家系 ラーメン まつり 家。 松戸駅と北国分駅の中間にある家系ラーメン店「祭家(まつりや)」の野菜ラーメンが旨い!お子様ラーメン10円にも衝撃!

【家系総本山】吉村家直系の横浜家系ラーメン店を全店ご紹介(全国9店舗+過去の直系離脱&閉店店舗) [食べログまとめ]

家系 ラーメン まつり 家

アルバイト代は8万円、役員報酬はなし 吉村氏は会社に泊まっているため、家からお店に通うことを40年間していないそう。 「土日関係なく仕事して、僕はそれで45年間走ってきちゃった。 家帰るのが面倒で35歳くらいから店でゴザひいて寝てたよ。 最初は奥さんもふくれてた。 だけど今は奥さんも自由にしたいし、ご飯の支度もしたくないし、『逆に今の方がいいわぁ』って言うね」 また、お金の管理は奥様に一任しているという吉村氏。 「今は年金16万とアルバイト代の8万円。 役員報酬はいらない、そういうしみったれた感覚はないな、俺には。 (4つの会社があって)経費はいくらでも使えるから、『社長、これは使わないともったいないですよ』って税理士に言われるけど、何も使うことないんだよ」 「僕はね、自分でお金は使わないし税務署にも出さない。 みんな寄付しちゃう。 困っている人に支援するのが一番いい。 たまにはいいもの買うよ、ジャンパー買ったり。 それ以上なにがあるの? 僕は時計もないし、携帯もないし、高級車もない。 車は軽ですから」 吉村家にはたくさんの感謝状が掲げられている 「高いブランド物買う前に心磨け! って思うなぁ。 いくらブランドで着飾ったって、そんなの、いいかい? ブランド品持ったって、自分が一流でなけりゃ意味ないじゃん。 俺は偽物持ってたって本物と思われるから(笑)」 そんな吉村氏にも20年続けている趣味があるそう。 「趣味は犬ぞり。 奥さんも子どもも寒いからついてこないけどね。 みんな(吉村氏をよく知らない人)は俺がゴルフでもして遊んでるなんて思ってるらしいけど、ゴルフなんか行ったことねぇよ。 飲み屋に行っていいレディがいても、ちっとも面白いと思わない。 仕事が面白いからな。 あとは株もやる」 ーーー最近食べた美味しいものは? 「野毛にある『萬福』さんのラーメン。 480円。 僕は値段との折り合いだから。 それとコンビニエンスのコロッケだな(笑)。 あとは、(中区)麦田町の『』、小田原の『味の大西』さん、伊勢佐木町の『ラーメン二郎』も並んで食べたし、『』さんも。 近場のラーメン屋さんは結構行くよ。 缶詰のスープは食べない。 ついこの間は富山の『はじめ家』さんを食べたよ」 ーーー缶詰のスープは飲んだことは? 「あぁ、スープと麺を一口食べたら分かる。 サービスエリアとかそういうところのスープは缶詰でも美味いんだよ。 本当に美味しいんだ。 だけどね、コクがないんだよ。 やっぱりこれからはコクが勝負。 本当に自分のところで作ってたら、いつも一緒の味なんて有り得ねぇ。 時間によって味が違うのもしょうがない、でもなるべくそれ(違い)がないようにするには腕が必要なんだな」 「保存料とかいろいろ入っているやつは美味しい、口に慣れている。 でも体が要求しない、人間の体って不思議なもんだ。 『これが食べたい』ってやつは、保存料とかそういうのが少ない。 ラーメンの話をする吉村氏はどこまでも真剣で、言葉のそこかしこに愛がある。 この愛をもって、どこまで進み続けるのか。 移転はあと3年後 最後にラーメンファンがキニナっているであろう、「吉村家移転」の話についてうかがった。 「いまの店舗は2025年までの契約。 だから、移転は3年後だな。 一つの案として、桜木町の『ぴおシティ』さんがラブコールをくれている。 地下2階な。 神奈川大学の新しいキャンパスもみなとみらいにできるし、近隣のお店やお客さんのことを考えると良い場所ではある。 ただな、『すみれ』さんと『一蘭』さんがあるんだよなぁ。 これも俺の運命かな、ケンカはしたくないんだけどな(笑)」 「横浜駅にも候補があったんだけどな、向こうからオファーがきて。 でも『吉村家が来ると混雑しちゃうから」って、両サイドの店がNGだった。 丁重なお詫びがきたよ」 もし「ぴおシティ」に吉村家がきたら、雨や炎天下の日でも安心して並べる 「僕は運が良い方だから、福引きとかやるとハワイ旅行とか当たるんだよ。 今日もお風呂に行ったら福引で2等賞が当たって、『ダメだ、こんなところで運使ったら! 新しい場所(移転先)で運を使いたい』って、隣の方にお米を差し上げたよ。 ただな、運は運だけじゃねぇよ。 努力してんだよ」 そして吉村氏はこう締めくくった。 「僕も72だし、表に出るのは今年いっぱい。 あんまりしゃしゃり出たくねぇんだ、喋ってる暇があるなら寝てた方が楽だしな。 だから最後に一回、講演会でもやりたいと思っている。 (対象を)家系だけにしようか、ラーメン屋さんだけにしようか分からないけどな。 売れなくて困っている人がいっぱいいる。 今、分岐点にきているのかもしれない。

次の

家系総本山「吉村家」創業者、吉村実氏にインタビュー。移転の噂は本当?

家系 ラーメン まつり 家

ラーメンショップのアレンジと言われる。 今では全国的に増殖している「横浜家系ラーメン」と言われる中でも、 特に醤油感の強いパンチのあるラーメンを頂けます。 直系店舗の主な特徴は酒井製麺の特注麺を使用していること。 中太でモチモチした独特の食感がある美味しい麵ですね。 (吉村家直系店以外でも、 本牧家・六角家系譜などで酒井製麺は使われています) 麺は寸胴で茹で、平ザルですくい上げるスタイルが定番。 従業員の白い作業着も直系店の特徴です。 (一部例外あり) ラーメンにはスモークしたモモのチャーシュー。 ほうれん草、海苔3枚がトッピングされている。 (日によって、小松菜を使うときもある) 醤油タレと共に鶏油(ちーゆ)を丼に入れる。 麺の硬さ(硬め・ふつう・柔らかめ)味の濃さ(濃いめ・ふつう・薄め)脂の量(多め・ふつう・少なめ)など 注文時に伝えれば調整してもらうことが出来る。 他にも追加トッピングはどれも良心的な価格設定。 あとから現金でのオーダーも出来る。 本家との何らかの確執や、諸事情があったのでしょうが残念です。 なので閉店情報や、 元直系店の動向もここに記載します。

次の

家系ラーメン

家系 ラーメン まつり 家

*2015. なんか懐かしい感じがする佇まいですね。 説明できないような地味な場所にあります。 開店と同時に入場。 カウンターだけですごく厨房が小さいお店です。 冷蔵庫や冷凍庫は別のスペースにあるようです。 この時点でお客さん5人。 後客も5人。 やっぱ流行ってますね。 皆さんのレビューを見ると、 薄いとかしょっぱいとかブレブレだとか…評価マチマチ。 丼によって量が違うスープを レンゲで移して調整してるとか、 丼が脂だらけだとか酷評も 笑 実際どうなんだろう。 とかなり疑心暗鬼。 ラーメン650円。 麺硬めで注文。 店主らしき、割と綺麗な女性が スタッフに指示をしていますが、 「チャーシュー刻み終わったらネギ切ってね」とか、 修行中の方に指導してる雰囲気。 優しく指導してるけど 怒ったら怖いのかな? 環二家のような 居心地の悪さはありません 笑 目の前に店主がずっといたので 直接「写真撮っていいですか?」って聞きました。 インスパイア系でよく見るような丼のサイズです。 まず一口スープをいただきます。 かなり鶏脂が多いですね。 今までの直系では一番熱々で、ベロやけど状態です。 醤油がかなり立っていて、 このしょっぱさは柏の王道家や横横家レベル。 ただ豚骨感もダシもイマイチ弱く、 決して薄くはないが深みがない。 鶏脂が多いから それで中和してる感じというか… 濃厚という感じでなく、 かなりシャープな印象。 それにしても、単純に醤油のしょっぱさの方が気になるなあ。 チャーシューは柔らかく美味しかったが スモーク感は他の直系より少ない。 のりは風味がよくしっかりしてました。 ほうれんそうは普通。 あとは四国の高松家と、新潟の上越家だけ。 今年はどちらも行きたいな。 まつり家 関連ランキング:ラーメン 香川駅、寒川駅、六会日大前駅.

次の