足 の 裏 痛み ツボ。 坐骨神経痛に効くツボ【手・足・足裏・お尻】とお灸

足裏のツボ(図解)マッサージの効果! 痛いところはどこが悪いの?

足 の 裏 痛み ツボ

10月になると秋雨前線は南に下がり天気は安定してきます。 そして高気圧と低気圧が交互に短い周期で日本列島をおおってくるのです。 この頃の低気圧や前線による雨は長続きせず、すぐにやって来る高気圧に支配され、晴れの日が多くなります。 しかしこの高気圧とともに大陸からは冷たい空気が流れ込んでくるために、秋の雨のあとの晴れの日は 雨の前に比べて気温が下がることが多いのです。 一雨ごとに少しずつ冷え込んで気温がゆるやかに下がっていくのは、 自然が私たちのカラダに季節の移り変りに対する準備をうながしてくれているのかもしれません。 今朝は、又、少し冷え込んだようです。 歩きはじめが痛い、階段を降りる時がつらい。 涼しさとともにひざの痛みを訴える人が増えています。 ひざの痛みの大半をしめる変形性膝関節症は、ひざ関節内の関節軟骨がすり減ることが痛み発生の原因とされていますが、そもそも関節を動かすための筋肉の機能低下が原因です。 ひざの痛みに悩む人は、今や2500万人をこえ超高齢社会を迎え年々増加中です。 ひざの痛みの第一にあげられるのがひざを支える骨にかかる衝撃を、半月板とともにやわらげる役割の関節軟骨がすり減っておこる変形性膝関節症。 厚生労働省は将来の車イス生活につながる第2の国民病「ロコモティブシンドローム」(運動器症候群)の第一の原因として、変形性膝関節症をあげています。 ひざを支えるのは骨ですが、ひざを動かしているのは筋肉です。 ひざ関節は大腿四頭筋をはじめいくつもの筋肉がバランスをとりあってひざの運動を支えているため、1つの筋肉でも伸び縮みをするための柔軟性が失われれば、ひざ関節の動きにアンバランスが生じ、部分的にストレスが発生します。 ストレスが過剰にかかりつづけることで痛みがおきるのです。 ひざの痛みを緩和するツボは、柔軟性が失われ機能が低下した筋肉に多くあらわれます。 お灸の温熱でひざをとりまく筋肉の血行をよくして、柔軟性を回復させ、ひざ関節に加わるストレスを軽減して痛みを緩和します。 江戸時代のコトバに「旅の道づれはひざにお灸をする人をえらぶべし」というのがありますが、いつの時代もひざの機能を守るためにお灸は欠かせないものだったのです。

次の

坐骨神経痛に効くツボ【手・足・足裏・お尻】とお灸

足 の 裏 痛み ツボ

足の裏には繊維状の丈夫な組織 「腱(けん)」が膜のように広がっています。 これを 足底腱膜と呼びます。 足底腱膜は、走る・歩くという動作に深く関わっています。 ふくらはぎの筋肉が収縮すると、アキレス腱を引き上げます。 この力はかかとの骨で向きが変わり、足底腱膜に伝えられます。 すると、足を踏み返すことが可能になるのです。 しかし、ふくらはぎの筋肉や アキレス腱の柔軟性がなくなると、足を踏み返すときに、 足底腱膜にかかる負担が大きくなってしまうのです。 この負担が過剰になってしまうと足底腱膜が損傷してしまい、足底腱膜炎になってしまいます。 足底腱膜炎は青年~壮年期では運動をよくする人に多く見られます。 高齢者では老化に伴い、足底腱膜の繊維が弱くなるため、激しい運動をしていなくても足底腱膜炎になるケースが増えています。 早めに気づくためには、 足底腱膜の痛みチェックとアキレス腱・ふくらはぎの硬さのチェックをすることが重要です。

次の

足裏のツボが痛い理由と足つぼの膀胱が痛い理由をわかりやすく解説!

足 の 裏 痛み ツボ

Sponsored Links 足裏の痛みは何のサイン? 足裏には、からだにある12の経絡のうち、重要な4つの経絡が通っており、とどこおることで次のような症状がでるとされています。 足の親指の内側から土踏まずを通っている 脾経 ひけい と呼ばれる経絡は、腸や膵臓、気管、生殖器などとつながり、とどこおることで吐き気や胃の痛み、便秘、下痢、不眠、舌のこわばりなどを引き起こすことがあります。 後述する湧泉 ゆうせん という足の中央より上にあるツボから、土踏まずをななめに通っている 腎経 じんけい と呼ばれる経絡は、脳、脊髄、腎臓、副腎、神経系などとつながり、とどこおることで疲れやすくなったり、立ちくらみがしたり、肌のツヤがなくなったり、のどが荒れやすくなったりします。 後述する足の人差し指からはじまる 胃経 いけい と呼ばれる経絡は胃とつながり、とどこおることで胃に関係する様々な症状のほかに、頭痛、のどの腫れ、鼻づまりなどを引き起こすこともあります。 足の小指の外側からはじまる 膀胱経 ぼうこうけい と呼ばれる経絡は、頭、肩、背中、腰、膀胱などとつながり、とどこおることで頭痛、肩こり、背中や腰の筋肉痛、関節の痛みなどのほかに、呼吸器疾患、泌尿器系の疾患、消化器系の疾患など様々な症状を引き起こすことがあります。 体の疲れを改善する効果のある足裏のツボ 「湧泉(ゆうせん)」と呼ばれるツボには、「元気や生命力が湧いてくる泉」という意味があります。 湧泉は万能のツボと呼ばれ、刺激することによって、身体のあらゆる疲れをとり、不調を改善する効果があると言われていますよ。 足を内側に曲げた時にへこむところでもあります。 上図にあるように、湧泉以外にもストレスや寝不足、二日酔いなどに効果のある反射区があります。 湧泉などのマッサージ方法 親指や人差し指を曲げた角で、湧泉を足の 指先の方に向かって、押し込むように圧をかけます。 両手の親指を使ってもいいでしょう。 5回~10回くらい繰り返しましょう。 湧泉の効果 湧泉には、足の疲れ、ストレス、筋肉疲労、冷え性、肌荒れ、むくみ、歯痛、腰痛、シミ、のどの痛み、胃痛、便秘、二日酔い、尿漏れ、頻尿、血糖値を下げる、デトックスなどにも効果があると言われています。 また、集中力をアップさせたいときや、髪の毛の発育を促進させたいとき、リンパの流れを改善したいときにも有効なツボです。 不眠を解消する効果のある足裏のツボ 「眠りを失った時に押すと良い。 」と言われ、不眠解消に効果のあるツボが「失眠 しつみん 」です。 失眠の位置 失眠は、人差し指と中指の間から、かかとに向かって結んだ線と、内と外のくるぶしを結んだ線の交わったところにあります。 失眠のマッサージ方法 親指やひとさし指の角、または上の画像のようなツボ押し棒を使って、失眠を押しましょう。 失眠の効果 失眠には、気になっていることが頭から離れない、なんていう時にも、リラックスさせてくれる効果があります。 下半身の冷え性やむくみ、足のつかれ、関節の痛み、頻尿 ひんにょう 、生殖器系の疾患の改善などにも効果があると言われています。 妊娠中の方は、子宮の収縮を引き起こす恐れがありますので、このあたりは刺激しないようにしてくださいね。 肩こり・首のこりに効果のある足裏のツボ 足裏の指の付け根部分には、首のこりや肩こりに効くツボ 反射区 があります。 肩こり・首のこりに効果のあるマッサージ方法 指の付け根部分は、親指側から小指の方に向かって、少しずつずらしながら、棒か手で刺激しましょう。 靴下を履いて、棒を滑らせるようにマッサージしてもいいですね。 肩こり・首のこりに効果のあるツボの効果 肩こり・首のこりにきく足裏のツボは、内臓を強くする効果もあると言われています。 ダイエットに効果のある足裏のツボ 人差し指の中指側には、胃とつながっている「胃経 いけい 」と呼ばれる経絡が通っており、食事前に刺激することで、食欲を抑える効果があると言われています。 胃経のマッサージ方法 食欲を抑えるためには、指全体的というよりは、胃経の部分をつまむように刺激するのが効果的です。 胃腸の調子を整える足裏のツボ 土踏まずには、胃腸をはじめとする、消化器官の調子を整える効果があります。 土踏まずのマッサージ方法 押して痛みがあるところを丁寧にマッサージしましょう。 足の側面から、骨の下部分なども押すとより効果的です。 便秘を解消する効果のある足裏のツボ 便秘解消に効果が高いのが、大腸の反射区です。 大腸の反射区へのマッサージ方法 図にあるように、矢印に沿ってマッサージしてもいいですし、青の部分全体をマッサージしても効果があります。 便秘を解消するツボの効果 便秘を解消するツボは、下痢を改善したい時にも効果があります。 便秘を解消する足裏以外のツボは、こちらで解説しています。 頭痛の解消に効果のある足裏のツボ 頭痛の解消に効果があるのは、脳の反射区である親指です。 頭痛を解消するツボの位置 親指の中でも、青い部分が大脳の反射区にあたり、緑の部分が頭の中を通る三叉神経の反射区です。 頭痛を解消するツボのマッサージ方法 親指全体をもむようにマッサージするのもいいですし、親指の真ん中、または人差し指側をつねるなどして刺激するのも効果があります。 頭痛の原因が、目の疲れからきているようであれば、 緑の部分をやさしくマッサージするといいでしょう。 肩こりから頭痛を起こしている場合は、先ほどご紹介した肩こりに効くツボも合わせて刺激すると効果的です。 爪の生え際にも、頭痛を解消する効果のあるツボが並んでいますので、 一番ひびくところを探してみるのもいいでしょう。 頭痛を解消するツボの効果 緑の部分、三叉神経の反射区は、涙の分泌や目の乾きにも関係していますので、ドライアイにも効果があると言われています。 頭痛を引き起こしやすい方は、この反射区を普段からマッサージしておくと、頭痛を予防する効果も期待できます。 頭痛を解消する足裏以外のツボは、こちらで解説しています。 目の疲れに効果のある足裏のツボ 首から上の器官に関しては、足のツボ 反射区 が左右逆になります。 目の疲れを解消するツボの位置 目の疲れに効くのは、人差し指と中指の、腹から付け根辺りです。 目の疲れを解消するツボのマッサージ方法 右目の疲れをとるときは、左足のツボを、左目の疲れをとるときは、右足のツボを刺激しますが、両足を同じように刺激するといいでしょう。 リンパの流れを改善する足裏のツボ リンパの流れを改善する効果があるのは、腎臓の反射区です。 リンパの流れを改善するツボの位置 足の真ん中には「足心 そくしん 」と呼ばれるツボがあり、腎臓などとつながる腎経が通っています。 リンパの流れを改善するツボのマッサージ方法 図のように、足心から膀胱の反射区に向かって、マッサージするのが効果的だと言われています。 リンパの流れを改善するツボの効果 足心から膀胱の反射区への刺激は、体にたまった余分な水分や老廃物を排泄し、体中の血行とリンパの流れを改善する効果があります。 Sponsored Links 足裏のツボ効果を高めるために ツボへのマッサージ効果を高めるためには、お風呂上りや入浴中など、身体が温まっている時に行うのが効果的です。 マッサージをする前と後に、お白湯 さゆ:一度沸騰させてさましたぬるめの湯 か、常温の炭酸水などを飲むと血行が促進され効果も高まります。 足裏の不調がある場所を見つけるには、押して痛いという以外に、• 肌の色や皮膚の状態がほかの部分と異なっているところ• 形が崩れているところ などをチェックするといいでしょう。 足裏のツボを刺激するグッズ 足裏を刺激するための道具には様々なものがあります。 ある程度、足の刺激に慣れてきたら、このようなサンダルを履いて歩くのもおすすめです。 身近なものでは、ゴルフボールなどを足裏に置き、ゴリゴリするだけでも効果があります。 ツボ押し棒や青竹 踏みなどの足裏を刺激する簡単なグッズであれば、100均のお店で見つけることができますよ。 ちなみこれは、体のゆがみを改善する効果もあります。 角度は変えられますので、様子を見ながら少しずつ傾けていくようにしてくださいね。 興味のある方は、一度ご覧になってみてください。 裏側では背中のツボも押せるようになっていますよ。 足裏のつぼマッサージの注意点 お酒を飲んでいる方や、足に怪我をしている方は、マッサージをしないでくださいね。 気になる症状がある時はまず、医師の診察を受けてください。 足裏のツボ刺激は、医療機関などでもなかなか改善しない症状がある時や、日々の健康維持に役立てられるといいでしょう。

次の