ザコシショウ 福山 雅治。 福山雅治 ザコシのモノマネ公認!「器がデカイ」と称賛の声

【衝撃映像】誇張しすぎた福山雅治と福山本人が遂に!!!? (12.22 男性限定LIVE 野郎夜!!6 Special Movie)

ザコシショウ 福山 雅治

6 やろうやしっくす 』のライブプロモーションムービーが公開された。 本映像のクリエイティブディレクターを務めるのは福山雅治本人。 企画、構成、キャスティングまで本人が監修した作品になっている。 スタッフも、福山本人からの指名を聞いた際は「本気ですか!?」と聞き直した。 ハリウッドザコシショウ自身も撮影当日までバラエティ番組のドッキリではないかと疑っていたようだ。 実況はラジオ番組などで福山と親交が深いアナウンサーの荘口彰久が務める。 さらに、レジェンド・リングアナの田中ケロ氏も登場しており、プロレス通も唸らせる細部へのこだわりが散りばめられている。 試合終了後も怒りは収まらず記者会見は大荒れ。 大声で訳の分からないザコシ語を連発したり、インタビュアーの荘口彰久に襲いかかる一幕も。 30周年イヤー直前の男性限定ライブは悲願の完売なるか!?その結果は12月22日パシフィコ横浜 展示ホールのライブ会場にて発表される。 」のプロモーションについてあれこれと会議していまして。 今年はスタッフから宣伝映像を作りたいと提案があったんです。 ただ、普通に宣伝映像を作ってもなかなか響かないのでは?と思い、僕としては結構本気で「じゃあ例えば、一度飲んでみたかった一杯 300 万円のウイスキーを実際に僕が飲んで、それをネットニュースにするっていうのは?」という真面目な提案が即却下されまして 笑 ただ、面白い映像にするべきだということは全員一致してて。 入場で僕の楽曲『HELLO』をフルコーラス流しきるまでリングインしない、というパフォーマンスで何かやれないかなと。 実際のプロレス会場で撮影できるのが最も理想的だったので、今回ロケ協力してくださった DDT の皆様や、エキストラとして参加してくださった君津会場の皆様にも大変感謝しています。 皆さんに楽しんでいただける映像に仕上がったのではと思っています。 」と思いました。 」と思われても仕方がないと思っていまして、ご本人には怒られるのを覚悟してやらせていただいていました。 実に寛大なお方です。 でも本当に福山さんの歌もお芝居も大好きなんですよ! 福山万歳!! 」という思いと同時に、「ちょっと怒られるのでは...!? 」と内心ドキドキしました。 福山さんの名曲「HELLO」を入場曲に使わせていただいているのですが、特にご本人の許可を取っていたわけではなく、バレていないから怒られてないと思っていたので内心ホッとしました。 」という個人的なイメージと、イケメンの中のイケメンである福山さんの名曲「HELLO」の「そんなはずないさ」という歌い出しの歌詞に衝撃を受けまして、かれこれ 7 年ほどこの形でやらせていただいています。 こうして福山さんとコラボレーションできる日が来るとは夢にも思っていなかったので、本当に嬉しいです! 来年から拠点を海外に移しても、「HELLO」と共に生きていきたいと思います! 外部サイト.

次の

福山雅治、誇張しすぎたスペシャルムービー公開

ザコシショウ 福山 雅治

6>の開催を前に、自身がクリエイティブディレクターを務めるWEBムービーが公開された。 」のプロモーションについてあれこれと会議していまして。 今年はスタッフから宣伝映像を作りたいと提案があったんです。 ただ、普通に宣伝映像を作ってもなかなか響かないのでは?と思い、僕としては結構本気で「じゃあ例えば、一度飲んでみたかった一杯300万円のウイスキーを実際に僕が飲んで、それをネットニュースにするっていうのは?」という真面目な提案が即却下されまして(笑) ただ、面白い映像にするべきだということは全員一致してて。 入場で僕の楽曲「HELLO」をフルコーラス流しきるまでリングインしない、というパフォーマンスで何かやれないかなと。 実際のプロレス会場で撮影できるのが最も理想的だったので、今回ロケ協力してくださったDDTの皆様や、エキストラとして参加してくださった君津会場の皆様にも大変感謝しています。 皆さんに楽しんでいただける映像に仕上がったのではと思っています。 実に寛大なお方です。 福山万歳!! 」と内心ドキドキしました。 福山さんの名曲「HELLO」を入場曲に使わせていただいているのですが、特にご本人の許可を取っていたわけではなく、バレていないから怒られてないと思っていたので内心ホッとしました。 6>は、12月22日(日)に神奈川・パシフィコ横浜 展示ホールにて開催される。 pia. line. y-tickets.

次の

福山雅治、TOKYO FM『JET STREAM』の新機長に就任

ザコシショウ 福山 雅治

「遠い地平線が消えて…」の名ナレーションから始まる『JET STREAM』は、TOKYO FM(1970年4月26日開局)の前身で、東海大学が行っていた実用化試験放送局「FM東海」時代の1967年から放送し、 幅広いリスナーから今なお愛され続ける民放FM最長寿番組。 初代の城達也(故人)から、小野田英一、森田真奈美、伊武雅刀、大沢たかお…これまでに歴代5名の出演者が番組を担当してきた。 からのコメント全文 です。 このたび「JET STREAM」の新機長を担当させて頂くことになりました。 TOKYO FM開局50周年を迎える節目の年に、 新時代の「JET STREAM」を担っていただきたいというオファーをいただきました。 僕自身のデビュー30周年というタイミングでこのような大役を仰せつかり大変光栄です。 長崎で過ごした少年時代、 深夜放送を聴き始めた頃は、 まだ一度も海外には行ったことはなく、 かつ飛行機にも乗ったことがことなかった僕ですが、 ラジオから流れる「JET STREAM」を聴きながら、 未だ見ぬ異国の風景や美しい天空へと何度も夜間飛行に誘っていただきました。 1967年の放送開始から、 これまで城達也さんをはじめとする偉大な機長の方々がご担当された名誉ある番組であり、 デビュー以降ラジオと共に生きてきた私にとって「JET STREAM」は、 まさに憧れの番組でした。 と同時に、 自分自身のラジオキャリアの中でものこのようなフリートーク無しのスタイルは初めてです。 改めて身を引き締めながら、 僕自身のデビュー30周年の新たなチャレンジとして担当させていただきます。 50年以上続く歴史と伝統ある番組「JET STREAM」。 月曜から金曜の午前0時、 ミッドナイト・フライトへのご搭乗をお待ちしています。

次の