成田 国際 空港 インターン。 成田国際空港のインターンシップ内容と就活・新卒向けの選考対策【ES・企業研究】

成田国際空港|21年卒 事務系のエントリーシートの選考体験談|就活サイト【ONE CAREER】

成田 国際 空港 インターン

はじめに、選考情報として大まかな流れとそれぞれのステップについて説明しておきましょう。 基本的なの選考の流れは次のようになっています。 エントリーシートの内容は年度によって多少異なるようですが、普通の履歴書にある内容のほか、 ・「志望動機を踏まえて取り組んでみたい仕事を教えてください」 ・「何かを決断するときに大事にしていること」 ・「学生時代に頑張ったこと」 ・「あなたがこれまで課題や目標に対して取り組んだ経験を一つ上げ、具体的に説明してください」 などがエントリーシートで聞かれるようです。 成田国際空港を志望する場合は、選考情報の流れとして覚えておきましょう。 採用実績校は優秀な大学が多く理系に強い大学が多い 成田国際空港の採用実績を見てみると、地方大学の人は萎縮してしまうかもしれません。 例をあげると、東京大学、一橋大学、慶応大学、早稲田大学、筑波大学、東北大学、上智大学など、ハイレベルな大学ばかりが並んでいます。 もちろんこれらだけではないので、「偏差値が高くないとダメ」というわけではありません。 しかし、優秀な大学を出ている学生が多いようです。 また、インフラを支える仕事の要素の方が強いので、理系に強い大学が多いかもしれません。 選考情報の一つとして、認識しておきましょう。 成田国際空港は他社との差別化と空港に対するインフラ整備の思いを伝える事が大切 成田国際空港を受けるにあたって大切なことは、どんな仕事をしたいか明確に考えていることです。 仕事内容を理解したうえで、成田国際空港の選考を受けているのか、それとも空港で働きたいという漠然な気持ちで選考を受けているのか、そこを判断されるようです。 雰囲気しては和やかではあるのですが、成田国際空港の魅力や成田国際空港出なければならない理由など、しっかりと受け答えが出来る必要がありそうです。 空港を支える仕事を「なぜ」希望するのか具体的な「理由」が求められる 面接は全部で3回行われます。 第1次面接は集団で面接が行われます。 2次面接から最終面接までは個人面接で行われ、全体を通して、成田国際空港でなければならない強い思いを聞かれるようです。 また、空港で働くことはインフラとしての仕事以外にもあるので、空港のインフラを支える仕事へのこだわりも答えられる必要があります。 その他はエントリーシートに沿った内容を聞かれるようですが、技術職に限っては研究内容について、成田国際空港の仕事とどう異なるのか聞かれることもあるようです。 そのため、業界研究・企業研究は必須で行わなければならないでしょう。 キャリアパークではを無料で配布していますので、ぜひダウンロードして対策に使ってみてください。 上記でも述べているように、事務職と技術職に分かれており、エントリーシートの段階で選考への進み方が異なってくるので注意しましょう。 配属は技術職に関して「土木・建築・機械・電気・情報通信」の5職種がある 採用後の配属については、特に記載がありませんが、技術職に関して、5つの職種がある為、希望や適性により配属が決定するようです。 それぞれの職種で、どんな業務を担っているのか確認し、自分のやりたいことを見極めておく必要があります。 また、技術職に関しては、理系の学生しか簿封を受け付けていないので注意しましょう。 成田国際空港の選考情報として学歴に関しては優秀かつ理系が多く採用人数は21~25名と少数 職活動をするにあたって、自分の志望する企業の選考情報や、企業に集まる就活生の学歴は気になるものです。 成田国際空港の場合、空港を支えるといことを具体的に理解できているかというのを見られているようです。 また、インフラ整備としての意味合いが強いことから理系の学生を強く求めている傾向にあります。 自分の強みを交えて、空港のどんな業務に活かせるかを具体的に示すことが選考通過につながるように感じます。 しっかりと自分自身を把握し、企業の求める人物に近づくことが大切です。 また本当に自分に合っている企業なのか見極めるためにも、選考情報を把握しておくことは、就職活動を進めて行く上で非常に大切です。 他社との選考状況を比べるためにも選考情報をしっかりと把握しておきましょう。

次の

成田国際空港|21年卒 事務系のエントリーシートの選考体験談|就活サイト【ONE CAREER】

成田 国際 空港 インターン

は、日本の表玄関として世界各国と国際航空ネットワークを結び、重要な社会インフラとして国際拠点空港の役割を時代とともに担ってきたことはもちろん、一つの巨大な国際都市として、発展を続けてきました。 採用の職種には事務系と技術系があり、技術系では土木、建築、機械、電気、情報通信の5つの部門に分かれての採用となっています。 それを踏まえて、回答例を参考にして、成田国際空港の志望動機を作成してみましょう。 国際空港を一つの都市として捉えどう発展させていきたいかを明確にする 成田国際空港は日本の空港の中でも最大のハブ空港として、国内外問わず利用されています。 世界トップレベルの空港作りには、成田国際空港の人材の成長と活躍が欠かせません。 社員一人ひとりが経営理念の実現に向けて、空港の未来をリードしていく必要があります。 そのため、志望動機には、空港でどのような仕事がしたいか、どう空港を変えていきたいかなどをしっかりと盛り込むようにしましょう。 また、自分自身のスキルなどをアピールする書き方も有効です。 次からは、実際に成田国際空港の志望動機の「書き方の例」を見ていきましょう。 私は、海外留学でお世話になったホストファミリーに、半年に一度会いに行っています。 その際貴社を利用し、スタッフのあたたかさに感銘を受けました。 ホストファミリーが日本を訪れた際も、素晴らしいと絶賛していました。 「気持ちよく旅立ってもらうための、細かな気配り」「長旅の疲れを癒す笑顔や対応」これこそが「日本のおもてなし」だと強く思いました。 旅の始まりと終わりに携われる貴社で、おもてなしの心を日本人だけでなく、日本を知らない人たちにも提供していきたいと考えています。 私は初めて成田空港を利用した時、そのスケールの大きさに圧倒されると同時に、大きな安心感を抱いたことを覚えています。 また日本では「和」の文化が失われつつあります。 だからこそ私は、海外から訪れた人、日本へ帰ってきた人に「和」テイストの空間やサービスを提供し、ほっと安らぐ時間を提供したいです。 そのために、少数精鋭で若いうちから責任ある仕事を任される貴社において、旅客ターミナルのディベロッパーとして空港作りに携わりたいです。 中でも私は、日本ならではの四季を空港に表現したいです。 内装やBGM、従業員の服装まで、日本古来の文化や伝統を季節毎に表現していきたいです。 そのために、理系として培った分析力や持ち前の行動力を活かし、綿密な事前調査に基づいた根拠ある戦略立案を実践していきたいと考えます。 成田国際空港の志望動機でスキルアピールをする際のポイント 「自分自身のスキルをアピールすること」については、人によって持っているスキルが違うので、一概には言えません。 ただ、学生時代に学んだことを、成田国際空港の業務内容とつなげることができればベターです。 また、航空業界に限っては学生時代に、空港を利用したことがある、または関連した学部を専攻していたことあれば、直結したアピールにつながるので、積極的に志望動機としてアピールしてみましょう。 スキルによって入社後どのような活躍ができて何がしたいのかを具体的に書く 成田国際空港の場合、「特別資格はいらない」としてはいます。 ですが、空港関係で働くので、国際的な目線や技術系の資格等を持っていると、入社後に役立つでしょう。 もちろん、国際空港なため、海外とのつながりを持つことを考えると英語ができるとアピールにつながるかもしれません。 成田国際空港の志望動機の書き方は回答例を参考にして空港に対する思いと自分の経験を交えて作成する 空港を運用するという表面には見えにくい仕事を担っている企業です。 そのため、企業研究をしているのか一目瞭然となるでしょう。 2020年のオリンピック・パラリンピックに向けて、空港を利用するお客様が増えるため、それを踏まえた将来的な変革を考えておくと良いでしょう。 そこで、どうして空港に興味を持ったのか、なぜ成田国際空港であるのか志望動機をしっかりと作成していくことが大切になります。 成田国際空港ならではの特徴を盛り込んだ書き方の志望動機や、自分自身の強みを盛り込むようにしてみましょう。 書き方の例は、あくまでほんの一例です。 回答例を参考に、自分なりの書き方で志望動機をまとめるよう努めましょう。

次の

【最短72分】成田空港⇔大崎駅(東京)の空港バス「成田シャトル」|WILLER TRAVEL

成田 国際 空港 インターン

は、日本の表玄関として世界各国と国際航空ネットワークを結び、重要な社会インフラとして国際拠点空港の役割を時代とともに担ってきたことはもちろん、一つの巨大な国際都市として、発展を続けてきました。 採用の職種には事務系と技術系があり、技術系では土木、建築、機械、電気、情報通信の5つの部門に分かれての採用となっています。 それを踏まえて、回答例を参考にして、成田国際空港の志望動機を作成してみましょう。 国際空港を一つの都市として捉えどう発展させていきたいかを明確にする 成田国際空港は日本の空港の中でも最大のハブ空港として、国内外問わず利用されています。 世界トップレベルの空港作りには、成田国際空港の人材の成長と活躍が欠かせません。 社員一人ひとりが経営理念の実現に向けて、空港の未来をリードしていく必要があります。 そのため、志望動機には、空港でどのような仕事がしたいか、どう空港を変えていきたいかなどをしっかりと盛り込むようにしましょう。 また、自分自身のスキルなどをアピールする書き方も有効です。 次からは、実際に成田国際空港の志望動機の「書き方の例」を見ていきましょう。 私は、海外留学でお世話になったホストファミリーに、半年に一度会いに行っています。 その際貴社を利用し、スタッフのあたたかさに感銘を受けました。 ホストファミリーが日本を訪れた際も、素晴らしいと絶賛していました。 「気持ちよく旅立ってもらうための、細かな気配り」「長旅の疲れを癒す笑顔や対応」これこそが「日本のおもてなし」だと強く思いました。 旅の始まりと終わりに携われる貴社で、おもてなしの心を日本人だけでなく、日本を知らない人たちにも提供していきたいと考えています。 私は初めて成田空港を利用した時、そのスケールの大きさに圧倒されると同時に、大きな安心感を抱いたことを覚えています。 また日本では「和」の文化が失われつつあります。 だからこそ私は、海外から訪れた人、日本へ帰ってきた人に「和」テイストの空間やサービスを提供し、ほっと安らぐ時間を提供したいです。 そのために、少数精鋭で若いうちから責任ある仕事を任される貴社において、旅客ターミナルのディベロッパーとして空港作りに携わりたいです。 中でも私は、日本ならではの四季を空港に表現したいです。 内装やBGM、従業員の服装まで、日本古来の文化や伝統を季節毎に表現していきたいです。 そのために、理系として培った分析力や持ち前の行動力を活かし、綿密な事前調査に基づいた根拠ある戦略立案を実践していきたいと考えます。 成田国際空港の志望動機でスキルアピールをする際のポイント 「自分自身のスキルをアピールすること」については、人によって持っているスキルが違うので、一概には言えません。 ただ、学生時代に学んだことを、成田国際空港の業務内容とつなげることができればベターです。 また、航空業界に限っては学生時代に、空港を利用したことがある、または関連した学部を専攻していたことあれば、直結したアピールにつながるので、積極的に志望動機としてアピールしてみましょう。 スキルによって入社後どのような活躍ができて何がしたいのかを具体的に書く 成田国際空港の場合、「特別資格はいらない」としてはいます。 ですが、空港関係で働くので、国際的な目線や技術系の資格等を持っていると、入社後に役立つでしょう。 もちろん、国際空港なため、海外とのつながりを持つことを考えると英語ができるとアピールにつながるかもしれません。 成田国際空港の志望動機の書き方は回答例を参考にして空港に対する思いと自分の経験を交えて作成する 空港を運用するという表面には見えにくい仕事を担っている企業です。 そのため、企業研究をしているのか一目瞭然となるでしょう。 2020年のオリンピック・パラリンピックに向けて、空港を利用するお客様が増えるため、それを踏まえた将来的な変革を考えておくと良いでしょう。 そこで、どうして空港に興味を持ったのか、なぜ成田国際空港であるのか志望動機をしっかりと作成していくことが大切になります。 成田国際空港ならではの特徴を盛り込んだ書き方の志望動機や、自分自身の強みを盛り込むようにしてみましょう。 書き方の例は、あくまでほんの一例です。 回答例を参考に、自分なりの書き方で志望動機をまとめるよう努めましょう。

次の