遺族 年金 内縁 の 妻。 遺族年金~内縁の妻が請求する場合の高い壁~

内縁の妻は遺族補償年金を受給できるか?

遺族 年金 内縁 の 妻

厚生年金保険 遺族厚生年金 支給要件• 被保険者が死亡したとき、または被保険者期間中の傷病がもとで初診の日から5年以内に死亡したとき。 ただし、遺族基礎年金と同様、死亡した者について、保険料納付済期間 保険料免除期間を含む。 が国民年金加入期間の3分の2以上あること。 老齢厚生年金の受給資格期間が25年以上ある者が死亡したとき。 1級・2級の障害厚生(共済)年金を受けられる者が死亡したとき。 対象者 死亡した者によって生計を維持されていた、• 子、孫(18歳到達年度の年度末を経過していない者または20歳未満で障害年金の障害等級1・2級の者)• 55歳以上の夫、父母、祖父母 支給開始は60歳から。 ただし、夫は遺族基礎年金を受給中の場合に限り、遺族厚生年金も合わせて受給できる。 平均標準報酬月額とは、平成15年3月までの被保険者期間の計算の基礎となる各月の標準報酬月額の総額を、平成15年3月までの被保険者期間の月数で除して得た額です。 平均標準報酬額とは、平成15年4月以後の被保険者期間の計算の基礎となる各月の標準報酬月額と標準賞与額の総額を、平成15年4月以後の被保険者期間の月数で除して得た額(賞与を含めた平均月収)です。 これらの計算にあたり、過去の標準報酬月額と標準賞与額には、最近の賃金水準や物価水準で再評価するために「再評価率」を乗じます。 125及び1000分の5. 481については、死亡した方の生年月日に応じて経過措置があります。 これを、中高齢寡婦加算といいます。 18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子•

次の

内縁の妻でも遺産は相続されてしまうのか? トラブルを避けるポイントとは

遺族 年金 内縁 の 妻

年金の世界で、事実婚として認定されるには、以下のいずれかに該当する必要があります。 当事者間に、社会通念上、夫婦としての共同生活と認められる事実関係を成立させようと合意があること• 当事者間に、社会通念上、夫婦としての共同生活と認められる事実関係が存在すること つまり、籍には入っていないが、 「婚姻の意思がある」または、 「夫婦同然の共同生活が存在する」ということを証明する必要があります。 日本年金機構からは、国民年金3号などに加入していたり、健康保険などで扶養となっていれば、事実上の婚姻関係と、生計維持関係は証明されるようですが、 そういったものがない場合でも、誰が見ても夫婦だと思うような証明する書類があれば、受給できる可能性はあります。 日本年金機構では、事実婚の証明をするための資料として、国民年金第3号の方や、所得税控除の対象になっている方、葬儀の喪主になっている方などをあげています。 (証明するための詳しい書類は、当事務所または年金事務所でも手に入ります。 ) これだけで、絶対というわけではなく、別の書類でも支給決定された事例は多くあります。 しかし、ご状況によっては審査を通るのが難しい方も多く、亡くなる前からの準備がトラブル防止にも役に立ちます。 例えば、• 住民票で未届けの妻、夫と記載してもらう。 公共料金などの名義に気を付ける。 WEB明細を利用の場合、パスワードを教えてもらってください。 老齢年金の加給年金の時点で手続きを取ってもらう。 基礎年金番号は必ずゲットして下さい。 手帳がもらえない場合は写メでも良いので写しておいて下さい。 など、様々な対策があります。 亡くなってから慌てるのではなく、以前からの準備もお勧めしています。

次の

内縁関係でも遺族年金はもらえるの? [年金] All About

遺族 年金 内縁 の 妻

2012年に亡くなった建設会社元社長の男性(当時93)と内縁関係にあった岐阜市の女性(59)が、遺族厚生年金を不支給とした国の処分の取消しを求めた訴訟で、名古屋高裁は11月上旬、処分の取消しを命じた1審判決を支持し、国側の控訴を退けた。 報道によると、この女性は長年にわたって、男性と交際していた。 男性が亡くなるまでの12年間は、女性方で同居。 男性の通院に付き添ったり、介護に携わったりした。 男性の死後、遺族年金の給付を国に請求したが、男性と本妻との婚姻関係が形骸化していたとはいえない、として不支給とされていた。 名古屋高裁は「2000年以降、(男性と本妻は)完全に別居し、事実上の離婚状態だった」と指摘。 女性が配偶者にあたるとした1審判決を支持した。 今回のように、内縁の妻が、遺族年金を受給できるのはどんなときだろうか。 その場合、本妻は年金を受給できるのだろうか。 に聞いた。 この『配偶者』には、婚姻の届を出した法律上の妻(本妻)だけでなく、事実上婚姻関係と同様の事情にある事実婚の妻(内縁の妻)も含まれます。 したがって、内縁関係にある夫が死亡した当時、その夫によって生計を維持していたといえるのであれば、内縁の妻であっても遺族年金を受給することができます」 その場合、本妻は遺族年金を受給できるのだろうか。 「できません。 今回のようなケースは『重婚的内縁関係』(=法律婚と事実婚が重複する場合)といいます。 このようなケースでは基本的に、法律婚の妻(本妻)が、遺族年金を受給できる『配偶者』として扱われます。 しかし、法律婚が実態を失って形骸化し、事実上の『離婚状態』となっている場合、本妻は『配偶者』と認められず、事実婚の妻(内縁の妻)が『配偶者』として扱われます」 今回のケースでも、判決が確定すれば、男性の死亡時にさかのぼって、本妻は受給権を失うことになるというわけだ。 「内縁の妻にとっては、本妻の婚姻関係が『事実上の離婚状態』であることを認めてもらえるかどうかがポイントです。 それがどのような状態なのかは、明確に定義されておらず、個々の事案に即して判断されます。 具体的には、(1)別居の経緯、(2)別居の期間、(3)婚姻関係を維持する意思があるかどうか、(4)婚姻関係を修復するための努力がなされたか、(5)本妻の夫への経済的依存の状況(生活費の送金など)、(6)別居後の音信・訪問の状況(食事を共にする、旅行するなど)などの事情が考慮されます。 たとえば、別居が30年以上続いたとしても、それだけで『事実上の離婚状態』と判断されるわけではありません。 本妻の立場からすると、遺族年金を受給するには、別居後も夫と連絡を取り合ったり、直接会ったり、生活費を送ってもらったりするなどして、『事実上の離婚状態』と判断されないよう行動することが重要になるでしょう」.

次の