ジュラルドン 強さ。 中村悠一 X ジュラルドン

【ポケモン剣盾】「ジュラルドン」のシングル・ダブル単体考察まとめ【ソードシールド】

ジュラルドン 強さ

ジュラルドンの強い点 ・シングル・ダブル共に特殊アタッカー型がメジャー ・ダブルでは特性のすじがねいりが特に強力 ・強固な物理耐久で弱点のかくとう・じめんタイプの攻撃にも動じない ジュラルドンはソード・シールドで初登場したはがね・ドラゴンタイプのポケモンです。 攻守ともに優秀な固有タイプであり、 貴重なとくこうの高いはがねタイプでもあります。 ドラゴンタイプらしく 技のレパートリーも豊富です。 弱点はかくとう・じめんの2つと少なく、どちらも物理主体のタイプなため 高いぼうぎょと合わせて弱点をつかれただけではびくともしません。 ダブルバトルでは すじがねいりという貴重な効果の特性を持つため高い採用率を誇ります。 その高いスペックと独自性の強さからシングル・ダブル問わず重宝されるポケモンです。 ジュラルドンの運用方法(育成論・型紹介) ジュラルドンのメジャーな運用方法・型のサンプルを紹介していきます。 採用される特性・性格・技構成・持ち物・努力値調整を掲載しています。 運用例1 特殊アタッカー基本型 シングル ジュラルドンの対策方法 ・特殊技による攻撃が有効 ・ダブルでは弱体化と合わせると倒しやすい 耐性が優秀で弱点が少なく、物理耐久が高いためかくとうタイプとじめんタイプでは倒しにくいです。 とくぼうが低いため 特殊攻撃で倒すようにするといいでしょう。 十分にとくこうが高いポケモンであればとつげきチョッキ持ちでも 等倍以上の攻撃でかなりのダメージを与えることができます。 ダブルバトルの場合、「うそなき」などで とくぼうを下げて弱体化させることで ダイマックスしている場合も安定して倒しやすくなります。 各種解説 この項目ではジュラルドンの基本的な情報を掲載しています。 特性について、採用される技について、候補になる持ち物について解説してきます。 ジュラルドンの特性解説 りゅうのキバ ドラゴンタイプの攻撃技で与えるダメージが1. 2倍になる 攻撃力を上昇させるアイテムです。 こだわりハチマキとこだわりメガネはダイマックス中は無効化されるため、 主に シングルバトルでサイクル戦をする場合に有用です。 いのちのたまは倍率が高く小回りも効くのが利点ですが、 攻撃後の体力減少にによりやや耐久力を削ぐ欠点があります。 たつじんのおびをはじめとした攻撃力を1. 2倍にするアイテムは倍率が低めなものの、 ダイマックス中にも効果が発揮される上に持ち物を相手に悟られずに済む利点があります。 それぞれにメリット・デメリットがあるので型や戦法に合わせて好みの持ち物を持たせるといいでしょう。 レッドカード 相手の攻撃を受けると発動し、一度だけ相手を交代させる 発動すると相手を交代させる持ち物で、主に起点づくり型で ステルスロックと組み合わせて使用します。 ジュラルドン単体考察のまとめ ・はがね・ドラゴンという攻守共に優秀なタイプ、高い物理耐久ととくこうが魅力的 ・独自性が強く、競合が少ないため環境が変化しても一定の採用率を維持している ・シングル・ダブル共に特殊アタッカ-型がメジャ- ・高火力な特殊攻撃が対策として一般的 ジュラルドンはオンリーワンな長所を多くもつポケモンで、環境が変化してもシングル・ダブル共に一定の採用率を維持しています。 特にダブルバトルではすじがねいりという強力かつ貴重な効果の特性持ちであることから、シングル以上に採用率の高いポケモンです。 ポケモン剣盾 初心者向け記事リンク 当サイト『ポケモンまとめマスター』では、ポケモンソードシールドからポケモンを始める人、対戦を始めようと思っている人に向け、初心者向けの記事を用意しています。 攻略や調べ物にお役立てください。

次の

ジュラルドン+トゲキッス(ガラルダブルシリーズ1使用構築) ※12/24追記

ジュラルドン 強さ

記事末尾に新しいバージョンのレンタルをつけておく 構築経緯概略(思考回路)は以下。 ・バンドリ+キッス(格闘地面を吸う)がなかなか強い。 やりたいことやってくる連中に制圧されまくる。 ・もっと太い勝ち筋やS操作をガンガン入れよう。 ・まずバンドリキッス以外を全部解雇。 ・使われて強いなと思った珠ジュラルドン採用。 ・切る前提だが硬くて超火力で指にも猫にも邪魔されなくて強い。 ・4thGSにもあるキッス+みたいなもの。 ジュラルドン:控え目CS気味 特性でこの指やサイドチェンジ絡みの面倒な拓、避雷針などを無視できるのが大変強く、ックスターンが無駄になりにくい。 ックスを切ると 「猫とこの指を無視できる」になるわけで、こう書くと滅茶苦茶強そうに思える。 基本的にササッとックスを切るため技は総じて威力高めのもの。 流星群: に吸われない。 ラスターカノン:手助けorバンギの雪崩込みでD特化リリバブリムオン一撃。 イエッサンに吸われない。 雷:ダイサンダーでH振りギャラを余裕の確一。 避雷針で吸われない。 :バンドリノラゴンを見てうれしそうに出てくるをダイソウゲンで消し飛ばす。 H振り程度ならトドンも一撃。 配分はほぼCS。 は地面技ではなく系の技しか半減しない。 特殊方面は脆いがックスすればまあそこそこ。 雑感 ・ジュラキッス+エルノラゴンが基本選出。 だいたいこれで行けた。 ・バンドリがアーマーガアを呼びまくるのでジュラルドンがぶっ刺さる。 ・全力でトリルを貼ってくるギミックパにはかなり強い。 ・相手のバンドリは重いと思いきや全然大丈夫。 ・ジュラルドンが1ターンに一体倒す前提みたいなとこがあるため、壁張りオーロンゲとかが重い。 ・さすがに発売から時間がたってダブルも層が厚くなってきて二桁到達どころか三桁キープが結構きつい。 ・1000位前後をうろうろ。 にも書いたがこのへんからギミックのぶつけ合いだけではなくなり、ギミック+立ち回りのぶつけ合いになる感じがある。 守る搭載率なんかも高くなってくる。 また晴れになることが結構あったというのもある。 — stoic stoic4486 stoic4486.

次の

ジュラルドン+トゲキッス(ガラルダブルシリーズ1使用構築) ※12/24追記

ジュラルドン 強さ

はじめに こんにちは、初めましての方は初めまして、ミナミのコアリクイと申すものです 今回は先発ステロ撒きやS操作役としてのジュラルドンをご紹介させていただきたいと思います エースバーン環境の中でもしっかりと独自の動きと仕事ができ、汎用性も高く、初心者の方にも使いやすい型になっているかと思います どうぞよろしくお願いします 注意• 特に理由がない限り互いに理想個体を想定します• この育成論では「HP・こうげき・ぼうぎょ・とくこう・とくぼう・すばやさ」についてそれぞれ「H・A・B・C・D・S」という略称を用います• ダイマックスをDMと略して表記しています• ダメージ計算はダメージ計算SS様とポケソル様のものを使わせていただいています• その他質問などはコメント欄にてよろしくお願いします 採用理由 一言でいうとギャラドスなどダイジェットエースのサポートができる先発役ですね 流行りのエースバーンもかなり意識しています 非常に受けづらく、素早さもあるエースバーンは対策が非常に難しいポケモンですが、分かりやすい対策が1つあります それは、ギャラドスなどのダイジェットエースをエースバーンが着地するよりも先に展開して、上から粉砕することです しかし、相手もそれは理解しています 先発ギャラドスvsエースバーンで対面する分にはダイジェットの打ち合いにSの差で有利をとれるので、エースバーンを先発に投げてしまう または、エースバーンに襷カウンターを仕込むなどの対策をとってくるでしょう そこで、ステルスロックを撒くことができ、先発でエースバーンと対面したとしても、Sを下げた状態で味方のダイジェットエースに引き渡せる先発役が欲しくなるわけです ここでジュラルドンは、• がんせきふうじを習得可能かつ一回で最速ドラパルトさえ抜けるS種族値• ステルスロックを習得可能• てっていこうせんによる自主退場• 鋼タイプなのでダイジェットを誘いにくい など、求められる要件を満たしています また、特にギャラドスとは弱点を互いにケアし合う事ができる関係にあり、物理と特殊で攻撃範囲を分担できるため、相方としてのジュラルドンの価値は非常に高いです 他のステロ撒き型との差別化• ダグトリオ・イワークなど ダグトリオは先述した先発役としての要件をほぼ満たしているポケモンです 特性すなじごくでエースバーンをキャッチでき、がんせきふうじ・おきみやげ・ステルスロック・ふいうちを習得でき、ちょうど1高いS種族値から地面技を叩き込めるなど、「をシバくためにガラルにやってきたのでは…?」とすら思える性能ですね また、イワークは特性がんじょうで襷を使わずとも行動保証があり、そこそこ早く、がんせきふうじ・ステルスロック・ボディプレス・だいばくはつなどを習得可能です エースバーン対策だけならダグトリオやイワークの方が優秀ですが、ジュラルドンは型の多さと削りができる範囲に優位点があります ダグトリオやイワークは、すぐに「起点作成役だろう…」と予想が立てられる一方で、ジュラルドンはチョッキや鉄壁ボディプレス、スカーフ型など、いくらか型にバラツキがあります また、ジュラルドンは広範囲を等倍以上で攻撃できるドラゴン打点をタイプ一致かつフェアリーを誘わずに扱う事ができるなど、鋼タイプ以外にはそれなりに削りを期待する事ができます• タスキドリュウズ 陽気AS 地震・アイヘ・岩石封じ・ステロのような型のドリュウズも強力なライバルとなりますが、特に自主退場技の火力と耐久で差別化できます 特に、B4ドリュウズは陽気. A252. リベロエースバーンの珠ダイジェットで確定2発ですが、無振ジュラルドンはこれを確定3発に抑えます 意地っ張りでも24. C252. S236 実数値:H145. A118. B135. C172. D63. S148• S:準速95族抜き• C:ぶっぱ• A:余り• 6V推奨 Sに関しては、最速85族と同速勝負をしたければ、Aから回してぶっぱでも良いと思いますが、スカーフ準速95族を相手に岩石封じからもう一回動ければ基本的に十分かなと思います 耐久に関してはそもそも襷ですし、イカサマのダメージ量を気にしたり、DMを積極的に切ったりするような型ではありません よって、もともと低く連続技も少ない特殊耐久を切り捨てて岩石封じのダメージ量を優先し、後の乱数勝負が少しでも有利になればという意図で性格を無邪気に、努力値の余りをAに振っています 被ダメージの欄でも少し触れていますが、Dに下降をいれてもあまり確定数は変わりません わざ構成 ステルスロック コンセプト的に確定 タイプ一致の威力140特殊はがね技 体力の半分のダメージを受けますが、起点回避や自主退場として使えるため寧ろメリットです 自ら退場する事でダイジェットなどの追加効果や自信過剰を透かす事ができ、下げたSをそのままにダイジェット圏内まで削りを入れつつエースに引き渡す事ができます 対エースバーンは不意打ち読みでステルスロックを撒く択もありますが、ダイジェットでSを戻されるのが一番面倒なので、がんせきふうじ後はさっさと落とされた方が安全です ちなみにHPが奇数でも2回打てば確実に倒れますので、HP実数値を調整する意味は乏しいです• H4トゲキッス 126. H4ミミッキュ 178. H252カビゴン 39. H252マリルリ 65. H244. 輝石ポリゴン2 40. H252アシレーヌ 53. H252. D4カバルドン 67. H4ガラルヒヒダルマ 200. H252ラプラス 49. H4ギャラドス 33. 無振ドラパルト 163. H4ガラルヒヒダルマ 93. 無振ウォッシュロトム 80. H252ウォッシュロトム 63. 無振サザンドラ 137. H4ギャラドス 61. 無振パッチラゴン 170. A252ドラパルト 鉢巻ドラゴンアロー 82. A252. リベロエースバーン 珠ダイジェット とびはねる 44. A252ミミッキュ 珠じゃれつく 51. A252. ちからもちマリルリ じゃれつく 57. C252水ロトム ボルトチェンジ 33. A252ドリュウズ じしん 107. C252トゲキッス エアスラッシュ 40. ギャラドス ダイジェットを積めばエースバーンなぞ恐るるに足りません、蹂躙しましょう ジュラルドンの展開から一気に決めにいけるフルアタ自信過剰が特に相性がいいです 持ち物はお好みで、• ミミッキュ 先発の襷や弱保ドラパルトなどをケアする事ができ、ギャラドスが荒らした盤面を確たる勝利まで安定して回収できるスイーパー ジュラルドンやギャラドスは鋼ポケモンを誘うのでドレインパンチを採用すると使いやすいです• エースバーン 最強の敵は最強の味方 上述したギャラドスと同じようにジュラルドンが作った起点からダイジェットを打ちにいっても強いですし、ジュラルドンを選出し辛いやナットレイがいる時のサブの先発としても安定しやすく、パーティにいると非常に頼りになります じめん弱点は被りますが、だいたいダイジェットを打つのでそんなに問題ありません 運用上の注意 の並びで受けループやトリル展開に対応する事は難しいため、それらに対応できるサブプランをパーティにしっかり仕込んでおきましょう またギルガルドなどの高耐久はがねポケモンが見込まれる場合も選出は慎重になった方がいいかと思われます また貴重なタスキの枠を使ってしまい、使用する技がどれも命中不安とまでは言わずとも必中ではないことは欠点といえます まぁ、張り切り過ぎて技外しや要らん急所を引いちゃうのはゆるしてやって下さい…笑 おわりに いかがだったでしょうか? 新環境になっても立ち位置はそこまで変わらないポケモンだと思いますし、相方のギャラドスの地位はエースバーンやゴリランダーなどの台頭で相対的に高まると思いますので、興味が湧けばぜひ育成してやってください ちなみにキョダイゲンスイが弱すぎるので非キョダイマックス個体推奨ですが、そもそもあまりDMをしない型なので、こっそりキョダイマックス個体を使ってもあまり影響がないです キョダイジュラルドンが好きな方は使ってやってもいいかも知れません…笑 ご高覧ありがとうございました!.

次の