大相撲 5 月 場所。 大相撲星取クイズ

大相撲夏場所、中止決断へ…7月名古屋場所は東京開催プラン浮上― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

大相撲 5 月 場所

席種名称 料金 備考 タマリ席 14,800円 【内税 1. また、入場券1枚に1名様とし、抱きかかえる等の利用は禁止とします。 チケット大相撲最速先行でのみ受付。 チケット大相撲最速先行でのみ受付。 応援ありがとう!稀勢の里と握手会付き4人マスC席 9,500円/人 【内税 703円】 観戦日に元横綱・稀勢の里と握手できるマス席。 対象公演日は9~11日目。 詳しくは 赤ちゃん抱っこと撮影4人マスC席 9,500円/人 【内税 703円】 関取と記念撮影できる4人マスC席。 観戦日と撮影日は別日程。 対象公演日は2~5日目、9~11日目。 赤ちゃんがいなくても撮影ができます。 ただし抱っこはできません。 詳しくは 親方と記念撮影付き4人マスC 9,500円/人 【内税 703円】 観戦日に親方と記念撮影できるマス席。 対象公演日は2~6日目。 詳しくは 特別2人マスC席 9,500円/人 【内税 703円】 4人用マスを2人で利用できる席。 対象は東、西のみ。 必ず全員揃っての引換・入場。 15歳以下または60歳を超えるお客様の身分証明書の提示が必要。 入場条件と異なる場合は通常料金との差額をお支払い頂きます。 発券されるチケットは引換券。 観戦当日、国技館の引換テントにて入場券と引換が必要(引換時間:8:00~16:00)。 必ず全員揃っての引換・入場。 15歳以下または60歳を超えるお客様の身分証明書の提示が必要。 入場条件と異なる場合は通常料金との差額をお支払い頂きます。 発券されるチケットは引換券。 観戦当日、国技館の引換テントにて入場券と引換が必要(引換時間:8:00~16:00)。 チケット大相撲最速先行でのみ受付 5月場所限定 レディースデー・バラの花付き椅子B席 5,100円 【内税 377円】 女性限定。 人気親方からバラの花を一輪プレゼント、記念撮影ができるイスB席。 対象日は五月場所開催中の水曜日。 4日目、11日目。 必ず全員揃っての引換・入場(要身分証明書)。 入場条件と異なる場合は通常料金との差額をお支払い頂きます。 発券されるチケットは引換券。 観戦当日、国技館の引換テントにて入場券と引換が必要(引換時間:8:00~16:00)。 自由席大人 2,200円 【内税 162円】 14列目1周分の席。 取組日当日のみ国技館切符売場にて販売。 ご購入時、クレジットカードはお使いいただけません(現金のみ)。 自由席子供 4歳~15歳 200円 【内税 14円】 14列目1周分の席。 取組日当日のみ国技館切符売場にて販売。 ご購入時、クレジットカードはお使いいただけません(現金のみ)。

次の

大相撲平成24年5月場所

大相撲 5 月 場所

場所前の話題など [ ] 番付発表は(平成24年)。 後に大関昇進を果たしたの取組が期待された。 番付・星取表 [ ] 東 成績 結果 番付 西 成績 結果 10勝5敗 8勝7敗 9勝6敗 11勝4敗 大関 10勝5敗 8勝7敗 大関 8勝7敗 7勝8敗 8勝7敗 殊勲賞 4勝11敗 7勝8敗 5勝10敗 1 5勝10敗 9勝6敗 技能賞 前頭2 5勝10敗 5勝10敗 前頭3 7勝8敗 12勝3敗 優勝同点、敢闘賞 前頭4 2勝13敗 10勝5敗 前頭5 4勝11敗 10勝5敗 前頭6 11勝4敗 9勝6敗 前頭7 12勝3敗 優勝、敢闘賞 9勝6敗 前頭8 5勝10敗 7勝8敗 前頭9 8勝7敗 5勝10敗 前頭10 5勝4敗6休 9勝6敗 前頭11 7勝8敗 9勝6敗 前頭12 7勝8敗 5勝10敗 前頭13 5勝8敗2休 6勝9敗 前頭14 全休 3勝12敗 前頭15 8勝7敗 9勝6敗 前頭16 優勝争い [ ] 一人横綱は初日に敗れて土。 新大関も2日目に敗れて土がついた。 序盤5日間終わった段階で全勝は大関だけで、1敗は白鵬を筆頭に11人。 その琴奨菊は7日目に土がついて1敗に後退、1敗白鵬はに金星を配給して2敗に後退した。 白鵬は中日(関脇)、9日目(関脇)と3連敗となって一時は優勝争いから名前が消え、9日目終了段階では1敗がと、2敗の4人が優勝を争う展開となった。 10日目は栃煌山が2敗に後退し、中盤戦終了時点では稀勢の里が1敗で単独トップ、2敗が栃煌山、、の平幕3人だった。 11日目になると、宝富士が、玉鷲が、栃煌山が豊ノ島に落ちてそれぞれ3敗に後退すると、稀勢の里は鶴竜に勝ったため、後続に2差をつけた単独トップとなり、この時点ではファンの誰もが稀勢の里の優勝になると思っていた。 しかし翌12日目に稀勢の里が栃煌山に敗れて2敗に後退すると、優勝争いから一時は脱落したかと見られていた栃煌山、序盤で既に3敗していたため優勝争いにそもそも加わっていなかった旭天鵬の2人も3敗で優勝争いに名前が入った。 13日目に稀勢の里が白鵬に敗れて3敗に後退したため、優勝争いのトップがこの段階で3人、4敗で白鵬、、の3人と一転混戦模様になってしまった。 14日目、栃煌山、旭天鵬は本来上位と当たる番付ではなかったが、栃煌山は大関鶴竜、旭天鵬は大関との対戦が組まれてそれぞれ勝ち、他の3敗・4敗勢も全員勝って優勝争いに残った。 千秋楽に3敗、4敗の6人の直接対決は組まれなかったため、3敗力士が全員敗れ、4敗力士が全員勝てば最大6人によるの可能性もあった。 近年稀に見る混戦に、ファンの期待も膨らんだ千秋楽に大関琴欧洲が休場。 琴欧洲の対戦相手は栃煌山だったため、栃煌山が不戦勝で3敗キープとなった。 この時点で栃煌山の優勝決定戦進出と4敗3人の優勝の可能性消滅が決定してしまった。 千秋楽不戦勝の力士が優勝してしまう可能性がある中、先に土俵に上がった3敗力士・旭天鵬は関脇豪栄道を寄り切りで下して3敗キープ。 この時点で優勝決定戦の実施が決定し、続いて栃煌山の不戦勝の勝ち名乗り。 最後に稀勢の里が土俵に上がったが、大関に敗れて4敗に後退。 一時2差でトップに立っていた稀勢の里は優勝決定戦にすら出場できなかった。 史上初めて平幕同士によって行われた優勝決定戦。 どちらか勝っても初優勝だったが、旭天鵬が栃煌山に叩き込みで勝って初優勝。 37歳8ヶ月の初優勝は昭和以降で最高齢だった。 各段優勝・三賞 [ ]• 幕内最高優勝 12勝3敗(初)• 殊勲賞 8勝7敗(初)• 敢闘賞• 12勝3敗(30場所ぶり2度目)• 旭天鵬勝 12勝3敗(27場所ぶり6度目)• 技能賞 9勝6敗(2場所ぶり2度目)• 十両優勝 12勝3敗• 幕下優勝 7戦全勝• 三段目優勝 7戦全勝• 序二段優勝 7戦全勝• 序ノ口優勝 7戦全勝 トピック [ ]• 旭天鵬の優勝パレードでは、旗手を横綱白鵬が務めた。 時の横綱が旗手を務めるのは異例のことであったが、これはモンゴル出身力士の先駆者である旭天鵬に対し、敬意を表して行ったものである。 琴欧洲が千秋楽に休場したことで優勝争いに大きく水を差される結果となったこの場所だが、琴欧洲の休場表明が14日目打ち出し後ならば「割返し」を行ってこの事態を回避することができたかもしれないと広報部長が発言するなど、琴欧洲の対応には各方面から批判の声が上がり、栃煌山が不戦勝の勝ち名乗りを受ける際には琴欧洲に対するブーイングが発生した。 また、理事長はこの件について、協会ご挨拶の場で謝罪する羽目になった。 なお、琴欧洲が休場する原因となったのは14日目の旭天鵬戦の際の負傷であったため、皮肉にも3敗旭天鵬が同じく3敗栃煌山の優勝決定戦進出をアシストする結果となった。 終盤の失速で優勝決定戦にも進出できなかった稀勢の里だが、10日目終了時点で日本人大関が優勝争いの単独トップに立ったこと自体、8年半ぶりのことであった。 この場所は関脇の豪栄道(1横綱3大関撃破・殊勲賞)と平幕の妙義龍(4大関撃破・技能賞)、豊響(1横綱2大関撃破)と、の若手力士3人が揃って活躍したため、「境川旋風」とも呼ばれた。 元幕内の()、元十両の()、()がそれぞれこの場所限りで現役引退した。 翌年の5月場所は5日初日、19日千秋楽の日程であったが、今場所で思うようにチケットを捌けなかったことから、大型連休を避け、1週間ずらして、12日初日、26日千秋楽に変更した。 脚注 [ ]• スポニチアネックス 2012年5月16日(2012年12月1日閲覧)• スポニチアネックス 2012年5月18日(2012年12月1日閲覧)• スポニチアネックス 2012年5月19日(2012年12月1日閲覧)• スポニチアネックス 2012年5月20日(2012年12月1日閲覧)• そもそも平幕力士が2人以上優勝決定戦に進出したこと自体が初めて• スポニチアネックス 2012年5月20日(2012年12月1日閲覧)• スポニチアネックス 2012年5月20日(2012年12月1日閲覧)• デイリースポーツオンライン 2012年5月21日(2012年12月1日閲覧)• スポニチアネックス 2012年5月21日(2012年12月1日閲覧)• スポニチアネックス 2012年5月16日(2012年12月1日閲覧)• 中日スポーツ 2012年5月14日(2012年12月1日閲覧)• MSN産経ニュース 2012年6月12日(2012年12月1日閲覧)• スポニチアネックス 2012年5月21日(2012年12月1日閲覧)•

次の

新型コロナ:大相撲、夏場所の中止決定 7月は国技館で無観客に :日本経済新聞

大相撲 5 月 場所

年号がに変わって初めての本場所である。 優勝争い [ ] 先場所全勝優勝を飾った横綱・が千秋楽の横綱・戦で右上腕二頭筋を断裂し、調整の遅れもあって全休 、鶴竜の一人横綱となった。 前半戦は鶴竜と、大関復帰を目指す関脇・が共に7連勝するが、中日に鶴竜は優勝のに押し出されて令和初の金星を配給。 栃ノ心もに不覚を取り、この時点で全勝がいなくなる。 鶴竜・栃ノ心とも10日目まで1敗を守り、優勝争いは1敗の鶴竜・栃ノ心と平幕のが並び、2敗で平幕の、3敗で大関のと、平幕のが追う展開となった。 11日目に鶴竜・栃ノ心が共に敗れて朝乃山が単独トップに立つも、12日目は栃ノ心と朝乃山が敗れて鶴竜と朝乃山が2敗で並ぶ。 13日目は栃ノ心と朝乃山の直接対決が組まれ、物言いのつく微妙な一番を朝乃山が制して2敗を守った一方、鶴竜は高安に敗れて3敗目を喫する。 迎えた14日目、朝乃山は大関・豪栄道との一番が組まれ、さらに結びで鶴竜と栃ノ心の直接対決が組まれた。 朝乃山は豪栄道を寄り切って下し2敗を守った一方、結びの一番ははたき込みで栃ノ心が10勝目を挙げ、「大関陥落翌場所の10勝」により大関復帰を決める とともに、千秋楽を待たずして朝乃山の初優勝が決まった。 三賞は優勝した朝乃山が殊勲賞・敢闘賞のダブル受賞。 前頭で10勝を挙げた力士が朝乃山以外に6人いるという大混戦の中、終盤5日間で4勝1敗としたと千秋楽までを6連勝で締めくくったが敢闘賞を、やはり終盤5日間で4勝1敗とし千秋楽でも勝利したが技能賞を獲得した。 なお、新大関のは右膝の負傷により5日目から途中休場、無理を押して8日目に復帰するもに敗れて再び休場となり、次のは角番として迎えることになった。 番付・星取表 [ ] 成績 東 番付 西 成績 0勝0敗15休 横綱 11勝4敗 9勝6敗 大関 9勝6敗 3勝4敗8休 大関 5勝7敗3休 関脇 10勝5敗 6勝9敗 小結 9勝6敗 7勝8敗 前頭1 6勝9敗 7勝8敗 前頭2 7勝8敗 6勝9敗 前頭3 10勝5敗 5勝10敗 前頭4 10勝5敗 6勝9敗 前頭5 10勝5敗 8勝7敗 前頭6 4勝11敗 10勝5敗 前頭7 10勝5敗 3勝5敗7休 前頭8 12勝3敗 5勝10敗 前頭9 8勝7敗 5勝10敗 前頭10 8勝7敗 8勝7敗 前頭11 6勝9敗 10勝5敗 前頭12 6勝9敗 7勝8敗 前頭13 7勝8敗 4勝11敗 前頭14 7勝8敗 6勝9敗 前頭15 8勝7敗 9勝6敗 前頭16 5勝10敗 5勝10敗 前頭17 アメリカ合衆国大統領観戦と、これに伴う警備強化 [ ] 千秋楽の、として来日中の第45代及びが、第98代・と共に観戦に訪れた。 今回の場所において、「米国大統領杯」が新設され、幕内最高優勝者でもあるが初代受賞者に選出され、トロフィー(総重量およそ30kg )がトランプ大統領直々に手渡された。 これに伴い、及びの主導の下、会場内外共に大幅に警備が強化され、・・・休憩室等の使用禁止措置や、国技館ちゃんこの販売禁止や紙パック入りを除く飲料の没収、の設置や手荷物検査の実施、力士帰宅時の通路の一時閉鎖などの対策が取られた。 また国技館周辺を、に基づくの飛行禁止区域に指定した。 脚注 [ ]• 朝日新聞. 2019年5月9日. 2019年9月23日閲覧。 産経新聞. 2019年5月19日. 2019年9月23日閲覧。 時事通信. 2019年5月19日. 2019年9月23日閲覧。 サンケイスポーツ. 2019年5月22日. 2019年5月23日閲覧。 時事通信. 2019年5月23日. 2019年9月23日閲覧。 時事通信. 2019年5月24日. 2019年9月23日閲覧。 毎日新聞. 2019年5月25日. 2019年9月23日閲覧。 日本経済新聞. 2019年5月25日. 2019年9月23日閲覧。 スポーツニッポン. 2019年5月26日. 2019年9月23日閲覧。 時事通信. 2019年5月20日. 2019年9月23日閲覧。 - 産経新聞 2019年5月25日• - 夕刊フジ 2019年5月27日• - インターネット版官報 2019年5月22日.

次の