酸っぱいもの 食べたい。 【無性に◯◯食べたい!!】欲求を生み出す原因やその意味を徹底解説│バカだけど、本気

甘いもの・酸っぱいものが食べたくなる理由ってなに?

酸っぱいもの 食べたい

大好物というわけでもないのに、時々なぜか無性に食べたくなるものってありますよね。 とびっきり酸っぱいものだったり、 普段は選ばないような脂っこいものだったり、甘いものだったり、辛いものだったり。 そう感じた時は、「気分の問題」で片付けてしまいがち。 でも、実は酸っぱいものをはじめ、 特定の味のものが無性に食べたくなるのは、 知らず知らずのうちに蓄積した疲労やストレスが原因で、 体からさまざまなSOSのサインが出ている可能性があります。 中でも酸っぱいものの場合は、 つわり中の妊婦さんが食べたくなるものの代表例としてよく知られているため 「もしかして妊娠!?」「それとも私ってどこか悪いの??」 なんて思ったことがある人もいるのでは? そこで今回は、 「疲労や不調のサイン?イライラが落ち着く?酸っぱいものが無性に食べたくなる理由」をテーマに、 酸っぱいものをはじめ、特定の味が無性に恋しくなる原因と理由を深堀り! 味覚と体の不調のサインとの関係を探っていきます。 疲労回復に欠かせない酸っぱいもの=クエン酸 重労働やスポーツで体を酷使した時や、 勉強やデスクワークで頭をフル回転させた日は、疲れてぐったりしてしまいますよね。 この疲労感を回復させ、身体のエネルギーづくりに重要な役割を果たすといわれているのが、 レモンなどの柑橘類や酢、梅干しなどに含まれる酸っぱい成分「クエン酸」です。 身体や脳が活動するためのエネルギー源「ブドウ糖」は、 身体や脳の中で使用されると、ピルビン酸に変化した後、さらに乳酸に変化します。 諸説ありますが、「乳酸」は「疲労物質」とも呼ばれており、 クエン酸にはこの乳酸を分解してくれる働きがあります。 これが、クエン酸と疲労回復のメカニズム。 また、クエン酸には、カルシウムや鉄などミネラルの吸収を補助したり、 新陳代謝を活性化するなどの効果があるともいわれています。 疲れを取り除き、元気な身体に回復させる働きがあることから、 疲れを感じている時には身体が自然とクエン酸を求めて 「酸っぱいものが食べたい!」と感じるのだとか。 ちなみに、妊婦さんが「酸っぱいものが食べたくなる」と感じるのは、 お腹の赤ちゃんの成長のためにお母さんの身体から栄養や酸素を供給しているため、 とっても疲れやすくなっているのが原因のひとつといわれています。 つまり妊婦さんも、身体が自然と疲労回復のためにクエン酸を求めているのだそう。 他にも妊娠によるホルモンの変化の影響で味覚が変化したり、 口の中をさっぱりさせて吐き気などを予防したいと感じるため、 ということも理由になっているといわれています。 日本ではドラマなどの影響で、「妊婦=酸っぱいもの」というイメージがあるため、 酸っぱいものが食べたくなると「妊娠?」という発想に結び付くことが多いようですが、 クエン酸と体との関係を考えると、まずは疲労を疑ってみるのが正解かもしれませんね。 摂りすぎは注意!上手にクエン酸を摂取しよう さて、疲労を回復してくれるお役立ちアイテム 「酸っぱいもの=クエン酸」。 疲れている時の強い味方ではありますが、摂りすぎには少し注意が必要です。 クエン酸には抗酸化作用があるため、 摂りすぎてしまうと胃腸に強い刺激を与えることになってしまい、 腹痛など胃腸が荒れる原因になってしまうことも。 疲れがひどい時は、胃腸の働きも弱っていることが多いので、 お酢を調味料に使った料理や、梅干しのおにぎりやおかゆなどで、 胃腸を守りつつ、クエン酸を上手に摂るよう工夫してみてくださいね。 また、レモンやグレープフルーツ、オレンジなどの柑橘系のフルーツの香りの成分には、 ストレスやイライラを緩和させる働きがあるといわれています。 体だけでなく、心の疲れも感じているときには、 香りを楽しみながら積極的に柑橘系のフルーツを摂取してみるのもおすすめ。 ご存知の通り、柑橘系フルーツにはビタミンCも豊富なので、疲れたお肌を癒やす力にも期待できます。 他の味が無性に食べたいもSOS!? さて、酸っぱいもの以外にも、 甘いものや辛いもの、しょっぱいものなど突然無性に食べたくなる味がありますよね。 これらも、体が発したSOSのサインである可能性があります。 思い当たる不調がないかチェックして、上手に栄養成分を採り入れてみて。 甘いもの 酸っぱいもの同様、体が疲れていると考えられます。 糖分は、体の中で素早くエネルギーに変換できるため、体が早急にエネルギー補給を求めている証拠。 糖分の摂りすぎが気になってしまう人は、乳製品や大豆などのタンパク質からエネルギーをチャージするよう心がけてみましょう。 また、食べたい甘いものが、チョコレート限定ならマグネシウム不足の可能性も。 辛いもの ストレスが原因かもしれません。 イライラが募った心を、体が自然と「辛い=痛い」刺激でごまかそうとしている可能性があります。 食べ過ぎは、酸っぱいもの同様、胃腸への負担が大きいので、適度に楽しみつつ、別のストレス緩和策を考えてみて。 しょっぱいもの 体力を消耗して、水分やミネラル・塩分不足になっているかもしれません。 特に注意が必要なのは、暑い日や激しい運動の後。 大量に汗をかくため、水分・塩分が著しく不足した状態になりがちです。 アルコールなど利尿作用の高い飲み物を大量に飲んだ時も同様。 日本人は平均して塩分過多といわれますが、塩分不足もまた体にとってはNG。 天然塩など質の良いミネラルを適度に適量摂取しましょう。 いかがでしたか? 酸っぱいものが食べたくなる原因と理由、 無性に食べたくなる味でわかる体の不調のサインをまとめました。 ぜひ参考にして、 隠れた体の不調や知らず知らずに溜め込んだストレスがないか、 ぜひ自分の体と向き合ってみてくださいね!.

次の

【話題】甘いものが食べたい→疲れてる、酸っぱいもの→胃が疲れてる‥身体が欲するもので体調が分かる一覧

酸っぱいもの 食べたい

疲れていると、人は酸っぱいものを求める 「無性に酸っぱいものが食べたい!」そんな衝動に駆られたことはありませんか?実はこれ、身体から「 疲れた!」という信号が発されているのかもしれません。 たくさん運動したり頭を使ったりすると疲労しますが、そもそも「疲れた」と感じるとき、身体では何が起こっているのでしょうか。 身体が酸っぱいものを求める理由って? 仕事や運動など、あらゆる活動の中で人間の体内では 活性酵素が生成されます。 活性酸素は免疫機能の一部。 必要ではありますが、増えすぎると悪さをしでかし始める奴です。 「疲れ」というのは、 細胞がこの活性酸素による酸化ストレスで ダメージを受けてししまっている状態のこと。 原因はさまざまですが不規則な食生活や睡眠時間が不足していてもダメージが大きくなり、その結果筋肉が疲労し、身体に疲れを感じさせるといわれています。 そしてそんなとき、身体は酸っぱいものを求めるようになります。 ダメージを受けた細胞を修復するのに必要な エネルギーの産生を効率的にするのがATPという化合物。 そして ATPの産生に一役買っているのがクエン酸です。 疲れているとき身体が酸っぱいものを求めるのはこの クエン酸を欲しがっているということになります。 より効果的な食品は? 疲労回復に効果があるクエン酸ですが、どのような食品に多く含まれているのでしょうか。 いつでも取り入れやすい食品をご紹介します。 お酢、梅干し 身体が疲れているときはお酢や梅干しがおすすめです。 適度な摂取は弱っている胃腸にやさしく作用し、食欲を増進させる作用もあります。 料理に使えばお酢独特のツンとした感じも和らげることができますので、積極的に摂取してみると良いですよ。 レモン、グレープフルーツ、キウイなどの果物 ストレスによりイライラするなど精神的疲労が溜まっているときはフルーツを食べるのが良いかもしれません。 クエン酸やビタミンCによる疲労回復に加え、爽やかな香りで心身もリフレッシュできるでしょう。 人は、疲れているときに酸っぱいものを食べたくなる傾向にあります。 どうしても酸っぱいものが食べたくなったときは、その欲求に従って身体をいたわってあげましょう。 酸っぱいものの食べ過ぎは胃を傷つけてしまうこともあるので、クエン酸を食生活にうまく取り込むのがよいでしょう。 もちろん規則正しい生活や食習慣が一番の健康の源。 クエン酸ばかりに頼らず 日々の生活を見直すことも忘れないでくださいね。 参考: 関連記事:•

次の

妊娠と言い伝え、妊娠中に甘いものを食べたい、性別は女の子?

酸っぱいもの 食べたい

この記事の目次• ちなみに、この 酸っぱさの成分は「クエン酸」になります。 ではなぜカラダはクエン酸を求めるようになるのか気になりませんか? 少し難しい話になりますが、 人間が活動していく中で必ず体内に活性酸素というものが生じます。 活性酸素自体は決して悪者ではないのですが、 これがたまり過ぎると筋肉細胞や神経細胞が酸化してしまいます。 そうすることによって、 肉体的や精神的に「疲れた」と感じる状態になるのです。 クエン酸は「酸」という字が示すように、酸性の物質です。 しかし、実はクエン酸は身体に吸収されるとアルカリ性に変わります。 口から摂取した後に胃に到達し、その後体内の膵臓から分泌されるアルカリ性の重曹と化学反応を起こし、クエン酸ソーダというアルカリ性に変わります。 身体がこのクエン酸ソーダを吸収すると、全てアルカリ性として働きます。 梅干しには塩分がかなり含まれていますので、 塩分の取り過ぎは高血圧や脳梗塞などの生活習慣病につながりますし、むくみの原因にもなってしまいます。 ではどの程度が適量なのかと言うと、 1日1~2個です。 実はこれには科学的な根拠はないんです。 実際、妊娠したからといって必ずしも妊婦が全員酸っぱいものを欲しがっているわけではないんですね。 妊娠すると梅干しやレモンが欲しくなるというのは、つわりの気持ち悪さを紛らわせるためと考えられています。 でもこれは人によってさまざまで、唐揚げやフライドポテトがやめられなくなった、なんて人もいますし、いかにしてつわりのムカムカとイライラを抑えるかは人それぞれなんです。 スポンサードリンク まとめ いかがだったでしょうか?梅干しを食べたくなる理由として.

次の