マック スパチキ。 マックのスパチキはいつまで?辛さの口コミや味の評判とカロリーも!|ViViVi★Life

マック新作「スパチキ」スパイシーチキンバーガー200円!コスパ最強説を徹底紹介!

マック スパチキ

マックの新200円バーガー『スパチキ』 『 スパチキ』は、200円で楽しめる「おてごろマック」シリーズの「エグチ」「チキチー」「マクポ」に続く新商品! 唐辛子の辛さとガーリックの旨みが効いた絶妙な辛さのスパイシーソースが、ペッパーの効いたサクサクのチキンパティ、シャキシャキのレタスと相性抜群の一品とのこと。 単品価格200円(税込)、バリューセット500円(税込)。 単品のカロリーは389kcalです。 今回はピリッとした辛さが特徴の新商品のようです。 見た目の印象だと「チキンクリスプ」の辛いソース版って感じですね。 『スパチキ』と「チキンクリスプ」の違いは? そこで、『スパチキ』と「チキンクリスプ」の違いを検証! 筆者は普段マックを食べる時「チキンクリスプ」を必ず注文するほどのチキンクリスプラーなので、チキンクリスプ系商品はとても気になります。 「チキンクリスプ」はマックのバーガーの中で一番安いし、それでいてめっちゃ美味しいですからね…。 とりあえず『スパチキ』と「チキンクリスプ」を用意しました。 価格は『スパチキ』が200円(税込)、「チキンクリスプ」が110円(税込)と、約倍の価格です。 ) カロリーは『スパチキ』が389kcal、「チキンクリスプ」が345kcal。 若干『スパチキ』の方がカロリーが高いですね。 『スパチキ』のバンズはゴマがついた「セサミバンズ」となっています。 やはりゴマが付いている方が美味しそうに見えます。 こちらも明らかに違いますね。 『スパチキ』は辛そうなオレンジ色のスパイシーソース、「チキンクリスプ」は若干黄色がかったマスタードソースが使われています。 また、パティはどちらとも「チキンクリスプパティ」を使用しており、全く同じものになります。 念の為マクドナルドさんに確認したところ、同じパティを使用していると回答をいただきました。 この「チキンクリスプパティ」が最高に美味しいんですよね。 サクッとした食感に、肉厚で食べごたえがあるチキン。 そしてペッパーが効いたスパイシーな味付けがたまりません。 スパイシーな良い香りがします。 価格は『スパチキ』が200円(税込)、「チキンクリスプ」が110円(税込)なので、バンズとソースの違いで90円違うということになります。 これを高いと思うか安いと思うかはアナタ次第…。 うまい! ソースは、ふわっとガーリックの風味香る甘めの味付けで、ピリッとした辛さがあとからやってくるクセになる美味しさ。 生春巻きなどに使われる「スイートチリソース」の味わいに近いかもしれません。 甘辛いソースは、スパイシーな「チキンクリスプパティ」と相性が良いです。 また、バンズに付いたゴマの口触りや食感、そして香ばしさが加わることで贅沢感がちょいプラされます。 あまり気にしたことが無かったですが、改めて吟味しながら食べてみると、ゴマ有りの良さがわかりますね。 ちなみに、辛さは本当にピリッとする程度で、辛い物好きな筆者としては あまり辛くないと感じました。 ただ、口コミを見ていると「かなり辛い」とか「丁度よい辛さ」という方もいたので、辛いものが苦手だったり敏感な人には中々の辛さかもしれません。 「チキンクリスプ」との違いはバンズとソースだけでしたが、バンズとソースが違うだけで結構な違いがありました。 気になる方はぜひ『 スパチキ』をお試しください。

次の

マクドナルド、スパチキの感想、口コミ・評判など

マック スパチキ

ま、この手の新商品は古淵店だと不安ですので、そこは信頼の『マクドナルド』16号相模原店に行ってみた次第。 いや、新商品って意外と普通に作り間違えたヤツをしれっと出されるので、開幕当初は下手な店だと地雷なんですよね~ そう言えば16号相模原店はカフェも併設してたりして? もっともマックに来る客層が、そこまでコーヒーにコダワリがあるのかは謎ですけども。 そして! 今回も記事としての尺が足りない予感しか無いので、なんとなく比較対象を追加してみた次第で御座います。 『チキンクリスプマフィン』140円 ま、とりあえずはチキンクリスプ的なチキン繋がりって事で、モーニングメニューの『チキンクリスプマフィン』も食べてみた方が良いかな~って思ったので、頑張って『チキンクリスプマフィン』も食べてみました。 嘘です。 思ったよりも早く着いてしまったので、まだレギュラーメニューは提供しておらず、とりあえず朝食がてら食べてみた次第。 結果! なかなかの美味しさでして、わりと『マクドナルド』のチキン系は好きかもですな~ まあ、確かにマフィンに関しては賛否が分かれるかもですが、なんかマスタードソースもチキンにマッチしてるし、これで140円なら食べる1択だと思います。 ちなみに筆者、どちらかと言うと普通のバンズ(パン)が好き! 『スパイシーチキンバーガー』200円 こんな感じで、どうでしょう? ま、一応は新商品って事でして、わりとガッツリCMとか宣伝している感じですが、あえて言おう! と、思ったのですが、その前に一応は公式サイトの謳い文句を引用しておきますと、こんな感じ。 おてごろマックに初の期間限定商品、「スパチキ」が新登場!唐辛子の辛さとガーリックの旨みの効いた絶妙な辛さのスパイシーソースは、ペッパーの効いたサクサクのチキンパティと、シャキシャキのレタスとの相性が抜群!ピリッと刺激的な旨辛ソースがやみつきになる一品です。 との事。 まあ、さしてチェーン店のハンバーガーには興味ない筆者ですし、どっちかっちゅうたら『バーガーキング』派ですので、ここは包み隠さず言っちゃう感じでして、あえて言おう! 『チキンクリスプ』110円 と、思わせて言わないパターン! 「言わないんかい!」みたいなツッコミは予想されますが、まだ慌てる様な時間じゃない可能性……あると思います。 ん? ってか、この『チキンクリスプ』って昨日まで100円じゃ無かったっけ? みたいな気がするのですが、これも消費税マジックって事で諦めるしかありません。 ま、それでも110円って缶ジュース以下の値段でハンバーガー的な何かが食べれるって有り難いじゃない? 気になる味の方ですが、まあ辛いソースを省いた『スパイシーチキンバーガー』って感じでして、それ以上でもそれ以下でも無いので、あえて言おう! 「ソースだけで90円差です……と?」 圧勝。 もはや誰の目から見ても圧倒的勝利。 ほぼ半分の値段でソースの有無とバンズの差のみと思われ、2倍近い価格差的な心の溝を埋める事って出来るんですかね? そもそも 「戦いは数だよ、兄貴。 」の法則からして(略 ちなみにコチラもマスタードソースでして、誠に美味しゅう御座います。 『スパイシーチキンバーガー』総評 もうね。 アホかと、バカかと。

次の

マックの新商品「スパチキ(スパイシーチキンバーガー)」は美味しい!?食べてきた感想!

マック スパチキ

コスパ最強とは、1円あたりのカロリー! 何のコストパフォーマンスかと聞かれたら、 「安くて腹持ちがすること」であると思うので、同じバーガーということもあって 1円あたりのカロリーで勝負していきます! 価格については、公正を期すために単品での価格で設定することにしました。 2017年11月1日現在、デラックスチーズシリーズの限定メニューが登場してているわけですが、せっかくですからランキングに入れてしまおうと思います。 また、クォーター・パウンダー・チーズとダブル・クォーター・パウンダー・チーズは2017年4月4日をもって販売終了(「グラン」シリーズと世代交代)ですが、ランキングでは残そうと思います! よって、今回エントリーするバーガーは、以下となります。 超グラコロ• 超デミチーズグラコロ• ビッグマック• ダブルチーズバーガー• てりやきマックバーガー• チキンフィレオ• ベーコンレタスバーガー• えびフィレオ• クォーター・パウンダー・チーズ• ダブルクォーター・パウンダー・チーズ• エッグチーズバーガー(エグチ)• バーベキューポークバーガー(バベポ)• チキンチーズバーガー(チキチー)• ハンバーガー• チキンクリスプ• チーズバーガー• フィレオフィッシュ• チキンタツタ• チキンタルタ• メガマック• てりたま• チーズてりたま• ギガベーコンてりたま• グラン クラブハウス• グラン ベーコンチーズ• グラン てりやき• グランドビッグマック(期間限定)• ギガビッグマック(期間限定)• ロコモコ(期間限定)• 夏カレーロコモコ(期間限定)• チーズロコモコ(期間限定)• 東京ローストビーフバーガー(期間限定)• 大阪ビフカツバーガー(期間限定)• 月見バーガー(期間限定)• チーズ月見(期間限定)• 満月チーズ月見(期間限定) さて、 この中で最強のコスパを誇るハンバーガーは何でしょうか!? 第5位:バーベキューポークバーガー(バベポ)• コスパ度:2. 457kcal、161g、200円 早速マクドナルドが誇るコスパ3銃士が出てきましたね。 バーベキューとポークの組合せは相性が良く、 カロリーも安定の400kcal超えとなりました。 コスパ三銃士は全ての価格が200円となっているため、なかなかのコスパを叩きだしてくれています。 第4位:チキンチーズバーガー(チキチー)• コスパ度:2. 468kcal、161g、200円 同じコスパ三銃士でありながら、カロリーがバベポより高くなったことで、4位にランクインとなりました。 チーズバーガーのお肉がチキンに変わっただけではなく、 なんと重量が1. 32倍になったことでカロリーとしても十分な性能を持っています。 第3位:チーズバーガー• コスパ度:2. 310kcal、122g、130円 4位のチキチーの兄貴分であるチーズバーガーが3位にランクインとなりました。 チキチーよりも一回りサイズは小さいのですが、 1個130円という価格設定により、コスパとしては上をいく結果となりました。 やはり兄より優れた弟は存在しないのですね… 第2位:ハンバーガー• コスパ度:2. 260kcal、108g、100円 これぞ元祖ハンバーガー!全てのハンバーガーが尊敬する元祖が堂々の2位となりました。 実は重量としては一番軽い(二番目に軽いのがチーズバーガー)のですが、 何と言っても1個100円という価格設定が大きな貢献を果たしています。 かつてハンバーガーが65円という時代がありましたが、その場合はコスパ度は4. おそらくあの頃よりは品質もアップしているでしょうから、多少は変わってくるかもしれませんが、それでもあの時代は脅威であったとしか言いようがありません。 ここまでコスパ三銃士は2つランクインしており、残るエグチ(エッグチーズバーガー)がどうなっているのか気になるところですね… それでは栄えある第1位を発表したいと思います! sponsored link 第1位:チキンクリスプ• コスパ度:3. 全ハンバーガーを見ると、カロリーはどちらかというと低い部類に入りますが、やはり100円という破格な価格設定が最強のコスパとなった秘密だと言えます。 それでは全26種類のハンバーガーのコスパ度をご覧いただきたいと思います。 全26種類のハンバーガーコスパ度一覧• チキンクリスプ 3. ハンバーガー 2. チーズバーガー 2. チキンチーズバーガー(チキチー) 2. バーベキューポークバーガー(バベポ) 2. エッグチーズバーガー(エグチ) 1. てりたま 1. てりたまチーズ 1. てりやきマックバーガー 1. グランドビッグマック 1. ダブルクォーター・パウンダー・チーズ 1. ギガベーコンてりたま 1. メガマック 1. ギガビッグマック 1. ダブルチーズバーガー 1. ビッグマック 1. クォーター・パウンダー・チーズ 1. 380kcal(552kcal,400円)• チーズロコモコ 1. 超デミチーズグラコロ 1. 327kcal(491kcak,370円)• ロコモコ 1. チキンタルタ 1. 満月チーズ月見 1. チーズ月見 1. グラン ベーコンチーズ 1. 236kcal(482kcal,390円)• 大阪ビフカツバーガー 1. 228kcal(479kcal,390円)• 超グラコロ 1. 月見バーガー 1. 209kcal(411kcal,340円)• ベーコンレタスバーガー 1. デラックスチーズチキン 1. グラン てりやき 1. 夏カレーロコモコ 1. フィレオフィッシュ 1. グラン クラブハウス 1. えびフィレオ 1. チキンタツタ 1. デラックスチーズビーフ0. 986kcal(483kal,490円)• 東京ローストビーフバーガー 0. 理由としては、カロリーに比例して値段も高くなっていたからです。 1位から7位までは全て値段が100円、または200円で占められており、単に安くカロリーを摂取したいのであれば、無理に重いハンバーガーを選ぶ必要はありません。 「グラン」シリーズの値段は、チキンクリスプ5つ分に相当するわけですが、正直な所チキンクリスプを5つ頼めば、大人が1日に必要な摂取カロリーに届くくらいの勢いがあるわけです。 もちろんそれだけでは健康によろしくないですし、ずっと同じものを食べていれば飽きてしまうので、 他のメニューでバラエティに富むというのは大事な要素ではあるかと思います。 100円ハンバーガーはセカンドバーガーにするのもアリ! サイドメニューの定番となるとチキンマックナゲットがありますが、チキンクリスプやハンバーガーといった100円ハンバーガーを セカンドバーガー(2つ目のバーガー)に沿えれば、味も楽しめてお腹も満腹になるのではないかと思います。 本当に安くランチを済ませたいのであれば、 チキンクリスプを2つ単品で注文するのがベストだと思いますけどね! 他にも朝マックやサイドメニューのコスパランキングも完成しましたので、ご確認頂ければと思います! sponsored link カテゴリー•

次の