マイプロテイン日本。 【初心者必見】マイプロテイン とザバスの徹底比較(ホエイ)。5つの点から検証してわかったこと。

マイプロテインとは?|侮るなかれ!イギリスの栄養食品・プロテインメーカー

マイプロテイン日本

マイプロテインという会社とウェブサイトを紹介 マイプロテインとは名前の通り、プロテインやサプリメント、スポーツウェアを取り扱っている イギリスに本拠地を置く会社です。 オンライン小売業者のザ・ハットグループという会社の子会社です。 創業当時から 「価格」と 「品質」にこだわっているメーカーで、2020年までに世界No1の栄養ブランドになることを目標としており、その価格と品質は有言通りの良さです。 ヨーロッパ諸国で人気あるメーカーで、 2017年に日本語サイトが立ち上がり、日本人でも利用しやすくなりました。 プロテインは1kgあたり約2000円!? マイプロテインの一番人気商品のホエイプロテインをの価格を調べました。 マイプロテインのプロテインは なぜこんなにプロテインが安いのか? この会社は「筋トレをするユーザーのためにプロテインを作ること」を、 理念としているところが効いているのでしょうか。 マイプロテインは80%以上の商品をイギリス本社で製造し、なるべく間接的なコストをかけないようにしているようです。 ですので、日本で人気が出てもアジアに製造工場がないのは、そのためですね。 商品の品質はどうなのか? やはり 海外製のものは怖い。 そう思われる方がいるかと思います。 僕も始めはそう思ってました。 しかし、 プロテインに関しては、欧米の方が価格競争が激しくメーカー数も多いのです。 なぜならば、欧米人は日本人に比べて筋トレをします。 男性、女性どちらも健康維持のために筋トレをしている人は多いです。 また、日本に比べ欧米人はマッチョの方がモテるとかそういう話もあります。 これらの影響か価格、品質ともに日本より競争率が高そうなのは安易に想像できると思います。 プロテイン比較サイト「Labdoor」では常に上位 Labdoorとは各プロテインメーカーが出している商品の成分、品質、価格などを 評価しランク付けしているマイプロテインとは別の企業(第三者機関)です。 このサイトのランキング上位にマイプロテインの商品は常に並んでいます。 () 以下は2017年の画像です。 さらに、2位の商品について詳しく見ると、 質では2位、価格では1位となっています。 上位に並ぶ有名な製品からもこのサイトの信憑性は高いと思われます。 プロテインの含有量は21gと良好 マイプロテイン(25gあたり) カロリー 103kcal 脂質 1. 9g 炭水化物 1. 0g タンパク質 21g これはに載っているホエイプロテインの成分です。 1食(25g)あたりタンパク質は21g、脂質と炭水化物もいたって普通の量ですね。 成分的にも問題なさそうです。 マイプロテインで買い物をするなら8500円以上、16666円以下がおすすめ マイプロテインはイギリスから発送されます。 空輸で届く為その送料は普通の運輸会社よりかかります。 もし8500円以下で買い物されるならば1800円以上の配送料がかかると書いてあります。 ですので、 6700円以上買い物されるならば、8500円以上買い物した方がお得となります。 また、16666円以上の買い物をすると関税が発生してしまうため、 1度の買い物は8500円~16666円が良いよう です。 詳しくは下の記事に書いてあります。 実際にマイプロテインの商品を購入してみた。 約1週間ほどで、非常に綺麗な状態で届きました。 僕は何回かマイプロテインで商品を買っていますが、今まで商品が 届かなかった。 や、穴が開いていた。 等は一切ありません。 最近ではエアークッションも一緒に梱包されて届くため、商品に傷が付く(破れ等も含め)可能性はほぼなくなりました。 プロテインの味は美味しい プロテインの味の種類にもよりますが、味は美味しく、匂い、溶けやすさ共にGoodです! しかも、マイプロテインは取扱っている味の種類が67種とかなり豊富にあります。 その味も美味しく飲みやすいものばかりです。 こちらに味について書いていますので参考にしていただければ幸いです。

次の

マイプロテインの人気おすすめランキング15選【2020年最新】

マイプロテイン日本

マイプロテインとは (マイプロテイン公式サイト よりスクリーンショット) マイプロテインって筋トレしている方は知っていると思いますが、これから筋トレする方やしてない方は知らないですよね。 僕も最近知ったw マイプロテインは2004年にイギリスのマンチェスターで創設して以来、ヨーロッパで売上No. 1のプロテインメーカーです。 現在は70カ国以上で販売をしてるようです。 また、プロテインだけではなくサプリメント、高タンパク食品、スナック類、スポーツウェアなど幅広い商品を提供してくれています。 価格が安いというのが特徴の一つでもあるのですが、プロテインは全て自社工場で作られており、第三者コストをかけずに品質についても様々な認証機関からの保証もあるようです。 店舗での販売はしておらず、オンラインでの購入のみ。 僕は直接公式サイトより購入しましたが、 Amazonや楽天などでも取り扱っているようです。 利用者は600万人以上おり、プロのアスリートなども愛用しているとのこと。 また、キャンペーンを月に数回やっており、そのキャンペーンを活用するとめちゃくちゃ安く購入できるのと、アンバサダーの割引コードで購入するとさらに安くなる。 日本にはアンバサダーが8人しかいないとのこと。 なぜマイプロテインを購入したか 今回購入した経緯はもちろんYouTubeで筋トレ動画を見ていたのがきっかけです。 YouTubeってすごい広告等ですよね。 今一番効果があるメディアではないでしょうか。 と、YouTubeの話はここまでにして、決め手はやはり価格ですね。 他のプロテインメーカーに比べて 3割くらい安い気がします。 マイプロテインは 圧倒的に安い!!そして 味の種類も豊富です。 今の時点で 6 4種類!!ものフレーバーがあります!!• Matcha Latte• あずき• アップルクランブルとカスタード• クッキーとクリーム• コーヒーキャラメル• ココナッツ• ゴールデンシロップ• さくらミルクティー• サマーフルーツ• シナモンデニッシュ• スティッキートフィープディング• ステビア-ストロベリー• ステビア-チョコミント• ステビア-チョコレート• ステビア-バナナ• ステビア-バニラ• ステビア-ブルーベリーとラズベリー• ストラッチャテッラ• ストロベリークリーム• ストロベリージャム・ローリー・ポーリー• スペキュロス• ソルティッドキャラメル• チェスナット• チェリーヨーグルト• チョコバナナ• チョコミント• チョコレートオレンジ• チョコレートキャラメル• チョコレートココナッツ• チョコレートスムーズ• チョコレートナッツ• チョコレートピーナッツバター• チョコレートブラウニー• ティラミス• ドイツ シナモンスタークッキー• ドイツ ジンジャーブレッド• ドイツ ヘーゼルナッツ• ナチュラルストロベリー• ナチュラルチョコレート• ナチュラルバナナ• ナチュラルバニラ• ノンフレーバー• パイナップル• バナナ• バニラ• ピーチティー• プラム• ブルーベリー• ブルーベリーチーズケーキ• ホワイトチョコレート• マジパン• マンゴー• ミルクティー• メープルシロップ• ラズベリー• ロッキーロード• 黒ゴマ• 赤りんご• 北海道ミルク• 抹茶 すごくないですか?? これだけフレーバーがあるメーカーって他にあるのかな??よくわからないネーミングのものもあるので、味の想像がつかないw 全ての味を試してみたいが、買う勇気はありません。。。 購入したプロテインの紹介 こんなに種類があるので、どれをチョイスするか迷います。 色々とネットやブログで調べた結果、今回はコレらの商品を試しに買ってみました。 どれも人気上位の商品です。 ・Impact ホエイ プロテイン 250g ミルクティー ・Impact ホエイ プロテイン 1kg ナチュラルチョコレート ・Impact ホエイ プロテイン 1kg ストロベリークリーム ミルクティーはどのサイトでも人気と書いてあります。 今回は初心者セットみたいな位置付けでミルクティーは250g、ナチュラルチョコレートは1kg購入しました。 しかも 初回購入特典でシェイカーが無料で付いてきます。 そして、 初回特典で送料が無料になりました!!もちろんそこからアンバサダーコードを使ってさらに割引されます。 まとめると初回購入品はこんな感じ。 (ミルクティーの写真を撮り忘れてしまった。。。 Impact ホエイ プロテイン 250g ミルクティー 634円• Impact ホエイ プロテイン 1kg ナチュラルチョコレート 1,990円• マイプロテインシェイカー 無料• 送料 無料 合計で 2,624円!!なにこの安さw めちゃくちゃ安い!! 今まで購入していたプロテインの約半分くらいでこれだけ購入できた。 これは本当に安いですね。 味もおいしく飲みやすい。 ミルクティーはあの有名な「午後の紅茶ミルクティ」とほとんど同じ味ですね。 これは人気No. 1ということもあり本当においしいですね。 チョコレートもおいしいです。 飲みやすくおいしいのですが、ちょっと僕には甘いかなというのと、粉が溶けにくいかなという感想です。 チョコレート250g、ミルクティ1kgにすれば良かったw 続いて2回目の購入はストロベリークリーム。 Impact ホエイ プロテイン 1kg ストロベリークリーム 1,786円• 送料 1,800円 合計で 3,586円。 初回より高いですが、それでも 普通にプロテインを買うより安い。 味もめちゃくちゃおいしい。 飲みやすいし味も好みですね。 コンビニで売っていた「いちごオレ」のような感じです。 粉も溶けやすいのでオススメです。 ただ、 海外から商品が発送され届くので、送料が割高になっているのはデメリットですかね。 プロテイン単体はめちゃくちゃ安いんですが、送料が、、、ちなみに送料は8,500円以上購入すると無料になります。 なのである程度まとめて購入するのが無難かもしれませんね。 プロテイン以外にもたんぱく質量が多いプロテインクッキーやスポーツウェアなども商品として出しているので、合わせてまとめ購入するのもいいですね。 味はヨーグルトとチョコレートを交互に購入。 やはり味に飽きてしまうので交互に購入していました。 ザバスは流石は日本製、溶けやすく飲みやすい。 味もおいしいですね。 個人的な意見ですが、マイプロテイン よりも溶けやすいと思います。 ポイントはマイプロテイン は価格とフレーバーの数でザバスより優っているところ。 飲みやすさはほとんど同じ感覚ですね。 簡単に比較表にしてみました。 (独断と偏見なので悪しからず・・・)5段階評価で数字が多い方が高得点。 小学校の通信簿と同じです。 比較した結果、合計値は以下になりました。 ザバス:16ポイント マイプロテイン:18ポイント そんなに大差はありませんが、マイプロテインのメリットはやはり購買の意思決定に重要な 価格が安いというところと 味(フレーバー)の種類が豊富という部分は強烈ですね。 逆にデメリットは海外から配送されるため、 少し日数がかかるということ。 僕は2回注文しましたが、両方とも5〜8日の間で到着しました。 まぁ計画的に注文すれば特段問題ないかなというレベルですね。 ザバスとマイプロテインの併用 最初、ザバスとマイプロテイン を併用しようと考えていました。 朝はザバスのソイプロテイン。 腹もちするので丁度良いかなと。 そして筋トレ後はマイプロテイン のホエイプロテイン。 この様なパターンで考えていましたが、 マイプロテイン へ全て切り替えました。 あれもこれもと購入するのが面倒ですし、冷蔵庫に何個も入らないという問題も笑 まぁやっぱり値段が安いのでそれに限るかな。 マイプロテイン は 味の種類も豊富なので、飽きないし今はマイプロテイン で良いと考えています。 リンク 最後に 今回初めて購入しましたが、結論買って良かったです。 ホエイプロテインでここまで安いのは本当に魅力的ですね。 月に2回くらいゲリラ的にセールしているので、その セール時に購入するのがお得。 マイプロテインはLINE公式アカウントも開設しているので、登録しておけばキャンペーン情報もチェックすることができますよ!! マイプロテイン はたくさんのフレーバーがあり、ネーミングだけでは想像がつかないものもあります。 そんな時、マイプロテインは購入時にg量が選べて便利です。 大抵は250g、1kg、5kgから購入できますので、 味の想像が付かない場合はお試しで250gを購入し、試すのがいいと思いますよ。 合わせてシェーカーもカッコよく、オススメです。

次の

マイプロテインとは?価格と品質や安全性、実際に購入して検証

マイプロテイン日本

日本郵便(EMS)のウェブサイトはTRAKPAKに比べて配送状況の反映が遅いです。 したがって、最新の状況を知りたければTRAKPAKのウェブサイトも見る事をおススメします。 TRAKPAKの見方はこの記事の下の方に記載しています。 日本郵便の国際スピード郵便(EMS)を使った商品の追跡方法 まず先ほどのTRAKPAKのサイトを開きます。 「 Shipment Details」と書かれた下に「 Local Tracking Number:」と書かれている右側のEA・・・で始まるコード(アルファベットと数字の組み合わさったもの)をコピーしてください。 次にEMSのウェブサイトに行きます。 ウェブサイトに入りコードを貼りつけます。 そして、「開始」を押します。 すると照会結果が出ると思います。 出なければ、まだ日本郵便に商品が登録されてない可能性があります。 後で説明するTRAKPAKのウェブサイトを見るか、数日待って見ると商品が登録されていると思います。 次に商品の配送状況について説明します。 引受 商品が配送部門に受け渡し。 ここで各国に荷物を仕分ける。 国際交換局に到着 商品が国際交換局に到着(日本に到着)する。 保税運送中 国内に荷物を受け入れる通関手続きが行われていない状態なので、宛先住所近くの税関がある郵便局へ商品が日本国内を移動している状態。 保税運送到着 税関がある郵便局に到着したことを意味しており、次に通関手続きに入る。 通関手続き中 商品の検査や税関の手続き中。 国際交換局から発送 国際郵便を扱う郵便局から宛先へ配達が開始される。 中継 支店へ商品受け渡し。 到着 商品到着です。 ただ上記のように多くの機関に受け渡されるため多少の梱包箱の痛みが生じるのは仕方ないことかとも思います。 TRAKPAKでの追跡方法(TRAKPAKの見方) TRAKPAK(トラックパック)は日本でいうと佐川やヤマトの問い合わせサイトです。 現在のところモバイルサイトに対応しておらず若干見辛いです。 Shipment Details:商品の詳細• Shipment History:商品の状況(場所)• Public Holidays in Japan:日本の祝日 Public Holidays in Japan(日本の祝日)も表示されていますが、日本では祝日も運送しているため、配送の速さなどには影響しません。 一応表示されていると思われます。 次にそれぞれについて詳細を説明します。 Shipment Details(商品の詳細) 商品の詳細とは、追跡コードや重さ、商品の数のことです。 下に日本語訳を示します。 TRAKPAK Tracking Number TRAKPAKの追跡コード(関係なし) Tracking Number UPS、FedEx、米国郵政公社で使用する追跡コード(関係なし) Local Tracking Number 国際スピード郵便(EMS)で使用する追跡コード Destination 目的地 Shippers Ref 契約番号など(関係なし) Weight 商品の重さ Total Pieces 届くダンボールの数 Service 配達業者 基本的にこの欄で見るべきは、• Local Tracking Number• Destination• Weight の3つだけです。 Total Piecesは基本的にで買い物していれば1つのダンボールに収まるので1になっているはずです。 Shipment History(商品の状況・場所) ここでは商品が現在どこまで運ばれているか確認できます。 同様に日本語訳を示します。 Activity 商品が到達している機関です。 Event Code 商品状態のコードです(関係なし)。 Location 商品の場所です(表示されないことも多々あります)。 次にActivityの内容について訳を説明します。 商品の状態は下の方が古く、上の方が最新の状態となっています。 DELIVERED 商品到着です。 DELIVERY ATTEMPTED — CARD LEFT 不在票を持ち帰りました。 OUT FOR DELIVERY 宛先へ配達開始します。 ARRIVED AT DELIVERY DEPOT 郵便局(配達所)に荷物が到着しました。 IN TRANSIT — HUB SCAN 空港間で荷物を転送中です。 RECEIVED INTO CUSTOMS 税関に荷物が受け渡されました。 INTERNATIONAL HUB 国際空港に荷物が到着しました。 ROUTED TO DESTINATION 宛先の国へ荷物を仕分けしています。 TRAKPAK PROCESS CENTRE TRAKPAKに荷物が預けられました。 DEPARTED The Hut Group Hut Group(マイプロテイン社)から商品が出発しました。 おそらく「ROUTED TO DESTINATION」で数日状態が変わらなくなると思います。 これは沢山ある国際便を各国向けに仕分けしているため時間がかかっているのだと思います。 Public Holidays in Japan(日本の祝日) この欄は特に関係ないのですが、一応説明すると今回僕が購入した日から商品の到着までに祝日がありました。 2019年1月14日(月)です。 Coming of age dayと書いてありますが、いわゆる「成人の日」です。 このように海外では祝日は仕事が休みなので、祝日の情報も記載してあるのだと思います。 商品が届いた時の状態 最近(2019年)では通常配送でも箱崩れはなくなり、通常配送でも配送期間が長いだけでと遜色はなくなってきました。 中にはエアークッションも入っており、不良品もありません。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 何か質問があれば下の欄からコメントしていただけれると嬉しいです!また、良記事だと思ったらSNSでシェアしていただけるとよりハッピーです!.

次の