セカオワ 僕 が さ こんなに。 【SEKAI NO OWARI (セカオワ)/夜桜】歌詞の意味は?アルバム『Eye』収録曲

#中崎 彼にとっては「幸福」な世界

セカオワ 僕 が さ こんなに

今週水曜日にオフィシャルHPで発表になりましたが、 SEKAI NO OWARI先生のニューシングル発売決定!! 発売日は7月29日!! タイトルは『ANTI-HERO』!!!! Nakajin「読み方としてはアンタイ・ヒーローですね」 Fukase「日本的に言うとアンチ・ヒーローってことです」 Nakajin「この曲は実写版映画『進撃の巨人』前編の主題歌ですね」 DJ LOVE「進撃の巨人はNakajinがセカオワLOCKS! で『2014年最優秀漫画賞』に紹介するほどハマってたやつだよね」 Saori「そのマンガの主題歌に私達が選んでもらったんだからすごいよね」 Nakajin「しかも前編だけじゃなくて後編も僕らの曲が主題歌になるんですよ」 Saori「『SOS』ですね」 Fukase「これは映画のために書き下ろした楽曲だけど、どうする?今日オンエアしちゃったりするの?」 Nakajin「今日はまだダメでーす(笑)」 DJ LOVE「そりゃそうだよね(笑)」 Fukase「これはサンフランシスコで録った曲なんですけど、プロデューサーはGorillazなどを手がけるダンという有名な方です」 Saori「ダン・ジ・オートメーターね」 Fukase「最後ご飯食べたじゃん、ダンと。 その時にダンがさ、ダンの友達に『彼女は僕の友達だ』ってSaoriちゃんのことを紹介してたんだよ」 Nakajin「つまり俺ら男3人は友達じゃない、と」 DJ LOVE「クライアントだったんだね... 」 全員「(笑)」 Fukase「プロデューサーとクライアントの垣根を越えたのが唯一Saoriちゃんだったってことなんだけど、レコーディング中に2人で買い物行ったりもしてたもんね」 Nakajin「そうそう!気づいたら『連れてかれた!』って思って(笑)」 DJ LOVE「プロデューサー待ちの時間があったからね」 Fukase「なんか『一緒にスコッチ買いに行こう!』って言ってたな〜って思ってたんだよなー」 Saori「そうなんだよね、スコッチで話が盛り上がって。 『こんなにスコッチを知ってる子は初めてだ!』って喜んでくれて。 それで『行こうぜ!』ってなったんだよね」 Fukase「俺もなんとか話をしようと思ってさ、好きなマンガとかアニメはあるのか?って聞いたら『ない』って言われた」 全員「(笑)」 Fukase「めげずに好きな日本食は?って聞いたら『全部だ』って」 全員「(笑)」 Fukase「なかなか会話が弾まなかったのにSaoriちゃんだけずっと仲良くしててね」 DJ LOVE「最後のご飯の時はSaoriちゃんがダンの隣に座って、俺らは3人固まって座ってたもん」 Saori「気の弱い3人だなって思ってたよ、私(笑)」 Fukase「そうなんだよ、気が弱いんだよな〜(笑)」 Nakajin「まぁ色々と話したいことはあるんだけど、今日はこれぐらいにしときましょう!また話すので楽しみにしてて下さい!! 」 ・・・ちなみにもう1曲の『SOS』はイギリスでレコーディングされたものらしい! 話せるタイミングがきたらこのセカオワLOCKS! でも色んな話をしていくのでお楽しみに!! Saori「私のヒーローは... 村上春樹さんです」 Nakajin「まぁ生徒のみんなは納得なんじゃないですか」 Saori「どんなところを救ってくれたかっていうと、村上春樹先生の書く文章ってすごく理性的なんだよね。 私が初めて読んだのは20歳手前ぐらいだったんだけど、自分の感情をどう押さえていいか分からなくて困ってたんだよね。 みんなはよく知ってると思うけど」 Fukase「うん」 Saori「そんな時に人との接し方とか、理性的に考えることを村上春樹さんの本から学んだんだよね」 Nakajin「それはそういうやり方がその本に書いてたわけではなくて、その文章からにじみ出るものから感じ取っていったということ?」 Saori「そうだね、色んな会話の後に教訓が書いてあったりして、そこにドッグイヤー付けて読み返したりとか... 本当に色んなことを学ばせてもらいました」 続いて、DJ LOVE先生! DJ LOVE「僕のヒーローは... ルパン三世です!」 Nakajin「ルパン三世!? 」 Saori「意外!」 DJ LOVE「これは救われたってわけじゃないんだけど... ルパンってヒーローっていうか本当はアンタイ・ヒーローだからこのテーマに合ってるのか分からないんだけどね」 Fukase「なるほど、でも選んだのはどういうこと?」 DJ LOVE「みんなが思い描いてるルパンって結構スケベな人だと思うんだけど、カッコイイんだよね。 そのカッコよさをもっとみんなも見た方がいいと思う」 Fukase「でも泥棒だよね」 DJ LOVE「泥棒だけど悪い奴からしか盗まないからね」 Fukase「そうか、五右衛門と一緒か」 Nakajin「それでなぜLOVEさんのヒーローなの?あこがれたの?」 Fukase「泥棒に?」 DJ LOVE「違うよ!泥棒になりたいって誰が思うんだよ(笑)」 Nakajin「手癖が悪くなったわけじゃない、と(笑)」 全員「(笑)」 DJ LOVE「なんかさ、セリフとか行動がすごいカッコいいんだよね」 Saori「でもLOVEさんがルパンから何かを学んでいるとは思えないんだけど」 DJ LOVE「なりたいな〜とは思ってるけどなかなかできないでしょ、ああいうことは」 Nakajin「そっかぁ、意外な答えだったね」 Fukase「うん」 Saori「LOVEさんは想像つかなかったけど、Nakajinはなんとなく想像つくなぁ」 DJ LOVE「あ、俺も」 Nakajin「え?本当?」 Fukase「俺も想像ついた」 Nakajin「ホント?でもさ、あっちだと思ってることもない?」 DJ LOVE「あっち?」 どうやらNakajin先生には2人いるっぽいけど、いったい誰を選ぶのか... 次は、Nakajin先生! Nakajin「僕のヒーローは... イチローです!」 DJ LOVE「俺当たった!」 Saori「私はあっちかなと思ったけど、こっちか」 Fukase「俺もあっちだと思ったな〜。 』って必ず想いを馳せる人なんだよね」 Fukase「その話、そういえば聞いたことある」 Nakajin「本を読むとすごく努力をする人なんだよね。 情熱や才能もある人だけど、自分のことをすごく研究して理解して、分析と努力によって自分自身を高めていく人で、自分は才能で上がっていくタイプではないと思ってたから、そういう努力を惜しまないということにすごく影響を受けたんだよね」 Saori「なるほどね... 」 Nakajin「野球では無理だったけど、音楽ではそのスタンスが生きてると思ってるよ。 あとは40歳をこえてなお第一線でありつづけていることもすごいよね。 自分も音楽でそういう風になっていけるように頑張りたいなって思う」 ・・・Nakajin先生の話を聞いてイチロー選手をググってみたら「高校時代はサボることばかり考えていた」という日刊スポーツの記事が載ってて面白かったです! 最後は、Fukase先生! Fukase「僕のヒーローは、 鬼塚栄吉です」 Nakajin「好きだもんね〜」 Saori「そっか、好きだよね」 DJ LOVE「『湘南純愛組』から好きだしね」 Fukase「そう!『湘南純愛組』から好きなわけですよ。 完全にヒーローですよ、先生ですからね」 Nakajin「そっか、先生だよ」 Fukase「学生ってさ自分の本質の悩みというよりも気に食わないものの話をブワーっとしてさ、実際自分が何に悩んでるか分かんなくなると思うの。 でも鬼塚先生はその本質を見抜く目がすごいんだよね。 俺にとってのバイブルですよ『GTO』は」 Saori「それずっと言ってるよね」 Nakajin「俺らの時も反町さんが主演のドラマになってたけどさ、最近もリメイクされてたもんね。 日本に残る名作ですよ」 Fukase「反町さんのドラマでさ、松嶋菜々子さんに向かって四角いものをパッと見せるの。 その時はそれが何なのかが分からなかったのよ」 DJ LOVE「あぁ、アレか!」 Nakajin「俺もあれ見てて分からなかったよ」 Fukase「あの頃の俺らじゃ分からないよね?あれは子供向きのシーンじゃないよね」 Saori「あぁ、何の話してるのか分かった」 Fukase「分かった?内緒だよ、生徒のみんなには」 全員「(笑)」 ・・・ということで謎の四角いものとはなんだったのか!? ちなみに「GTO 四角いもの 反町 松島」とググっても答えは出てきません! さあ、今夜は4人にとってのヒーローを紹介してもらいましたが、エンディングではメンバーの中でLOVE先生の答えが一番意外だったということで盛り上がってました。 Nakajin「俺、意外だったのはルパンだなぁ。 他の2人は想像ついたけど」 Fukase「意外だったよね。 俺はてっきり伊集院光さんなのかなぁって思ってた」 Nakajin「俺もそうだと思った!」 DJ LOVE「伊集院光さん好きだからね(笑)でもルパンは本当に憧れっていう意味なんだよね。 普段三枚目だけど決めるところ決めるっていうさ」 Fukase「決めるとこ決めたいタイプなの!? じゃあSaoriさん、次のライブの演出でLOVEさんに決めるとこ決めさせてやって下さいよ〜(笑)」 Saori「ルパン三世みたいにする?(笑)」 DJ LOVE「でもキザなのが似合わないからさ。 やっちゃうと滑稽だからさ」.

次の

セカオワMAGICの動画がyoutubeで公開.MAGICは深瀬さんが初恋の相手に無視されて作詞.原曲は?

セカオワ 僕 が さ こんなに

今週水曜日にオフィシャルHPで発表になりましたが、 SEKAI NO OWARI先生のニューシングル発売決定!! 発売日は7月29日!! タイトルは『ANTI-HERO』!!!! Nakajin「読み方としてはアンタイ・ヒーローですね」 Fukase「日本的に言うとアンチ・ヒーローってことです」 Nakajin「この曲は実写版映画『進撃の巨人』前編の主題歌ですね」 DJ LOVE「進撃の巨人はNakajinがセカオワLOCKS! で『2014年最優秀漫画賞』に紹介するほどハマってたやつだよね」 Saori「そのマンガの主題歌に私達が選んでもらったんだからすごいよね」 Nakajin「しかも前編だけじゃなくて後編も僕らの曲が主題歌になるんですよ」 Saori「『SOS』ですね」 Fukase「これは映画のために書き下ろした楽曲だけど、どうする?今日オンエアしちゃったりするの?」 Nakajin「今日はまだダメでーす(笑)」 DJ LOVE「そりゃそうだよね(笑)」 Fukase「これはサンフランシスコで録った曲なんですけど、プロデューサーはGorillazなどを手がけるダンという有名な方です」 Saori「ダン・ジ・オートメーターね」 Fukase「最後ご飯食べたじゃん、ダンと。 その時にダンがさ、ダンの友達に『彼女は僕の友達だ』ってSaoriちゃんのことを紹介してたんだよ」 Nakajin「つまり俺ら男3人は友達じゃない、と」 DJ LOVE「クライアントだったんだね... 」 全員「(笑)」 Fukase「プロデューサーとクライアントの垣根を越えたのが唯一Saoriちゃんだったってことなんだけど、レコーディング中に2人で買い物行ったりもしてたもんね」 Nakajin「そうそう!気づいたら『連れてかれた!』って思って(笑)」 DJ LOVE「プロデューサー待ちの時間があったからね」 Fukase「なんか『一緒にスコッチ買いに行こう!』って言ってたな〜って思ってたんだよなー」 Saori「そうなんだよね、スコッチで話が盛り上がって。 『こんなにスコッチを知ってる子は初めてだ!』って喜んでくれて。 それで『行こうぜ!』ってなったんだよね」 Fukase「俺もなんとか話をしようと思ってさ、好きなマンガとかアニメはあるのか?って聞いたら『ない』って言われた」 全員「(笑)」 Fukase「めげずに好きな日本食は?って聞いたら『全部だ』って」 全員「(笑)」 Fukase「なかなか会話が弾まなかったのにSaoriちゃんだけずっと仲良くしててね」 DJ LOVE「最後のご飯の時はSaoriちゃんがダンの隣に座って、俺らは3人固まって座ってたもん」 Saori「気の弱い3人だなって思ってたよ、私(笑)」 Fukase「そうなんだよ、気が弱いんだよな〜(笑)」 Nakajin「まぁ色々と話したいことはあるんだけど、今日はこれぐらいにしときましょう!また話すので楽しみにしてて下さい!! 」 ・・・ちなみにもう1曲の『SOS』はイギリスでレコーディングされたものらしい! 話せるタイミングがきたらこのセカオワLOCKS! でも色んな話をしていくのでお楽しみに!! Saori「私のヒーローは... 村上春樹さんです」 Nakajin「まぁ生徒のみんなは納得なんじゃないですか」 Saori「どんなところを救ってくれたかっていうと、村上春樹先生の書く文章ってすごく理性的なんだよね。 私が初めて読んだのは20歳手前ぐらいだったんだけど、自分の感情をどう押さえていいか分からなくて困ってたんだよね。 みんなはよく知ってると思うけど」 Fukase「うん」 Saori「そんな時に人との接し方とか、理性的に考えることを村上春樹さんの本から学んだんだよね」 Nakajin「それはそういうやり方がその本に書いてたわけではなくて、その文章からにじみ出るものから感じ取っていったということ?」 Saori「そうだね、色んな会話の後に教訓が書いてあったりして、そこにドッグイヤー付けて読み返したりとか... 本当に色んなことを学ばせてもらいました」 続いて、DJ LOVE先生! DJ LOVE「僕のヒーローは... ルパン三世です!」 Nakajin「ルパン三世!? 」 Saori「意外!」 DJ LOVE「これは救われたってわけじゃないんだけど... ルパンってヒーローっていうか本当はアンタイ・ヒーローだからこのテーマに合ってるのか分からないんだけどね」 Fukase「なるほど、でも選んだのはどういうこと?」 DJ LOVE「みんなが思い描いてるルパンって結構スケベな人だと思うんだけど、カッコイイんだよね。 そのカッコよさをもっとみんなも見た方がいいと思う」 Fukase「でも泥棒だよね」 DJ LOVE「泥棒だけど悪い奴からしか盗まないからね」 Fukase「そうか、五右衛門と一緒か」 Nakajin「それでなぜLOVEさんのヒーローなの?あこがれたの?」 Fukase「泥棒に?」 DJ LOVE「違うよ!泥棒になりたいって誰が思うんだよ(笑)」 Nakajin「手癖が悪くなったわけじゃない、と(笑)」 全員「(笑)」 DJ LOVE「なんかさ、セリフとか行動がすごいカッコいいんだよね」 Saori「でもLOVEさんがルパンから何かを学んでいるとは思えないんだけど」 DJ LOVE「なりたいな〜とは思ってるけどなかなかできないでしょ、ああいうことは」 Nakajin「そっかぁ、意外な答えだったね」 Fukase「うん」 Saori「LOVEさんは想像つかなかったけど、Nakajinはなんとなく想像つくなぁ」 DJ LOVE「あ、俺も」 Nakajin「え?本当?」 Fukase「俺も想像ついた」 Nakajin「ホント?でもさ、あっちだと思ってることもない?」 DJ LOVE「あっち?」 どうやらNakajin先生には2人いるっぽいけど、いったい誰を選ぶのか... 次は、Nakajin先生! Nakajin「僕のヒーローは... イチローです!」 DJ LOVE「俺当たった!」 Saori「私はあっちかなと思ったけど、こっちか」 Fukase「俺もあっちだと思ったな〜。 』って必ず想いを馳せる人なんだよね」 Fukase「その話、そういえば聞いたことある」 Nakajin「本を読むとすごく努力をする人なんだよね。 情熱や才能もある人だけど、自分のことをすごく研究して理解して、分析と努力によって自分自身を高めていく人で、自分は才能で上がっていくタイプではないと思ってたから、そういう努力を惜しまないということにすごく影響を受けたんだよね」 Saori「なるほどね... 」 Nakajin「野球では無理だったけど、音楽ではそのスタンスが生きてると思ってるよ。 あとは40歳をこえてなお第一線でありつづけていることもすごいよね。 自分も音楽でそういう風になっていけるように頑張りたいなって思う」 ・・・Nakajin先生の話を聞いてイチロー選手をググってみたら「高校時代はサボることばかり考えていた」という日刊スポーツの記事が載ってて面白かったです! 最後は、Fukase先生! Fukase「僕のヒーローは、 鬼塚栄吉です」 Nakajin「好きだもんね〜」 Saori「そっか、好きだよね」 DJ LOVE「『湘南純愛組』から好きだしね」 Fukase「そう!『湘南純愛組』から好きなわけですよ。 完全にヒーローですよ、先生ですからね」 Nakajin「そっか、先生だよ」 Fukase「学生ってさ自分の本質の悩みというよりも気に食わないものの話をブワーっとしてさ、実際自分が何に悩んでるか分かんなくなると思うの。 でも鬼塚先生はその本質を見抜く目がすごいんだよね。 俺にとってのバイブルですよ『GTO』は」 Saori「それずっと言ってるよね」 Nakajin「俺らの時も反町さんが主演のドラマになってたけどさ、最近もリメイクされてたもんね。 日本に残る名作ですよ」 Fukase「反町さんのドラマでさ、松嶋菜々子さんに向かって四角いものをパッと見せるの。 その時はそれが何なのかが分からなかったのよ」 DJ LOVE「あぁ、アレか!」 Nakajin「俺もあれ見てて分からなかったよ」 Fukase「あの頃の俺らじゃ分からないよね?あれは子供向きのシーンじゃないよね」 Saori「あぁ、何の話してるのか分かった」 Fukase「分かった?内緒だよ、生徒のみんなには」 全員「(笑)」 ・・・ということで謎の四角いものとはなんだったのか!? ちなみに「GTO 四角いもの 反町 松島」とググっても答えは出てきません! さあ、今夜は4人にとってのヒーローを紹介してもらいましたが、エンディングではメンバーの中でLOVE先生の答えが一番意外だったということで盛り上がってました。 Nakajin「俺、意外だったのはルパンだなぁ。 他の2人は想像ついたけど」 Fukase「意外だったよね。 俺はてっきり伊集院光さんなのかなぁって思ってた」 Nakajin「俺もそうだと思った!」 DJ LOVE「伊集院光さん好きだからね(笑)でもルパンは本当に憧れっていう意味なんだよね。 普段三枚目だけど決めるところ決めるっていうさ」 Fukase「決めるとこ決めたいタイプなの!? じゃあSaoriさん、次のライブの演出でLOVEさんに決めるとこ決めさせてやって下さいよ〜(笑)」 Saori「ルパン三世みたいにする?(笑)」 DJ LOVE「でもキザなのが似合わないからさ。 やっちゃうと滑稽だからさ」.

次の

生徒のみんなに挑戦して欲しい『課題』を発表!!!

セカオワ 僕 が さ こんなに

今や超メジャーなバンド『世界の終わり』セカオワのさおりに子供が生まれた。 セカオワの中でも、リーダーといえば初代Fukase、2代nakajinがいます。 だけど、さおりは作詞作曲するは小説を書いて出版はするは、プロデュース的な仕事もするはで、実質的に、グループの 中心なのはさおりなのではないかと思います。 そんなそさおりが、子供を産んだことは、なんとも喜ばしいニュースでありました。 名前は何なの、男、女なんて気になります。 子供に名前をつけるのって、親の最初の楽しみですもんね。 ひと昔前なら、高齢出産ともいわれたが、いまやこの年齢の出産でもそれほど違和感は感じられませんね。 今までセカオワ一辺倒の生活だったさおりに、全く違った新しい生活場面が現れたわけです。 さおりのセカオワとは違う世界の顔を見ていってみたいと思います。 スポンサーリンク セカオワさおりと旦那との馴れ初めは?出会いはどこなの? セカオワのメンバーは、セカオワハウスという一軒屋で共同生活を送っているのは、ファンの間では有名な話ですよね。 二人の出会いは、知人の紹介ということになっています。 そのセカオワハウスに将来旦那となる池田大が顔をだしていて、お互いにひかれあったようです。 では紹介した知人は誰なの? というところが一番気になるところですが、いろいろ調べましたが知人が誰なのか不明です。 二人が路チューをしたところを女性自身にすっぱ抜かれた記事がありましたが、今の二人にはもうどうでもいいことではないでしょうか。 池田大とはどんな人? セカオワSaoriと結婚!俳優・池田大とは? — シネマトゥデイ cinematoday 1986年3月生まれの(33歳) 神奈川県出身 俳優、タレントとしてドラマや舞台で活躍。 2017年『不感症になっていくこれからの僕ら』で主演を演じています。 この映画、田辺・弁慶映画祭にて映画. com賞を取っています。 曲が作れなくなったミュージシャンが田舎に帰って、地元の女性と再会し、昔の思い出にひたり、自身との葛藤を描いたしみじみとした作品です。 しかし、残念ながらさおりと比べると知名度は落ちますね。 寧ろ、今回のさおりとの結婚で知名度が上がったと言うほうが正確かもしれません。 芸能界はどうやってきっかけを見つけるか、ということが結構重要なので、さおりとの結婚は大きなチャンスと言えましょう。 これからの活躍に期待したい俳優さんであります。 見た感じおとなしそうな感じがしますが、結構な才能の持ち主です。 作詞作曲はもちろん、ピアノも講師の経験があるほどの腕前。 セカオワのライブでは総合演出も手掛け、レコーディングの時はディレクターも務める。 出産の少し前に発表した初めての小説『ふたご』は藤崎彩織で執筆。 いきなり直木賞候補になった。 残念ながら受賞は逃したが、その才能は今後もますます発揮されていくことでしょう。 この『ふたご』の中の主人公の相手となる男子が、同じセカオワのFukaseのことなのではないかとファンの間で騒がれたわけです。 確かにバンドの立ち上げの時の思春期の話であり、当時のさおりと深瀬は恋人同士だったという過去はあったのでしょう。 初恋だったのかもしれません。 誰でもそうですが、思春期の思い出というのは淡い思いでであるものです。 ところがさおりの場合はその後も深瀬と一緒にバンド活動を続け、見事にメジャーデビューを果たす。 その後の活躍は、まさにサクセスストーリーそのもの。 昔の恋人同士が、同じバンドでずっと一緒にいる感覚というものは、どんなものなのでしょうか。 スポンサーリンク セカオワさおりの子供(赤ちゃん)の名前・性別は? 年の瀬に新しい家族が誕生しました。 母子ともに健康です。 出産までのこの10ヶ月間、本当に頑張ってくれた妻とは忘れがたい素敵な時間を過ごすことができました。 僕らの元に産まれてきてくれたこの小さな命をしっかりと守っていきたいと思います。 その報告を夫である池田大が報告しています。 残念ながら顔は移っていません。 この年の紅白にはさおりが出ていません。 当然出産直後ですから、舞台に立てるはずがありませんね。 夫婦ともに同じ場面の写真をツイッターで報告しています。 なんか微笑ましい関係です。 始まての赤ちゃんが生まれて、幸せいっぱいという現場の雰囲気が伝わってきます。 第1子誕生した時にツイッターで報告したのが話題に! 年の瀬に無事第一子が誕生し、2018年を新しい家族と共に迎えることが出来ました。 やっと会えた小さな命は本当に愛しくて、ぽろぽろと涙が溢れてきました。 ずっと支えてくれた旦那さんと、私達の元へ来てくれた子供に感謝の気持ちでいっぱいです。 さおりはツイッターで自分の生活の諸々を書き込みするのがお好きなようです。 実際、子供が生まれたこともツイッターで報告したわけです。 残念ながら名前は公表されていないようです。 これは仕方ないですよね。 有名人の子供というだけで、世間からは好機の目で切られてしまう可能性が高いわけですから。 しばらくはご本人の意思を尊重して、温かく見守りましょう。 最近では出産報告はツイッターが定番? 考えてみたら出産して直後に数多くの人にこの喜ばしいニュースを知らせたいと思ったら、ツイッターで連絡するって当たりまえですね。 電話だったら特定の一人にしか連絡できないし。 病院のベッドの上から気軽に外部に発信できるのって携帯があれば可能だし。 ツイッターを発信手段に選んだのは、懸命ということでしょう。 子どもが産まれてから、忙しい日々でした。 体重もすぐに戻して、母乳もやめて、ステージに上がりました。 初産で、正直何が正解が分からなりました。 でも、私の葛藤さえもファンの皆さんが応援してくれてました。 心からの感謝を伝えたいです。 自分の大切な宝物との接点をファンの皆に常に知っていてもらいたいとの思いでしょうか。 いつもママが大好きな我が子。 その瞬間、ああ、分かってしまった。 ボロボロになるまで働いて帰ってきて、子に拒絶される全国の父の悲しさよ。。 仕事の都合に合わせて二軒を行き来してきたのだけれど、年始から子供が熱を出してしまった。 安静にする為に旦那さんとの家に数日間篭っていたら、今夜は深瀬くんがお見舞いに来てくれた。 何だか嬉しかった。 子どもって汗かきなのに、どうしてこんなにいい匂いなんだろう。 というママタイムを経て。 一杯目でアイラウイスキーを飲む時って、いつも限界まで頑張った時だと思う。 そんな夜。 がくれたアヒルを抱いて眠る。。 さおりが自分のツイッターで公開しました。 こんなかわいい子供がいるなら、もう他には何もいらないって思えるでしょうね。 さおりの子供と『幻の命』の関係性はいかに?! さおりと子供というといつも話題になるフレーズがあります。 『幻の命』という曲のことです。 この歌は作詞:深瀬慧 作曲:藤崎彩織 しかも世界の終わりとしてメジャーデビューした最初の曲なんです。 さおりにとっても思入れの強い曲なんでしょうね。 この曲はさおりの中学生時代の恋人だったといわれるメンバーの深瀬慧との間にできた子供なのでは? そしてその子供がを中絶したのでは、はたまた死産したのでは、等と噂が尽きません。 一番の理由は、歌詞の中に『白い病院で死んだ僕たちの子供』という言葉がでてくるからです。 しかも深瀬慧がライブでこの歌を歌う時、ステージ上で泣いたりする場面もあったりして、益々いろんな憶測が飛び交うことになったしまうようです。 ずっと気になるので調べてみました。 さおりと深瀬慧の共通の友人の子供が亡くなったというのが一番可能性があるようです。 真相はこの曲を作ったメンバーの心の中をのぞかないとわかりません。 でも、子供の名前を知りたいなんてネットで騒がれることが多いほど、さおりの人気は高いものがあるのでしょう。 さおりは結婚後も自宅とセカオワハウスの行き来を継続するようです。 今や、Nkajin やDJloveも結婚してしまい、独身は深瀬慧一人になってしまいました。 それでも、青春時代を一緒に過ごしたセカオワメンバーと、30歳を過ぎた現在も一緒いられるなんてすごい幸せなことだと思いませんか。 これからみんなが子供が生まれて、それでもメンバーとして付き合いが続いていく。 お互いの子供の名前をまるで家族のように、呼び捨て、あるいはニックネームやちゃん付けかな。 お互いの子供をそんな風に呼び合える関係がこれから続いていくのでしょう。 4人分の家族を含めた大きな家族に発展していくのではないでしょうか。

次の