手足 口 病 うつり か た。 手足口病予防対策にアルコール消毒方法は効果的?ウィルスの種類・生存期間も

[医師監修・作成]手足口病は周囲の人にうつるの?

手足 口 病 うつり か た

もくじ• 手足口病はなぜ大人にうつる?理由と感染経路 手足口病の感染経路は、主に次の3つ。 咳やくしゃみからよる飛沫感染• ウィルスのついたものを介する接触感染• 糞口感染 飛沫感染と接触感染はなんとなくイメージできますね! 手足口病患者の「ぶえーっくしゅ!!」「ごほごほっ!!」の間近にいると、 うつるということです。 これらは、マスクや手洗いである程度の予防は可能でしょう。 ちなみに私の知人は、 手足口病が治りかけの私の息子(2歳)に、 自分が使っている箸でおかずをあげたことによりうつりました! 日頃の疲れなどで免疫力の弱った大人は、 このレベルで感染してしまいます。 もう1つの感染経路として挙げられるのが糞口感染です。 これはどういうことかというと、 手足口病にかかる患者の9割は5歳以下の幼児なわけです。 手足口病のウイルスは、 感染してからひと月ほどは便から出続けるという特徴があります。 ・・・ということは、 子供のオムツ交換した後、 手指の洗浄が不十分な状態で料理や食事をしてしまったとしたなら、 その食品などを介して感染してしまいます。 よもや、うんちオムツを取り換えて、 全然手を洗わない人はいないと思いますが、 手足口病のお子さんのオムツを触る際には、 いつも以上に徹底した手洗いが必要だということですね! スポンサーリンク 子供の症状と大人の症状、どう違う? さて、ここからは 手足口病の症状を子供と大人とに分けてご説明します。 子供がかかったときの主な症状 子供が手足口病に感染した場合、 まずは 喉の痛みがはじまります。 そして、一番の特徴が 口の中に白い水疱ができること! うちの息子はのどちんこ周りにブツブツとできていました。 口の中の水疱は とにかく痛い場合が多いです。 ピーク時は飲み物や食べ物を摂ることが難しいようで、 (確実にいやがります!) 脱水症状にならないように、 甘めのスポーツドリンクをこまめに飲ませるなどして 気を付けなければなりません。 (ただし、個人差アリ!) そうこうしているうちに、今度は 手足に水泡があらわれます。 手の甲、足の裏、指の間、 範囲が広いとふくらはぎや太ももまで、 腕なら肘のあたりまでブツブツができてきます。 水泡は光沢があり、 2、3㎜程度にまで大きくなります。 と思いますが、 特効薬は出されません。 というか、特効薬は存在しないようです。 場合によって、症状を和らげる薬を飲んだりしながら 自然治癒を待つことになります。 しばらくして爪が剥がれてしまうこともあるようです。 また頭痛や筋肉痛、悪寒の症状も出てくるので、 発疹を除けばインフルエンザのような症状にも似ています。 口の中の水泡は 痛くて唾を飲み込むのも苦しい・・・。 脚全体、腕全体に 細かい発疹が広がり、 かゆくて寝られない・・・ 状態だったそうです。 これらの症状から分かるように、 大人が手足口病に感染してしまうと、 本当にツラいのです・・・! スポンサーリンク とは言っても仕事とかあるし!治療法は? 前の章でも触れましたが、 手足口病そのものを治す特効薬はなく、 辛い症状を緩和する 対症療法が主な治療法になります。 高熱が出たら解熱剤、 頭痛があれば鎮痛剤、 皮膚の痒みや痛みの症状があれば抗炎症薬というように、 症状を緩和させながら自然治癒を待つのみです。 不快な発疹には、 抗ヒスタミン剤が処方されることが多いです。 皮膚の炎症を抑える薬として知られているステロイド剤は、 手足口病の場合は使いません。 かえって症状が悪化してしまうのだとか。 口の中の水疱による痛みには、 軽い場合にはイソジンうがい薬、 辛い場合には口内炎治療薬が処方されます。 このように、仕事などでスケジュールが詰まっている大人でも、 ゆっくりと自然治癒を待つほかありません。 ブツブツ出てるでしょうし、 他のお疲れの大人にうつしてしまう可能性もあるので、 大人しく自宅で寝て過ごしましょう。 まとめ ここまでで十分お分かりの通り、 手足口病は子供だけの病気と油断してはいけません。 感染する割合は低いとはいえ、 大人がかかったときの方が重症化しやすいのが事実。 家族やまわりで手足口病にかかった人がいたら、 まずは基本の 手洗いうがいをいつもより念入りに!! (糞口感染のことを考えると、 ひと月くらいは注意したいですね!) そして何より、 日頃から病気に強い身体づくりをしておくのが一番の予防法ですね! 免疫力アップには、 こちらの記事が役に立ちます!.

次の

手足口病の症状と対処、予防―手足や口に発疹が現れたら?

手足 口 病 うつり か た

手足口病は主に夏場に赤ちゃんや幼児などの子供に流行する手足口病ですが、子供だけの病気ではなく大人にもうつりますのでそれぞれの症状や期間などをまとめました。 スポンサーリンク 手足口病について知ろう! 症状は 病気の原因となるウイルスは、主にコクサッキーウイルスA6、A16、エンテロウイルス71(EV71)で、その他、コクサッキーウイルスA10という病原体に感染すると、手足口病というそのまますぎる名前のように、手、足、口の中などに発疹や水疱ができます。 主に5歳以下の乳児幼児に発症します。 潜伏期間は3日から6日で、この期間でも他人にうつります。 このため、1人感染者がいると、幼稚園などの保育施設で爆発的に広がります。 通常発熱がありその後発疹や水疱が出てきます。 赤ちゃんの場合口内の発疹や水疱の影響で よだれが増えることが多いようですね。 熱は 37度から38度程度出ることが多いです。 発疹や水疱が出る部位は• 手のひら• 足の裏• ひざの裏• おしり• 口のまわり• 口の中、喉(口内炎) が多いですが、唇、手の甲やふともも、背中などにも出る場合もあります。 手だけ、足だけ、口だけ、おしりだけなど限定的な部位に症状が出ることがあります。 子供の場合は口の中以外は痛みは伴わないことがほとんどです。 子供は口の中の水疱ができると痛みが出るため、食事を嫌がるようになります。 水などを飲んだだけでも痛いので、食べたり飲んだりすることを嫌がりますが、手足口病は下痢を伴うこともあるので、脱水症状には十分注意してください。 お子さんの好きな食べ物を少量ずつでも飲ませたり食べさせたりしてあげてくださいね。 熱は通常2日から3日で下がり発疹や水疱も3日から4日でなおります。 大人の症状は 乳児幼児だけの病気だと思われがちですが、大人にもうつります。 発熱は40度以上になることも。 大人が感染すると 手足の発疹や水疱が痛くなるケースが多いようです。 その他に 頭痛、悪寒、筋肉痛や指先のかゆみが出て1,2か月後に爪がはがれてしまうこともあるんです。 大人の場合は治るまで一週間程度かかってしまうようです。 大人の方が重症化しやすいようですね。 妊婦が感染した場合は 妊娠中は免疫力が低下しているため手足口病に感染しやすくなるようです。 妊婦特有の症状や胎児への直接の影響はないとされていますが、 高熱や手足の発疹や水疱の痛みによるストレスが胎児に悪影響を及ぼす可能性もありますので、まずは感染しないように細心の注意が必要ですね。 感染経路は 感染経路は、飛沫感染、接触感染、糞口感染(幼児のおむつ交換のときなどにウイルスが手に付いて、その状態で食器などを触り口に入ってしまう感染)があります。 咳やくしゃみによる飛沫感染、子供の場合遊んでいると友達との接触も多いですから感染者からウイルスが感染しやすいです。 大人の場合はおむつ交換のときなどの感染が多いです。 治療方法は 現在のところ手足口病の特効薬はありませんので、それぞれの症状に対処療法をしていくことになります。 発熱、発疹や水疱があっても子供が元気な場合はお家で様子を見ましょう。 口内の発疹や水疱を痛がり、飲まず食わずだと脱水症状になる恐れがあるので、 こまめに水分を補給してあげてください。 ぐったりしていたり、頭痛などを訴えたときは小児科を受診してくださいね。 おたふくかぜや水ぼうそうとは違い、手足口病は出席停止にはならないので熱が下がって元気なら、幼稚園に登園しても良いのですが、医師や園と相談してからの方が安心です。 スポンサーリンク 予防方法は 咳やくしゃみでうつることが多いのでマスクをすることが大事ですね。 でも子供はマスクを嫌がることが多いですから、こまめに石鹸を使って手洗いさせる、うがいをさせるなどをしっかり覚えてもらいましょう。 しかし、幼稚園などの保育施設に入っている子供はほとんど一度はかかる病気だと言えますので、症状が出ても慌てずに様子を見て必要なら小児科を受診しましょう。 お子さんが手足口病になったときの予防は 体調がよければ看病していてもほとんど大人に感染することはないのですが、妊娠中で免疫力が低下していたり、自分が病み上がりだったり疲労していたりすると感染の可能性が高まってしまいます。 その予防のためには• マスクをつける• 食器などを共用しない• おむつ交換のあとなど石鹸でしっかりと手を洗う• おむつを捨てる際もビニール袋に密封してから捨てる をしっかり行うことが重要です。 お子さんの症状が治っても 便の中にはウイルスが1か月程度は排出されるので継続して注意が必要です。 まとめ 発熱がありそのあとで発疹や水疱が出てくることが多いですが、お子さんが元気なら心配し過ぎずに様子を見ましょう。 数日後には治ります。 元気がなかったり、水も飲まないときは小児科を受診しましょう。 日ごろからの手洗いやうがいが感染の予防になりますので、しっかりと行いましょうね。 スポンサーリンク.

次の

手足口病は高齢者にもうつる?治療薬が無いって本当?

手足 口 病 うつり か た

まず初期症状として、発熱やノドの痛みなど、風邪のような症状が出ます。 1~2日後には、 ・手の平 ・足の裏 ・膝の裏 ・内股 ・お尻 などに水泡ができて痛みや痒みが出ます。 これらの症状が7日~10日ほど続き、普通は自然に治ります。 しかし、感染したウイルスがコクサッキーウイルスA16という型だった場合、心筋炎という心臓の病気が合併した報告がありますし、 エンテロウイルス71というウイルスに感染した場合は、まれに急性脳炎をおこし命に関わる危険性もありますので、 子供の病気だからといって甘くみてはいけません。 発熱・咳・鼻水・タンなどは、 ・発熱:身体の熱を上げて異物を撃退する細胞を働きやすくする。 ・咳:身体の中に入って来ようとする異物を外に出そうとする。 ・鼻水、タン:身体の中に入ってきた異物を粘液で包み込んで外に出そうとする。 という免疫としての働きをそれぞれ持っています。 免疫力が弱くなる事で、ウイルスなどの異物を撃退する能力も弱くなり、感染しやすくなります。 更に、免疫力として、ウイルスなどの異物を外に出したり、撃退する細胞を働きやすくする力も弱くなるので、 ウイルスに感染しても、発熱・咳・鼻水・タンなどの症状が出にくく、気付くのが遅くなり重症化するリスクが高くなります。 ちなみに、免疫力が激しく反応する事で起こるアレルギーは、免疫力が弱くなっている高齢者になってから初めて出る方は少ないです。 また、寝たきりになっている高齢者の方は、 おむつ交換で便が介護者に付着してウイルスを広げる事もあり、 実際に、高齢者施設で手足口病が広がった事例もあります。 生物にウイルスなどの異物が身体の中に入ってくると、異物に対する抵抗力を持った「抗体」という仕組みを作ります。 この抗体を身体に作らせるために、毒性を弱くした異物を身体にあえて入れるのがワクチンです。 例えば、インフルエンザの予防接種は、毒性を弱くしたインフルエンザウイルスを注射する事で、体内にインフルエンザの抗体を作らせて、 本物のインフルエンザウイルスが体内に入ってきた時に、身体がすぐ対応できるようにするワクチンです。 手足口病のワクチンは、国内ではまだ開発されていませんが、中国や台湾などで開発中です。 ですので、 手足口病の有効な予防策は、 ・手洗い ・うがい ・感染しそうなものを触らない ・症状が出ている人に近づかない など、一般的な感染症への予防策しかありません。 更に、 ・感染しても症状が出ない ・症状は出たが治った など、 どちらの場合も、ある程度の期間は、まだ大便と一緒にウイルスが排出されますので、 身近に感染した人が居たら、気を抜かないようにする事が大事です。 手足口病は高齢者にもうつる?治療薬が無いって本当? まとめ 1 手足口病とは? 手足口病は、ウイルスの感染で手足や口の周りに水ぶくれのうような発疹が出る感染性の病気です。 手足口病は、2乳幼児に多いのはよく知られていますが、大人にも感染して症状が出ます。 3 手足口病には治療薬が無い? 手足口病には、治療薬が無いため根本的に治す事はできません。 症状として出る発熱・ノドの痛み・水泡などを薬で緩和するしかありません。 4 手足口病を予防するには? 手足口病には、ワクチンがありませんので、予防接種で防ぐ事はできません。 手足口病の有効な予防策は、 ・手洗い ・うがい ・感染しそうなものを触らない ・症状が出ている人に近づかない など、一般的な感染症への予防策しかありません。 一般的に、高齢者になると身体の機能が全体的に落ちてしまいます。 身体の機能が落ちれば、病気にもかかりやすくなります。 どうしても加齢にはなかなか勝てませんが、身体の機能を落とさないようにするためには、 ・規則正しい生活 ・バランスの取れた食事 ・運動習慣 が大事です。

次の