安全日 危険日。 「危険日」や「安全日」っていつ?生理周期から計算する方法

生理直後は安全日?それとも危険日?避妊のために覚えたい計算方法

安全日 危険日

日本産科婦人科学会専門医、婦人科腫瘍専門医、細胞診専門医、がん治療認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医で、現在は藤東クリニック院長... 妊娠のしやすさについて、「危険日」「安全日」という言葉が使われることがありますが、具体的にいつのことを指すのか、実はきちんと把握できていないという人も多いかもしれません。 そこで今回は、生理周期から危険日・安全日を計算する方法や、より正確に予測する方法などをご説明します。 「危険日」「安全日」とは? 一般的に、性交すると妊娠しやすい日は「危険日」、性交しても妊娠にくい日は「安全日」と呼ばれています。 妊娠を望んでいない場合は「安全日」に性交し、逆に妊娠を望んでいる場合は「危険日」を選んで性交することが望ましい、と考えられています。 大まかに言えば 「排卵日の2~3日前から、排卵翌日くらいまで」の時期は危険日、それ以外は安全日ということになります。 ただし、生理周期がある程度安定している人であれば、「次の生理が始まる約14日前が排卵日」なので、後述のとおり生理周期からある程度危険日を予測することはできます。 関連記事 危険日・安全日は生理周期から計算できる? 生理周期とは、「生理開始日から次回生理開始予定日の前日まで」の日数を指します。 生理周期が27日の場合、「次回生理開始予定日の約14日前」が排卵日で、「排卵日の2~3日前から、排卵翌日くらいまで」を危険日とすると、次のような計算になります。 生理周期の計算だけで「危険日」「安全日」を決めることは難しいということを理解しておきましょう。 関連記事 生理周期の危険日・安全日をより正確に知る方法は? 生理や排卵のタイミングは周期によってずれることもあり、特に生理不順がある人は計算だけで「危険日」「安全日」を出すのが難しくなります。 より正確に把握したいのであれば、基礎体温を記録したり、排卵検査薬を使ったりして排卵日を予測するのも一つの方法です。 基礎体温のデータをグラフに記録すると、上図のように「低温期」と「高温期」の二相に分かれます。 また、排卵検査薬は、排卵直前に分泌量が増える「LH(黄体形成ホルモン)」を感知すると陽性反応を示すもので、陽性が出たら「危険日」と考えることもできます。 ただし、どんな方法で排卵日を予測するとしても、「100%確実」ということはいえません。 確実な避妊を求めるのであれば、コンドームなどを使うことを徹底してくださいね。

次の

危険日・安全日の妊娠確率は?「絶対できない日」はある?

安全日 危険日

出典: 女性の生理周期は月経期と卵胞期、排卵期、黄体期の4つに分かれています。 【月経期】 月経期は生理がある時期のことです。 月経期は3~7日程度あることが多いですね。 【卵胞期】 卵胞期はエストロゲンが分泌されることで、卵巣の中で卵胞が成熟される時期です。 卵胞期は生理が終わった後から排卵期まで7 ~10日前後になります。 【排卵期】 卵巣の中で成熟した卵子が、卵胞を破って飛び出し、排卵が起こります。 【黄体期】 黄体期はプロゲステロンの分泌量が増え、妊娠に備えて子宮内膜が分厚く柔らかく変化します。 黄体期は生理周期の長さに関係なく、健康な女性であれば14日前後と決まっています。 卵子と精子の生存期間を考慮 女性の生理周期の4つの期間がわかったら、次は卵子と精子の生存期間を学びましょう。 そうすれば、安全日と危険日がいつなのかが見えてきます。 <卵子と精子の生存期間> ・卵子=24時間(受精できるのは8~10時間) ・精子=2~5日 安全日と危険日の計算方法 危険日は排卵日の5日前から排卵日の翌日まで、安全日はそれ以外の日になりますが、安全日と危険日を把握するためには、 排卵日がいつなのかを計算しなければいけません。 安全日と危険日を把握するために、排卵日の計算方法を4つご紹介します。 オギノ式 オギノ式とは医学博士の荻野久作氏が提唱した月経周期に関する学説を基に排卵日を計算する方法です。 オギノ式は月経の周期に関わらず、次の生理予定日から14日前とその前後2日間を合わせた合計5日間の中で排卵が起こるとされたものです。 つまり、 次の生理予定日から12~16日前が排卵日になるということですね。 この オギノ式は生理周期が一定の女性にしか当てはまらないので、確実に排卵日がわかるというわけではありません。 いつもは生理周期が安定しているという人でも、体調不良やストレスで、生理周期がずれてしまうこともあります。 実際に、オギノ式での避妊は失敗率が高いんです。 荻野式では1年間の失敗率(1年間同じ避妊方法を続けた時に妊娠してしまう確率)が最大25%と失敗率が高く、単独での使用は勧められません。 引用: そのため、オギノ式では確実には排卵日がわからない、つまり安全日と危険日がわかるというわけではなく、 あくまで目安にしかならないのです。 福さん式 排卵日の計算方法の2つ目は、福さん式です。 この福さん式は助産師の福さんがインターネット上で発表した排卵日の計算方法で、 膣に指を入れて子宮口の位置や硬さ、開き具合、おりものの状態を調べることで、排卵日を特定する方法になります。 排卵日の2~3日前から子宮口やおりものは次のような変化を示します。 ・子宮口が下に降りてくる ・子宮口が緩く開いている ・子宮口付近が柔らかくなる ・おりものの量が増える ・おりものの性状は透明で卵白のような感じ。 指でつまむと伸びる このような変化を見逃さないためには、 生理が終わったら、毎日チェックしておく必要があります。 ただ、この福さん式は排卵日2~3日前の変化を知るものですので、危険日である排卵日5日前を知ることはできません。 そのため、 福さん式だけでは危険日を正確に把握することはできません。 基礎体温の計測 基礎体温を計測することでも、排卵日を計算することができます。 女性の体温は、月経期と卵胞期、排卵期の14日間は低め(低温期)であり、排卵後から生理が始まるまでの黄体期は体温が高め(高温期)になることがわかっています。 女性の体温は排卵を機に低温期から高温期に切り替わることが多いので、毎日基礎体温を計測しておけば、いつごろ排卵が起こるかが予測できるのです。 ただ、 低温期の最終日が排卵日というわけではありません。 確かに最低温の日が排卵の時もありますが、いつも排卵日であるというわけではありません。 (中略) 高温になって3-4日過ぎていれば排卵は起きたあとと思われますが、1-2日の高温ではまだ排卵していないこともあります。 引用: 基礎体温を測っていても、あとから基礎体温のグラフを見直して「あぁ、この日が排卵日だったんだ」と気づいたり、「このあたりが排卵日かな」と予測することはできても、「この日に確実に排卵する」とわかることはありません。 排卵検査薬 排卵日の計算方法の4つ目は、排卵検査薬を使うことです。 排卵検査薬は黄体形成ホルモン(LH)の濃度で排卵を予測します。 黄体形成ホルモンは排卵を促して、エストロゲンとプロゲステロンの分泌を促すホルモンですので、その濃度が上昇してくると、排卵が近いことがわかるのです。 排卵検査薬は尿や唾液のLH濃度で判定しますが、排卵日の1~2日前にしか陽性反応が出ませんので、 危険日と安全日を正確に把握するのは難しいでしょう。 これらの排卵日の計算方法は、基本的に安全日と危険日を把握するためのものではなく、排卵日を予測して、妊娠しやすくするためのものなんです。 安全日でも妊娠しないわけではない! ご紹介した4つの排卵日の計算方法で排卵日がわかれば、ある程度安全日と危険日を予測することができます。 ただ、1つ注意しなければいけないのは、 安全日と危険日は100%確実なものではないことです。 危険日にセックスをしても確実に妊娠するわけではありません。 自然妊娠の妊娠確率は、30%程度されています。 排卵1回あたりの自然妊娠率はおよそ30%程度。 引用: そして、安全日にセックスをすれば、妊娠しないというわけではありません。 あくまで、妊娠「しにくい」時期なのです。 女性の生理周期はとても敏感なものです。 ストレスや体調などによって、すぐに変化します。 そのため、今までは生理周期が一定だった人でも、ちょっとしたストレスで乱れることがあります。 排卵が早まることもありますし、遅くなることもあります。 そのため、 「この日なら絶対に妊娠しない安全日」という日はないのです。 生理中なら絶対に妊娠しないという噂を聞いたことがあるかもしれませんが、それも間違いです。 たとえば、生理周期がずれた場合、生理が終わった後2~3日後に排卵するという可能性も十分にあります。 精子は卵管内で2~5日間は生存できますので、生理後2~3日で排卵があった場合、生理中にセックスをしたら妊娠する可能性があるのです。 ですから、「この日なら絶対に安全!妊娠しない!」という日はありません。 ですから、いつでも危険日と思って、 妊娠を望まないなら、きちんと避妊をしておく必要があるのです。 妊娠確率を下げる方法 この日なら絶対に妊娠しないという安全日はありません。 そのため、妊娠を希望しないけれど、セックスを楽しむなら、安全日と危険日を計算するだけでなく、妊娠確率を下げる方法を実践する必要があります。 膣外射精 妊娠確率を下げる方法の1つ目は、膣外射精です。 これは最初に言っておきますが、「妊娠確率を下げる」方法であって、 避妊法ではありません。 膣外射精とは、射精をする時は膣の中ではなく、膣の外で射精をすることです。 ただ、精子は射精の前から出ていますので、射精の瞬間だけ膣の外に出しても、完全に妊娠を防ぐことはできません。 妊娠確率を下げるだけです。 また、射精の瞬間に膣外に出すのを失敗してしまうこともあります。 そのため、膣外射精は避妊法ではなく、あくまで妊娠確率を下げる方法なのです。 ペッサリー ペッサリーを使うことも妊娠確率を下げることができます。 プラスチック製のリング状のものを子宮口に装着することで、 子宮口にふたをして妊娠確率を下げます。 このペッサリーは婦人科で処方してもらう必要があります。 また、このペッサリーも確実に避妊できるわけではありません。 ペッサリーの1年間の失敗率は最大20%、殺精子剤は26%と、やはり失敗率は高いです。 引用: そのため、ペッサリーも妊娠確率を下げるためのものであり、確実に避妊できるものではありません。 コンドーム 妊娠確率を下げる方法には、コンドームもあります。 コンドームは、最もポピュラーな避妊法ですね。 ご存知だと思いますが、コンドームは男性器にゴム状の袋をかぶせて、精子が子宮に入るのを防ぎます。 このコンドームはポピュラーな避妊法ですが、 正しく使用しないと失敗する確率が高いので、気をつけなければいけません。 コンドームの妊娠率(失敗率)は3~14%と意外に高いのです。 有効期限を過ぎたものを使用したり、正しく装着されない場合は避妊に失敗しかねません。 引用: IUD 出典: IUDはプラスチック製や金属製の器具を子宮内に入れて、 受精卵が子宮に着床するのを防ぐ方法になります。 一度挿入すれば2~5年はそのまま使用できますが、不正出血があったり、生理痛が強くなることもありますので、定期的に婦人科で検査を受ける必要があります。 低用量ピル 低用量ピルを服用することでも、妊娠確率を下げることができます。 ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれていて、 毎日規則的に飲むことで、排卵を起こさないようにします。 低用量ピルはきちんと飲めば、避妊効果は非常に高いですし、女性の意志で確実に妊娠確率を下げられる、避妊できるというメリットがあります。 ただ、吐き気や倦怠感、頭痛などの副作用が出ることがありますし、持病や年齢によっては使えないこともあります。 避妊に失敗してしまったら、すぐに産婦人科へ! 危険日と安全日を計算して、さらに妊娠確率を下げる方法、例えばコンドームを使ってセックスをしたけれど、コンドームが破れてしまった、使い方を間違ったなどで、避妊に失敗したという時もあると思います。 そういう時は、「妊娠したらどうしよう?」と次の生理が来るかどうかをドキドキしながら待つのではなく、 産婦人科を受診しましょう。 産婦人科を受診すれば、 緊急避妊薬(モーニングアフターピル)を処方してもらえます。 「運悪く、コンドームが破れてしまった」そんな時、望まない妊娠を避けるために用いる薬です。 ホルモン剤を飲むことによって、受精卵の着床を防ぎます。 引用: セックスをした後に72時間以内にモーニングアフターピルを服用すれば、ほぼ確実に妊娠を防ぐことができます。 安全日と危険日の計算方法や妊娠確率を下げる方法についてのまとめ ・安全日と危険日を計算する方法 「オギノ式」「福さん式」「基礎体温の測定」「排卵検査薬」 ・妊娠確率を下げる方法 「ペッサリー」「コンドーム」「IUD」「低用量ピル」 ・避妊に失敗してしまった時の方法 「産婦人科へ行き、緊急避妊薬(モーニングアフターピル)を処方してもらう」 安全日と危険日の計算方法や妊娠確率を下げる方法をまとめましたが、いかがでしたか?安全日や危険日は、あくまで目安であって、安全日なら確実に妊娠しないというわけではありません。 また、一般的に避妊法とされている方法でも、妊娠確率を下げることはできるものの、確実に避妊できるわけではありませんので、その点は注意しましょうね。 妊娠を希望していないけれど、セックスを楽しむためには、正しくコンドームを使用したり、低用量ピルを飲むなど、確実に避妊できる方法を選ぶようにしてください。

次の

危険日と安全日とは?危険日に気をつけるべきことと予想する方法

安全日 危険日

「特に妊娠しやすい時期」はある程度推測できますが、いわゆる「安全日」を推測するのはおすすめできません そのため、次の月経予定日の大体14日前が排卵日になります。 ただし多少前後することがあるので、正確な排卵日は基礎体温をつけて一番体温の下がった日を目安にするなど、違う方法でも確認をする必要があります。 妊娠するためには排卵したときに精子と出会うことが大切。 精子の生存期間は約3日間。 これに対して卵子の生存期間は約1日です。 排卵が起こりうる期間に幅を持たせて月経予定日の12~16日前くらいだと考えるとに、次の月経予定日の12~19日前くらいが妊娠しやすい時期ということになります。 大雑把に考えると排卵予定日の前後一週間といったところでしょうか。 実は避妊法として有名な「オギノ式」はまさにこの考えをもとにした方法で、本来は避妊ではなく妊娠しやすい日を知る方法なのです。 排卵予定日と妊娠可能日はいつ? 「安全日・危険日」は危険な避妊法 さて、妊娠可能な時期が排卵予定日の前後一週間くらい、と考えると逆に妊娠しにくいのはそれ以外の時期ということになります。 いわゆる「安全日」というのは排卵前後の一週間を除いた期間、「危険日」というのは排卵前後、という意味で使われているようですが、月経周期の不規則な若い女性はもちろん、月経周期の比較的しっかりした年代でも、女性の身体はデリケートで排卵の時期のずれはよく起こること。 しっかりした避妊のためには基礎体温をつけたり、コンドームなどの避妊具や、ピルの内服などを行う必要があります。 単純に生理予定日からの割り出しだけで避妊はできないので注意が必要です。 月経の遅れと妊娠の可能性……14日以上高温期なら妊娠? 排卵後に受精が成立すると、胎児を取り巻く細胞から「ヒト絨毛(じゅうもう)性ゴナドトロピン」と呼ばれるホルモンが放出され、黄体が維持されます。 この働きで高温期が続くため、14日以上たっても基礎体温が下がらず高温が続く場合は妊娠を考える必要があります。 薬局等で購入できる一般の妊娠検査薬は、この絨毛性ゴナドトロピン(HCG)の濃度上昇を調べて、陽性・陰性の判定をしています。 ちょっとしたストレスや食事、環境の影響などで月経が遅れてしまうことはよくあること。 しかし、高温期が続く場合は妊娠の可能性を考える必要があるのです。 月経不順や無月経について、さらに詳しく知りたい方は「」や「」をあわせてご覧下さい。

次の