普通 郵便 切手 いくら。 A4サイズの郵便料金は?折り曲げないでクリアファイルに入れる場合は?

普通切手一覧

普通 郵便 切手 いくら

取引先へ送る大切な書類や請求書など、ビジネスで使う機会の多いA4用紙。 このA4用紙を折らずに送る場合は、角2封筒を使います。 早速、角2封筒に書類を準備したら、後は切手を貼って送るだけ。 …ところで、 この角2封筒の切手代はいくらになるのでしょう? 手紙用の小さな封筒なら82円切手と分かりますが、角2封筒サイズとなると、一体いくらの切手が必要なのか悩んでしまいますよね。 必要以上の切手を貼ってしまったらもったいないし、かと言って、切手代不足は避けたいところ。 そこで、角2封筒の切手代について徹底解説します。 角2封筒を使うなら、ぜひ知っておきたい送り方もご紹介しますよ。 角2封筒について、丸ごとマスターしてしまいましょう!• 封筒の重さ:0. 1g~は140円切手となるので注意! 万が一、重さを量り間違えて切手代が不足したまま送ってしまうと、次の通り、受取人に迷惑をかけてしまう可能性がありますので注意しましょう。 料金不足の手紙はどうなるの? A. 料金不足の郵便物の場合下記の方法がとられます。 受取人に届く前に差出人に返送される 受取人に届いて不足額を支払う 受取人が不在だったり、支払いを拒否したりすると差出人に返送される 返送されると肝心の用件が伝わらないことになりますし、受取人に不足料金を払わせるのは少額とはいえ失礼にあたることでしょう。 特に慣れない速達や定型外の手紙を出す場合は、事業所の郵便窓口へお持ちいただくのが確実です。 出典: 「 自分で重さを量るのが不安…。 」 「 量りがなくて、重さが分からない…。 」 そんな場合は、切手を貼る前の角2封筒を持って郵便局へ行きましょう! 郵便窓口へ差し出せば、正確な重さを量ってもらえ、必要な切手を貼ってもらえますよ。 角2封筒の切手を貼る位置 角2封筒の重さをしっかり量ったら、後は必要な額面の切手を貼って送るだけです。 ところで、切手は角2封筒のどのあたりに貼ればよいのでしょう。 大きいサイズの封筒なので、宛て名を書いてもだいぶ余白が余ってしまい、どこに切手を貼るべきかちょっと戸惑ってしまいますよね。 はがきや封筒のどの位置に切手をはるとよいですか? A. 郵便切手は郵便物の表面の左上部 横に長いものは、右上部 に貼っていただくようお願いいたします。 出典: つまり、切手を貼る位置を決めているのは封筒の形なんです。 封筒の大きさは関係ありません。 原則、縦長の封筒を使うなら切手は左上に。 そして、横長の封筒を使うなら切手は右上に貼ります。 急いで送り届けたい書類がある場合には、ぜひ速達を利用しましょう! 書留 書留は、 引き受けから配達までの郵便物の送達過程が記録され、万が一郵便物が壊れたり届かなかった場合には、差し出し時に申し出た損害要償額の範囲内で実損額が賠償されるサービスのことです。 速達同様、書留も曜日に関係なく配達されているので、日・祝日でもしっかり送り届けてもらえますよ。 書留の種類には、次の通り、一般書留・現金書留・簡易書留があります。 角2封筒 A4 が重要書類なら簡易書留で送ろう! すでにお話した通り、重要な書類を送る際には、書留のオプションを付けておくと安心です。 重要な郵便物を送りたいのですがよい方法はありますか? A. 書留をお勧めいたします。 引受けから配達までの郵便物等の送達過程を記録し、万一、郵便物等 ゆうパックを除きます。 が壊れたり、届かなかったりした場合に、原則として差出しの際お申し出のあった損害要償額の範囲内で、実損額を賠償します。 また、受け取っていただく場合、手渡しで受領印かサインをいただいております。 出典: 一般書留・簡易書留・現金書留と3種類ある書留の中でも、重要書類を送る場合に相性抜群なのが簡易書留です。 簡易書留なら、書類に安心の補償や追跡サービスを付加しつつ、よりリーズナブルな価格で利用できるんですよ。 簡易書留についてはすでに前項で簡単にご説明していますが、サービス内容や料金についてここでもう一度しっかり確認しておきましょう。 簡易書留のサービス内容と料金 簡易書留とは、 郵便物の送達過程が記録され、万が一、郵便物等が壊れたり、届かなかった場合には、原則として5万円までの実損額を賠償してもらえるサービスのことです。 簡易書留の利用料金は、基本の郵便料金に簡易書留料310円をプラスして算出します。 まとめ ビジネスでは、かなり利用頻度の高い角2封筒。 A4用紙を折らずに、しかもクリアファイルなどに入れたままでも送れるサイズなので、とても便利な封筒ですよね。 この角2封筒は定形外郵便物 規格内 に分類され、切手代は、120円~重さによって変わります。 封筒に書類を入れたら、重さを量って必要な切手代を算出しましょう。 ただし、 封筒の重さは、0. 1g単位でしっかり量ることが必要となりますので注意してください。 1gでも量り間違えると料金不足となる可能性があり、受取人に迷惑をかけてしまうことも。 不安な場合は、角2封筒を郵便窓口へ持っていき、正確に量ってもらうことをオススメします。 また、角2封筒には、速達や書留、配達日指定など、いくつかのオプションが付帯できますよ。 急ぎの書類には速達、重要な書類には簡易書留といったように、必要に応じて上手に活用していきましょう。

次の

封筒は切手代いくら?定型郵便の料金やサイズ、封筒の種類一覧

普通 郵便 切手 いくら

普段と違う雰囲気の会社の飲み会。 飲み会で盛り上がるゲームと言... 普通郵便とは? 普通郵便を定義すると、速達、書留では送らない第一種郵便物、第二種郵便物となり、別名普通扱いとも呼ばれ、逆に速達、書留で送ることを特殊扱いと言います。 この辺はよく勘違いされることが多く、定形郵便が普通郵便だと思っているようですが、上記の通りそれは完全な誤りであり、定形郵便や定形外郵便で分けるようなことはしません。 地方の郵便局ではあまり見られませんが、大きな都市の郵便局に行くと普通郵便課があり、普通郵便というのは郵便局の中でも使用される言葉であります。 また、郵便局のサービスとしてゆうメールがありますが、これは正確に言えば普通郵便と仕分け、配達されるため、郵便局ではほぼ普通郵便として扱われるようです。 普通郵便は、料金が安いのが特徴となっており、街中のポスト、郵便局の窓口にて出すことができます。 郵便局の窓口を出す際は、普通郵便として送りますと言いましょう。 配達の仕方としては2通りあり、家の郵便入れに入る場合は直接入れることになっていて、入れられない場合は直接手で渡すこととされています。 この際、特に印鑑などはなくても受け取ることが可能です。 配達曜日は、月曜日から土曜日までであり、それ以外の曜日には基本的には配達は行っておりませんが、年末年始となると年賀状等の関係から日曜日・祝祭日であっても配達を行うようにしています。 普通郵便の到着日数は? 郵便を出したのはいいが、その配達日が気になる時もあるでしょう。 特に大事なものを送る際には、普通郵便となると特に心配になってしまいます。 ですから、なるべくそのようなものを送る際には速達として送った方がよいでしょう。 ただ、速達を利用する方は少なく、現に郵便局のコールセンターでは頻繁に今出そうとしている郵便の到着日に関する問い合わせが最も多いと言われます。 逆に言えば郵便サービスは多くの方が利用しており、到着日も重視されている方が多いとも言えるでしょう。 そのため、もし到着日を重視するなら、普通郵便ではなく、少し高くなっても速達として送った方が賢明と言えるでしょう。 普通郵便の封筒の切手料金は? 封筒で郵便物を出す際に何円分の切手が必要なのか迷われることもあるかと思われます。 はがきなら簡単ですが、封筒となると定形と定形外が存在し、料金に関しても素人からすればややこしい部分もあります。 料金はサイズでも重さでも変わるものであるので、不足のないよう気を付けたいところでしょう。 料金に関しては定形郵便と定形外郵便で分けられていて、定形郵便では25g以下の場合、82円となり、50g以下の場合は92円です。 一方、定形外郵便は最大4kgまでとなっており、4kgの料金は1180円です。 ちなみに、定形外郵便で一番安いのは50g以下の120円であり、また、定形外郵便、定形郵便ともに、日本全国どこで出そうと料金が変わることはないので、定形郵便の場合は最大92円を出せばどこであっても配達を行ってもらえます。 もっと詳しく知りたい場合はAMAZONで本を買おう! 普通郵便に関する200kオススメの書籍はココから検索!.

次の

普通切手の買取相場はいくらぐらい?昭和時代の切手〜現代

普通 郵便 切手 いくら

郵便物に貼る切手の料金は、郵便物と大きさと重さで決まります。 まず基礎知識として、郵便には「定形郵便」と「定形外郵便」があることを知っておきましょう。 「定形郵便」は、重さ50g以内、サイズは最大で23. さらに50g以上4kg以内で、厚さを含めた3辺の合計が90cm以内なら「定形外郵便」になります。 なお、重さが1kg以内を「規格内」、1kg以上4kg以内までを「規格内」と定めています。 履歴書はA4サイズかB5サイズなので、これらが入る封筒は「定形外郵便(規格内)」になります。 2cm)の封筒です。 B5サイズなら、「角3」(21. 7cm)がぴったりです。 ただし、 履歴書を送る際は、一緒に職務経歴書やエントリーシートなども同封するよう指定されることが多いはずです。 これらの書類はA4サイズなので、同封するなら封筒は角2を選ぶことになります。 なお、企業から封筒のサイズの指定があった場合は、それに従ってください。 また、書類を送る際は送付状(カバーレター)をつけるのがマナーです。 さらに、 配送中に折れたり濡れたりするのを防ぐために、書類一式をクリアファイルに入れて送るのがマナーです。 では、これらの書類一式を郵送する場合の切手料金はいくらでしょうか。 先ほど説明した通り、B5サイズ以上の書類を送るなら「定形外郵便」になりますが、さらに重さによって料金が細かく設定されています。 定形外郵便(規格内)の料金表 50g以内 120円 100g以内 140円 150g以内 205円 250g以内 250円 500g以内 380円 1kg以内 570円 「type転職」調べでは、「履歴書、職務経歴書、送付状、エントリーシート、クリアファイル、角2封筒」を合計した重さの目安は、60〜80gでした。 その場合、必要な切手は「140円」となります。 ただし、企業によってはこれ以外の書類を同封するよう求められることもありますし、クリアファイルや封筒の素材によっては、これより重くなる可能性があります。 もし自分が貼った切手の料金が足りない場合は、受け取る側の企業が不足分を支払わなくてはいけません。 そうなれば、採用担当者に悪い印象を与えることになるでしょう。 よってお勧めしたいのは、自分で切手を貼ってポストに投函するのではなく、郵便局の窓口に封筒を持っていくことです。 窓口へ行けば、正確な重さを計って、必要な切手を貼ってくれます。 「わざわざそんなことをするの?」と思うかもしれませんが、一般の人でも重要な書類を出す場合や郵便物の重さがわからない場合は、郵便局の窓口に持って行くのが常識です。 最寄りの郵便局へ行き、「普通郵便でお願いします」と言って封筒を渡せば、あとは窓口の人が処理してくれます。 履歴書は、転職という人生の重大な節目を左右する大事な書類です。 「これで切手の料金は足りているのだろうか?」と不安な気持ちで履歴書を出すより、ひと手間かかったとしても、「これで安心」と思える手段を選ぶことをお勧めします。 切手料金の不足さえなければ、郵送の仕方についてそれほど神経質になる必要はありません。 必要な書類が問題なく手元に届けば、たいていの採用担当者はそれでよしと考えます。 例えば、B5サイズの履歴書を送るときに、「ぴったりの角3ならOKで、大きめの角2はNGなのだろうか」などと気にする必要はないということです。 必要な書類が過不足なく入っていて、中の書類が封筒を突き破っていたりしない限り、たいていの採用担当者は何も気にとめず書類を処理します。 そもそもの前提として、履歴書を正しいマナーや郵便のルールに則って送ったとしても、それ自体が書類選考の合格につながることはありません。 ビジネスパーソンであれば、正しい方法で書類を送付できるのは当然とみなされるからです。 特に大きな問題もなく企業側に履歴書が届けば、「一人のビジネスパーソンとして、最低限の常識的な振る舞いが身についている」と示す機会にはなりますが、それだけで書類選考においてプラスの評価になるわけではありません。 だからこそ、常識外れの送り方をすれば、採用担当者に悪印象を与えてしまうリスクがあります。 最大のマナー違反は、やはり切手の料金が足りず企業側に不足分を支払わせることです。 そうなれば、採用担当者が「この人には仕事を任せられない」とマイナスの評価をする可能性があります。 それを避けるためにも、郵便局の窓口で出すのが確実です。 なお、 「ちゃんと相手に届くだろうか」と心配なら、郵送後にメールで企業の担当者に「履歴書を送付致しました」と知らせるとよいでしょう。 また、自分が郵便物を出した記録を残したいなら、郵便局の窓口から「特定記録郵便」で出すこともできます。 普通郵便の料金に160円プラスすれば、郵便局がその郵便物を引き受けた証拠となる受領証を発行してもらえるほか、インターネット上で配送状況を確認することもできるので、「配送ミスで届かなかった」という万が一のトラブルも防げます。 どうしても入社したい志望度の高い企業に履歴書を送る場合は、「特定記録郵便+メールでの連絡」をセットで行うとよいでしょう。 切手を貼る位置は決まっています。 日本郵便によると、切手は基本的に「縦長にした時に左上」になる位置に貼るのが正しいとのことです。 角2封筒で宛名を縦書きにする場合なら、左上に切手を貼れば問題ありません。 また、切手を貼る枚数に制限はありません。 よって必要な切手料金が140円の場合に、「140円切手」を1枚だけ貼っても、「100円切手+30円切手+10円切手」を3枚貼っても、どちらも相手には届きます。 ただし大事なのは、受け取った相手が不快に思わないこと。 特にビジネスシーンでは、「手元にある切手を寄せ集めて貼った」と思われないよう配慮することが必要です。 もちろん、切手を2枚や3枚貼ったからといって、それだけで書類選考で不利にはなりません。 しかし、相手に気持ちよく受け取ってもらうためには、郵便局の窓口で封筒の重さを計ると同時に、料金ぴったりの切手を1枚貼ってもらったほうが見栄えもよく、相手に「きちんとした人」という印象を与えることは間違いありません。 なお、 切手の絵柄で個性をアピールしようとは考えないでください。 先ほども説明した通り、履歴書の郵送は「相手の手元に届いて当たり前」の行為であり、自己アピールの場ではありません。 淡々と事務的に処理すればいいだけのことであり、自分の個性を主張しようとして珍しい記念切手やアニメのキャラクターなどの絵柄を選ぶと、おかしな目立ち方をして「ビジネスパーソンにとって当たり前のことを当たり前にできない人」とネガティブに受け取る採用担当者がいるかもしれません。 余計なリスクを負わないためにも、切手はごく一般的な風景や植物などの絵柄を選ぶのが無難です。 履歴書を郵送する際のポイントまとめ• 履歴書を郵送する際は、「何もトラブルがなく、担当者の手元に届くこと」が何より重要。 ・どうしても窓口に行くことが難しい場合は下記を参照する。 2cm)の封筒。 ・必要な切手料金目安は「140円」。

次の