府中 市長 選挙。 小野申人

[mixi]2008市長選挙

府中 市長 選挙

来歴 [ ] 出身。 、卒業。 2002年(平成14年)、府中市議会議員に初当選。 2010年(平成22年)と2014年(平成26年)にそれぞれ市議会議長に就任した。 2017年(平成29年)11月22日、任期満了に伴う府中市長選挙に立候補する意向を表明。 2018年(平成30年)4月22日投開票の市長選で現職のを僅差で破り初当選を果たした。 5月2日、市長就任。 選挙の結果は以下のとおり。 産学官の連携も十分とは言えず、副市長の不在も問題だ」とする一方で、3歳からの保育料無償化の即時実施や、府中駅周辺への競技用プール設置などによる市街地築活性化を行い、人口減と少子高齢化への対応を行うとしている。 脚注 [ ] [].

次の

府中市長選挙・・市民の関心高い伊勢丹撤退など、府中のまちづくりのあり方

府中 市長 選挙

2020年最初の選挙として、首都東京の多摩地域で2つの注目すべき選挙が行なわれた。 府中市長選挙と八王子市長選挙である。 共に1月19日に告示されている。 高野 律雄 58 無所属・現(自民党、公明党、社民党、都民ファーストの会推薦) 目黒 重夫 71 無所属・新(共産党、生活者ネット支持) 現職の高野市長に対して、共産党市議を7期務めた目黒候補が挑む。 白神優理子 36 無所属・新(立憲民主党、共産党推薦) 石森 孝志 62 無所属・現(自民党、公明党、国民民主党、生活者ネット、新社会党推薦) 高木 順一 65 無所属・新 小柳 次郎 54 しょぼい政党・新 3期目を目指す現職の石森孝志市長に、3人の新人候補が挑んでいる。 高木順一候補は市議を4期務めていた。 自民党に所属して市議会議長を務めたこともあるが、これは与党の分裂選挙ということになるのだろうか。 (2019年市議選は無所属で出馬し落選。 ) 白神優理子候補は弁護士。 立憲民主党と共産党が推薦している。 その一方で国民民主党は石森市長を推薦しており、野党側も分裂選挙となっている。 注目は「しょぼい政党」公認の小柳次郎候補であろうか。 その最初の選挙に、当選するには難易度の高い市長選を選び、それも告示9日前という慌ただしい立候補となった。 当選ではなくどれだけの支持を集められるかが焦点となるのであろう。 八王子市は「中核市」に指定されているが、石森市長が「中核拠点都市」としての八王子を全面的に推し進めているのに対し、高木候補が「中核市NO」をスローガンに掲げるなどその是非も争点の1つとなっている。 八王子市長選をウォッチしに八王子駅へ出かけたところ、野党統一候補の白神優理子候補の街宣を見ることが出来た。 白神候補は36歳の美人弁護士。 私は昨年の参院選の際に立川で吉良佳子参院議員の応援演説をしていた様子を見たことがある。 今回は共産党に加えて立憲民主党の推薦も得ている。 残念ながらこの時はあまり演説は行わなかったのだが、道行く人たちに笑顔で手を振っている様子には好感が持てた。 まだ若く、市長としての手腕は未知数だが、保守が分裂しているだけに付け込む隙は十分にあるだろう。 高野市長の動静はほとんど不明。 目黒候補はTwitterを見ても街宣を夕方には引き上げるといった有り様で、結局どちらの候補者にも会うことはできなかった。 与野党相乗りの現職市長と共産党の推薦候補の戦いではほぼ勝敗が決まっているからか、ほとんど盛り上っているようには思えなかった。 (写真は府中の高野市長の選挙事務所。 府中市長選挙の開票結果は次の通り。 当選46,870高野 律雄 58 無所属・現(自民党、公明党、社民党、都民ファーストの会推薦) 19,805目黒 重夫 71 無所属・新(共産党、生活者ネット支持) 現職の高野市長が予想通り大差で目黒候補を下し3選を果たした。 投票率も31. 92%で前回の32. 79%をさらに下回っていた。 前回2016年の市長選の結果は次の通り。 当選50,824高野 律雄 54 無所属・現(自民党、公明党、社民党推薦) 14,841寺下 章夫 69 無所属・新(共産党推薦) 目黒候補は投票率が下がった中で、前回の共産党推薦の寺下章夫候補の得票を上回ることが出来たが、まだまだ現職の壁を脅かす程では無かった。 当選78,372石森 孝志 62 無所属・現(自民党、公明党、国民民主党、生活者ネット、新社会党推薦) 47,426白神優理子 36 無所属・新(立憲民主党、共産党推薦) 15,602高木 順一 65 無所属・新 3,403小柳 次郎 54 しょぼい政党・新 こちらも現職の石森市長が大差で3選を決めている。 投票率は31. 46%。 候補者が増えたにも関わらず、前回の32. 60%を下回っている。 前回2016年の開票結果は次の通り。 当選93,641石森 孝志 58 無所属(自民党、公明党推薦) 51,811五十嵐 仁 64 無所属(共産党、社民党推薦) 保守系の票が石森市長と高木候補とで分裂したが、高木候補が伸び悩んだこともあり、白神候補がそこに割って入ることは出来なかった。 今回の石森市長と高木候補の票を足すと93,974票となり、ほぼ前回の石森市長の得票と同じである。 その一方、白神候補の票は前回2016年の市長選挙で共産党・社民党推薦の五十嵐仁候補が獲得した票をも下回っているのだから、立憲民主党推薦による票の上積みがほとんどなかったことになる。 投票率が下がったことを考えても厳しい結果である。 選挙初進出のしょぼい政党の小柳候補は最下位であったが、3千票台とそれなりの支持を集めた。 しょぼい政党はすでに東京都知事選挙に奥野晋平氏の擁立を決めており、今後の動向が気になる。 その結果がどうなるのかを占うためにも地方選挙の分析は重要である。 府中市長選、八王子市長選共に現職の圧勝という結果であった。 それだけで判断を下すのは尚早であるが、今の国民は急激な変化は望んでいないということの現れかもしれない。 都内の選挙は4月に目黒区長選と福生市長選が予定されている。 引き続きしっかりとウォッチしていきたいと思う。

次の

府中市長選挙 2020 速報(結果確定と当選速報)及び立候補者の情勢

府中 市長 選挙

1月26日投開票の府中市長選挙で「市政をかえる会・府中」が擁立した目黒重夫候補は善戦健闘し、19,805票(得票率29. 70%)を獲得しました。 ご支持・ご支援をいただいた皆様に心から感謝申し上げます。 選挙結果は高野律雄氏の3期目の当選となりました。 自民・公明立憲民主・社民などの相乗り選挙で得票は46,870票(得票率70. 29%)でした。 高野候補が4年前に比べ得票を4千票近く減らしたのに比べ、目黒候補は4年前の寺下候補よりもおよそ5千票増やしました。 この結果は、 目黒候補の政策と現市政批判が市民に一定の共感を広げた成果であると考えます。 目黒候補は「 誰もが大切にされる平和な社会を府中から」を第一の目標に掲げ、争点として、 206億円に膨らんだ市庁舎建設費を削減し福祉教育防災予算を充実させること、 高野市政が受益者負担自己責任を市民に求めすぎる市政であること、 教育優先 待機児ゼロのように市民生活第一に税金の使い方を変えることなどを打ち出し、府中の未来に向けた市民の願いに応えました。 さらに、選挙母体「市政をかえる会・府中」には幅広い立場の市民が集まり、市民と野党の地盤を固めました。 また、前回に続き投票率が低かったことは、府中の民主主義の基礎を脅かすものであり、市民からの投票率向上への取り組み強化を求める声に適切に対応しなかった市選管に猛省を求めるものです。 今回の選挙戦に参加した個人団体が得たつながりの経験は、市政の民主的発展、国政の転換に向けた大きな蓄積となることでしょう。 「市政をかえる会・府中」は、高野市政の「行財政改革」が府中市の豊かな発展を阻むものであることを重ねて指摘し、安倍一強政治、高野一強政治を許さない流れを、大きくつよく成長させるよう今後とも努力を続けます。 2020年1月27日 市政をかえる会・府中 逮捕議員 辞職へ 入札妨害で起訴 梅雨の合間、昨日は好天となった。 北多摩3区の補欠選挙まであとわずか、ビラ配りの応援に出かけた。 午前、午後2回、それぞれ2時間ずつ約800枚を配る。 午後は神代植物園近くの新興住宅地内、たっぷり歩いて万歩計はこの日2万近くになった。 さて今朝の朝刊は、先般逮捕された2人の議員が23日の起訴を受け、「辞表」提出と報じている。 今日の最終本会議で可決される見通しだ。 いつ「辞職願」が出されるのか話題となっていたが、やはり起訴のタイミングとなった。 同時に本人たちの認否については、まだ明らかにされていない。 これらは裁判を待つことになる。 市長は自身の責任問題として給与の減俸を提案する意向だ。 それはそれとして、不正がわかっていながら工事を進めた理由や市長選の選対本部長に逮捕議員を据えたことについても、説明する責任がある。 これで「辞職勧告決議」は必要なくなったが、次は全容解明と再発防止、議会としての綱紀粛正をどう図るかになる。 宇都宮さんを都知事に 久々 駅頭宣伝 昨日は梅雨入り宣言後とあって、一日中雨模様。 しかし都知事選が迫っている、共産党として宇都宮さんをアピールしようと久々府中駅頭宣伝を行った。 この間、党の宣伝はもちろん市民運動系も「自粛」が続いてきた。 一方、現職知事は連日マスコミに出ずっぱり。 カタカナ言葉を多用し新味を演出、何かやっている風を振りまいている。 宇都宮さんの活動は地に足がついている。 ヤミ金対策、反貧困、派遣村、常に困っている人に寄り添ってきた。 コロナをきっかけに社会の在り方が問われる中、最もふさわしい知事候補と思う。 東京の選挙は人気投票になりがち。 しかし苦しい今だからこそ本物を選ぶ選挙にしたい。

次の