治療經驗,投與十味敗毒散治療濕疹者有效達 8 成,若投與十味敗毒散無效者,則改投與消風散治療其症,常有不錯的效果。 但後者對於治療痤瘡的療效則有待進一步探討。 對於便秘患者而言,投與十味敗毒湯、或葛根湯等漢方藥材時需小心使用,否則會使皮膚症狀更加惡化。

次の