安達祐実 花宵。 楽天ブックス: 花宵道中

花宵道中 | 無料映画倶楽部

安達祐実 花宵

安達祐実が津田寛治との濡れ場の秘話を明かした 安達祐実の約20年ぶりとなる主演映画『花宵道中』の初日舞台挨拶が11月8日にテアトル新宿で開催され、安達をはじめ、淵上泰史、小篠恵奈、友近、津田寛治、豊島圭介監督が登壇。 デビュー30周年を迎え、大胆なヌードと濡れ場に挑戦した安達は「ヌードになったことはひとつの大きな挑戦」とコメント。 「『花宵道中』は30周年の集大成ではなく、スタートだと思っている。 これを区切りにして、またここから一歩ずつ踏み出していきたい」と強い決意の言葉を語った。 第5回「女による女のためのR-18文学賞」で大賞と読者賞をダブル受賞した宮木あや子の同名小説を映画化した本作。 遊女の切ない生き様を描く物語だ。 台湾、香港、韓国などアジア各国でも続々と公開が決まっているという。 安達は「すごく嬉しい」とニッコリ。 「日本では私は、小さい頃から皆さんに見守られて育ってきましたが、私のことを知らない国の方たちが見てどう感じるのがすごく興味がある」と目を輝かせていた。 悲しい運命を背負った遊女・朝霧を演じたことで、「今までの自分とはまた違う発見があった」と安達。 劇場には女性客も多く見受けられたが、「命をかけるほど人を愛せたらいいなとか、人を愛することはこんなにも尊くて美しいんだということを感じてもらいたい」と女性にメッセージ。 また、津田との濡れ場については「津田ショックがあった」と津田の激しい演技に驚いた様子。 「台本を読んでいて、もうちょっとねっとりした場面になるのかなと思っていた。 実際に津田さんとリハーサルをやることになったら、想像以上にアクロバティックなシーンになって!これは運動、スポーツだなと思った」と話して、会場の笑いを誘っていた。 一方の津田は、「安達さんが本当に腹を決められていた」と安達の覚悟に感心しきり。 さらには「とにかく監督には、『乳首をつねってくれ』と言われて」と豊島監督の乳首へのこだわりを暴露。 「最初は柔らかく揉むように。 それから最後にキューっとってね!」と熱く濡れ場の撮影を振り返ると、会場も大爆笑だった。

次の

安達祐実、津田寛治の激しい濡れ場演技にショック!「想像以上にアクロバティック」

安達祐実 花宵

江戸末期の新吉原。 叶わぬ恋とは知りながら、それでも儚い夢を見てしまう・・・。 『花宵道中』 遊女たちの甘美で美しくも、哀しく切ない生き様を、赤裸々かつ繊細な筆致で描いた、 宮木あや子さんによる小説 「花宵道中」は、 2006年第5回 「女による女のためのR-18文学賞」で大賞・読者賞をW受賞。 R-18文学賞受賞『花宵道中』安達祐実その後、連作短編として新潮社より書籍化されるや、女性層を中心に共感を呼び、単行本、文庫合わせて、約12万部のベストセラーに。 さらに小学館にて漫画化、女性セブンで連載されると大きな話題を呼び、こちらも累計30万部を超えるヒット作となっています。 その傑作小説が、最高のキャストとスタッフを得て、満を持して映画化されました。 豊島圭介監督のもと、かつて「吉原炎上」、「陽暉楼」、「おもちゃ」等、遊郭や花街を舞台にした数々の名作を生んできた東映京都撮影所で撮影。 2013年12月に撮影を終え2014年4月に完成を予定しているそうです。 『花宵道中』安達祐実 花魁姿花魁の悲しい運命を背負った主人公・朝霧を演じるのは、女優・安達祐実。 相手役に淵上泰史、妹女郎役に小篠恵奈が扮するほか、三津谷葉子、多岐川華子、立花彩野ら若手女優陣が彩りを添え、高岡早紀、友近、津田寛治らベテラン個性派共演陣が脇を固めています。 花魁の役は今までやったことがなかったので嬉しかったですし、今の私にはとてもいい役だと思いました。 素敵な作品です。 その世界観をどう表現するかは総合力だと思うので、私はただ、役の心や想いに集中して演じるようにしていました。 無駄な部分のない、澄んだ脚本で、とても良い! と思いました。 時代劇や花魁だからといって、特に苦労した点はありませんでした。 花魁道中の場面では、衣装やカツラが物凄く重たかったですが、素敵な場面になっています。 豊島監督とは以前、TVドラマでお仕事させていただきました。 大好きな監督ですし、絶対にまた一緒にお仕事がしたい!と思っていましたので、本当に嬉しかったです。 共演者の方々は、皆さん個性的で(笑)。 特に津田寛治さんは、役への入り込み方、現場での居方、人に対しての接し方など、感動しました。 このサイトでご紹介しやすいです。 囚われの身ながらも地道に働き、間もなく年季明けを迎えようとしていた人気女郎・朝霧(安達祐実)は、縁日で半次郎という青年と出会う。

次の

花宵道中 | 無料映画倶楽部

安達祐実 花宵

江戸末期の新吉原。 叶わぬ恋とは知りながら、それでも儚い夢を見てしまう・・・。 『花宵道中』 遊女たちの甘美で美しくも、哀しく切ない生き様を、赤裸々かつ繊細な筆致で描いた、 宮木あや子さんによる小説 「花宵道中」は、 2006年第5回 「女による女のためのR-18文学賞」で大賞・読者賞をW受賞。 R-18文学賞受賞『花宵道中』安達祐実その後、連作短編として新潮社より書籍化されるや、女性層を中心に共感を呼び、単行本、文庫合わせて、約12万部のベストセラーに。 さらに小学館にて漫画化、女性セブンで連載されると大きな話題を呼び、こちらも累計30万部を超えるヒット作となっています。 その傑作小説が、最高のキャストとスタッフを得て、満を持して映画化されました。 豊島圭介監督のもと、かつて「吉原炎上」、「陽暉楼」、「おもちゃ」等、遊郭や花街を舞台にした数々の名作を生んできた東映京都撮影所で撮影。 2013年12月に撮影を終え2014年4月に完成を予定しているそうです。 『花宵道中』安達祐実 花魁姿花魁の悲しい運命を背負った主人公・朝霧を演じるのは、女優・安達祐実。 相手役に淵上泰史、妹女郎役に小篠恵奈が扮するほか、三津谷葉子、多岐川華子、立花彩野ら若手女優陣が彩りを添え、高岡早紀、友近、津田寛治らベテラン個性派共演陣が脇を固めています。 花魁の役は今までやったことがなかったので嬉しかったですし、今の私にはとてもいい役だと思いました。 素敵な作品です。 その世界観をどう表現するかは総合力だと思うので、私はただ、役の心や想いに集中して演じるようにしていました。 無駄な部分のない、澄んだ脚本で、とても良い! と思いました。 時代劇や花魁だからといって、特に苦労した点はありませんでした。 花魁道中の場面では、衣装やカツラが物凄く重たかったですが、素敵な場面になっています。 豊島監督とは以前、TVドラマでお仕事させていただきました。 大好きな監督ですし、絶対にまた一緒にお仕事がしたい!と思っていましたので、本当に嬉しかったです。 共演者の方々は、皆さん個性的で(笑)。 特に津田寛治さんは、役への入り込み方、現場での居方、人に対しての接し方など、感動しました。 このサイトでご紹介しやすいです。 囚われの身ながらも地道に働き、間もなく年季明けを迎えようとしていた人気女郎・朝霧(安達祐実)は、縁日で半次郎という青年と出会う。

次の