ピンタレスト 株価 予想。 ピンタレスト株、時間外で急落−月売上高が市場予想下回る(Bloomberg)

ピンタレストが大幅高 決算受け、投資判断と目標株価の引き上げ相次ぐ=米国株個別

ピンタレスト 株価 予想

0 1,570. 0 1,532. 0 -20. 0 -1. 50K 15:00:00 12,840. 0 13,010. 0 12,755. 0 -85. 0 -0. 20K 15:00:00 3,455. 0 3,490. 0 3,390. 07M 15:00:00 8,465. 0 8,513. 0 8,426. 0 -70. 0 -0. 10K 15:00:00 6,718. 0 6,750. 0 6,656. 0 -48. 0 -0. 24M 15:00:00 2,558. 5 2,583. 5 2,552. 42M 15:00:00 3,314. 0 3,338. 0 3,298. 48M 15:00:00 6,415. 0 6,519. 0 6,395. 57M 15:00:00 2,978. 0 3,050. 0 2,969. 0 -3. 0 -0. 80K 15:00:00 5,830. 0 5,860. 0 5,630. 70K 15:00:00 他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。 我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。 会話を豊かにしようとする。 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。 敬意を示す。 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。 日本語での コメントのみ許されています。 スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing. comの裁量により今後の登録が禁じます。 保存したアイテムを参照してください。 保存したアイテムを参照してください。 またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。 その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。 Fusion Mediaおよび当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。 Fusion MediaまたはFusion Mediaの関係者はすべて、データ、レート、チャートや売買シグナルを含む当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負いません。 金融市場での取引に関連したリスクやコストに関して、十分にご理解いただきますようお願いいたします。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

次の

ピンタレスト株、時間外で上昇-ユーザー数が予想上回る

ピンタレスト 株価 予想

4-6月期決算を発表しており、1株損益は赤字となっているものの予想ほどではなかったことや、売上高が予想を上回った。 また、通期の売上高見通しを上方修正している。 今回の決算を受けてアナリストからの投資判断と目標株価引き上げが相次いで伝わっている。 目標株価を40ドルまで引き上げたアナリストもいる。 無視するにはあまりに多くの成長ベクトルがあり、今回の決算は、米国内及び海外での広告収入が想定以上に迅速に拡大できると確信したとしている。 (4-6月・第2四半期) ・1株利益(調整後):-0. 06ドル(予想:-0. 08ドル) ・売上高:2. 61億ドル(予想:2. 36億ドル) ・EBITDA(調整後):-2604万ドル(予想:-4590万ドル) ・月間アクティブユーザー:3億人 (通期見通し) ・売上高:11. 0~11. 2億ドル(従来:10. 6~10. 8億ドル)(予想:10. 8億ドル) ・EBITDA(調整後):-2500万~-5000万ドル(予想:-5100万ドル) (NY時間10:52) ピンタレスト 34. また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

ピンタレストが大幅高 決算受け、投資判断と目標株価の引き上げ相次ぐ=米国株個別

ピンタレスト 株価 予想

ピンタレストは、競合と言えるフェイスブック NASDAQ:FB やツイッター NYSE:TWTR と同様、デジタル広告市場が新型コロナウイルスによって悪影響を受けていると述べました。 新型コロナウイルスの影響でフェイスブックの広告収入も減少へ このように不透明な市場により、ピンタレストは2020年通年見通しを撤回しています。 株価が急騰し、デジタル広告市場に不確実性があるにもかかわらず、ピンタレストは依然として魅力的な銘柄と言えるでしょう。 アクティブユーザーの増加 ピンタレストの第1四半期の月間アクティブアカウント数は、前年比26%増となりました。 これは、前年の第1四半期に発表した22%増を上回っており、ツイッターやフェイスブックよりも成長率は高くなっています。 新型コロナウイルスが感染拡大する中、ツイッターやフェイスブックは、ニュースへの関心が高まり、友人との連絡手段として使っている人も多いため、恩恵を受けます。 一方で家の中で過ごす時間が増えた今、ピンタレストは、インテリアや衣服の関心の高まりによる恩恵を受ける可能性があります。 ピンタレストは、このような一時的に上昇しているエンゲージメントを長期ユーザーにする必要があります。 そのために、ホームフィードのおすすめやそれぞれの好みが表示されるような検索など、過去1年間でピンタレストはサービスを大幅に改善しています。 ユーザーの収益化に焦点を移す ピンタレストのユーザーベースは、フェイスブックなどの大企業と比較して収益化が進んでいません。 第4四半期のユーザーあたりの平均売上高はわずか1. 22ドルでした。 しかし、国別の内訳を見て見ると、米国はユーザーあたり4. 00ドル、その他の地域はユーザーあたり0. 21ドルとなっており、大きな差があります。 一方フェイスブックは、第4四半期(10〜12月)にユーザーあたりの平均売上高は8. 52ドルを記録し、この中でも米国やカナダは平均41. 41ドルとなりました。 ピンタレストが今後の戦略として取り組んでいることは、広告ビジネスの規模を拡大し、企業を広告プラットフォームに呼び込むことです。 ピンタレストは広告ビジネスの焦点を消費財会社やファッション会社に当てており、新型コロナウイルスによって最も大きく打撃を受けている分野はマネタイズ対象に含まれていません。 ピンタレストCFOのトッド・モーゲンフェルドは「最も影響を受けている旅行、自動車、レストランなどの分野は私たちにとってあまり重要ではありませんでした」と話しました。 このような理由で、ピンタレストは広告市場全体と比較するとマイナスの影響は小さく、第2四半期売上高は大幅に減少すると考えられますが、競合他社ほど大きく落ち込むことはないでしょう。 現時点では、ユーザーの大幅な増加とユーザーの収益化が比較的低いことから、ピンタレストが大きな伸び代を持っていることを示唆しています。 広告費がこれまでのように戻った時には、ピンタレストが大きな勝者になることができるかもしれません。 More reading• 免責事項と開示事項 記事は、一般的な情報提供のみを目的としたものであり、投資家に対する投資アドバイスではありません。 Randi Zuckerbergは、フェイスブックのマーケティング開発部の元ディレクターおよび元スポークスウーマンであり、マーク・ザッカーバーグCEOの姉です。 Randiはモトリーフール社の取締役会メンバーです。 元記事の筆者Adam Levyは、フェイスブック株を保有しています。 モトリーフール米国本社は、フェイスブック株、ピンタレスト株、ツイッター株を保有し、推奨しています。 Copyright The Motley Fool Japan 2020.

次の