永遠 の 桃花 30 話。 「永遠の桃花~三世三生」 ~なかなかの出来です~

🍑永遠の桃花|31話・32話・33話のあらすじ・ネタバレと感想|

永遠 の 桃花 30 話

永遠の桃花 あらすじ47話 「大きすぎる代償」 夜華が深刻な状況だと伝えられた折顔上神は天宮に行きます。 折顔は夜華に、己の修練を積み得た仙力である修為をすべて丹薬にするとはとあきれます。 夜華は丹薬は白浅に渡してくれたと聞いて良かったと安堵します。 折顔は、よかっただと?己の姿を見ろ!天族の皇太子が右腕を失い 一生分の修為を失ってしまった…天君に即位する際雷と荒火に耐えられまいと言います。 夜華は、構いません…と答えます。 折顔は、何も知らない白浅は大喜びで墨淵師匠を救っている。 そなたの息子は?父親が危篤ならそばで泣くものだろうと尋ねます。 夜華は、阿離は最愛の息子です…あの子がなく姿だけは見たくないので霊山の法会に行かせましたと答えます。 折顔は、そなたは男手一つで育ててきた…頭が下がると言います。 一方、白浅は眠っている疊雍に追魂術で探ってみると、墨淵師匠の仙体に近づけないくらいの数万年の修為が発する仙気だで じき目覚めると分かります。 しかし、その仙気は折顔のものではなく、静かで秘めやかだけど力強く威圧感がある夜華のものだと気づきます。 白浅はすぐに洗梧宮の夜華を訪ねます。 夜華は白浅に、元気だったように振る舞います。 白浅は夜華に、私は疊雍の元神で何を見たと思う?と問います。 夜華は、墨淵か?と聞きます。 白浅は、神芝草を守る猛獣は どんな姿形なの?折顔がくれた丹薬は あなたが作ったのね?修為はまだ残ってる?と心配します。 夜華は、分かった。 正直に話そう…天君の命で東海へ行き瀛洲を通りかかった時 ふと神芝草のことを思い出し何株か採ってきた。 猛獣の姿形だが美しくない。 愛くるしければ そなたに贈ってもよかった。 そなたが退屈な時いい遊び相手になると話します。 そんなウソを話す夜華に白浅は、昔 父は瀛洲に行き満身創痍になったわ。 丹薬は あなたが作ったのに なぜ折顔はそのことを隠したの?と問います。 夜華は、折顔は私が作ったことを言わなかったのか?私の手柄を奪うとは?と自分が言わないでくれと頼んだことを隠します。 白浅は、今日はずっと 左手しか使ってないわね…もう少し右手も使ったら?と言います。 夜華は、それでも本当のことは言わず、1ヶ月ほどで治ると言います。 白浅は、この年になれば あなたの嘘くらい見破れる…私のためにウソをついてくれてるし弱っていることも分かって、騙されたふりをします。 白浅はすぐに折顔を訪ね、本当のことを教えて!と詰め寄り、自分の知らなかったことが分かり、夜華の元へ戻ります。 一方、翼界では、先王の擎蒼(けいそう)が戻る予兆がありました。 This theme is powered with custom menu, custom background, custom header, sidebar widget, featured image, theme options, nice typography and built-in pagination features. Contango Theme is suitable for any business or personal website. The Theme can work for various different niches. Contango is translation-ready and so much more.

次の

🍑永遠の桃花|31話・32話・33話のあらすじ・ネタバレと感想|

永遠 の 桃花 30 話

夜華の苦肉の計が、功をそうして、無事結ばれる二人。 「 私を一途に愛して。 裏切ったら、捨てる」と言う素素。 「 絶対、裏切らない」とキスする夜華。 神仙としての記憶がない白浅と、皇太子の立場を隠しての夜華の結婚でした。 これから、どんな波乱が二人を襲うのでしょう。 白浅の身体に触ったところを、天界から戻った夜華が見つけます。 夜華は怒り、男を仙術で消すとともに、周囲の人々の動きも止めました。 驚く白浅に、キスする夜華。 少しずつ、二人の距離も縮まっていくのでしょうか。 元神を固めるのに必要な結魄灯 けっぱくとう を持ってきてくれた夜華。 白浅に対し、 自分のことは眼中に無く、墨渊のことを愛してると思い込んでいます。 墨渊のことしか頭にないのか、と自分の想いをぶつけるキスシーンです。 パッチーンって白浅に 平手されましたね。 夜華が可哀想でした。 相変わらずドストレートな夜華に対し、初めて白浅が「 私も愛している」というシーンです。 白浅の気持ちを聞いて 心から喜びをかみしめ「私の子をまた、産んでくれ」という夜華でした。 素素が誅仙台から飛び降りてから、ずっと 罪の意識を持ちながら白浅を愛してきた夜華にやっと幸せがきたようで、とても感動的なシーンでした。 永遠の桃花の胸キュンシーン キスシーンでは話題になったのがわかるほどで、見ているこちらまでドキドキしましたね! そんなキスシーンに続き、 永遠の桃花の胸キュンシーンの話数を解説付きでご紹介します。 しかし、仙術によって消えてしまい、探し回る夜華なのでした。 その姿が、とても切ないのです。 翌日、再び白浅と出会い、最初は否定され落胆します。 けれど、 仕草と業火のやけどの跡を見て、素素と同じ人物であると確信をもってからは、グイグイいきます。 素素を失ってから 抜け殻のようになっていた夜華が、やっと生気を取り戻しました。 望むものは本当にないのかと問われ、「 望むものは、そなただけ」というシーンです。 でも、もう今生でそなたを抱くことはないのだな、と心で想い涙をにじませるのでした。 人間界で素素としてキスしたことが、脳裏に浮かぶ白浅。 それほど、自分が夜華との初夜を望んでいたの?と不思議に思う白浅です。 墨渊の元神を養う丹薬 たんやく をつくるために神芝草 しんしそう を取りに、4頭の猛獣を退治に行く 命がけの決意を秘める夜華。 3日間、結魄灯 けっぱくとう 見守るように言い付けていきます。 白浅も、夜華のことが好きになってきているのに、気づかないのがいじらしいですね。 夢のなかで夜華に会い、現実を夢のように思い生きる白浅の前に、夜華が再び還ってきてくれました。 生きてさえいてくれたら、全てを許すし、全てを認める。 ただ、そばにいてほしい。 愛し合う二人のキスシーンで、終わりました。 数々の苦難を超えてきたからこその 信頼と慈しみに満ちた表情に、良かったぁと思える胸に残るシーンです。

次の

永遠の桃花メイキング28〜30話: KoreanaBar

永遠 の 桃花 30 話

夜華の苦肉の計が、功をそうして、無事結ばれる二人。 「 私を一途に愛して。 裏切ったら、捨てる」と言う素素。 「 絶対、裏切らない」とキスする夜華。 神仙としての記憶がない白浅と、皇太子の立場を隠しての夜華の結婚でした。 これから、どんな波乱が二人を襲うのでしょう。 白浅の身体に触ったところを、天界から戻った夜華が見つけます。 夜華は怒り、男を仙術で消すとともに、周囲の人々の動きも止めました。 驚く白浅に、キスする夜華。 少しずつ、二人の距離も縮まっていくのでしょうか。 元神を固めるのに必要な結魄灯 けっぱくとう を持ってきてくれた夜華。 白浅に対し、 自分のことは眼中に無く、墨渊のことを愛してると思い込んでいます。 墨渊のことしか頭にないのか、と自分の想いをぶつけるキスシーンです。 パッチーンって白浅に 平手されましたね。 夜華が可哀想でした。 相変わらずドストレートな夜華に対し、初めて白浅が「 私も愛している」というシーンです。 白浅の気持ちを聞いて 心から喜びをかみしめ「私の子をまた、産んでくれ」という夜華でした。 素素が誅仙台から飛び降りてから、ずっと 罪の意識を持ちながら白浅を愛してきた夜華にやっと幸せがきたようで、とても感動的なシーンでした。 永遠の桃花の胸キュンシーン キスシーンでは話題になったのがわかるほどで、見ているこちらまでドキドキしましたね! そんなキスシーンに続き、 永遠の桃花の胸キュンシーンの話数を解説付きでご紹介します。 しかし、仙術によって消えてしまい、探し回る夜華なのでした。 その姿が、とても切ないのです。 翌日、再び白浅と出会い、最初は否定され落胆します。 けれど、 仕草と業火のやけどの跡を見て、素素と同じ人物であると確信をもってからは、グイグイいきます。 素素を失ってから 抜け殻のようになっていた夜華が、やっと生気を取り戻しました。 望むものは本当にないのかと問われ、「 望むものは、そなただけ」というシーンです。 でも、もう今生でそなたを抱くことはないのだな、と心で想い涙をにじませるのでした。 人間界で素素としてキスしたことが、脳裏に浮かぶ白浅。 それほど、自分が夜華との初夜を望んでいたの?と不思議に思う白浅です。 墨渊の元神を養う丹薬 たんやく をつくるために神芝草 しんしそう を取りに、4頭の猛獣を退治に行く 命がけの決意を秘める夜華。 3日間、結魄灯 けっぱくとう 見守るように言い付けていきます。 白浅も、夜華のことが好きになってきているのに、気づかないのがいじらしいですね。 夢のなかで夜華に会い、現実を夢のように思い生きる白浅の前に、夜華が再び還ってきてくれました。 生きてさえいてくれたら、全てを許すし、全てを認める。 ただ、そばにいてほしい。 愛し合う二人のキスシーンで、終わりました。 数々の苦難を超えてきたからこその 信頼と慈しみに満ちた表情に、良かったぁと思える胸に残るシーンです。

次の