お 宮参り 母親 服装。 お宮参りの服装・装い お宮参りは何を着る?赤ちゃんと両親の服装、髪型は?|プレシュスタジオ

お宮参りの服装・装い お宮参りは何を着る?赤ちゃんと両親の服装、髪型は?|プレシュスタジオ

お 宮参り 母親 服装

お宮参りは、赤ちゃんが産まれてから最初に行う大切な行事です。 お宮参りをする時期や場所、服装など、準備に役立つ情報をご紹介します。 お宮参りとは? お宮参りは、本来は生まれたばかりの赤ちゃんを土地の氏神様に参拝させて、新しい氏子として祝福をうけるという意味がありました。 現代では、赤ちゃんが無事に産まれたことを感謝し、健やかな成長を祈る行事として行われています。 赤ちゃんが産まれてから約1か月後、男の子は生後31日目、女の子は生後33日目に行うとされていますが、最近ではそれほど厳密ではなく、赤ちゃんと母親の体調、家族の都合、お天気などが良い日を選ぶと良いでしょう。 真夏や真冬にかかる場合は、過ごしやすい気候になるのを待っても差し支えありません。 一般的には地域の氏神様である神社で行いますが、自分の好きな神社でお宮参りを行う人も増えてきました。 なかには安産祈願をしていただいた神社に、出産のお礼もかねてお宮参りをするというケースもあります。 お宮参りで何をするの? お宮参り当日のスケジュールは家族の都合、地域の風習なども大切にしたいものです。 あらかじめ何をするのか、どのようにするのか、家族で話し合っておくと良いでしょう。 正式なお宮参りの作法では、赤ちゃんを抱くのは父方の祖母とされています。 これは、お産が「穢れ」とする考えから来るもので、母親はまだ忌明けがすんでいないため、代わりに父方の祖母が抱くというわけです。 母親がお宮参りに参加しない地方さえありましたが、これは産後の母親の体調を気づかってのことだとする説もあります。 お詣り 神社への参拝は、お詣りするだけの場合と、ご祈祷をうける場合とがあります。 お詣りだけの場合、一般的な神社への参拝と同様です。 お賽銭を入れてから鈴を鳴らし、「ニ礼、二拍手、一礼」のお詣りをします。 ご祈祷をうける場合は、事前に社務所に連絡してから参拝に出かけます。 お宮参りの祈祷料(初穂料や玉串料と呼びます)は一般的に5000円~1万円が目安。 白い封筒または祝儀袋(紅白、蝶結び、のしなし)に入れて渡しましょう。 表書きは上段に「御初穂料」もしくは「御玉串料」、下段に赤ちゃんの姓名を書きます。 拝殿の中に入って15~30分程度のご祈祷となるため、始まる前にオムツ替えや授乳をすませておきましょう。 記念撮影 記念撮影は参拝日当日、カメラマンに出張撮影を頼んだり、神社内に併設されている写真館で撮影したりすることもありますが、多くは赤ちゃんの体調やご機嫌を考えて、別の日に写真館(フォトスタジオ)や、レンタル衣裳の撮影プランなどを利用して撮影されているようです。 なお、神社で撮影する際には、撮影できないエリアや対象物などを事前に確認しましょう。 あいさつ回り、会食 お宮参りの後、ご近所や親戚へのあいさつ回りをするしきたりがありますが、母親や赤ちゃんの体調次第で考えましょう。 最近では、お宮参りの後に会食することも多いようです。 服装はどうする? それではお宮参り当日は、何を着たら良いのでしょうか。 それぞれの服装についてご紹介します。 赤ちゃんの服装 お宮参りの赤ちゃんの正式な服装は、白羽二重の内着に祝い着を掛けた和装ですが、最近ではベビードレスやカバーオールの上に祝い着を掛けるスタイルが主流です。 祝い着は、赤ちゃんを抱いている人の後ろで結びます。 地域によっては、そこにお守りをつけることがあります。 祝い着のデザインには男女で違いがあります。 男の子は、鷹や兜、龍や虎など強くたくましいイメージ柄のものが人気で、女の子用には、蝶、手毬、鈴、御所車や鼓などの華やかで上品な柄がよく使われています。 両親の服装 両親の服装に決まりはありません。 家族の服装は赤ちゃんに合わせるという原則を意識して、赤ちゃんが祝い着で正装をしている際はできるだけ両親もフォーマルな服装を選びましょう。 父親は略礼服に白のワイシャツ、白ネクタイが基本ですが、ダークスーツでも構いません。 和装の場合、男性は紋付き袴が正装ですが、現代では珍しく、赤ちゃんよりも目立ってしまうでしょう。 母親は和装にされる方もいますが、産後の体調を重視して、洋服でも全く問題ありません。 授乳服にきちんと感のあるジャケットを羽織ったり、フォーマルなシーンに使えるワンピースなどを着ても良いでしょう。 祖父母の服装 赤ちゃんが着物・和装の場合には、祖母も色無地や訪問着などの和服にするのが正式なしきたりですが、赤ちゃんの両親が略礼装なら、祖父母も略礼装で構いません。 どのような格のものを着るかよりも、格を合わせる方が大切です。 特に父方と母方の両家の祖母が揃って参列する場合には、服装の格を合わせるようにしましょう。 最後に お宮参りは、大切な赤ちゃんの誕生を祝い、今後の健やかな成長を祈るための行事です。 しっかり準備をしてお母さんと赤ちゃんの体調や家族の都合に合わせて行いましょう。

次の

お宮参りの服装】ママ、赤ちゃん、祖母、パパ、祖父母、春・夏・秋・冬、レンタル

お 宮参り 母親 服装

この記念撮影コラムの目次• お宮参りの赤ちゃんの服装、祝い着とは(女の子編) お宮参りの正式な和装は、肌着の上に着せる白羽二重(しろはぶたえ)と言われる真っ白なお着物の上に、色のついた掛け着を掛けます。 掛け着とはお祝いの時に着る晴れ着のことで、祝い着や初着・産着(うぶぎ)とも呼ばれます。 最近では、ベビードレスを着せた上から掛け着を羽織らせたり、フォトスタジオで着物を掛けた写真を撮ることが多いためベビードレスでお参りに行く方も増えています。 女の子の掛け着の色 女の子用の掛け着 祝い着、産着 の色合いは、明るく華やかな色味が多く使われます。 赤色や桃色、薄い黄色や水色などが多く、なかでも華やかで可愛らしい赤やピンクが人気です。 女の子の掛け着の絵柄 女の子のお宮参りの着物によく使われる絵柄は、美しい成長と人々からの祝福を願う気持ちが込められている御所車や花車、蹴鞠が貴族の遊びだったことから高貴さや品を表す華やかな鞠、音を出すことで邪気を追い払い神に呼びかけ祈りや願いを届けると言われる鈴の柄がよく使われます。 また、美しく成長し高く羽ばたく姿をイメージした蝶の柄や、飛躍を表したうさぎの柄が使われることもあります。 加えて、美しさや気品を表した牡丹、日本の国花である桜や梅などがよく使われています。 色味と同じく、女の子用の掛け着 祝い着、産着 は、明るく華やか、可愛らしいデザインのお着物に人気があります。 お宮参りの赤ちゃんの服装、祝い着とは(男の子編) 男の子のお宮参りでは、掛け着の色やデザインに女の子と大きく違いがあります。 男の子の掛け着の色 掛け着の色は男の子の場合、黒・濃紺・深緑などの濃い色合いのお着物が一般的ですが、キリッとしたりりしい色の掛け着だけではなく最近では白やベージュ(生成り)などのやわらかくお洒落な色も人気です。 男の子の掛け着の絵柄 着物のデザインはお祝いごとなので、男の子の出世や大成を意味するおめでたい熨斗目模様(のしめもよう)や兜、軍配、鷹、亀甲花菱や宝尽しなどの縁起物のモチーフが多いです。 スタンダートな柄のほか、個性的な柄としては虎や龍といった、男の子に元気に健康で、そして勇ましく育って欲しいという想いを込めたデザインもあります。 地域によっては男の子のお宮参り着物に家紋を入れるところもあり、この掛け着は仕立て直すことで3歳・5歳の七五三のお参りや記念撮影にも着ることができます。 お宮参りだけでなく、思い入れのあるお着物を成長とともに長く着られることができます。 お宮参りのベビードレスはどう着せる? お宮参りのベビードレスは、お宮参りの季節や天候に合わせて着せてあげましょう。 ベビードレスの上下に着る服で温度調整をしてあげると体温調節が苦手な赤ちゃんも快適に過ごせます。 ベビードレスの下には、短肌着または長肌着・コンビ肌着を着せ、その日の天候や気温よって肌着の上にツーウェイオール(ベビー服)などを着せてあげるのが一般的です。 シーズン別のお宮参りの服装調節 春や夏の汗ばむ時期はベビードレスの下に短肌着を着せます。 特に暑い日の場合、ベビードレスの下は短肌着だけの方が過ごしやすいかもしれません。 また、秋や冬の寒い時期は肌着を重ね着させたり、ベビードレスの下(または上)にベストや胴着を着せたりしてあげましょう。 特に寒い日の場合は、おくるみやアフガンを用意して、ベビードレスの上から体を温められるようにしておくと安心かもしれません。 また、ベビードレスの上にはケープをかけてあげることも多いようです。 取り外しができるケープは冬の寒さだけでなく、夏の冷房の効いた室内の防寒に使用できます。 最近のお宮参りはベビードレスのみ着せるケースも多いので、お着物を着せるかどうかによってもベビードレスの服を調整してあげましょう。 夏の暑い日の場合、お着物は神社で祝詞をあげてもらう時や記念写真を撮るときだけでも良いかもしれません。 お宮参り当日は天候や気温にあわせてベビードレスを着せ、お子様の様子を見てこまめに体温調節してあげることが大切です。 お宮参りの両親の服装は?着物を着るべき? お宮参りの際の服装は、必ずしもこれを着なくてはいけないという格好のルールはなく、赤ちゃんが和装だからといって、参列者も着物を着なくてはいけないというマナーもありません。 しかしながら、赤ちゃんが初めて神様と挨拶をする儀式・お祝いごとでもあるので、着物でない場合はしっかりとしたフォーマルな服装が好ましいでしょう。 母親のお宮参りの服装は 昔は、赤ちゃんの母親と父方祖母は「黒留袖」を着るかたが大半でしたが、現在は着物や訪問着、洋装ならワンピースやスーツを着る方がほとんどです。 お参りの服装を考える上で一番気にしてあげたいのは、赤ちゃんやお母さんの体調です。 お参り当日の体調や動きやすさ、天候や気候などを考えて服装を決めても構いません。 お母さんは授乳も間隔がまだ短い時期ですので、外でも簡単に授乳してあげられる、授乳服のワンピースが便利です。 靴も赤ちゃんを抱っこするので、ヒールではなくフラットシューズなどの安定した靴が安心です。 アクセサリーについても同様に、赤ちゃんの事を考えるとつけなくてもいいでしょう。 父親のお宮参りの服装は 父親の服装は、スーツを着るのが一般的です。 赤ちゃんやお母さんが和装を着ていても、お父さんは和装をする必要はありません。 スーツについては、冠婚葬祭用を着用するのがいいと言われています。 私服を着る場合は、母親、父親どちらもカジュアルになりすぎないように、ブラウスやジャケット、ひざ下丈のスカートやパンツを着るといいでしょう。 なかには、しきたりにこだわるご家庭もありますので、祖父母と服装について話し合い、お参り当日に雰囲気が揃うように事前に相談しておくことが大切です。 お宮参りでママのおすすめの髪型は?和装・洋装・長さ別アレンジ お宮参りのとき、服装と並んで迷ってしまうのがママの髪型。 そこで、忙しいママ必見!のおすすめヘアアレンジをご紹介します。 和装・着物でお宮参りに行く場合 お宮参りは赤ちゃんの一生に一度の大事な記念日だからこそ、しっかり準備をしてママも和装をしたい!という方も多いもの。 お着物を着る場合の髪型で、おすすめなのがアップスタイル。 お宮参りでは、赤ちゃんの掛け着で両手がふさがってしまうからこそ、後れ毛はあまり出さず顔周りをすっきりとまとめるのがおすすめです。 また、お宮参りは赤ちゃんが主役のお祝い事。 可愛いから、と華美な髪飾りをつけたり、盛り髪をすることはあまりおすすめできません。 お参りをする際は、なにかと頭を下げることも多いはず。 お辞儀をした際に前髪が崩れてしまったけれど直すことができない…!なんてことのないよう、長い前髪はすっきりまとめておくと、安心です。 ショートヘアの場合も同様に、顔の横の髪の毛は編み込みなどですっきりと後ろにまとめたり、前髪をポンパドールにしておくと、髪型の崩れを気にせずお参りすることができます。 洋装でお宮参りに行く場合 出産から1ヶ月で、毎日バタバタしてしまってなかなかお宮参りの準備もできない…とお困りのママ。 ワンピースなどフォーマルな洋装でお参りに行く方もいらっしゃいますよね。 お宮参りの産着は、ママの背中で結ぶため長い髪を下したままだと何かと不便になりがちです。 和装ほどでなくとも、すっきりまとめておくのが良いでしょう。 編み込みや三つ編みで少しゆるめにまとめ髪をすると、可愛らしさも演出することができます。 ショート~ミディアムヘアの方は、毛先を巻いて華やかさをプラスしてみましょう。 前髪が長めの方は、ポンパドールにしたり、横に流してピンで留めるなど、両手がふさがっていても気にならないようにしておくことがポイントです。 お宮参りにおじいちゃんおばあちゃんが来る場合の服装は? お宮参りの際の祖父母の服装は、基本的にはフォーマルな服装で参拝するのがよいでしょう。 祖母の服装のポイント 祖母の場合は、黒留袖、色留袖、スーツ、ワンピースなどになります。 赤ちゃんが掛け着の場合、お母様とおばあ様も和装で揃えても素敵ですし、スーツでも問題はありません。 特に、父方の祖母は赤ちゃんを抱っこする役割がありますので、無理のない服装で参列しましょう。 ワンピースやスーツなどの洋装の場合は、黒や紺色、ベージュなどの派手すぎない色で無地のものがよいでしょう。 また、靴も洋服に合わせて黒や紺色など、落ち着いた色合いのものにしましょう。 祖父の服装のポイント 祖父の場合は、冠婚葬祭で着用するようなスーツがよいでしょう。 おじい様のスーツも黒や紺色、グレーなど落ち着いた色合いが好ましいです。 デザインは無地や薄いストライプなど、柄が入っていても構いません。 なお、祖父は赤ちゃんや祖母が着物であっても、和装である必要はありません。 おじい様もおばあ様も体調や天候、季節などによって無理のない服装をしましょう。 両家で相談して統一感ある装いを また、事前に赤ちゃんのご両親やもう一方の祖父母と相談し、参列者の服装を揃えると統一感が出て全体的なバランスが整います。 どちらか一方の祖父母が正装、もう一方がカジュアルな服装で参列した場合、カジュアルな服装で参列した祖父母は恥ずかしく感じてしまうかもしれません。 そのような事態も防ぐため、事前の相談を行い服装を統一することをおすすめいたします。 なお、父方の祖父母より母方の祖父母の方が格の低い服装で参拝するのがよいとされている場合もあります。 (和装の場合は父方の祖母が黒留袖の場合、母方の祖母が色留袖など) 以前に比べしきたりを重んじるご家庭も少なくなってはいますが、赤ちゃんのせっかくのお祝いごとですから、ご家族にとってよき日になるようあらかじめ打ち合わせをするとよいでしょう。 お宮参りの写真撮影は生後何日から?いつごろする? 生まれて初めて外出してのイベントとなるお宮参り。 一般的には男の子は生後31日目、女の子は32日目と言われております。 寒い時期に誕生した赤ちゃんですと少しでも温かくなった時期にずらして撮影する方もいます。 生後1ヶ月の赤ちゃんの撮影では寝ているか、泣いているかの撮影が多いですが、赤ちゃんの体内時計と撮影時間がピッタリとベストの状態だと起きている写真が撮れたり、奇跡の新生児スマイルが見られます。 新生児の面影を少しでも残したい方は生後1ヶ月が良い撮影時期かと思います。 まだ自分で温度調整が出来ないのでしっかりと準備をして外出しましょう。 中には、100日記念や、お食い初めの時に撮影される方もいます。 この時には約3ヶ月の赤ちゃんも色々な表情を出せるようになり、笑ってくれたり首周りもしっかりとして来ている時期でもあるので、色々なバリエーションで撮影ができ、手足をバタバタと動かす赤ちゃんらしい元気な姿も見られ、動きのある写真が欲しい方には良いかと思います。 お宮参りの衣装はレンタルできる? お宮参りの衣装は、フォトスタジオやネット通販などでレンタルを利用される方もいますが、やがて来る3歳の七五三で仕立て直しをして着ることもできるため、購入する方も多いです。 赤ちゃんのお宮参りとは初めて神様に挨拶する儀式というものであり、生まれて初めての公式的な行事ということもあって、親としてもドキドキするもの。 記念撮影のため、いざスタジオを予約し、撮影となったとき「記念に残る写真を撮るなら正式な衣装を着て撮影がしたいけど購入するのはちょっと…」「衣装は持ち込みでなきゃ撮影はできない?」なんて心配になっていませんか? こども写真館プレシュスタジオなら、お宮参り用の撮影衣装も無料でレンタルできます!女の子用、男の子用それぞれに人気のお宮参り用の掛け着のレンタルを承っておりますのでご安心ください。 また、スタジオ内の撮影だけでなくお宮参りの参拝に衣装をレンタルしたいご家族のために、プレシュスタジオでは「来店前掛け着レンタル」や「来店後掛け着レンタル」というサービスもございます。 来店前掛け着レンタルは、撮影の前にご自宅に掛け着をお届けするので撮影前に神社にお宮参りしたいというお客様にぴったりです!反対に、来店後掛け着レンタルではプレシュスタジオでの写真撮影後、そのまま衣装の貸し出しをしますので、撮影を終えてすぐに神社へお参りをしたいお客様にぴったりです。 今回はお宮参りの衣装についてお届けしました。

次の

お宮参りのときの母親の服装は? | お宮参り

お 宮参り 母親 服装

お宮参りの段取り・手順・当日の流れについて(お宮参りのタイミング ・参加者 ・日時 ・場所 ・参拝方法 ・赤ちゃんの服装 ・パパの服装・ママの服装・祖父母の服装 ・記念撮影の規模 ・食事の有無など) お宮参りの段取りについて はじめてのお子様のご誕生、毎日があっという間に過ぎてしまうもの。 段取りや日程調整をしていたらあっという間にお宮参りの目安の時期、一ヶ月が経過します。 失敗しないお宮参りの段取り方法についてご紹介いたします。 お宮参りとは、初宮詣(はつみやもうで)ともいい、住む土地の氏神様に赤ちゃん誕生のご報告と健やかな成長を祈願する、誕生はじめての行事です。 産土様(うぶすなさま)(お住まいの土地の神様を祭る神社)や特に崇敬する神社にお宮参りし、無事な出産のご加護に感謝し、赤ちゃんがすくすくと育つようにお祈りする日本人の古くからの大切な人生儀礼です。 ここでは事前準備や段取りの方法をご紹介します。 また、寒冷地の真冬や、猛暑厳しい真夏にお生まれになった場合は気候穏やかな季節にずらしたりもします。 必ずしも日数を守る必要はありません。 お宮参りの主役はあくまで赤ちゃん。 赤ちゃんの体調を優先させた日取りをおすすめいたします。 7,8月にお宮参りをされる場合、夏の素材の絽(ろ)の生地で仕立てた産着をおすすめしています。 軽くて通気性の良い生地で、通年用の産着は袷(あわせ)仕立てといって、表生地、裏生地の二枚で仕立てているのに比べて、絽の産着は通気性のある生地一枚で仕立てた夏用の特別な産着です。 時期をずらすと赤ちゃんの成長は早いものですから、お帽子のサイズが合わなくなる・・なんてこともありますので、夏のお宮参りをご検討の場合は袷仕立てに比べて涼しい生地で仕立てた絽の産着でお宮参りをされることをおすすめ致します。 お宮参りの参加者 ・赤ちゃん、父母、祖父母 お宮参りの参加者は誰と行くのでしょうか? 昔のお宮参りは赤ちゃんの父親と父方の祖父母でお参りするものでした。 昔は、お産は赤不浄(あかふじょう)で、穢れ(けがれ)とされており、穢れのある時は神域である神社への立ち入りができないとされており、産後間もない母親を気遣い、参加できなかったのです。 赤不浄とは・・・出血を伴う出産や月経を穢れ(けがれ)としていました しかし現代では双方の祖父母が参加したり、両親の兄弟も参加したりする家族が集まるイベントという趣きが強くなっており、実際の統計でも両家揃ってのお宮参りが多いのでご両家での参加で大丈夫です。 古いしきたりを重視されるご家庭でしたら念の為、ご両親に相談の上、参加者を決められることをおすすめいたします。 お宮参りの赤ちゃんを抱っこする人 お宮参りでは誰が抱っこするのかでよく揉めがちですが、結論から言うと、昔ながらのしきたりをあまり重視しないご家庭であれば、現在では誰が抱っこしても良いです。 昔ながらのしきたりでは産後間もない母親は赤不浄で悪露もあり、穢れがある時期のため、お宮参りに参加できず、穢れの無い人が変わりに抱っこしていました。 なぜ父方の祖母なのかというと、嫁いでいるので赤ちゃんは父方の一族であるという認識から。 産後まもなくでもママの体調が大丈夫なら、抱っこしても問題ありませんし、パパが抱っこしても良いですし、孫の抱っこを待ち遠しく感じている義母、実母はもちろん、義父、実父に抱っこしてもらっても大丈夫です。 年齢的に、体力的にも祖父母がずっと抱っこしているのも厳しいものがあるかもしれませんので、そこは代わる代わる抱っこされると良いでしょう。 また、神社の境内の砂利道とも相談ですが、ベビーカーを持っていくと抱っこ疲れが少なく安心です。 いずれにせよ、古いしきたりにとらわれすぎずに、柔軟に接していきましょう。 でも、昔ながらのしきたりを重視されるご家庭もありますので、事前にすり合わせや相談など軽くしておくと摩擦が少なくなるでしょう。 お宮参りの具体的な日時を決めましょう 男の子は生後31、32日目、女の子は32、33日目とされていますが、正式な日時や、六曜の大安や仏滅は気にしなくても大丈夫ですが、風習や六曜にこだわる方がご両家でいらっしゃる場合もありますので、その点も踏まえて日程の選定をされると良いでしょう。 ご参考までに、弊社の実際のご予約で人気の日程は、祝日を挟んだ連休や、大安などを選ばれる方、天候が落ち着いた春先や秋口のご利用が多いです。 参加される方の都合や赤ちゃんや産後間もないママの体調を優先してよき日を決めましょう。 最近では一ヶ月検診をめどにお参りをする家族が多いです。 特に、夏や冬生まれのお子様は気候が厳しいので3月や10月など、比較的穏やかな時期にずらされる方も多いです。 その場合は100日祝のお食い初めの時期と合わせて行う方が多いです。 パパ、ママのご両親、赤ちゃんから見て祖父・祖母が遠方でなかなか予定が合わせられないときなどにもおすすめです。 参拝する神社を決めましょう 参拝する神社はお宮参りの本来の目的である氏神様へ誕生のご報告と祈祷をすることにありますので、住んでいる家から近い神社に参拝するのが一般的です。 しかし、出生地の神社(里帰りの神社)や、これから育っていく地域の氏神様が祀られている神社でも、お礼参りを兼ねて安産祈願に行った神社でも、ゆかりのある思い入れの深い有名な大きな神社でも、どこでも大丈夫です。 あまり遠方すぎると赤ちゃんやママに負担をかけてしまいますので、無理のない参拝ができる神社にしておくと良いでしょう。 後述する記念撮影を当日しっかり行いたい方、初穂料を納めての参拝方法をとるのか、その後の会食があるのであれば、交通の便が良く、写真館と提携している神社を選ぶのも良いでしょう。 参拝方法を決めましょう お参りをする神社が決まったら、今度は参拝方法を選びましょう。 作法にのっとったお宮参りではご祈祷をしてもらいますが、必ずしなければいけないということはありません。 お宮参りの参拝方法には二通りあります。 1つ目は初詣をはじめとする二礼二拍手一礼の参拝方法、2つ目は神社の神主様より祝詞とお祓いを受けたあとに、玉串を捧げる、初穂料を納める儀式の2通りあります。 2つ目は神社によって異なりますが、事前に神社へ予約の連絡をしたり、初穂料を納めますので初穂料の熨斗袋を準備する必要があります。 お宮参りの予算・費用 お宮参りの初穂料・産着・食事の費用・料金・相場・誰が負担・出すのでしょうか? 明確な決まりがあるわけではありませんし、おめでたい御祝いごとですので誰がお金を払っても問題ありません。 昔からのお宮参りでは母方が召し物などを用意(お膳立て)して、父方の祖父母と父親と赤ちゃんは父方の祖父母が抱っこしてお宮参りをしていました。 その場合、初穂料などは父方にお願いして、お食事会などの費用を自分達(赤ちゃんの両親)で負担するなど、柔軟に対応している家庭が多いようです。 お宮参りの初穂料の相場 お宮参りは赤ちゃんが誕生したことを神様に報告し、すこやかな成長を神様に祈る行事ですので、参拝のみで済まされる方もいらっしゃいます。 初穂料を納め、ご祈祷を省略したお賽銭を投げ、二礼二拍一礼の参拝のみで済ます場合はこれは省略が可能です。 購入の場合は仕立て直しをすると、女の子は三歳の被布着物、男の子は五歳の羽織袴の着物として七五三の着物として着ることができます。 一生に一度の御祝いですので、長く何度でも着てほしいという気持ちもありますし、仕立て直すことによってお子様の成長の実感もひとしお感じられることでしょう。 しかしながら、仕立直しに2万ほど料金がかかり、肩上げ、腰上などどの丈直しをするのにお子様の寸法を測る必要があります。 仕立てだしの選定や仕立て時期によっては納期の心配もあります。 着物を仕立て直すので、せっかくの豪華な背の柄が女の子の三歳の被布ならば被布コートというベストのようなコートで隠れ、男の子の五歳の羽織袴なら上から羽織を羽織るので、肝心の背中の豪華な柄が隠れてしまいます。 また、着物の仕立て直し以外にも、女の子の被布ですと襦袢の仕立直しや被布コート、草履の準備、男の子の羽織袴ですと、袴や袴小物(懐剣や羽織紐、扇子、雪駄など)の準備が必要です。 そして購入の場合、流通している商品の大半が正絹素材ですので、ご家庭洗濯では縮んだり手触りが悪くなるため、着物専門のクリーニング業者に出すことになります。 レンタル(写真館) 写真代とセットになっており、まちまち。 当日行ってみないと衣装がわからないことも。 当日しか羽織らない場合や写真を残したい場合、手元に置いて保管するには場所が取られる、とにかく安くで産着を確保したい、という場合はネットレンタルで済まされることが多いです。 レンタルで借りる場合は万が一赤ちゃんの吐き戻しや、雨や台風の露で汚してしまった場合でも一定までの汚れならばクリーニング代がかからない一定保証のある「安心パック」がついているお店で借りると安心です。 レストランや割烹など事前の予約が必要です。 ある地域や、真夏、真冬で季節が厳しく時期をずらしてお宮参りをされる場合などには百日祝いのお食い初めと一緒にお宮参りをされる場合もあります。 その場合は百日祝いプランなどを取り扱うレストランや料理屋もあります。 お宮参りの服装 神社に参拝するにあたり、この服装でなければならないという決まりごとはありません。 しかし、服装によってはお参りするには神様に失礼にあたる服装がある場合があります。 特に、大切なお願いをする時などはしっかりした服装でお参りした方がよいでしょう。 神社の神職は神さまに対するとき、目上の方に接するように正装します。 ですから私たちも、神社参拝の際には極力服装をただすよう心がけてはいかかでしょうか。 周りからどう見られているかよりも、祈祷を受けるお子様、神さまのためにどういう服装で行くべきか、ということをご予算や着用時の季節をふまえ、自分達で考えて決める、これが大切です。 避けたほうが良い服装 ・毛皮・・・神様は穢れや不浄を嫌います。 死を連想させますので避けましょう。 ・カジュアルな派手な色やデザインの服装(サンダルなど) ・歩きにくい服装や靴・・境内の石段や砂利道で転倒の恐れがあります ・露出の多い服装 お宮参りの服装の決め方 お宮参りの主役である赤ちゃんの服装を基準に、ドレスコード、服の格の基準が定まります。 主役である赤ちゃんの服装が決まったら、次はその両親である父親、母親の服装、兄、姉の服装を決めます。 赤ちゃんが着物である産着の晴れ着にするならば、父親はスーツにネクタイ、母親はスーツかフォーマルワンピース、着物でしたら訪問着か色無地の淡い色を着ます。 ご家族の服が決まったら、他の参加者である祖母、祖父母に「うちはこれで行くので、同じくらいの服装でお願いします」と伝えるとスムーズです。 お宮参りの赤ちゃんの服装 まず、赤ちゃんの服装を決めましょう。 お宮参りの主役は赤ちゃん。 赤ちゃんの着る服の格を基準にお宮参りの服装を決めていきましょう。 最近の主流は羽織の産着。 ここでは生まれたての新生児の赤ちゃんが着る綿、コットン素材の産着のことではありません。 昔ながらの正式なお宮参りで着る産着は白羽二重を着せた上に産着を掛けるのが、赤ちゃんの正式な装い。 正式な白羽二重は高価な上、赤ちゃんはすくすく成長するのでサイズもすぐに合わなくなってしまって割高です。 最近では退院時のベビードレスの上に祝い着を掛ける「ベビードレス+祝い着」のお宮参りスタイルが定着しているようです。 和のテイストに合わせるなら、袴ロンパースがおすすめ。 その場合は首がまだ座っていないので、かぶせるタイプのロンパースよりがばっと開くカバーオールタイプのものを選ぶと着せやすいでしょう。 ベビードレスは必ずしも用意しなくても、大丈夫です。 ロンパースやカバーオール、肌着など、その季節気候に応じた赤ちゃんに負担のない服をご準備下さい。 父母・上の子・祖父母の服装 お宮参りの主役、赤ちゃんの衣装が決まったら次は参加されるパパママ、祖父母のドレスコードを統一しましょう。 お宮参りの母親 ママの服装 お宮参りのお母さんの服装は洋服の場合ワンピースやスーツ、和服の場合は色無地、訪問着が良いでしょう。 赤ちゃんの晴れ着が着物ですので、それに合わせてお母様の服装も和服ですと、統一感が出ます。 和服の場合は格がそれぞれ異なり、他の参加される方に合わせらることをおすすめいたします。 お宮参りのママの服装では、色無地や訪問着が人気です。 主役はあくまで赤ちゃんなので、赤ちゃんの産着を引き立てる淡い色の着物がおすすめです。 夏のママの服装は和服ですと、7,8月の厳しい時期は夏の時期にしか着られない通気性のある生地の「絽(ろ)」や「紗(しゃ)」、「麻(あさ)素材」の着物を着用します。 5-6月は裏地のない「単衣(ひとえ)」仕立ての着物を着ます。 お宮参りの父親 パパの服装 お宮参りのお父さんの服装は洋服のシンプルな黒か紺のスーツが一般的です。 昔は羽織袴姿の方もいらっしゃいましたが、現在の服装はスーツが一般的です。 シャツは白色の無地、ネクタイは無地か目立たない柄の白系かシルバー系にしましょう。 黒は弔事用ですので避けましょう。 お宮参りの上の子(男の子・女の子)の服装 赤ちゃんのお兄さん、お姉さんにあたる上の子の服装についてですが、赤ちゃんが着物の産着(掛け着)の晴れ着を着ると、それに合わせて、お兄ちゃん、お姉ちゃんも七五三で着た被布や羽織袴などの着物を着せたくなりますが、あくまでお宮参りの主役は赤ちゃんなので、周りのお兄ちゃん、お姉ちゃんの服装は赤ちゃんに比べて控えめな色のワンピースやスーツにしておくのが無難です。 男の子はキッズのフォーマルスーツ、夏は半袖のシャツ、ベスト。 冬はスーツの中のインナーや上着や防寒具で調節を。 女の子はキッズのフォーマルワンピースやドレス、夏は半袖や素材で調節。 冬はインナーや上着や防寒具で調節を。 お宮参りの祖父・祖母の服装 お宮参りの祖父・祖母の服装は赤ちゃんのお父さん、お母さんの服装に合わせたドレスコードがおすすめです。 記念撮影の規模 スナップ撮影程度で記念写真を残すのか、記念に写真館やスタジオを予約して写真を残すのか予め決めておきましょう。 スタジオで撮影をする場合は、お参り後よりも先に済ませておいた方が疲れた顔にならずおすすめです。 祖父母を呼ぶ場合は、大人数になると予定をあわせるが大変なので、後日写真館で別撮りよりも、お宮参りの当日に済ますことをおすすめいたします。 お宮参りの食事の有無 近年のお宮参りは家族が集まる行事としての認識が強く、お宮参りのあとにすぐに解散する場合もありますが、両家揃ってお食事をする場合もあります。 また、地域の風習や、真夏や真冬など、季節の天候が厳しい時期にお宮参りの日程になられる場合、気候が穏やかになる、100日祝のお食い初めの時期にずらされるご家庭の事例もたくさんございます。 そういった場合、事前にお店を予約しておくことで安心できます。 特に初めての赤ちゃん連れの場合、個室のあるお店、お座敷のあるお店だと安心ですし、食事会の時にゆっくりスナップ写真を撮ることもできます。 神社では天気に恵まれず、写真が撮れなくても、個室のお座敷が確保できれば、カメラマンを確保しなくても、飲食店のスタッフさんにシャッターを押してもらい、簡易的ではありますが、集合写真も撮ることが可能です。 木曽路などをはじめとしたお食い初めの100日祝プランのある飲食店や料亭、ホテルのレストランなども多数ございますので、お宮参りの神社の選び方の一つに食事処に近い場所、フォトスタジオに近い場所など、各ご家庭のプランに合わせてお宮参りの日取りを決められても良いでしょう。 100日祝の時期頃にずらされる場合は、赤ちゃんのお顔立ちがはっきりとしてくるので、生まれたてのお顔を写真に残したい場合はやはり生まれて30日前後の日程にされたほうが良いでしょう。 また、成長につれて頭の大きさも大きくなるので、既存の帽子のサイズに頭がおさまりきらない可能性もありますので、帽子をご利用の場合は1〜3ヶ月を目処に開催される事をおすすめいたします。 まとめ お宮参りの日程やある程度の流れが決まったら、両家には早めに連絡を入れておくと角がたちませんが焦りは禁物。 産後間もなく体調も整いませんので旦那さんを巻き込んで素敵なお宮参りを迎えてくださいね。

次の