ハウス クリーニング フランチャイズ 特徴。 ハウスコンシェルジュのフランチャイズ開業の特徴や評判を調査

おそうじ本舗のFCオーナー3名に聞いた!加盟の理由や、売上や本部のこと

ハウス クリーニング フランチャイズ 特徴

ハウスクリーニングで独立して開業したいと思っている人もいるのではないでしょうか。 確かに、ハウスクリーニングならある程度容易であるため、比較的に開業しやすいものです。 しかし、いきなりゼロから開業をはじめると大変です。 ハウスクリーニングで独立して開業するためには、フランチャイズがおすすめです。 というのも、フランチャイズならいろいろアドバイスしてくれるため、より安心して開業できるためです。 しかし、フランチャイズもいろいろなところがあるため、注意して選ぶ必要があります。 ここでは、ハウスクリーニングのおすすめのフランチャイズとそれぞれの特徴などについてご紹介します。 ハウスクリーニングで独立して開業する場合は、ぜひ参考にしましょう。 ハウスクリーニングで独立して開業する方法 ハウスクリーニングとはどのようなものか? ハウスクリーニングで独立して開業する場合は、ハウスクリーニングとはどのようなものかについて十分に把握しておく必要があります。 ハウスクリーニングというのは、普通の家庭から掃除のプロが頼まれて、なかなか普通の人では掃除ができにくい汚れなどをきれいにするものです。 近年は、共稼ぎの世帯が多くなったりすることなどによって、ハウスクリーニングを普通の家庭でも使うようになってきています。 特別な資格はハウスクリーニングを開業する際に必要なく、機材の高いものが必要ないため、費用が少なくても開業ができることも魅力でしょう。 ここでは、おすすめのフランチャイズに入る場合の長所と短所についてご紹介しましょう。 フランチャイズに入る長所としては、知名度があるため信頼されることです。 ハウスクリーニングの場合は、作業を家の中で行うため、信頼されるということが非常に大切です。 一方、 フランチャイズに入る短所としては、月々のロイヤリティやイニシャルコストがかかることです。 なお、ロイヤリティというのは、フランチャイズの名称を使うためにかかる費用です。 このロイヤリティはフランチャイズによって違っており、月額で安い場合は3万円、高い場合は15万円になります。 また、途中で解約することがフランチャイズによってはできない場合もあるので、契約の内容なども調べることが必要です。 1位「おそうじ本舗」 特徴 おそうじ本舗は、誰もがテレビのCMで一回は目にしたことがあるくらい有名で、フランチャイズチェーンとして全国的なものです。 ハウスクリーニングの場合は、頼まれた人の家の中で掃除をするので信頼されている必要があります。 おそうじ本舗は、知名度が高いので頼まれた人から信頼をもらっています。 そのため、オーナーとしては営業をスムーズに行いやすいでしょう。 本部には、• 毎月6万円のロイヤリティ• 2万円の広告分担金 のトータル8万円を払う必要があります。 別のハウスクリーニングのフランチャイズと比較して毎月の8万円は高めになりますが、サポートがその分充実しています。 開業が経験が無い場合でも成功するように、 一緒に現場に行ってくれたり、営業してくれたりするだけでなく、業務提携も地元の会社と進めてくれます。 オーナーが営業や掃除方法に不安がある場合は、フランチャイズとして非常におすすめでしょう。 ハウスクリーニングをおそうじ本舗で開業したオーナーの口コミとしては、次のようなものがあります。 将来に対して大きな期待が持てるようになった お客さんはお金を支払っているにも関わらず、掃除が終わった後には感謝してくれます。 そのため、自分の気持ちは仕事をスタートから非常に充実しています。 また、サポートをしっかりしてくれるため、困ったりすることはありません。 経験が無かったので非常に不安でしたが、だんだん研修によって不安も無くなり、経験を開業して積み重ねるにつれて将来に対して大きな期待が持てるようになってきました。 経費が毎月かかる 毎月、販促、宣伝費がロイヤリティの他に計上されます。 おそうじ本舗は有名で、仕事を多くいただけますが、経費が毎月かかるため、仕事をその分多く取る必要があるので大変です。 また、2年の契約期間で短めです。 しかし、フランチャイズであるため、余程のことが無ければ、契約は更新されるようです。 なお、オフィスクリーニングがメインですが、基礎はハウスクリーニングと変わらないため、それほど心配する必要はないでしょう。 ダイオーズカバーオールは、オフィスサービスを長年行ってきました。 そのため、 取引先が数十万件もすでにあるので、お客さんを確保するためにオーナーは営業する必要がないのがメリットです。 営業したことが無いため心配であるという場合は、フランチャイズとして非常におすすめです。 プランや地域によってロイヤリティやイニシャルコストは違ってきますが、他のフランチャイズと比べると高めです。 600万円のイニシャルコストが必要であるため、若いオーナーのようにお金を確保しにくい場合は厳しいでしょう。 イニシャルコストは高くなりますが、お客さんが確実に得られる、売上がしっかりと保証されるようになっています。 安定性を重要視して、ある程度イニシャルコストが用意できている場合は、ダイオーズカバーオールがいいでしょう。 ハウスクリーニングをダイオーズカバーオールで開業したオーナーの口コミとしては、次のようなものがあります。 営業をオーナーが行う必要が無い ダイオーズカバーオールの場合は、営業をオーナーが行う必要が無いのがいいです。 そのため、仕事が安心してできます。 イニシャルコストはかかりますが、売上をフランチャイズで保証しているのが素晴らしいです。 もともと掃除が得意であったので、オーナーになろうと思いました。 関東と中部エリアしか開業できるところがカバーできていない 自分が開業したのは関東でしたが、関東と中部エリアしか開業できるところがカバーできていないためデメリットでしょう。 関東でしばらく仕事を経験して、地元の関西にその後は戻って仕事をしたいと考えていましたが、自分の地元はカバーされていないため仕事ができないので困っています。 売上が保証されるのは非常にいいですが、イニシャルコストがその分高く、個人の場合は非常にハードルが高いと思います。 営業の経験が無い、全くパソコンを操作した経験が無いというような初心者の場合は、非常におすすめです。 なお、 入るためには、2人以上の従業員が必要になります。 ハウスクリーニングのほとんどはオーナーのみでも入れますが、おそうじ隊501の場合は最低でも2人の従業員が必要です。 そのため、ほとんどのオーナーにとって障害になっています。 しかし、従業員を開業するために求人するサポートを行っています。 ハウスクリーニングをおそうじ隊501で開業したオーナーの口コミとしては、次のようなものがあります。 丁寧に教えてくれたので非常にありがたかった 入っている店がお互いに年齢やエリアに関係なく、結束が強いため助かります。 何かあれば、すぐに電話などで連絡できるため安心です。 また、掃除方法以外に、丁寧に事務や営業方法などを教えてくれました。 パソコンが全く操作できませんでしたが、丁寧に教えてくれたので非常にありがたかったです。 従業員が2人以上必要というのはハードルが少し高い おそうじ隊501に入る場合は従業員が2人以上必要というのは、仕事をオーナーだけで行っている場合はハードルが少し高いでしょう。 また、契約期間の2年間は、別のフランチャイズと比較して短いと思いました。 研修においては、掃除の基礎だけでなく、ウエブでの営業・集客活動まで学習することができます。 開業した後も研修において獲得したお客さんを引き継ぎすることができるため、「最初から始めるため心配である」という不安はありません。 掃除や営業の経験がない場合は、フランチャイズとしてぴったりでしょう。 おそうじ革命は、開業する前の研修が充実しているため、経営に失敗しにくいように教えてくれます。 しかし、長い研修期間があり、イニシャルコスト・ロイヤリティが高くなります。 ハウスクリーニングをおそうじ革命で開業したオーナーの口コミとしては、次のようなものがあります。 集中して仕事ができる そのまま従業員の時のお客さんを引き継ぎすることができるため、儲ける予測ができて開業が安心してできました。 新しい仕事を紹介してくれたり、宣伝をホームページでしてくれたりするため、集中して仕事ができます。 しっかりとサポートしてくれるため、プライベートも仕事も充実しています。 1年半の研修を受けることが必要である 開業はいきなりできるということでなく、1年半の研修を契約社員として受けることが必要です。 また、首都圏だけをカバーしているのがデメリットです。 同じような業者が首都圏は多くいるため、非常に競争が激しくなっています。 自社の商品も売っており、楽しく掃除がなります。 細かいところまで、ダスキンのハウスクリーニングでは対応してくれます。 窓周り• 水周り• ランドリー• 玄関 などの掃除であれば、全てダスキンに任せるときれいになります。 ダスキンの場合は、エアコンのハウスクリーニングが高い人気になっています。 ハウスクリーニングを自宅で依頼する場合は、エアコンが多くなります。 エアコンクリーニングの場合は、ダスキンでは12960円で1台当たり行っており、割安に2台目からはなります。 しかも、抗菌加工がオプションでできるため、非常に衛生的にも安心できます。 エアコンの内部は、掃除を自分で行うのは困難ですが、ホコリやカビ、臭いを高圧洗浄で除去してくれます。 これ以外にも、人気が高いのはハウスワイドサービスです。 ハウスワイドサービスでは、まとめて家の中を掃除してくれます。 自分で隅々まで部屋の中を掃除するのは困難ですが、ハウスワイドサービスがこのような場合はおすすめです。 ハウスクリーニングをダスキンで開業したオーナーの口コミとしては、次のようなものがあります。 入っている店同士がきちんとネットワークを作っている 老舗であるダスキンの場合は、入っている店同士がきちんとネットワークを作っており、入っているオーナーたちが地域ブロックごとに定期的勉強会などを行っています。 入っているオーナーたちがお互いに連携することによって、親交を深めるようなところがあります。 オーナーも理念をしっかりと持ってなければ駄目である ダスキンの場合は、オーナーも理念をしっかりと持ってなければ駄目でしょう。 というのは、ダスキンにぜひ入ってくださいと営業されるということではありません。 ダスキンスクールが大阪にあり、創業してからの考え方や歴史などがここには展示されています。 このようなことをきちんとダスキンの考え方を分かってもらうために行っており、儲かるかどうかのみでダスキンを検討する場合はそれほどおすすめではないと思います。 ハウスクリーニングで独立して開業する場合は、ハウスクリーニングのフランチャイズがおすすめです。 ハウスクリーニングのフランチャイズとしては、ここでご紹介したように、ランキング1位の「おそうじ本舗」がおすすめです。 というのは、サポート体制がしっかりしており、初めての場合でも安心であるためです。 なお、オフィスクリーニングにチャレンジしたい場合は、メインにオフィスクリーニングを行っているダイオーズカバーオールがおすすめです。

次の

ネットでスムーズ受注・ハウスクリーニングフランチャイズ業界の変化とは?

ハウス クリーニング フランチャイズ 特徴

CONTENTS• ファミリーマートのフランチャイズの評判と基礎知識 ファミリーマートの全国平均の日販は約50万円 都市部の方が高い傾向はあるものの、地方だからといってそこまでの違いはありません。 大切なのは、本部に紹介された店舗をきちんと見極めること。 本部が出す情報を鵜呑みにはせず、自ら交通量、通行量の調査をし、近隣の競合を視察したり、道路計画や建設計画などの将来性も考慮しなければなりません。 バイパスなどができてメーンルートから外れるなんてことになったら目も当てられません。 コンビニは10メートルずれただけで大きく売上が違うことも珍しくないのです。 契約してしまえば、競合ができて売上が落ちても自己責任になります。 ちなみに ローソンの平均日販は約53万円、セブンイレブンは約65万円です。 個人で店を開いてこれだけの日販を出すのは至難の技。 本部の役割の大切さが分かります。 参考: 手持ち資金1000万円というのが内装費用を含めた必要なフランチャイズ独立資金 隣りの-N契約には400万円と書いてありますので、比較して余分に必要なのは内装費用だけですから。 原則として自己資金で用意しなければならないと思います。 別途固定資産があってそれを担保に借りるのなら考慮されるでしょうが、無担保かそれに近いローンだと審査で落ちるでしょう。 というのは、 本部と加盟者の間に無担保貸付の契約を結ぶことになるからです。 出店費用には商品の仕入れ代金は含まれていません。 商品はオーナーの資金で仕入れなければいけませんが、開店時は本部からの借り入れとなるのです。 そのため、加盟時に資産調査があり、借り入れがあると高確率で落とされます。 ファミリーマートのフランチャイズで複数店舗運営は可能? いきなり複数店の運営ができるわけではありません。 2店舗目を出す際は母店(1店舗目)の業績や資産状況、運営が健全かどうかなどが審査されます。 1店舗ですと一般にオーナー夫婦が責任を持ちますが、 2店舗以上となると専任の社員(店長)が必要となり、社員が育成できているか社員の面接もあります。 1店舗目を出したばかりでは社員を雇う余裕などありませんので、複数店経営になるのは早くても数年後のことです。 その際には改めて初期費用が必要になります。 オーナーは2度研修を受ける必要はありませんが、社員を研修に出すことになるので研修費も必要になります。 フランチャイズ経営の成功と失敗 「所得税100万以上なら節税対策の上手・下手もありますが、推定、最低でも500万円から1000万円ほどはあるはずです。 どの店舗も成功しているわけでは有りません。 中には失敗して破産、閉店を余儀なくされている所もあります。 また、新規開店には いつも失敗の可能性が付きまとっていますが、ご実家のように 成功している店を継がれるのはとても良い事です。 」 コンビニ本部のものです。 ファミリーマート開店でしたら、現実的な2FC(土地建物は本部が用意)を前提に話をします。 開業資金について• 300万円+申請手数料等50万円=350万円。 この350万円は戻ってこないお金です。 これ以外に商品代400万円程度がかかりますが、これは資産ですので最終的には戻ってきます。 商品代は本部提携ローンを使えます。 ローン返済は月4万程度の10年返済が標準的でしょうが、戻ってくるお金ですのでこの額は以降は省きます。 つまり初期投資は350万位は必要です。 ファミリーマートフランチャイズ経営で得られる利益について 平均の日販が45万、値入率が28%と仮定して概算します(この日販、値入率はどちらも平均よりちょっと低めです)。 お姉さん、お母さんが週5日40時間勤務とすればバイトの人件費は月60万程度でしょう• 廃棄は原価月30万、その他経費(1番大きいのは水道光熱費)は月45万とします。 これで経費の合計は135万円。 月収 = お店の取り分-経費 = 187万-135万 = 52万 年間で624万ほどになるでしょう。 これが平均的なところです。 10年で6240万の収入、戻らない投資が350万円ほどなので月平均の収入は49万円。 あくまで概算ですが。 フルタイムのパートやOLをするよりは儲かります。 年中無休とまでは言いませんが、連休は取りにくいです。 ただ、コンビニが好きな人にとっては魅力的な仕事です。 現在経営者を募集している店舗ということだと1FC-Cまたは2FC-Nというタイプの契約になると思います。 儲かるか儲からないかはやり方次第 1FC-Cまたは2FC-N。 前者は、開業資金が1000万円程度、本部フィーは48%• 後者は開業資金が400万円程度、本部フィーは48~65%の変動フィーです。 ファミリーマートでは、FC独立支援制度を活用すると店舗運営の勉強も出来て、契約金も安くならオススメです。 オーナーの収入は、だいたい1日の売上が1ヶ月の収入と言われています。 1つの意見として参考にしてください。 うまくいかなくて、早々に撤退して盛り返したファミマの評判も。 失敗してしまった人も。 「ファミマ、24時間営業なのに、儲けないやんけってことで、他のお商売のお店に変わりました。 体力があるうちに、見切りつけて、今従業員さんも幸せそうです。 コンビニに詳しくも経営者でもない者ですが、たまたまこの話は、人づてに聞いた話です。 」 「ファミリーマートを経営しています。 経営厳しく本部からの取り立ても厳しく加入するときは儲かりますよの一点張りで騙されてしまいました。 いざ回転してみると 利益が無い本部からの取り立ては厳しい夫婦で夜逃げか自殺を考えています。 」 最低保証で、今後改善の見込みがないなら、売り上げも、利益も必要ありません。 極端に言うと、売り上げ0、仕入れ0、廃棄0、スタッフは極力減らす。 月の収入は、決まってますから、まず最低収入を決めて後は引き算してください。 本部の利益等考えず、あなたの利益を考えてください。 コツをつかんで成功するファミリーマート フランチャイズの例 「複数店経営してますが、1店舗が中途半端な売上の店がありいつも資産割れをおこす赤字店でした。 知り合いに相談したところカラクリを教えてもらい 今その店は今ドル箱店になってます。 今じゃその店から入ってくる額が1番多いです。 本部からしたら売れてもなく、でも経営者にはどっぷり払わないといけないので一刻も早く閉めたい店です。 」 フランチャイズ失敗してしまった人の悪い評価・口コミも知っておく? 「ファミマ経営は友人もしていましたが、 「地獄のようだ」と言っていましたね。 (今は辞めている) というのも儲からないようにできているといえばいいかもしれません。 仮にですが、これって儲かるなら自分達でやりませんか? つまり本部だけでやる利点が少ないからオーナー制にしてるわけです。 リスクの分散ですね。 そのリスクを負ってるのがFCと言えば分かるかと。 これは分業をわかってない人の意見なんですが、コンビニのFCはとにかく叩かれることが多いですね(笑) 自分からすればそんなリスクを背負って 経営して大変になったから 本部が悪いといっているように見えます。 でも本当はあなたにも問題はなかったですか? よく考えてから人生を歩むべきかと思います。 人生ってやる気さえあればやり直せますからね。 同じ過ちを繰り返さないことが重要です。 フランチャイズで成功するなら~立地で評判が変わる 会社の正門から遠いコンビニは、全く客が入らず、つぶれました。 小さいながらも、目の前のファミマは毎日大盛況です。 儲かりますよというのは、何もしないで儲かる、金相場のような商売じゃありませんよ。 コンビニなんて、朝と昼以外、大通りじゃなかったら人なんていません。 せいぜい、数人でしょう。 たとえば、駅だって、コンビニじゃなくてもコーヒーやサンドイッチの店があります。 電車待ちで、みんなコーヒー飲んでますよ。 周りの住居や、会社の有無によって、大きく変わります。 いちいち遠くのコンビにまで行ってコーヒー買う人はまずいません。 ファミリーマートは大手といえど、1つの選択肢でしかありません。 フランチャイズで成功するためには、情報収集が大事です。 資料を取り寄せて納得するまで比較検討しましょう。

次の

ネットでスムーズ受注・ハウスクリーニングフランチャイズ業界の変化とは?

ハウス クリーニング フランチャイズ 特徴

ハウスクリーニングのフランチャイズのなかには、知名度こそ高くないものの、知る人ぞ知る優良な本部もあります。 そのフランチャイズ本部こそ、「ハウスコンシェルジュ」です。 ハウスコンシェルジュは清掃用のワックスや洗剤の品質が高く、多くのお客さんから高評価を得ています。 さらに加盟店オーナーが支払う開業資金やロイヤリティも、他のフランチャイズ本部より安くなっているのです。 ハウスクリーニングのフランチャイズへの加盟を考えている方のなかには、ハウスコンシェルジュが気になるという方もいるはずです。 今回はそんな方のために、ハウスコンシェルジュのメリットやデメリット、評判についてまで紹介していきます。 CONTENTS• ハウスコンシェルジュとは ハウスコンシェルジュは、昭和36年設立の老舗の清掃用品メーカー「株式会社リスダンケミカル」がチェーン展開しているハウスクリーニングのサービスです。 リスダンケミカルがハウスコンシェルジュのサービスを始めたのは、平成23年のことでした。 ハウスクリーニングの業者としてはまだ歴史が浅いものの、 清掃用品メーカーとしての長い歴史とノウハウを活かして、お客さんから高い評価を得ています。 ハウスコンシェルジュはフランチャイズ展開をしており、現場でハウスクリーニングをするのは加盟店のオーナーたちの仕事です。 ハウスコンシェルジュに加盟することで、本部の看板を使って開業できるほか、ハウスクリーニングのノウハウも教えてもらえます。 ハウスコンシェルジュのフランチャイズのメリット ハウスコンシェルジュは他のハウスクリーニングのフランチャイズ本部と比べて、どのようなメリットがあるのでしょうか。 ここでは、ハウスコンシェルジュのメリットについて紹介していきましょう。 開業資金やロイヤリティが安い フランチャイズに加盟する場合、最初に本部に開業資金を支払います。 ハウスコンシェルジュの開業資金は、税込みで194万円 です。 ハウスクリーニングのフランチャイズの開業資金は 200 ~ 300 万円くらいが相場のため、ハウスコンシェルジュの開業資金は非常に安価だと言えます。 さらにハウスコンシェルジュは、本部に毎月支払う「ロイヤリティ」の額も破格です。 ロイヤリティとは、本部の名前を使って営業するために支払う看板料のようなものです。 ハウスコンシェルジュのロイヤリティは、たったの3万円 となっています。 さらに、チェーン全体の広告宣伝費を一部負担するための「広告分担金」の支払いもありません。 他のハウスクリーニングのフランチャイズ本部ではロイヤリティと広告分担金、合わせて8万円が相場です。 つまりハウスコンシェルジュでは、他のフランチャイズ本部と比べて、毎月 5 万円の出費を抑えられるのです。 ワックスや洗剤の品質に定評がある ハウスコンシェルジュで使われているのは、リスダンケミカルが製造したワックスや洗剤です。 このワックスや洗剤の品質の高さには定評があり、大手の自動車メーカーや住宅メーカーなどでも広く利用されています。 品質の良いハウスコンシェルジュのワックスや洗剤なら、他社では落とせないような頑固な汚れも落とせる可能性が高くなります。 他社では落とせない汚れを落とせれば、当然お客さんからの評価も高くなり、多くのリピート受注が見込めるでしょう。 ハウスコンシェルジュのフランチャイズの良い評判 ハウスコンシェルジュは、本当に信頼できるフランチャイズ本部なのでしょうか? ここでは、ハウスコンシェルジュの加盟店オーナーによる口コミを紹介します。 「やったことのない仕事を依頼されたり、これまで見たこともないような汚れがあった時もありました。 しかしそんな時は、 本部に電話して相談すると、担当者が親身になって対応してくれたおかげで乗り越えられました。 たとえ何かあっても、本部が助けてくれるという安心感があります」 ハウスコンシェルジュは、本部のサポートの手厚さも売りにしています。 その言葉に嘘はなく、問題が起こった場合は、本部に電話することですぐにサポートしてくれるようです。 このほかお客さんからクレームがついた場合も、保険対応も含めて本部がバックアップしてくれます。 ハウスコンシェルジュのフランチャイズのデメリット ここまでハウスコンシェルジュのメリットや良い評判について説明してきましたが、残念なことにデメリットもあります。 ここではハウスコンシェルジュのデメリットについて、紹介していきましょう。 研修期間が短い ハウスコンシェルジュでは、開業前の加盟店オーナーたちに対し、研修を実施しています。 研修ではハウスクリーニングの基本的なスキルはもちろん、営業や接客マナーについても教えてもらえます。 ハウスコンシェルジュの研修は、加盟者と本部スタッフのマンツーマンで行われるため、一対多数の研修に比べて、より技術を身につけやすいのがメリットです。 ただし ハウスコンシェルジュの研修は、たったの5日間しかありません。 他のハウスクリーニングのフランチャイズ本部では研修期間が2週間程度のところが多いので、ハウスコンシェルジュの研修期間はかなり短いと言えるでしょう。 そのためハウスクリーニングの 技術をじっくり身につけたいという人には、ハウスコンシェルジュは不向きです。 関連) 知名度が低い フランチャイズに加盟する以上、本部の知名度の高さは重要です。 なぜなら本部の知名度が高ければ、それだけでお客さんの信頼を得られるため、依頼ももらいやすくなるからです。 本部の知名度が低ければ、開業資金やロイヤリティを支払ってまで、フランチャイズに加盟するメリットはあまりないと言っていいかもしれません。 ハウスコンシェルジュは知る人ぞ知る優良サービスではありますが、知名度は決して高くありません。 そのためおそうじ本舗などの有名サービスと比べれば、自分で顧客を獲得するハードルはやや高いといえるでしょう。 関連) ハウスコンシェルジュの悪い評判 ハウスコンシェルジュの加盟店オーナーのなかには、本部に対する不満を持っている人もいるようです。 そこでここでは、ハウスコンシェルジュの悪い口コミについて紹介していきます。 ハウスコンシェルジュはクリーニング用品の品質が優れているので、他のフランチャイズ本部とも差別化できると思います。 ただ残念なのが、ハウスコンシェルジュには知名度があまりないという点です。 営業をかけても、「そんなところは聞いたことがない」と言われてしまうことも少なくありません。 先ほども説明したとおり、ハウスコンシェルジュは一般知名度がほとんどありません。 そのため営業をかけても、そんなところは知らないと門前払いされてしまうこともあるようです。 まとめ ハウスコンシェルジュは自社製品である高品質のワックスや洗剤を使っていることで、多くのお客さんから高評価を得ているハウスクリーニングのフランチャイズ本部です。 他のハウスクリーニングのフランチャイズ本部と比べると、開業資金やロイヤリティが安く、広告分担金の支払いもないため、経費を安く抑えられます。 ただし 研修期間が5 日間と短いことや、一般的な知名度が低いというデメリットもあります。 研修でじっくり技術を身につけたいという方や、集客面で優位に立ちたいという方は、 別のフランチャイズ本部を検討したほうがいいでしょう。 ハウスクリーニングフランチャイズについてもっと知りたい方は、こちらの記事もご一読ください。

次の