ウォレス フォ。 霍建華(ウォレス・フォ)

ルビー・リン、友人ウォレス・フォとの結婚は心境の変化?「変な人」から「個性的」へ―台湾|レコードチャイナ

ウォレス フォ

2016年8月4日、俳優ウォレス・フォ(霍建華)と結婚した女優ルビー・リン(林心如)が、すでに妊娠3カ月目を迎えていることが明らかになった。 聯合報が伝えた。 今年5月に交際を電撃発表して世間を驚かせたのが、ウォレス・フォとルビー・リンのビッグカップル。 06年のドラマ「地下鉄」で共演して以来、10年にわたって友人関係にあったが、今年初めに交際へと発展。 そこからは急展開を見せ、先月31日にバリ島で挙式し、今月2日に台北市で披露宴を行っている。 交際発表以来、ルビー・リンが「すでに妊娠しているのではないか」との話題が続いていた。 2日の披露宴では、出席した女性歌手ジョリン・ツァイ(蔡依林)が「まだ話しちゃダメなの?」と意味深な言葉を漏らす場面も。 その謎がやっと明らかになり、ルビー・リンがすでに妊娠3カ月目を迎えていることが分かった。 出産予定は来年春になるという。 なお、ネットユーザーからは2人の赤ちゃんについて、「きっと前世では世界を救ったんだろう」との声が。 顔面偏差値の高い2人の子供なら、美男または美女になるのは確実だという意味で、「すでに人生の勝ち組」と、うらやむ声も上がっている。

次の

ウィリアム・ウォレス

ウォレス フォ

1~30 が好評リリース中! 本作は「瓔珞~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」とともに再生数ランキング 1・2位を独占し、中国版エミー賞(国劇盛典)4冠をはじめ、数々の演技賞を獲得した 宮廷時代劇の最高峰。 ヒロインの如懿(にょい)を演じたのは、ハリウッド映画『クラウドアトラス』やドラマで活躍する中国4大女優の1人と称されるジョウ・シュン。 陰謀渦巻く後宮で愛を貫き、誇り高く生きたヒロインで多くの現代女性たちに共感と感動の嵐を巻き起こした。 そして、清の乾隆(けんりゅう)帝を演じたのは、「女医明妃伝~雪の日の 誓い~」などのヒット作で、今や中国時代劇の顔となったトップ俳優ウォレス・フォ。 如懿への純粋な想いと彼を翻弄する後宮の妃たちとの間で葛藤し、次第に疑心暗鬼になる皇帝を熱演した。 さらに「武則天-The Empress-」のチャン・チュンニンが如懿を慕う海蘭(ハイラン)役を演じ、そのチャン・チュンニンと「2 度目のロマンス」で共演した若手イ ケメンスターのジン・チャオが、密かに如懿に想いを寄せる侍衛の凌雲徹(りょううんてつ)を演じ、見守り愛を貫く。 そんな彼が「俺の頭髪よ、さらばだ!」と、役作りのために坊主にする貴重な映像が収録されている。 みるみるうちに乾隆帝に変身すると、「触ってごらん」と自身の頭部にジョウ・シュンの手を誘導する一幕も!さらに、乾隆帝の衣装を身に纏った姿に「拝みたくなる」と周囲から声がかかると、「僕も拝もう」とキュートな仕草に思わず胸キュン必至だ。 さらに、ジン・チャオは、彼が「凍傷の薬」というセリフを「痔の薬」と誤って言ったことを暴露。 床に崩れ落ちしゃがみ込んで笑している彼の姿や、つられて笑いが止まらないジョウ・シュンのほのぼのNGシーンが楽し める。 そんな彼をチャン・チュンニンは「(完璧すぎて)冷たい印象があるが、実際は全く違う。 すごくキュートな人」と証言し、ジョウ・シュンは「とても善良で好奇心旺盛な人」とベタ褒めする。 1~30 好評リリース中 DVD-SET6~7、レンタルDVD Vol.

次の

ウォレス・フォがすっかり「教育パパ」に?結婚したルビー・リンと未入籍のうわさも―中国メディア|レコードチャイナ

ウォレス フォ

2017年5月29日、台湾の俳優ウォレス・フォ(霍建華)が空港に集まったファンに立ち位置を指示し、教育パパの一面を見せている。 網易が伝えた。 29日、北京の空港に現れたウォレス・フォが、集まったファンの姿を見ると、無茶な行動をしないよう注意を促している。 ファンの安全を守り、また周囲に迷惑をかけないため、停止線を超えないよう指示したものだ。 ウォレス・フォは昨年、長年の友人だった女優ルビー・リン(林心如)と結婚。 今年1月には第1子となる長女が誕生した。 パパになったウォレス・フォだが、ファンへの対応にネット上からは、「すっかり教育パパになった」と声が上がっている。 結婚後もウォレス・フォは仕事で中国にいることが多く、夫婦が顔を合わせる時間はごく少ないとみられる。 そのためかこのほど一部の中国メディアが、2人は未入籍であり、ルビー・リンはシングルマザーだと報じた。 これに対して24日、ウォレス・フォとルビー・リンの個人事務所が同時に声明文を公開。 報道された内容を否定し、虚偽報道が続いた場合は法的措置で対抗するとの姿勢を示している。

次の