光回線 au。 auセット割|光回線インターネットならビッグローブ光

ソネット光とauひかりの違いを比較!契約・乗り換えるならソネット光

光回線 au

KDDIは、通信業界ではNTTに次ぐ2番手の大手通信会社で、以前は国際電話の回線を独占していた老舗の会社です。 光回線といえば、とによる「」がしばらくは独占状態でしたが、東京電力の光ファイバー事業とKDDIが事業統合したことにより、 KDDIは独自の光回線を所有することになりました。 光回線のauひかり、携帯電話やスマートフォン向けの通信事業の他に、国際電話やIP電話、衛星電話サービス等を行っています。 を提供するUQコミュニケーションズ株式会社の主要株主もKDDIです。 また、など電気の小売り事業も行っています。 auの光回線・auひかりの特徴 auひかりの特徴 - その1 auひかりの大きな特徴の1つに、ではなく、独自の光回線網を使っていることがあげられます。 このため、auひかりはauユーザーはもちろん、今までフレッツ光でいまいち満足できなかったという人に選ばれているという傾向があります。 auひかりの特徴 - その2 また、 auひかりの場合、月額料金に「通信料+プロバイダ料+回線終端装置使用料」がすべて込みになっているため、どのプロバイダーを選んでも同じ料金で利用できるという特徴もあります。 どこのプロバイダーを選んでも料金が同じと言う事は、プロバイダー選びに悩まずに済むのでいいですね。 今まで契約していたプロバイダーはそのままに、 auひかりに乗り換えるということも可能です。 (ちなみに、auひかりで選べるプロバイダーは、au one net、、 、、 です。 ) auひかりの特徴 - その3 毎月プラス500円(税抜)で全国一律料金で格安で電話(固定電話)をかけられるサービスを申し込むことも可能です。 また、テレビサービス(ボックスレンタル利用料が500円)などのオプションもあります。 加えて、このauの光電話をオプションで契約すると、「」に申し込むことも可能になります。 auスマートバリューは、家族の利用しているスマホ・ケータイ代をそれぞれ割り引いてくれるありがたい特典です。 家族、最大10人(10回線)まで対象なので、 auスマートバリューは家族みんなauという方にはもってこいといえます。 光回線インターネット・auひかり料金をチェック auひかりは、独自の光回線を利用しています。 この光回線のケーブルを自宅に引いてもらう必要があります。 このため、工事とそれに付随する工事費が発生します。 また、月額料金に関しては、お住まいの住宅の種類と、の期間によってプランごとに異なる料金が設定されています。 それぞれのauひかりにかかる料金をみて行きましょう。 手数料・工事費用 auひかり 月額使用料 auひかり 月額使用料(税込み) 戸建て (auひかり ホーム)• ずっとギガ得プラン (3年単位の自動更新) 1年目 5,100円 2年目 5,000円 3年目以降 4,900円• ギガ得プラン (2年単位の自動更新) 5,200円• 標準プラン (自動更新なし) 6,300円 集合住宅(auひかり マンション)• お得プランA (2年単位の自動更新) 3,800円 マンションのタイプによっては、4,050円もしくは5,000円• 標準プラン (自動更新なし) (おうちトラブルサポートがつかない) 3,800円 au ひかりならではの割引 - auスマートバリュー auひかりの契約にau電話かauテレビをオプションで追加契約するとスマホ・ケータイ・タブレット代が安くなります。 ケータイなら、毎月934円、スマホならば、契約のプランにもよりますが最大2,000円料金が割引になります。 () しかも家族全員、割引になりますから、かなりお得です。 一緒に住んでいなくても、50歳以上ならauスマートバリューの対象になるので、ケータイを使うおじいちゃん・おばあちゃんの分も割引になるのはありがたいですね! ただし、別途申し込み手続きが必要なので忘れずに申し込みましょう。 au ひかりの解約条件・解約違約金 光回線・auひかりに必要な初期費用、工事費、月額使用料、また割引について説明しました。 他に、チェックしておいた方が良いのは、解約条件と解約手数料ですね。 auひかりも他のインターネットサービスでも、解約手数料や解約条件は、あまり目立たないところに小さく書いてあることが多いものです。 そんな解約条件と解約手数料についても詳しく確認しましょう! 気になる点もクリアにできたなら、安心して を申し込むことができますね。 月額料金は2年や3年単位で自動更新される「自動更新プラン」がメイン auひかりの月額料金で、大きく表示されている一番安い金額は、2年や3年単位で自動更新されるタイプの料金となっています。 少しでも長く契約してもらうためのいわゆる「しばり」と考えることもできます。 契約期間中に解約をすると解約違約金がかかってしまいます。 誰もすぐに解約するつもりでインターネットを申し込むわけではありませんから、 2年や3年の自動更新も気にならないかもしれませんね。 ただし、いつでも好きな時に解約金なしで解約ができるわけではないという点を覚えておきましょう。 auひかり 解約金 auひかり 2年自動更新プラン(戸建て向けプラン) 9,500円(税抜) 2年自動更新プラン(集合住宅プラン) 7,000円(税抜) 3年自動更新プラン(戸建て向けプラン) 15,000円(税抜) 光回線契約の自動更新とは? 自動更新(縛り)とは、解約の連絡をしない限り自動的に契約期間が更新されるというしくみのものです。 もし、解約金なしで光回線の解約をしたいならば、「契約満了月」かその翌月の2か月のうちに解約をすれば大丈夫です。 それ以外の期間の場合は、違約金がかかってしまいます。 2年(3年)契約期間を満たせば、いつでも解約金なしで解約ができるわけではなく、あくまで契約満了月かその翌月に解約をしなければならない点が少し分かりにくいかもしれません。 どうしてもこのようなプランがいやという方は、auひかりの標準プランやauひかり以外で解約金やしばりのないプランの光回線を探す必要があります。 引っ越しでau ひかりを解約しなくてはならない場合は? 引っ越し先でも同じプロバイダーを使い、引き続き auひかり ホームギガ得プランまたはauひかり マンションを契約する場合は、今お住まいの場所での auひかりの契約解除に際して、解約料はかかりません。 お引越し先でおなじauひかりが引き続き契約できるにも関わらず、自分の意志で解約をする場合は、解約違約金がかかります。 auひかりの特徴 - まとめ• auひかりは、独自の光回線が魅力!(フレッツ光ではありません。 光電話のオプション追加で「auスマートバリュー」が申し込める!家族みんなのスマホ・ケータイ代が割引に。 自動更新プランは、2年ごともしくは3年ごとに契約が自動的に更新される!.

次の

徹底比較!元販売員が2020年本当におすすめできる光回線5選とプロバイダの全注意点

光回線 au

*1 集合住宅にお住まいでも、東日本エリアでは3戸以下、西日本エリアでは5戸以下の集合住宅の場合、ファミリータイプの料金となります。 *2 「ビッグローブ光」を新規にお申し込みの場合、別途、申込手数料3,000円 税別 と工事費27,000円~33,000円 税別 がかかります。 また、フレッツ光からの乗り換え 転用 の場合、申込手数料3,000円 税別 と、一部のタイプで工事費がかかります。 auスマートフォン 5G ビッグローブ光 月額料金 500円 割引• データMAX 5G• データMAX 5G ALL STARパック• データMAX 5G Netflixパック auスマートフォン 4G ビッグローブ光 月額料金 500円 割引• auフラットプラン7プラス• auフラットプラン7プラスN• auデータMAXプラン• auデータMAXプラン Netflixパック• auデータMAXプランPro• LTEフラットcp 1GB• データMAX 4G LTE• データMAX 4G LTE Netflixパック ビッグローブ光 月額料金 1,200円 割引• LTEフラット キャンペーン• プランF IS 、プランF IS シンプル auタブレット ビッグローブ光 月額料金 500円 割引• タブレットプラン20 ビッグローブ光 月額料金 1,200円 割引• LTEフラット for Tab i• LTEフラット for DATA m• 「新auピタットプラン」は対象外の契約プランです。 「ビッグローブ光」1契約に対して登録可能なau契約は1回線のみとなります。 また、au契約1回線に対して登録可能な「ビッグローブ光」契約は1契約のみとなります。 割引の適用は、毎月月末の判定日で割引適用可と判断された翌月の利用分となります。 「auスマートバリュー」または、「auスマートバリュー mine」との併用はできません。 「auスマートバリュー」の解約月は「auスマートバリュー」が適用されていたとみなされます。 乗り換えについては、以下ページをご確認ください。 au契約が法人契約の方は対象外です。 「ビッグローブ光」を解約した場合• 「ビッグローブ光」の設置先住所とauのご契約住所が一致しなくなった場合• 「ビッグローブ光」から他のコースに変更した場合• auのご契約名義を変更した場合• au携帯電話を解約 一時休止、譲渡 をされた場合.

次の

オススメの人気光回線5選を比較!ドコモ光,ソフトバンク光,auひかり,NURO光,ビックローブ光

光回線 au

auひかりのメリット auひかりのデメリット auひかりの申し込み auひかりのメリット 2000年代前半、光回線の主流はフレッツ光でした。 現在、光回線には様々な回線事業者があるため、 『どれを使えばいんだろ?』と悩んでしまう方も多いでしょう。 別記事『』でも解説していますが、数ある光回線の中でも、auひかりは通信速度の面などから多くのユーザーから高い評判を得ています。 auひかりのメリットをまとめてみました。 回線速度が速い 回線速度はフレッツ光、auひかり共に 最大1Gpbs 1000Mbps です。 フレッツ光の東日本エリアでは最近まで最大200Mbpsでしたが2014年7月1日より1Gbpsに対応しました。 しかし、月額料金が200Mbpsコースと比べて500円ほど高くなります。 ただ、ご存じのとおり、インターネットサービスというのはどれもベストエフォート形式となっています。 これは「最大限の努力」という意味です。 つまり 「1Gbpsを出すために最大限に努力をしますよ」ということなので、実際は1Gbpsのスピードは出ません。 ではフレッツ光の1Gbpsとauひかりの1Gbpsはどちらが速いのでしょうか? 通常 NTTのフレッツ光では 1Gbpsの帯域を最大32人で共有しています。 そのため、1人当たりの速度が低下してしまうため、フレッツ光で利用できる実効速度は、約30Mbps程度と言われています。 auひかりに関しても回線を共有している事に変わりはありません。 しかし、auひかりの場合、1Gbpsの速度を持つ 1本の物理的な回線をに最大32人で共有しています。 同じ32人ではありますが、現状光ファイバーの稼働率は決して高くなく、 おおよそ、4? 10人ほどのユーザーで、1本の回線を共有していると言われています。 つまり、フレッツ光では光ファイバーの 稼働率に関わらず、常に最大32人で1Gbpsを共有しているのに対して、 auひかりでは稼働率が低ければ少ない人数で1Gbpsを共有することができます。 光ファイバーの稼働率がNTTやKDDIに関わらず30? そのため、 auひかりでは100Mbps? 600Mbpsほどの実効速度が実現可能と言われています。 別記事のでは、auひかりで実際に使える速度について詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。 速度比較 まとめ 最大速度はフレッツ光もauひかりも同じ! ただし、NTTとKDDIの技術的な仕様の違いから、auひかりの方が高速回線を利用できる可能性が高い 東日本エリアでのフレッツ光1Gbpsコースは割高なので、同じ最大速度ならauひかりの方が安く使える。 auひかりでは10Gbps回線を提供 すでに解説した通り、同じ1Gbps回線であってもauひかりはフレッツ光と比較して速度が出やすいことが分かります。 ただでさえ、速度が出やすいauひかりですが、2018年3月より上り下り両方10Gbpsで提供可能なauひかりホームX 10ギガの申し込み受け付けを開始しました。 今までNURO光が提供していた下り10Gbps上り2Gbpsの回線が世界最速と言われていましたが、auひかりの10Gbps回線は 上りと下り両方で最大10Gbpsに対応しています。 auひかりホームXの月額料金 auひかりの10Gbps回線は通常のauひかり戸建てタイプのオプションとして提供されています。 月額料金は1,280円となり、auひかりの基本料金と合わせると月額6,180? 6,480円ほどかかってしまいます。 また、auひかりでは10Gbps回線の他に、最大5Gbps回線も提供されています。 auひかり10Gbps、5Gbpsの月額料金• 高速5Gbps: 月額500円• 高速10Gbps: 月額1,280円 このように5Gbps回線も同時に提供しており、「10Gbpsは必要ない」という方でも少し割安で利用することが可能です。 使えるとは限らない?限定された提供エリア 世界最速回線として期待が高いauひかりの10Gbps回線ですが、提供エリアが限られているのが難点です。 仮にauひかりの提供エリアであっても、使えないことが多いでしょう。 また、現時点で利用できるのは戸建タイプのみであり、マンションタイプには対応していません。 auひかり ホーム10ギガ、ホーム5ギガの提供エリア 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県 都心部の1都、3県で提供していますが、注意点として、提供エリアだからと言って使える訳ではありません。 上記の提供エリア内でも、すべての地域がカバーされている訳ではなく、 設備が整っていない地域は1Gbps回線のみの提供となります。 ホーム10ギガ、5ギガの提供エリアの確認方法については、別記事のをご覧ください。 auひかりとフレッツ光の料金比較 ここでは両社の料金を比較してみたいと思います。 フレッツ光はプロバイダや利用期間によって料金が変わるため、比較が非常に難しいと言えます。 下記のグラフでは、フレッツ光戸建てタイプで、一般的な大手プロバイダの料金月額1,200円を利用したと想定して auひかりとの料金比較をしています。 また、フレッツ光の各種割引やポイントによる実質割引などもすべて比較に含めていますが、auひかりのスマートフォンとのセット割引などは、 グラフに反映させていません。 また、auひかりの月額料金に関しての詳細はで詳しく説明しています。 上記グラフはプロバイダ料金も含めたトータルの料金です。 フレッツ光は東日本エリアと西日本エリアとで大きく料金が変わります。 東日本の場合、速度の速い1Gbpsコースを選択すると月額料金が500円上がってしまいます。 また使う年数に応じて100? 500円のポイントが毎月付与されるため、実質料金が下がっていきます。 西日本エリアの場合、割引で最初の2年間は大幅に割引され、3年目で料金が上がります。 しかし、それから毎年100円ずつ料金が下がっていきます。 料金の値引きは最大で9年目まで続きます。 ただ、フレッツ光西日本エリアでは料金が下がるのは嬉しいのですが、 更新月以外に解約した際、2? 3万円の高額な解約金がかかるので注意が必要です。 auケータイやスマートフォンとの割引、携帯部門との連携 KDDIはNTTと比べると、携帯部門と固定回線部門の連携が強い会社と言えます。 これはなぜかと言うとKDDIの提供している電話サービスやインターネットサービスは、当然ですがすべてKDDIが提供しています。 また、これも当然ですが、auの携帯電話やスマートフォンもKDDIが提供しています。 一方、NTTのサービスはどうでしょうか。 固定電話やフレッツ光などのインターネットサービスはNTT東日本とNTT西日本です。 携帯電話やスマートフォンはNTT Docomoが提供しています。 すべて同じNTTグループではありますが会社自体は別会社です。 固定回線サービスと携帯電話サービスだけで3社に分かれています。 KDDIはすべてのサービスを一社で提供しており、割引制度なども設け安いと言えます。 auひかりでは スマートフォンや携帯電話とのセット割引「auスマートバリュー」が適用され、なおかつ 毎月の請求を一緒にまとめることも可能です。 詳しくはを見てください。 またサポート体系についても、非常に連携が取れています。 サポートセンターに問い合わせした際も、携帯部門とインターネット部門が密接に関係しており、 電話転送なども対応してくれます。 料金体系がシンプルで分かりやすい フレッツ光は料金体系が非常に複雑です。 戸建てとマンションタイプに料金体系が分かれている点ではauひかりも同様ですが、 フレッツ光の場合、通常定額プランとライトプランに分かれています。 また、Bフレッツ、プレミアム、ネクストなど複数の接続コースがあり、コースによって割引制度がこなるため、 実際の請求も異なってきます。 しかも、この接続コースの違いは直接ユーザーには、あまり関係のない部分となっているため、 より料金体系の理解を複雑にしています。 戸建てタイプやマンションタイプによる料金の違いや、接続コースによる割引制度の違いにより、ざっと10種類以上の料金体系が存在することになります。 さらにフレッツ光の場合、プロバイダが多数選択出来るため、 NTTで記載されている料金はプロバイダ料金を別にした金額が表示されています。 プロバイダの金額を自分で計算する必要が出来てきます。 ここで一番複雑なのが、インターネットの回線料金と電話料金はNTTから請求され、プロバイダ料金は各プロバイダから請求されます。 インターネット代の一部と電話代が一緒に請求され、残りのインターネット代が別会社から請求されるという非常に複雑な自体が起きます。 そのため、昔からNTTでインターネットサービスを利用している人は、 実際に払っている料金をきちんと把握していないケースが、非常に多いのです。 auひかりのデメリット フレッツ光と比較し速度や料金、割引面などでメリットが大きいauひかりですが、デメリットもいくつか存在します。 申し込みをする前に、悪い点もきちんと押さえておきましょう。 auひかりのデメリットについてはでも解説しています。 プロバイダの選択肢が狭い auひかりはフレッツ光と比べるとプロバイダの選択肢はかなり狭まってしまいます。 フレッツ光の場合300社以上のプロバイダから選択することが出来ますが、 auひかりの場合は7つのプロバイダからの選択になります。 この7つのプロバイダはすべて大手プロバイダなのでそこまで問題ではありませんが、 他社からの乗り換えの際、場合によってはプロバイダの変更の必要が発生しメールアドレス等が変わる可能性があります。 提供エリアがフレッツ光よりも狭い NTT東西が提供するフレッツ光には、提供エリアの面では誰も勝てません。 auひかりでは元々東京電力が行っていたサービスのため、当初は関東エリアのみの提供でした。 ただ、現在ではauひかりも急速にエリアが拡大しており、 北海道や東北地方、中国地方や九州までエリアを拡大しています。 地上波デジタル放送 ご存じのとおり、光回線を利用したインターサービスでは、同時に専門チャンネルなどを視聴できるテレビサービスも提供しています。 最近、都会でも高層ビルなどの影響で、通常のテレビの電波が受信できない地域が増えてきました。 auひかりのデメリットとして、auひかりが行っているビデオチャンネル テレビサービス では地上デジタル放送の提供を行っていません。 一般的なUHFアンテナ等でテレビを見ている方には関係ありませんが、地デジを見るための目的で光に乗り換えたい方はフレッツ光のフレッツテレビをお勧めします。 詳しくはで解説しています。 auひかり申し込みの際の注意点! フレッツ光に限らず、多くの光回線サービスと比較してもメリットが多いauひかりなので、 さっそく申し込みをしたい方も多いでしょう。 しかし、auひかりの申し込みで最も注意したいのが、キャンペーンの違いで損をしやすい点です。 auひかりは各プロバイダでキャンペーン内容が違うだけでなく、auひかりを扱っている代理店ごとで全く異なったキャンペーンを実施しています。 キャッシュバックや割引など大きく違うため、きちんと調べずに申し込みすると場合によっては5万円以上損をしてしまうことも珍しくありません。 詳しくはでも解説しています。 オプション申し込み条件には注意が必要 auひかりを扱っているKDDI代理店から申し込みをする場合にはオプション申し込みの有無に注意が必要です。 代理店の中には高額な場合だと7~8万円、時には 10万円を超えるような異常な金額のキャッシュバックを還元している代理店が存在します。 しかし、このような異常な金額のキャッシュバックをもらうためには、 たくさんのオプション申し込みが必要となります。 当然、オプションに申し込みをすると月額料金がかかってしまうので、高額なキャッシュバックを受け取る半面、高額な料金も払わなければなりません。 もちろん、オプション申し込み無しでも申し込みは可能ですが、実際に受け取れるキャッシュバックは 5,000~10,000円程度になってしまいます。 そのため、異常に高い金額のキャッシュバックを還元している代理店には注意が必要です。 紹介者が必要なことも 中にはオプション申し込みの必要がなくても高額なキャッシュバックを提供している代理店もあります。 ただ、オプション以外の条件が付いていることがあるので注意しましょう。 一番多いのが 紹介者が必要となるケースです。 この紹介者キャンペーンは自分以外にauひかりに入りたい人を紹介しないと、キャッシュバックがもらえない内容となっており、 通常は2~3人程度の紹介者が必要となります。 かなりハードルが高いキャンペーンとなっており、条件を満たし紹介者を用意できる人は限られてしまいます。 また、たとえ紹介者を用意できたとしても、 紹介された側はキャッシュバックがもらえません。 紹介された側も、さらに別の人を紹介しないとキャッシュバックが受け取れないのです。 そのため、紹介された側は全く得がありません。 申請漏れでキャッシュバックなし? 何とかキャンペーンが適用され高額なキャッシュバックが受け取れることになっても、油断はできません。 通常、代理店からキャッシュバックを受け取る際、 必ず申請手続きが必要となります。 申請方法は代理店によって異なりますが、多くが申請ハガキなどを返送するパターンです。 しかし、この申請手続きは申請可能な期間が限られており、 期限が過ぎてしまうとキャッシュバックそのものが無効となってしまいます。 キャッシュバックの受け取り時期事態も代理店によっては、開通後、 半年から1年たたないと申請ができないため、多くの場合、申請を忘れてしまうことが多いでしょう。 また、悪質な代理店では申請手続きをワザと複雑にすることで、申請漏れを誘発する会社も存在します。 このように、きちんと申し込み窓口を選ばないと、キャッシュバック事態受取れずに何万円も損をしてしまうことも珍しくありません。 詳しくはもご覧ください。 無条件で高額キャッシュバックが受け取れる窓口 このようにauひかりの申し込みは、窓口をきちんと選ばないとキャッシュバックが受け取れないなど、大きく損をしてしまいます。 しかし、このような代理店ばかりではなく、中には優良な窓口も存在します。 ここではオプション加入や紹介者を用意する必要がなく、ある程度高額なキャッシュバック特典が適用される窓口を比較しました。 2020年7月のキャンペーン• キャンペーン: ネットのみ: 45,000円キャッシュバック ネット+電話: 52,000円キャッシュバック マンションタイプは上記から5,000円減額• 戸建てタイプ月額料金: 4,900~5,100円• マンションタイプ月額料金: 3,800円 すでに解説した通り、auひかりの申し込み窓口はキャッシュバックを受け取るために申請手続きが必要となります。 そのため、代理店によっては手続きが複雑でキャッシュバックが受け取れないトラブルに巻き込まれる可能性があるでしょう。 KDDI正規代理店であるNNコミュニケーションズでは 申し込みと同時に自動的にキャンペーンが適用されます。 そのため、開通後にキャッシュバックを受け取るための申請手続きをする必要がありません。 auひかり開通後、最短で1ヵ月程度でキャッシュバックが指定口座に振り込まれます。 また、もらえるキャッシュバック金額も無条件で受け取れる金額としては比較的高額と言えるでしょう。 オプション加入や紹介者なども必要なく、 45,000円のキャッシュバックが受け取れます。 ひかり電話も同時に加入すると7,000円が追加され、合計で 52,000円まで増額されます。 NNコミュニケーションズは分かりやすいキャンペーン内容や丁重なサポートにより人気を集め、 KDDIから表彰状を受け取るほどの実績を残しています。 申し込みページ:• キャンペーン: ネットのみ: 40,000円キャッシュバック ネット+電話: 47,000円キャッシュバック マンションタイプは上記から5,000円減額• 戸建てタイプ月額料金: 4,900~5,100円• マンションタイプ月額料金: 3,800円 NNコミュニケーションズと同じく、開通後のキャッシュバック申請手続きが必要なく、最短で1ヵ月程度で指定口座に振込されます。 ただ、NNコミュニケーションズと比較するとキャッシュバック金額が5,000円ほど安くなってしまいます。 キャッシュバックは安くなりますが、その代わりに 高速WiFi規格に対応してWiFiルーターがプレゼントされるのが特徴です。 auひかりの宅内機器にも標準でWiFi機能が装備されています。 しかし、この機能を使うためには 月額500円のWiFi利用料がかかる上に、対応している規格が n規格と呼ばれる1世代前の規格となってしまいます。 月額料金がかかる上に、速度的にも不利と言えるでしょう。 しかし、株式会社NEXTでプレゼントされるルーターは最新の ac規格に対応しているため、auひかりのギガ回線を十分に活かすことが可能です。 当然、料金などもかからないので、永年無料でパソコンやスマホ、タブレットなど台数制限なしで利用できます。 キャンペーンでプレゼントされるNEC製Wi-Fiルーター WG1200CR 申し込みページ:• キャンペーン: 月額大幅割引 戸建て:総額 77,020円 マンション:総額 73,680円• 戸建てタイプ月額料金: 3,480円• マンションタイプ月額料金: 1,980円 So-netはSONYグループが提供しているプロバイダです。 auひかり対応プロバイダの中では特に利用者が多く、 auひかりユーザーの6割がSo-netを使っていると言われています。 So-net auひかりコースはすでにご紹介したNNコミュニケーションズや株式会社NEXTでも申し込みは可能です。 しかし、代理店申し込みの場合とSo-net公式申し込みではキャンペーン内容が異なってきます。 So-net公式キャンペーンの特徴は 月額料金が大幅に割引される点です。 通常auひかりの料金はプロバイダや申し込み窓口によって違いはなく、KDDI側で決めた料金が請求されます。 しかし、So-netではキャンペーンにて特別な割引が適用されるので 月額料金を安く使うことが可能です。 通常、auひかりの月額料金は戸建てタイプで4,900~5,100円です。 So-net公式申し込みなど3年間に限り 3,500円で利用できます。 マンションタイプに関しては通常料金が3,800円に対し、So-net公式申し込みだと2年間に限り 2,400円で利用可能です。 割引の総額を合計すると戸建てタイプでは 69,820円となり、 一般的なプロバイダや代理店で受け取れるキャッシュバックよりも高額となります。 マンションタイプでも割引の総額は 66,480円なので、他社窓口よりもお得に申し込みできるでしょう。 So-net公式キャンペーンは 「キャッシュバックはいらないので料金を安くして欲しい」って方に最もおすすめの窓口です。 キャンペーンの詳細に関してはでも詳しく解説しています。 また、So-net公式のキャンペーンは選べるキャンペーンとなっており、 上記でご紹介した月額大幅割引と別にキャッシュバックを選択することも可能です。 しかし、キャッシュバック金額は戸建てで 50,000円となり、マンションタイプでは 40,000円のみとなっています。 そのため、月額大幅割引キャンペーンを利用した方が、お得と言えるでしょう。 申し込みページ: 申込方法について解説:.

次の