日 鉄 ソリューションズ インターン。 採用情報 ホーム|株式会社NSソリューションズ関西

日鉄ソリューションズ コンサルティング営業インターン 〜価値への挑戦〜|就活イベント・インターンの詳細情報|就活サイト【ONE CAREER】

日 鉄 ソリューションズ インターン

Ltd、NS Solutions IT Consulting Europe Ldt、Thai NS Solutions Co. , Ltd、PT. NSSOL SYSTEMS INDONESIA 沿革 -------------------------- 1986年 新日本製鐵(株)エレクトロニクス事業部が発足 -------------------------- 1987年 エレクトロニクス事業部をエレクトロニクス・情報通信事業本部 EI事業本部 に改編 -------------------------- 1988年 新日鉄の社内情報システム部門が本体から独立(新日鉄情報通信システム(株) ENICOM 設立) 通商産業省(現:経済産業省)「システムインテグレータ企業」に登録・認定 -------------------------- 1991年 米国オラクル社と戦略的提携 -------------------------- 1994年 エレクトロニクス・情報通信事業本部をエレクトロニクス・情報通信事業部(EI事業部)に改編 -------------------------- 1997年 日本オラクル(株)に出資し、提携強化 -------------------------- 2001年 新日鉄ソリューションズ(株)発足(新日本製鐵(株)EI事業部とENICOMの事業統合) -------------------------- 2002年 東京証券取引所第一部に上場 中国に現地法人「新日鉄軟件(上海)有限公司」を設立 -------------------------- 2004年 大規模一貫製鉄所(新日鉄)に世界で初めてグリッドコンピューティング技術を適用 -------------------------- 2005年 NSSLCサービス(株)を設立 高品質で効率性の高い運用・保守サービスをワンストップ・シームレスに提供 グリッド・コンピューティングなど次世代インフラ技術を適用したシステムの構築・運用に向けた日本最大級の検証センター(NSGUC)を開設 -------------------------- 2007年 NSフィナンシャルマネジメントコンサルティング(株)を設立 金融機関向けコンサルティング業務を推進 東京大学「ATLAS実験地域解析センター」様向けグリッド・コンピューティング・システム -------------------------- 2008年 株 金融エンジニアリング・グループ(FEG社)の全株式を取得(金融機関向けソリューションビジネスにおけるリスク管理分野やマーケティング分野の対応力を強化) 次世代育成支援企業の認定(くるみん)を取得 -------------------------- 2009年 国際的データマイニング競技会(KDDカップ:Knowledge Discovery and Data Mining Cup)で当社グループ会社(FEG社)が世界第2位を獲得 -------------------------- 2010年 国立環境研究所様向け衛星データ解析用システム 新日鉄での知見を活用し、北九州市の「次世代エネルギー・社会システム実証実験」に参加 -------------------------- 沿革 2011年 オムロン、日本オラクルと電力の需抑制対策を支援する仕組みを共同で提供開始 米国ビュージックス社と光学透過型ARメガネ(サングラス型)を共同開発 シンガポールに現地法人「NS Solutions Asia Pacific Pte. Ltd」を設立 -------------------------- 2012年 次世代Web標準であるHTML5に準拠した開発フレームワーク(hifive)をOSSとして提供開始 クラウドサービスの中核拠点として次世代型データセンターを開設 (「高密度&グリーン」のDCとしてPUE1. 4以下を実現) 新日鉄住金ソリューションズ(株)へ社名を変更 東京大学などと共に「脳画像・臨床・ITの融合によるアルツハイマー病超早期診断と先制医療の実現」の開発・実証プロジェクトを開始 糖尿病の重症化予防を目的に、スマートフォンアプリを活用した糖尿病治療継続支援サービスの実証実験を2012年12月より北九州市にて開始 -------------------------- 2013年 コモディティ取引リスク管理パッケージソフトウェア「Ratispherd(ラティスファード)」を提供開始 タイに現地法人「Thai NS Solutions Co. , Ltd. 」を設立 イギリスに現地法人「NS Solutions IT Consulting Europe Ltd. 」を設立 東南アジア向けクラウドサービス「absonne for Asia Pacific」を提供開始 -------------------------- 2014年 インドネシアに現地法人「PT. LEAGUE、リーグ戦の試合日程の作成に新日鉄住金ソリューションズが「試合日程自動作成システム B. nssol. nipponsteel. 大規模システムの開発実績 24時間365日止まる事が許されないシステムであるミッションクリティカルシステムを開発できる数少ない企業です。 特に新日鐵住金の中核システムに関しては日本最大規模で、 超大規模システムを開発した実績と技術力を持っています。 独自の研究開発機関が支える高い技術力 社内にシステム研究開発センターという研究開発機関を保持しており、常に最先端の技術の研究をしています。 業界随一の教育制度 入社後3カ月にわたる新人研修では、それぞれのレベルにあったコースで技術を身につける事ができます。 配属後ものべ1500種類以上の研修プログラムをご用意。 自分の目指すキャリア毎に研修を受講可能です。 働き方変革 社内で「働き方変革プロジェクト」を立ち上げ、社員がより働きがいを感じられる環境づくりに取り組んでいます。 平均残業時間24. 5期連続業績過去最高更新 大手SIerの中でも成長率が高く、利益率は業界最高水準です。 財務基盤も非常に安定している為、安心して長く働ける環境です。 非常にフランクな職場環境 NSSOLは一見すると堅そうな印象を持たれがちですが、社内の人間関係はとてもフランクです。 先輩・後輩関係なく言いたい事が言える環境が全社的にありますので、ご自身が実現したい事があれば親身に先輩、上長も相談に乗ってくれます。 理屈が通っていればやりたい事も若いうちから実現しやすい点も弊社の特徴かと思います。 【新型コロナウイルス感染症への対応】 ・新型コロナウイルス感染拡大防止のため、 会社説明会と社員交流会を開催中止といたします。 説明会と同様の内容の動画をマイページ内にて公開予定しています。 ・会社説明会参加は任意ですので、 エントリーシートは説明会参加に関わらず、 マイページからご提出いただけます。

次の

新日鐵住金ソリューションズ(NSSOL)の企業分析と志望動機の書き方 サンプル付き

日 鉄 ソリューションズ インターン

新日鐵住金ソリューションズ(通称NSSOL)は新日鐵住金のシステム子会社だ。 子会社と言いつつも、新日鐵住金の仕事ばっかりをやっているわけではなく、金融や流通など幅広い分野のシステムを作っており、 実質的に独立したSIerと言ってよい。 東証にも新日鐵住金とは別に、独立して上場している会社である。 会社としての特徴は、やはり長年新日鉄のシステムを担当してきたという実績だ。 鉄鋼業のシステムは止めることが許されないので、信頼性の高いシステムが求められる。 いわゆる、ミッションクリティカルシステムというものだ。 システム子会社にしては珍しく、自社に研究所を持っていることが大きな特徴だ。 研究所では中期的な展望で研究開発を行っており、学界などNSSOLの研究所に勤務されている方にお会いすることもあるが、 優秀な人がそろっている印象だ。 ちなみに、皆さんの大学の多くには、NSSOLが作ったシステムが導入されている。 具体的には、皆さんが学期の初めに履修登録する際に利用するシステムなどは、NSSOLが作っていたりする。 では、NSSOLとはどのような会社なのか、またNSSOLを志望するのであればどんな志望動機を書けば内定できるのか、紹介したいと思う。 ちなみに、筆者は自身の就活の際にNSSOLを志望し内定をもらっている。 その時の体験記はこちら。 新日鐵住金ソリューションズ(通称NSSOL)の基礎情報 職場・会社規模・財務状況 NSSOLのオフィスは新川にある。 新川ではピンとこない人に駅名でいうと、東京駅のすぐとなり、八丁堀の近くだ。 あまりなじみのない人も多いと思うが、川沿いにあり景色の良いオフィスだ。 なお、研究所は横浜にある。 従業員数は単独で約3000人程度の会社だ。 業績についても、売上高・利益ともに順調に伸びており、順調な経営がうかがえる。 社風 鉄業界の雰囲気を受け継ぐ体育会系と見せかけつつ、実はすごく激しいわけではなく、 落ち着いたまったりした面もある企業と言える。 社員は優秀でやる気のある人が多い。 NRIのようにイケイケ系ではないが、 ちょうどよい雰囲気のある人が多い印象だ。 全体的に言えるのは、 「アツイ」人が多いことだ。 飲み会なんかも熱血系。 挑戦することや成長することを良しとする社風だ。 個人的には、実力があり、かつ押しつけがましくないため、一緒に仕事をしたい会社筆頭である。 給料・福利厚生 給料については、社員の人に聞いた限りでは 30歳で700万程度という話だ。 SIerの中では、給与水準としては上位レベルである。 労働環境については、過去私が就活をしていた時には残業をモリモリしていた会社という印象があるが、近年はさすがに改善されていると思う。 過去は、深夜残業当たり前という会社だった。 なお、給料と福利厚生については私が独自に友人などから入手している情報なので、最新の人事制度変更などにより変わっている可能性がある。 NSSOLの採用のポイント ぶっちゃけ、内定が欲しいのであればインターンシップに参加するのが一番いい。 インターンシップに参加できれば、そのあとはNSSOLの囲い込み作戦があなたを待っている。 定期的な飲み会や就活解禁日前の事前面談など、時間は結構取られるが、 面白い経験もできるだろう。 このようなやり方をしていて経団連との関係は大丈夫なのかと、しなくても良い心配をしたりしてしまう。 NSSOLの志望動機の書き方 中堅どころのSIerはどこもそうだが、企業ごとの差別化が非常に難しい。 並みの志望動機では、 「ほかのSIerじゃダメなの?」という質問に答えられない。 つまり、説得力のない志望動機になってしまう。 その中でも、NSSOLは比較的会社に特徴がある方である。 例えば、私から見たNSSOLの特徴は以下の通り。 新日鐵のDNAを受け継ぐ、仕事への情熱と正確性を持った会社である• SIerの中では珍しく研究所を持っており、技術動向の変化が激しいIT業界の中で最先端の仕事ができる会社である• 社員は熱く・親しみやすい人が多い。 また、能力的にも優秀な人がそろっている• ユーザ企業の子会社でありながら、新規事業に積極的に取り組む機動力がある これらの特徴を、自分のやりたいことや実現したいことつなぎ合わせれば、必然的に志望動機ができる。 例えば、私のやりたいことが 「IT技術の専門家として活躍したい」「さらに、自分の知識を社会に還元したい」ということであれば、志望動機は以下のようになる。 NSSOL の志望動機の例 高いレベルでの研究開発からサービス化まで行える企業。 この環境なら私の目標が達成できると確信しています。 (再度の結論) この志望動機では、NSSOLという会社や、その社員の方に対して感じた私の思いを入れ込んだ。 また、研究所を持っているなど、技術面の強さを理解したうえで、その場所で私も活躍したいという気持ちを入れている。 経験者たちの志望動機を参考にする 新日鉄住金ソリューションズの志望動機の書き方はこんな感じだろうか。 繰り返しだが、私が過去に新卒で新日鉄住金ソリューションズを受けたときの記録はこちら。 インターンシップ参加から最終面接までレポートしている。 また、就活に関する記録は、インターネット上に山ほど転がっている。 最近では インターネットで志望動機や実際に受けた面接の内容を共有するサービスも増えた。 昔であれば、みんしゅうのような 玉石混交・ある意味いい加減なサイトをしょうがなく利用していたが、最近ではきちんと運営が管理する、質の高い情報共有サイトが増えてきた。 例えば、 過去の就活生のエントリーシートや就職記録を集めたというサイト。 は、 日本最大級のエントリーシート・就活記録の掲載サイトで、なんと1000社以上の合格エントリーシートを読むことができる。 利用はすべて無料。 志望動機を考えるうえで、ほかの人の志望動機の構成を見ることは参考になる。 このような情報共有サイトはかなり有用だ。 登録先のリンクはこちら。 すでに登録されている方も多いかもしれないが、まだ登録していない方は、この機会に登録しておくと良いと思う。

次の

インターンシップ|採用情報|東芝

日 鉄 ソリューションズ インターン

「DX」という言葉をご存じですか? DXはデジタルトランスフォーメーション(Digital transformation)の略称で、「データとデジタル技術を活用した変革」を意味しています。 2018年に経済産業省からDXに関するガイドラインとレポートが発表され、日本国内で一気に浸透してきた概念です。 NSSOLは、お客様企業の競争上の優位性を確立していく「ファーストDXパートナー」になるべく、AI(人工知能)やIoT(インターネット・オブ・シングス)、ビッグデータ分析など最新のデジタル技術を活用し、お客様とともに業務や組織、プロセスの変革にチャレンジしています。 インターンシップでは、様々な業種におけるお客様の「ファーストDXパートナー」を目指すNSSOLの業務を体感していただけるプログラムをご用意いたしました。 今年も多くの皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。 NSSOLのDXの取り組みについて もぜひご参照ください。 内容 【導入】 システム構築の流れ、SEの仕事内容 【実践ワーク】 お客様のニーズ把握からシステムの基本設計までの業務の一部を実際の案件に触れつつ理解していただきます 【成果発表会】 各チームのワーク成果を他のチームの前で発表 【フィードバック】 当社社員から学生の皆さんへのフィードバック 【その他】 SE社員との交流会• 資格・対象 IT業界に関心のある方• 募集人数 60名程度• 報酬・交通費 報酬・交通費実習手当/なし 交通費/なし(ただし、遠方の方には会場までの交通費を支給します) 宿泊/必要に応じ宿泊を手配(費用は当社負担) ABOUT 概要 DX化が進んだ世界では、データ活用やデジタル技術により、既存の概念を超えた業務の形が求められることになります。 NSSOLの営業は、これまで培ってきた高い技術力と多様な業種での業務ノウハウを生かして、DX時代のコンサルティング営業にシフトチェンジしていきます。 インターンシップでは、当社営業社員がお客様役を務め、業務改革の提案依頼を皆様に投げかけるところからスタートします。 ヒアリングを進めながら顧客の課題の真因分析や、競合他社との差別化要素を考え、提案書作成からプレゼンテーションまでを実施します。 最終日にはインターン参加者同士のコンペティションを行い、「勝ち負け」にこだわる営業の熱さも体感できます。 内容 【導入】 実践型思考トレーニング、事業紹介など 【実践ワーク】 お客様の課題ヒアリング〜提案戦略立案~コンペティション(プレゼンテーション)までの業務の一部を実際の案件に触れつつ理解していただきます 【フィードバック】 コンペティションの受注チーム・優秀チームの表彰、営業幹部とのディスカッション 【その他】 営業社員との交流会• 資格・対象 IT業界に関心のある方• 募集人数 30名程度• 報酬・交通費 実習手当/なし 交通費/なし(ただし、遠方の方には会場までの交通費を支給します) 宿泊/必要に応じ宿泊を手配(費用は当社負担)• 内容 【導入】 IT業界の最新のトレンド、ビジネス創造手法など 【実践ワーク】 IT業界の変遷を辿るボードゲーム、新規事業創造ワーク 【フィードバック】 マネジメント層によるレビュー 【その他】 最前線で活躍する社員との交流会• 資格・対象 IT業界に関心のある方• 募集人数 30名程度• 報酬・交通費 実習手当/なし 交通費/なし(ただし、遠方の方には会場までの交通費を支給します) 宿泊/必要に応じ宿泊を手配(費用は当社負担)• 実施期間 2020年8月~9月のうち3週間程度• 募集人数 各テーマ:1〜2名• 報酬・交通費 実習手当/支給あり(日当7,500円) 交通費/支給あり(遠方の方には横浜までの交通費を支給します) 宿泊/必要に応じ宿泊を手配(費用は当社負担).

次の