頬 ニキビ 原因。 頬の大人ニキビはなかなか治らない?原因と治し方をご紹介

大きくてしこりのあるニキビはどう治す?粉瘤との違いって?【皮膚科医監修】

頬 ニキビ 原因

[目次]• ニキビの原因とできやすい場所は思春期と大人で異なる ニキビの原因となる毛穴のつまりが起きる要因はさまざまです。 ですが、その要因とできやすい場所は、大まかに10~20代前半までの思春期時期か、思春期を過ぎているかで傾向が分かれます。 Tゾーン(おでこ、鼻、眉間など) 一般的に、Tゾーンといわれる、おでこや眉間、鼻などにニキビができやすい時期は思春期です。 思春期を迎えると、人間の身体の中は成長ホルモンや性ホルモンの分泌量の急激な増加が起こり、皮脂の分泌が促進されて過剰になりやすい状態になります。 Tゾーンは、顔の中でも特に皮脂腺が多く、しかも大きいことから皮脂の分泌量が自然と多くなります。 そのため、思春期にはTゾーンにニキビができやすくなるのです。 大人になると、身体の成熟にともなってホルモンバランスが安定し、Tゾーンへのニキビは少なくなります。 大人になってからもTゾーンにニキビができるという場合、食事が油脂多めの内容に偏っていたり、ストレスでホルモンバランスが崩れたりといった理由で皮脂が過剰に分泌されている状態が考えられます。 また、間違った洗顔やケアで肌が乾燥し、水分の蒸発を防ごうとして余計に皮脂の分泌が増えるという悪循環に陥ることもあります。 このようなことが、大人になってからもTゾーンにニキビができる原因となっていると考えられます。 Uゾーン(頬、フェイスライン) 頬やあご、フェイスラインのことをUゾーンといいます。 このUゾーンには、思春期を過ぎてからニキビができやすい傾向にあります。 Uゾーンは、もともと皮脂が少ない部分ですが、肌の乾燥や新陳代謝の乱れが原因でニキビができやすくなるといわれています。 また、ストレスなどによってホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンが多く分泌されているときにもできやすくなります。 では、ニキビの原因について、もう少し詳しく見ていきましょう。 ニキビの原因は、大きく分けて3つあります。 まずは皮脂の過剰分泌について解説します。 ニキビの原因(1)皮脂の過剰分泌 皮脂は、天然の保湿因子として必要なものです。 しかし、必要量をこえると排出しきれないため、毛穴のつまりの原因になります。 多くの場合、皮脂分泌が増えるのは男性ホルモンの影響です。 思春期 第二次成長期は、男性ホルモンが急激に増えるため、皮脂分泌が活発になります。 20歳前後でホルモンバランスが安定すると皮脂分泌も落ち着きます。 ホルモンバランスの乱れ(思春期以降) 大人になると、主に以下の要因で皮脂の分泌量が増加します。 ストレス ストレスを感じたときに分泌されるホルモンは、抗ストレス作用の他に、男性ホルモンの分泌を促す作用もあります。 そのため、強いストレスや慢性的なストレスが続くと、皮脂の過剰分泌が起きます。 睡眠不足 睡眠をとらずにいると、心身が緊張状態になり、交感神経が優位になります。 交感神経には男性ホルモンの分泌を促す作用があります。 黄体ホルモン 女性の場合、女性ホルモンの影響で、皮脂分泌が増加することがあります。 生理周期の後半に分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)は、男性ホルモンと構造が似ており、同じように皮脂分泌を活発にします。 バランスの悪い食事 皮脂分泌には、食事の内容も関わっています。 脂質の多いものだけではなく、脂質が少なくても皮脂分泌に影響するものがあります。 動物性脂肪、糖質の摂り過ぎ これらは皮脂腺を刺激する作用があるため、摂り過ぎると皮脂分泌を増やしてしまいます。 高GI食 炭水化物の中には、「食後の血糖値=GI値」が急速に上昇するものがあります。 血糖値を下げるために分泌されるインスリンにも、男性ホルモンを刺激する作用があるため、高GI食に偏ると皮脂量が増えていきます。 ビタミン類の不足 ビタミンB2とB6は、皮脂分泌をコントロールする働きをします。 不足すると、皮脂の過剰分泌を起こす場合もあります。 ニキビの原因(2)角化異常 ターンオーバーの乱れやバリア機能の低下により、角質が厚みを増す「角化異常(過角化)」が起きます。 角化異常はさまざまな原因で起こります。 外的要因 肌の外側からの刺激が、角化異常(過角化)を引き起こすことがあります。 間違ったスキンケア クレンジングや洗顔で皮脂を取り過ぎると、肌のバリア機能が低下し、刺激から肌を守るために角質が厚くなります。 また、保湿が不十分で角質層の水分が不足すると、ターンオーバーが乱れ、古い角質がはがれずに硬くなっていきます。 毛穴汚れ 毛穴につまるのは、皮脂だけではありません。 たとえば、落としきれなかったメイクやシャンプー、コンディショナー、流しきれなかった洗顔料なども、肌に残ると毛穴の汚れになっていきます。 また、空中のほこりや古い角質なども毛穴につまります。 紫外線 肌が紫外線に当たると、肌のバリア機能が働いて角質が厚くなります。 また、紫外線によって生じる活性酸素の影響で、ターンオーバーが乱れることも角化異常の原因になります。 生活習慣 皮脂の過剰分泌を起こすような生活習慣は、角化異常や過角化の原因にもなります。 ストレス、睡眠不足 ストレスや睡眠不足は、男性ホルモンの分泌を促し、皮脂の過剰分泌を引き起こします。 また、男性ホルモンは角質を厚くする作用もあります。 バランスの悪い食事 肌細胞の生成に必要なタンパク質や必須脂肪酸、肌の新陳代謝を助けるビタミンAやビタミンB群が不足すると、ターンオーバーが乱れ、角化異常につながります。 ニキビの原因(3)基礎化粧品やメイク 化粧品やメイクが、毛穴をつまらせる直接的な原因になります。 リキッドファンデーションやコンシーラーなどのメイク用品は、毛穴に入り込んで蓄積する可能性があります。 ニキビによいとされるクレンジング剤や洗顔料も、洗顔後残っていては意味がありません。 まとめ ニキビを引き起こす毛穴づまりの原因として、以下のことが考えられます。 皮脂の過剰分泌• 角化異常• 基礎化粧品、メイク これらを引き起こす要因にはさまざまなことがあります。 日常的にストレスをためないよう意識することや、食事のバランスに気をつけましょう。 また、メイクや洗顔料などが肌に残らないように洗いつつ、保湿を意識したスキンケアを意識するとよいでしょう。

次の

ニキビができる5つの原因|予防と対策方法とは

頬 ニキビ 原因

【この記事は 7 分 前後で読めます】 頬下(または下頬)に現れやすい、にっくきブツブツ、ぷっつりニキビ。 同じように悩んでいる人は、きっと多いと思います。 当方もたまにできたりします。 そこで今回は、頬下ニキビの原因と、「これをすればひとまず安心!」という対策をお伝えしていこうと思います。 「頬下ニキビ」と一口に言っても、思春期の頃にできるものと、大人になってからできるものとでは、少々事情も異なります。 でも、基本的な対策というのは変わりません。 今回のお話を読めば、きっとニキビ改善への道が見えてくると思います。 少し長くなっていますが、今日はニキビ改善への鍵を見つけ、あとは扉を探して前進していっていただきたいと思います。 頬下の特徴からおさえよう 原因を突き止めていく上で、まずは頬下 (=下頬)の特徴を知っておくことが大切です。 おでこや顎などと比べて、一体どのように肌(皮膚)が違うのか、そこをおさえましょう。 ざっと、次の3つが挙げられます。 最もケアしやすいが、刺激も受けやすい• 毛穴が小さいが、詰まりやすい• 汗・皮脂が流れ込みやすい それでは、ひとつずつ解説していきましょう。 最もケアしやすいが、刺激も受けやすい 頬下というより頬としての特徴と言えますが、最もスキンケアの手が行き届きやすい部位ですね。 そのため、本来は一番肌がきれいになっているはずのところです。 ところが、なぜかニキビができる。 その理由は何でしょう。 その「ケアしやすい」というのは、裏を返せば「刺激も受けやすい」と解釈することができます。 洗顔や保湿の際に思わずこすってしまったり、普段何気なく触って傷をつけてしまったりします。 頬は、露出度が高いゆえに、体の中で最も外的ストレスの影響を受けやすいと言えるのです。 紫外線や乾燥にも要注意でしょう。 毛穴が小さいが、詰まりやすい 頬のあたりを鏡で見てみましょう。 次に頬下(下頬)を見てみましょう。 すると、そこだけ毛穴が小さい(あまり目立っていない)ということが分かると思います。 もちろん個人差はあるので断定はできませんが、その傾向にある人は多いものです。 毛穴が小さいというのは何だか嬉しい情報ですよね。 しかし、裏を返せば、汚れが「詰まりやすい」とも言えます。 ニキビを作り出す要因には、汚れやアクネ菌などといったものがありますが、それらの餌食となりやすいのが、この頬下なのです。 汗・皮脂が流れ込みやすい 汗・皮脂といったものが流れ込みやすいのもまた、頬下の特徴のひとつです。 頬骨が山の峠だとすると、水は麓(ふもと)に向かって流れ、窪みに溜まります。 (「頬下に溜まる」と言っても、水溜りのように大袈裟なものではありません。 ミクロの視点でのお話です。 ) 実際に触ってみると、頬下のところは骨が奥まっていて、空間があるはずです。 このわずかな空間が、人によっては仇となることもあるのです。 汗・皮脂が流れ込みやすいということは、それだけ不浄になりやすいと言えます。 メイクが汗で流れてしまった場合も、その成分が毛穴に詰まったりして、頬下の環境は意外に悪くなってしまうのです。 ただ、頬下の形状は人それぞれによって違うため、溜まりやすい・溜まりにくいの違いはあると思います。 いずれにしても、頬下の高さは頬骨のところより低く、汗が流れやすい傾向にあります。 原因 では改めて、ここで頬下ニキビがなぜできてしまうのか、その原因を突き止めましょう。 上の「頬下の特徴」の項を読んで、だいたいお分かりになったかと思いますが、• 外的刺激• 不浄肌 の2つが、やはり悪さをしていると考えられるでしょう。 すると、肌は自らを守ることに躍起になり、皮脂を大量に分泌する。 それだけでなく、不潔な手で触ったり清らかでない寝具に触れることで、肌で雑菌が繁殖することもある。 だからニキビができるのだ。 すぐ上にも書いたが、雑菌も憎い。 汗が流れ込みやすい頬下は要注意部位だ。 思っている以上に気を付けたほうが良い。 実はそれだけではありません。 ニキビの原因としては一般的に、• 男性ホルモンの分泌による皮脂増加 というのも大きな原因のひとつです。 特に思春期の男性に顕著になるのは、これが最たる原因でしょう。 思春期だけでなく、大人も、そして女性も、この男性ホルモンの増加は見られます。 ストレス、体調不良、生理的な体調などといったものが要因にあります。 ここで頬下ニキビの原因をまとめると、• 外的刺激による乾燥・敏感肌、皮脂の大量分泌• 雑菌(アクネ菌を含む)の繁殖• 男性ホルモンの増加による皮脂増加 となります。 さて、原因が分かったところですべきなのは、頬下ニキビの改善や対策です。 強制的な改善 今あるニキビを消す上では、やはりそれなりの改善法というものがあります。 思春期の人だったら、思春期の人なりの改善法、大人の人なら大人の人なりの改善法があるのです。 さらには、程度によっても変わってきます。 そのため、もし治したい!完全に消し去りたい!という場合は、「自己判断でどうにかするという選択肢」は 「無い」 と思っていただいたほうが良いと思います。 ニキビの「対策」「予防」というものはセルフケアで構いませんが、「改善」「治療」ということになると、やはり専門家に頼るのが一番なのです。 それだけではなく、ニキビを強制改善できるのは「薬」や「施術」などに頼るほかありません。 自己判断で強制的にニキビを潰したり溶かしたりすると、膿んだり痕残りしたりします。 今すぐに消し去りたい場合や、セルフケアでは対処しようもないほど酷い状態の場合は、専門医療機関(皮膚科や美容外科)で診てもらうようにしましょう。 対策(セルフケア) 強制的な改善や治療に関しては「たらい回し」にしてしまいましたが、もちろん、セルフで「対策」をしていくことは可能です。 基本的なケアとしては、やはりこれが言えます。 クレンジング・洗顔をきちんとやる• ニキビ向けの保湿ケアを欠かさずに行う また、頬下というのは、先ほども申したように、大変刺激を受けやすいところです。 そのため、まずは「刺激となりやすいものを可能な限り排除する」という点が重要になってきます。 対策は以下のとおりです。 寝具の見直し• 極力顔を触らないようにする• 脂っこいものを食べないようにする• ケア用品、メイク用品で刺激しないように注意する それではひとつずつ解説していきましょう。 クレンジング・洗顔をきちんとやる スキンケアの基本中の基本ですね。 メイク汚れ、余分な皮脂、古くなった角質、老廃物を洗い落とし、肌を清浄に保ちましょう。 ただ、誤った洗顔方法は余計に肌を乾燥させます。 何回も洗っていたり、強くこすりすぎたりしていたら要注意ですね! そのためには、少々高めの金額でも、効率良くクレンジング・洗顔できるアイテムを使ったほうが賢明でしょう。 ニキビ向けの保湿ケアを欠かさずに行う ニキビの原因には、乾燥肌、皮脂増加、アクネ菌といったものがありました。 そのため、ニキビケアといっても、「保湿」をしながら行う必要があります。 昔から「ニキビ=脂性肌=保湿はいらない」といった図式がありましたが、それが正しいとは一概には言えないのですね。 たとえ正真正銘の「脂性肌」であっても、保湿は重要だと当方は考えています(だから、「乾燥肌」ならなおさらです)。 一例ですが、ニキビケア用のアイテムに「ルナメアAC」というのがありますが、洗顔料以外は「薬用化粧品」となっている上に「保湿」機能も兼ねているので、ニキビ予防には頼りになるかなと思います。 なお、化粧水などは洗顔直後の使用がおすすめですね。 そのほうが浸透も良くなります。 >>> 寝具の見直し 普段お使いになっている寝具に注目してみましょう。 今回は主に、頬が触れる可能性の高い枕のことを言います。 特に横向きで寝ることの多い人は要注意です。 枕を見直す上で、次の項目をチェックしてみましょう。 枕カバーを定期的に洗っているかどうか。 枕・枕カバーの素材が粗くないかどうか。 枕カバーが臭かったり汚れていたりしたら、おそらく見えない雑菌が付着しています。 それそれは、おぞましや。 この雑菌たちは顔を食い漁り、また頭皮をも傷ませていきます。 カバーは定期的に洗って、清潔感を保ちましょう。 枕やそのカバーの素材も見直しましょう。 粗かったり肌に合わないものだと、それだけで肌を傷つけてしまうことがあります。 刺激はニキビには大敵です。 しなやかで負担の少ない素材を使いましょう。 極力顔を触らないようにする 頬に手を当てる癖のある人は多いものです。 例えば、最近若い女性のtwitterなどを見ていると、頬に手を当てて可愛らしく映っている画像をUPしていたりします。 流行なのでしょうか?以下のようなものです。 だいぶイメージだけで描いたので、実際のとは作法? が違うかもしれませんが、最近このようなものをよく見ます。 でも、このように触ってしまうのは、肌のことを考えるとあまり好ましいとは言えません。 もちろん、たまに触るくらいなら誰にでもあることかと思いますが、もし触る「癖」があるのなら、やめておいたほうが無難です。 また、触る必要があるときは、なるべく手を清潔な状態にしておきましょう。 手には多くの見えない雑菌が付着しています。 脂っこいものを食べないようにする 脂っこいものは、脂性肌の大きな原因となります。 脂性肌というのは、皮脂が過剰に分泌されてしまう肌のことで、テカリ、ベタツキの原因となるばかりか、ニキビを誘発することにもつながります。 脂性肌を招きやすい食べ物については、「」にまとめてありますので、興味がありましたらご覧ください。 頬に影響しやすいものとしては、油気を含んだ空気も意外に馬鹿なりません。 ラーメンなどの湯気、揚げ物をやる際の油の気化なども脂性肌の原因となりますし、ニキビにとっては油断にならない敵です。 ケア用品、メイク用品で刺激しないように注意する 頬下にニキビができているときは、極力刺激を与えないことが大切だと述べました。 これは、ケアやメイクに関しても同様のことが言えます。 ニキビができると、つい化粧水などに頼りたくなります。 もちろん、ニキビの予防やニキビのできやすい肌を整えていく上で、ニキビ用化粧水というものは大変役に立つし、大切です。 しかし、何度も何度もやってはいけません。 必要以上にやると逆に刺激になってしまいます。 また、「メイクをどうしたら良いか?」という点も、とても悩ましいですよね。 ニキビはなるべく刺激しないほうが良いのですから、極論を言えば、メイクはしないほうが良いでしょう。 ただ、それはあまりにも非現実的です。 そのため、メイクは極力ニキビを避けるようにやるのが良いでしょう。 いつもより少しだけ時間をかけて、ゆっくりと丁寧にメイクしていくようにすると良いかもしれませんね。 疲れていませんか? ここまでお読みになって、疲れていませんか?ごめんなさい長くて。 もう少しですから、頑張りましょう。 さてあなたは、日頃の生活でも、疲れていないでしょうか? 上のほうでも少しだけ出てきましたが、「ストレス」というものがニキビの大敵になっている可能性があります。 これは頬下ニキビに限ったお話ではありません。 ストレスによる男性ホルモンの活性化は、特に女性にとっては深刻な問題です。 ストレスを抱えやすい方は、是非、「」をご覧になってみてください。 ストレスをかけずに、ストレスニキビと戦っていくための方法をお伝えしております。 頬深く ニキビ予備軍 眠りたり 今 表立って見えているニキビには、その根元のようなものが存在します。 これがある限り、ニキビは根絶できません。 表にあるニキビが取れて「やったー!」と思っても、予備軍がついに本軍となり、また最前線に現れるのです。 そのため、いかに毛穴の奥を美しい状態にするのか?が重要になってきます。 では、いったいどのようにすれば、毛穴の環境を整えていくことができるのでしょうか。 その答えは割とシンプルです。 皮脂コントロールをすることで、溜まりにくくする• 洗顔で毛穴を清浄にする という方法があります。 皮脂コントロールは、例えば、先ほどご紹介したようなニキビ用化粧水で叶えることができます。 洗顔も、ニキビ向けの洗顔料を使うことで叶います。 ピーリングも有用な方法ですが、肌の状態によって、やって良い場合とそうでない場合があります。 頬は元々皮膚が厚くないですし、特に敏感肌の人だとかえって皮膚が削れてしまい、よろしくありません。 特に、刺激性のあるケミカルピーリングは、医師との相談の下で判断されるのが賢明でしょう。 ほかにも、常に保湿を心がけたり、紫外線を防いだりすることも忘れてはなりません。 ただ、先述したように、やりすぎることで今あるニキビを悪化させてしまうことがあるので、必要最低限、しかも優しく!これが鉄則です。 そして、先ほどご説明しました「対策」。 対策は日課に組み込み、特別考えなくても自然とできるようにしておくと良いですね。 今回の対策は、ニキビの状態を問わずにやれる それでは最後に、頬下ニキビの原因と対策についてまとめておきましょう。 ニキビの強制改善・治療は専門医にお願いしよう!• ニキビ予防をしつつ、肌に優しい生活を送ろう! ざっくり言えば、以上のような感じになります。 詳しくは、また繰り返しお読みになると良いでしょう。 ニキビの改善法というのは、人それぞれ、状態によって変わります。 よって今回は、誰にでも参考にしていただけそうな、一般的な「対策」についてお伝えしました。 ニキビそのものを治す「改善・治療」となると、それは医師との相談が必要となってくるでしょう。 今回お伝えした対策を行っていただくだけでも、新しい扉を見つけることができると思います。 やったもの勝ちですから、ぜひ今日から対策に専念してみてくださいね。 ご紹介したニキビ対策用化粧品 公式サイト 長くなりましたが、以上で終わりです! 今後の健闘をお祈りします。 ニキビの悩み、消えるといいですね。 スポンサーリンク•

次の

【医師監修】頬ニキビの6つの原因と治し方|ツルツル肌を目指す対策

頬 ニキビ 原因

[目次]• ニキビの原因とできやすい場所は思春期と大人で異なる ニキビの原因となる毛穴のつまりが起きる要因はさまざまです。 ですが、その要因とできやすい場所は、大まかに10~20代前半までの思春期時期か、思春期を過ぎているかで傾向が分かれます。 Tゾーン(おでこ、鼻、眉間など) 一般的に、Tゾーンといわれる、おでこや眉間、鼻などにニキビができやすい時期は思春期です。 思春期を迎えると、人間の身体の中は成長ホルモンや性ホルモンの分泌量の急激な増加が起こり、皮脂の分泌が促進されて過剰になりやすい状態になります。 Tゾーンは、顔の中でも特に皮脂腺が多く、しかも大きいことから皮脂の分泌量が自然と多くなります。 そのため、思春期にはTゾーンにニキビができやすくなるのです。 大人になると、身体の成熟にともなってホルモンバランスが安定し、Tゾーンへのニキビは少なくなります。 大人になってからもTゾーンにニキビができるという場合、食事が油脂多めの内容に偏っていたり、ストレスでホルモンバランスが崩れたりといった理由で皮脂が過剰に分泌されている状態が考えられます。 また、間違った洗顔やケアで肌が乾燥し、水分の蒸発を防ごうとして余計に皮脂の分泌が増えるという悪循環に陥ることもあります。 このようなことが、大人になってからもTゾーンにニキビができる原因となっていると考えられます。 Uゾーン(頬、フェイスライン) 頬やあご、フェイスラインのことをUゾーンといいます。 このUゾーンには、思春期を過ぎてからニキビができやすい傾向にあります。 Uゾーンは、もともと皮脂が少ない部分ですが、肌の乾燥や新陳代謝の乱れが原因でニキビができやすくなるといわれています。 また、ストレスなどによってホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンが多く分泌されているときにもできやすくなります。 では、ニキビの原因について、もう少し詳しく見ていきましょう。 ニキビの原因は、大きく分けて3つあります。 まずは皮脂の過剰分泌について解説します。 ニキビの原因(1)皮脂の過剰分泌 皮脂は、天然の保湿因子として必要なものです。 しかし、必要量をこえると排出しきれないため、毛穴のつまりの原因になります。 多くの場合、皮脂分泌が増えるのは男性ホルモンの影響です。 思春期 第二次成長期は、男性ホルモンが急激に増えるため、皮脂分泌が活発になります。 20歳前後でホルモンバランスが安定すると皮脂分泌も落ち着きます。 ホルモンバランスの乱れ(思春期以降) 大人になると、主に以下の要因で皮脂の分泌量が増加します。 ストレス ストレスを感じたときに分泌されるホルモンは、抗ストレス作用の他に、男性ホルモンの分泌を促す作用もあります。 そのため、強いストレスや慢性的なストレスが続くと、皮脂の過剰分泌が起きます。 睡眠不足 睡眠をとらずにいると、心身が緊張状態になり、交感神経が優位になります。 交感神経には男性ホルモンの分泌を促す作用があります。 黄体ホルモン 女性の場合、女性ホルモンの影響で、皮脂分泌が増加することがあります。 生理周期の後半に分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)は、男性ホルモンと構造が似ており、同じように皮脂分泌を活発にします。 バランスの悪い食事 皮脂分泌には、食事の内容も関わっています。 脂質の多いものだけではなく、脂質が少なくても皮脂分泌に影響するものがあります。 動物性脂肪、糖質の摂り過ぎ これらは皮脂腺を刺激する作用があるため、摂り過ぎると皮脂分泌を増やしてしまいます。 高GI食 炭水化物の中には、「食後の血糖値=GI値」が急速に上昇するものがあります。 血糖値を下げるために分泌されるインスリンにも、男性ホルモンを刺激する作用があるため、高GI食に偏ると皮脂量が増えていきます。 ビタミン類の不足 ビタミンB2とB6は、皮脂分泌をコントロールする働きをします。 不足すると、皮脂の過剰分泌を起こす場合もあります。 ニキビの原因(2)角化異常 ターンオーバーの乱れやバリア機能の低下により、角質が厚みを増す「角化異常(過角化)」が起きます。 角化異常はさまざまな原因で起こります。 外的要因 肌の外側からの刺激が、角化異常(過角化)を引き起こすことがあります。 間違ったスキンケア クレンジングや洗顔で皮脂を取り過ぎると、肌のバリア機能が低下し、刺激から肌を守るために角質が厚くなります。 また、保湿が不十分で角質層の水分が不足すると、ターンオーバーが乱れ、古い角質がはがれずに硬くなっていきます。 毛穴汚れ 毛穴につまるのは、皮脂だけではありません。 たとえば、落としきれなかったメイクやシャンプー、コンディショナー、流しきれなかった洗顔料なども、肌に残ると毛穴の汚れになっていきます。 また、空中のほこりや古い角質なども毛穴につまります。 紫外線 肌が紫外線に当たると、肌のバリア機能が働いて角質が厚くなります。 また、紫外線によって生じる活性酸素の影響で、ターンオーバーが乱れることも角化異常の原因になります。 生活習慣 皮脂の過剰分泌を起こすような生活習慣は、角化異常や過角化の原因にもなります。 ストレス、睡眠不足 ストレスや睡眠不足は、男性ホルモンの分泌を促し、皮脂の過剰分泌を引き起こします。 また、男性ホルモンは角質を厚くする作用もあります。 バランスの悪い食事 肌細胞の生成に必要なタンパク質や必須脂肪酸、肌の新陳代謝を助けるビタミンAやビタミンB群が不足すると、ターンオーバーが乱れ、角化異常につながります。 ニキビの原因(3)基礎化粧品やメイク 化粧品やメイクが、毛穴をつまらせる直接的な原因になります。 リキッドファンデーションやコンシーラーなどのメイク用品は、毛穴に入り込んで蓄積する可能性があります。 ニキビによいとされるクレンジング剤や洗顔料も、洗顔後残っていては意味がありません。 まとめ ニキビを引き起こす毛穴づまりの原因として、以下のことが考えられます。 皮脂の過剰分泌• 角化異常• 基礎化粧品、メイク これらを引き起こす要因にはさまざまなことがあります。 日常的にストレスをためないよう意識することや、食事のバランスに気をつけましょう。 また、メイクや洗顔料などが肌に残らないように洗いつつ、保湿を意識したスキンケアを意識するとよいでしょう。

次の