仮想通貨 fx。 ビットコインFX(仮想通貨FX)おすすめの業者は?

海外の仮想通貨FX(ビットコイン)取引所を辛口採点・おすすめランキング公開

仮想通貨 fx

仮想通貨の現物も投資ではなく投機という意見もあるかもしれませんが、それは仮想通貨そのものの存在価値ともなるのでまたの機会に。 現物は長期投資、FXは短期トレードという使い分けになってくるのですが、それぞれにメリットとデメリットがあります。 実需の現物と、レバレッジ取引でトレード幅の広いFXという違いになってきますね。 また、それに伴うリスクやデメリットも意識しておいてください。 現物投資のメリットは実需面 仮想通貨現物投資のメリットとしては、送金や決済にも使えるという実需面です。 ビットコインだと決済に使えるお店も増えていますし、 実際の通貨のように使えるのは現物ならではですね。 アルトコインによっては、 所有することで配当を得られる通貨もありますし、所有することで承認アルゴリズムに加わって報酬を受けることも可能です。 これらは現物を保有することで恩恵が受けられ、FXにはない大きなメリットとなります。 また、保有手数料などもか掛からないことから、価値の保存や投資対象としても魅力ですね。 現物のデメリットは紛失リスクと価値の下落 現物のデメリットとしては、 保有していたものが無くなってしまう紛失リスクです。 ハッキングによる盗難や操作ミスによる紛失ですね。 仮想通貨の特性でもありますが、盗難や紛失のケースで元に戻ってくるのはほぼ不可能と考えた方がいいでしょう。 これは実際の通貨以上のリスクかもしれません。 仮想通貨は巨額なうえに、盗難時の足が付きにいので、非常に狙われやすいという面も持っています。 市場が拡大しすぎたゆえですね。 また、相場は絶えず変動しているため、 価値の下落もデメリットのひとつです。 現物だと下落局面で利益を出す方法が無く、価値が下落しても戻ってくるのを耐えて待つしかありません。 反面、FXだと下落局面でもショートポジションで売りから入ることができるのが大きな違いとなります。 売りから入れるので、FXの大きなメリットは下落局面でもショートポジション(空売り)で利益を出せることです。 レバレッジを掛けるとリターンも大きいですが、逆に動くと損失も大きく、証拠金がマイナスにまでとなると追加証拠金(追証)も必要となってしまいます。 リスク管理をしながら証拠金維持率を意識して、うまくレバレッジを使ってリターンを得ていきましょう。 FXのデメリットはレバレッジ手数料 FXのデメリットにレバレッジ手数料があり、 建玉の0. 保有しているだけで手数料が掛かるので、レバレッジ取引は長期投資には向きません。 1日0. 手数料以上に利益が出れば問題ないかもしれませんが、レバレッジ取引を投資と同じように考えるのはおすすめできません。 年14. 長期投資は現物だけと割り切って、レバレッジ取引は短期トレードのみに使って行きましょう。 レバレッジやショートポジションで損失を出す可能性も レバレッジやショートポジションで、上昇でも下落でも大きな利益を取れることもできますが、それが 逆方向に動いてしまった場合は損失となってしまいます。 現物保有と同じだけのショートポジションだと、どっちに動いてもプラスマイナスゼロなので、下落中のリスクヘッジにも使えるんですけどね。 レバレッジを掛けたり、ロングポジションで下落を食らうと、大きな損失となってしまうこともあります。 基本的には値上がり傾向のビットコイン価格でもありますから、ショートポジションは基本不利と考えて、軽めのリスクヘッジや局所での値動きを取るだけの使用がおすすめです。 チャートテクニカルについてはこちらをご参考ください• ビットコインFXとアルトコインFX 仮想通貨FXは、ビットコイン価格を基にしたビットコインFXがメインですが、アルトコインFXを取り扱っている取引所もあります。 国内ではDMM Bitcoinが取り扱っていて、イーサリアム ETH 、NEM XEM 、リップル XRP 、ビットコインキャッシュ BTC といった主要アルトコインのレバレッジ取引を行うことができます。 アルトコインそれぞれのクセを把握していれば、値動きも掴みやすい部分があるので、ビットコインFXだけではなくアルトコインFXも視野に入れてみるのもいいでしょう。 DMM BitcoinのアルトコインFXについてはこちらをご参考ください。 世界的に見ても、出来高と安心感共に申し分ありません。 ビットコインFXの始め方と合わせてご参考ください。 あとは、通貨の価値を調べることが得意なら現物、値動きを読むことが得意ならFXでトレード重視という使い分けにもなってきますね。 現物投資メインで、下落局面にはFXを合わせてリスクヘッジというのもいいでしょう。 現物は長期投資用に放置しつつ、日々の値動きをFXで楽しむという方も多いでしょうし、色々な楽しみ方とリターンを得られるのが仮想通貨投資の醍醐味でもありますね。 ビットコインの価値と値動きの面白さから、両方を楽しむというのもおすすめですし、アルトコインを含め投資選択肢を広く持って仮想通貨投資を楽しんでいきましょう。 ビットコインや仮想通貨の将来性を考えるとワクワクが止まらない方も多いことでしょう。 ビットコイン投資の際には、初心者さんにも安心して使えるおすすめの仮想通貨取引所ランキングもぜひご参考ください。

次の

FX/レバレッジ比較

仮想通貨 fx

bitFlyerではこのサービスを「bitFlyer FX」、GMOコインでは「仮想通貨FX」と呼んでいます。 では、取引所での現物取引とはどこが同じでどこが違うのか、比較してみましょう。 仮想通貨の証拠金取引とは何か?という質問に対する最も簡単な回答は、「ビットコインでFXができる」という答えになるでしょう。 しかし、FXを知っている人ならば分かりやすい回答ですが、そうでない人にとっては意味不明です。 そこで、もう少し詳細に確認しましょう。 なお、以下では仮想通貨の証拠金取引を 「ビットコインFX」と呼ぶことにします。 ビットコインの現物の受け渡しがない ビットコインを買おうと思えば、円を支払ってビットコインを受け取ります。 その後、ビットコイン価格が上昇したら、ビットコインを売ればOKです。 利益となります。 この様子を図にすると、以下の通りです。 金額は例です。 なお、図中にある「BTC」とは、ビットコインの単位を表します。 この、 「取引した現物を動かすことなく、結果だけ残高に反映される」仕組みを「差金決済」と言います。 CFDやFXがこの仕組みを採用しています。 この「取引の結果部分について資金移動する」という仕組みにより、取引所での現物取引とビットコインFXには以下の違いが出てきます。 取引所の現物取引:買ったビットコインを送金できる• ビットコインFX:買ったビットコインを送金できない(手元にビットコインがないため) このため、ビットコインを送金で使いたい場合は、取引所で買いましょう。 売買した結果の利益だけを狙う場合は、下の理由により、ビットコインFX でトレードすると資金効率の良い取引ができます。 売りからも取引を開始できる 上で確認しました差金決済の仕組みにより、「先に売って取引を開始し、買い戻すことによってトレードする」という方法も可能になります。 下の図で確認しましょう。 【取引例】 ・現在の口座残高は50万円です。 ・1BTC=100万円のとき、1BTC(100万円分)買いました。 ・1BTC=110万円になったときに売りました。 利益は10万円です。 この取引例の場合、口座残高50万円に対して取引額は100万円です。 倍率は2倍になりますが、この倍率のことを 「レバレッジ」といいます。 そして、ビットコインが110万円になったところで売却しました。 利益額は10万円です。 注意点としましては、レバレッジが大きくなればなるほど、利益も損失も大きくなりうるということです。 この取引で2BTC買っていたとしましょう。 すると、利益は20万円です。 10万円の利益よりも大きくなっています。 しかし、これは損失になる場合も同様です。 自己資金よりも大きなトレードをすればするほど、損失も大きくなり得ますので気を付けましょう。 ビットコインでFXができる取引所 ビットコインでFXができる取引所はいくつもありますが、ここでは3つの取引所をご案内しましょう。 GMOコイン GMOコインは、最大レバレッジは10倍です。 アクティブに取引したい場合に選択肢となるでしょう。 また、多額の注文であっても、提示された価格で売買可能というメリットがあります。 他の取引所では難しい場合があります。 仮想通貨取引のデメリットの一つは流動性ですが、GMOコインを使えば、この問題を大きく緩和できるでしょう。 GMOコイン: DMM Bitcoin DMM Bitcoinは、ビットコインだけでなく、数多くの仮想通貨でレバレッジ取引ができます。 イーサリアムやリップル等でもレバレッジ取引をしたい、そのように考えている皆様にとって、DMM Bitcoinは有力な選択肢です。 また、チャートや取引画面の性能がとても高いです。 視認性に優れたチャートや、複数の仮想通貨のチャートを比較して売買チャンスを狙うこともできます。 DMM Bitcoin: ビットフライヤー ビットフライヤーのFX取引では、最大15倍のレバレッジを利かせて取引できます。 手元資金よりも格段に大きな取引ができます。 資金効率の良さを追求したい場合、ビットフライヤーが選択肢になるでしょう。 なお、取引をする際、イフダン(IFD)やオーシーオー(OCO)注文など、多彩な発注ができます。 日本で最も有名な取引所の一つだけあって、流動性も抜群ですから、安心して取引できるでしょう。 次頁では「レバレッジ」のルールや考え方、注意点について説明します。

次の

仮想通貨とFXの違い

仮想通貨 fx

bitFlyerではこのサービスを「bitFlyer FX」、GMOコインでは「仮想通貨FX」と呼んでいます。 では、取引所での現物取引とはどこが同じでどこが違うのか、比較してみましょう。 仮想通貨の証拠金取引とは何か?という質問に対する最も簡単な回答は、「ビットコインでFXができる」という答えになるでしょう。 しかし、FXを知っている人ならば分かりやすい回答ですが、そうでない人にとっては意味不明です。 そこで、もう少し詳細に確認しましょう。 なお、以下では仮想通貨の証拠金取引を 「ビットコインFX」と呼ぶことにします。 ビットコインの現物の受け渡しがない ビットコインを買おうと思えば、円を支払ってビットコインを受け取ります。 その後、ビットコイン価格が上昇したら、ビットコインを売ればOKです。 利益となります。 この様子を図にすると、以下の通りです。 金額は例です。 なお、図中にある「BTC」とは、ビットコインの単位を表します。 この、 「取引した現物を動かすことなく、結果だけ残高に反映される」仕組みを「差金決済」と言います。 CFDやFXがこの仕組みを採用しています。 この「取引の結果部分について資金移動する」という仕組みにより、取引所での現物取引とビットコインFXには以下の違いが出てきます。 取引所の現物取引:買ったビットコインを送金できる• ビットコインFX:買ったビットコインを送金できない(手元にビットコインがないため) このため、ビットコインを送金で使いたい場合は、取引所で買いましょう。 売買した結果の利益だけを狙う場合は、下の理由により、ビットコインFX でトレードすると資金効率の良い取引ができます。 売りからも取引を開始できる 上で確認しました差金決済の仕組みにより、「先に売って取引を開始し、買い戻すことによってトレードする」という方法も可能になります。 下の図で確認しましょう。 【取引例】 ・現在の口座残高は50万円です。 ・1BTC=100万円のとき、1BTC(100万円分)買いました。 ・1BTC=110万円になったときに売りました。 利益は10万円です。 この取引例の場合、口座残高50万円に対して取引額は100万円です。 倍率は2倍になりますが、この倍率のことを 「レバレッジ」といいます。 そして、ビットコインが110万円になったところで売却しました。 利益額は10万円です。 注意点としましては、レバレッジが大きくなればなるほど、利益も損失も大きくなりうるということです。 この取引で2BTC買っていたとしましょう。 すると、利益は20万円です。 10万円の利益よりも大きくなっています。 しかし、これは損失になる場合も同様です。 自己資金よりも大きなトレードをすればするほど、損失も大きくなり得ますので気を付けましょう。 ビットコインでFXができる取引所 ビットコインでFXができる取引所はいくつもありますが、ここでは3つの取引所をご案内しましょう。 GMOコイン GMOコインは、最大レバレッジは10倍です。 アクティブに取引したい場合に選択肢となるでしょう。 また、多額の注文であっても、提示された価格で売買可能というメリットがあります。 他の取引所では難しい場合があります。 仮想通貨取引のデメリットの一つは流動性ですが、GMOコインを使えば、この問題を大きく緩和できるでしょう。 GMOコイン: DMM Bitcoin DMM Bitcoinは、ビットコインだけでなく、数多くの仮想通貨でレバレッジ取引ができます。 イーサリアムやリップル等でもレバレッジ取引をしたい、そのように考えている皆様にとって、DMM Bitcoinは有力な選択肢です。 また、チャートや取引画面の性能がとても高いです。 視認性に優れたチャートや、複数の仮想通貨のチャートを比較して売買チャンスを狙うこともできます。 DMM Bitcoin: ビットフライヤー ビットフライヤーのFX取引では、最大15倍のレバレッジを利かせて取引できます。 手元資金よりも格段に大きな取引ができます。 資金効率の良さを追求したい場合、ビットフライヤーが選択肢になるでしょう。 なお、取引をする際、イフダン(IFD)やオーシーオー(OCO)注文など、多彩な発注ができます。 日本で最も有名な取引所の一つだけあって、流動性も抜群ですから、安心して取引できるでしょう。 次頁では「レバレッジ」のルールや考え方、注意点について説明します。

次の