グランメゾン東京 結末。 グランメゾン東京最終話11話ネタバレ感想口コミ!尾花の涙に感動の結末!

グランメゾン東京

グランメゾン東京 結末

尾花夏樹 と早見倫子 の関係は進展するのか? これはですね、 物語の展開上 お互いが小さなもめ事を繰り返しながら より良い関係 理解し合える関係を築いていきますが 恋愛となると 話は別です。 2人を恋愛関係にしてしまうと 1番の命題 【三ツ星を取る!】 がかすんでしまうからです。 そのため 2人は最後まで 多少の恋愛感情を抱きつつも 恋人同士にはならないでしょう。 なってはいけないのです、 ストーリー展開上。 さあ、どうなりますことやら。 平古祥平 は 松井萌絵 と 蛯名美優 のどちらを選ぶのか? これも難しいところですね。 それぞれの2人にそれぞれ惹かれながら 曖昧に どっちつかずでいる。 私が1番嫌なタイプの男性ですが キスマイの玉森裕太 であれば それも許されてしまうのでしょう。 でもストーリーの展開上 グランメゾン東京の融資を 蛯名美優の父親に頼んだ身なので 玉森裕太 は最後は 蛯名美優 のもとに 戻ることになるでしょう。 ただその過程では 彼の心は揺れ 思い切り悩んで 視聴者をハラハラドキドキさせる 絡みがあると思います。 リンダ・真知子・リシャール は尾花夏樹 の敵なのか、味方なのか? リンダ・真知子・リシャールは理知的で理性的に描かれています。 3年前のナッツ混入の犯人が 尾花夏樹出ないと分かり 彼の味方でも敵でもなく 公平な態度で臨むでしょう。 結果として 尾花夏樹の実力を認め 評価せざるを得なくなります。 その過程では ミステリアスに振る舞い 視聴者を巻き込んだハラハラの展開を 用意しているでしょうが。 平古祥平 は自分の罪を公表するのかしないのか? 世間には公表せず 平古祥平が犯人だとバレそうになるたびに、尾花夏樹が彼を庇い 自分が犯人だと主張し続けます。 そのため ますます 尾花夏樹 に恩義を感じてしまいます。 でも 尾花夏樹 には彼を庇いたい決定的な理由が欠けています。 自分の人生をかけてまで 平古祥平を庇う理由は何なのでしょうか? 必ず 何かあるはずです。 その理由がいつか明かされるでしょう。 それも 2人とも悪者ならないで済む理由が。 楽しみです。 平古祥平はグランメゾン東京に戻るのか戻らないのか? 結果としては戻らないでしょう。 いくら恩義があり 尊敬していても 尾花夏樹が平古祥平を庇う理由があるように 平古祥平もまた グランメゾン東京に戻れない理由が出てきます。 最後まで 良きライバルとして 展開していくと思います。 グランメゾン東京は三ツ星を取れるのかとれないのか? これは難しいですね。 三ツ星を取ってしまえば めでたしめでたしのお話になるし 三ツ星を取らないで Gakuに花を持たせれば 深い意味付けが必要になる。 私は 結果は三ツ星を取るより 本当は 三ツ星以上の価値があると 視聴者に印象付ける何かの事件が起こるのではないかと予想します。 三ツ星を取ることよりももっと大切で 重要な 視聴者も納得できる事件。 Gakuは 丹後学が望むと望まないとにかかわらず 周りの人たちが グランメゾン東京を邪魔することで 結果として 三ツ星を取るでしょう。 そこの掛け合いや 人間関係の絡みが最後の山場となり クライマックスになります。 最後は感動的シーンで終わるでしょう。 見終わった後に爽やかな 風が吹くような 人間まだ捨てたもんじゃないな、的な感動を 最終回には用意されているはずです。 ーーーーー 以上が 私の独断と偏見で予想した グランメゾン東京の 今後の展開です。 当たるのか かすりもしないのか とても楽しみです。

次の

グランメゾン東京

グランメゾン東京 結末

「グランメゾン東京」が参加した、ミシュランの表彰式から数年後。 祥平(玉森裕太)と、その周りの人たちには、様々な変化が起きていた。 ある日、祥平は買い出しに向かった先で、いろいろな人と出会う。 そして、祥平、美優、萌絵は偶然鉢合わせて…。 明かされていく、祥平をはじめとする人々の数年後の今。 これは、そんなちょっと未来の話。 祥平やその周囲の人物は、大きく自分自身の人生を踏み出し明るい未来に向かって進んでいます。 とにかく登場人物みんながそれぞれの思いを胸に前向きな毎日を過ごしていて爽快なほどにハッピーエンドを迎えます! 祥平はグランメゾン東京から独立、すんなりミシュラン一ツ星まで獲ってる成長ぶり 丹後から「いずれグランメゾン東京から独立し自分自身の腕だけで勝負する日がきっと来るはずだ」と助言されていた祥平は、いよいよ独立し自身のフランス料理店「ラ サンチュール ドリオン」をオープンし、早くもミシュラン一ツ星を獲得します。 ラ サンチュール ドリオンはグランメゾン東京のオープンキッチンとgakuの高級感あふれるブラック基調な店内が見事に合わさったような素敵なお店です。 8名ほどの若手スタッフがテキパキと動いています。 以前のグラグラ迷いがちだった祥平も少し一皮向けてイキイキした表情で日々を送っています。 今や祥平の良きライバル柿谷は美優にフラれた後、胡桃と付き合うことに 何かとgakuでは悪役イメージだった柿谷も、今では祥平の良きライバルに。 お互いを切磋琢磨できる関係であることが見てとれます。 柿谷は、祥平と別れた美優に告白しますがフラれてしまいます。 その後、出会った当初から良い感じだった胡桃と付き合っています。 あいかわらず気の強い胡桃に完全に尻に敷かれている柿谷。 11話では胡桃からメールが来ていたのに返信することを忘れていて、「コロス」と書かれた激怒メールを見て完全にビビっているコミカルなシーンも見れます。 とても素敵なキャラになり後味がとても良いです。 萌絵は祥平よりも一足先にグランメゾン東京を独立。 自身のパティスリーをオープン 萌絵は祥平がグランメゾン東京を独立するよりも一足先に独立。 自身のパティスリー「エトワールミニョン」をオープンします。 グランメゾン東京を退職する際に、祥平から「松井萌絵のデザートには人を幸せにする力がある」という尾花を彷彿とさせる言葉をかけられています。 萌絵は祥平と一緒に仕事ができなくなるのは寂しいと言いますが、気まずい感じはありません。 美優とは女同士友人としての関係を持ちながらも新メニューの開発の良きアドバイザーとして祥平から助言をもらっているようです。 萌絵ならではの気さくでさっぱりした人物だからこそなせるワザですね。 祥平の後輩、高杉と真島はピタパン移動販売「ツースターズ」をオープン ホテルブッフェレストランで祥平の後輩だった、高杉と真島はレストランを退職し二人でピタパンの移動販売「ツースター」をオープンし人気を博しています。 ネーミングの由来はグランメゾン東京がグルメフェスに出店した際にSNSでバズったことで有名な店「スリースターズ」を超えるためにつけた名前なんだとか。 ツースターズで星が一つ減っているのはご愛敬。 祥平から突っ込まれますが相変わらずのマイペースキャラの二人は健在です。 美優はアジアの氷姫と呼ばれる凄腕フードライターとして活躍 美優は、祥平と別れたあと頼れる人がいない中で一人で生きていける強い女性になりたいという思いから、フランスでフードライターの修行をします。 そして見事に成長、世界中のフレンチ業界からアジアの氷姫と呼ばれるほどの凄腕のフードライターとして成長していました。 優は再び帰国し、ミシュランからの紹介で祥平の店「ラ サンチュール ドリオン」への取材に来店し祥平と再会することになります。 祥平と美優の未来が重なり、ついに復縁!明るく爽快な結末を迎える クライマックスでは祥平と美優がついに復縁します。 祥平の料理を美優は美味しそうに食べながら取材を続けますが、そんな中成長した美優を見た祥平は色々な想いが溢れてきたのか、「活躍している美優に言うのも何なんだけど…このお店一緒にやらない?」と言います。 お店への誘いですが、これは復縁と、二人の将来への誓いの意味が籠もったことだと言うことは言うまでもありません。 美優は少し驚きながらも笑顔で「うん」と頷きます。 二人は過去の自分に振り返りながらも、二人がこうやって良い形で立ち直り再会できたのは尾花さんの力が大きいと認識するのでした。

次の

【グランメゾン東京】最終回ネタバレ!三ツ星レストランの結末や恋はどうなった?!

グランメゾン東京 結末

LIAR GAME Season 2• 11文字の殺人• 絶対零度〜特殊犯罪潜入捜査〜• 謎解きはディナーのあとで• ストロベリーナイト• O-PARTS〜オーパーツ〜• dinner• ようこそ、わが家へ• 僕のヤバイ妻• 貴族探偵• モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-• メゾン・ド・ポリス• 盤上の向日葵• 謎解きはディナーのあとで• キングダム 人気の作品が並んでいますね~。 黒岩さんの作品には、推理ものや刑事ドラマ、ミステリーものが多いです。 2013年にフジテレビ系で放送されたドラマ「dinner」(江口洋介さん主演)も、レストラン(イタリア料理)が舞台となっていました。 予約3か月待ちの人気レストランが、オーナーシェフの病気により、売り上げが悪くなり、営業が落ち込んでいきます。 そこで建て直しのために呼んだのが、主演の江口洋介さん扮する江崎究です。 ヨーロッパで修行した後、日本の一流店から食堂までを渡り歩く江崎のおかげで、見事、復活を果たしていく物語です。 レストランを題材にしているドラマは、料理を作るシーンや食事のシーンがたくさん出てくるので、見ているだけで楽しくなりそうです。 三ツ星シェフの称号を獲得して、鈴木京香と結婚 木村拓哉さん演じる、尾花は、見事三ツ星シェフの称号を獲得すると思います。 どんな困難にもめげずに、不屈の精神で、夢が実現するパターンとなるでしょう。 三ツ星レストランを実現するために、最高の料理人や、最高のスタッフを探すのです。 理不尽なトラブルに巻き込まれもしますが、なんとか尾花の夢について行きたいと希望するスタッフが、徐々に集まってきます。 そんなスタッフたちに助けらたこともあり、尾花は、ついに三ツ星シェフの称号を手に入れるのです。 尾花は、自分だけの力だけではなく、スタッフたちや周りの支えがあったからこそ、三ツ星を獲得できたのだと、感謝します。 三ツ星の称号を獲得しながらも、人間的にも成長を遂げる尾花夏樹~。 王道ストーリーとして、ありがちですが、キムタクのサクセスストーリーってカッコイイでしょうね~! そして、相手役の鈴木京香さん・・じゃなかった(笑)、早見倫子と結婚するのです。 そして、晴れて夫婦となった2人は、次のお店をフランスにお店を持とうと、出発するのです。 三ツ星の称号を得るために、倫子とは別れる 尾花と早見は、お互い徐々に恋愛感情が芽生え、気になる存在になります。 ですが、仕事のために、あえて思いを隠そうとするのです。 そのことに、スタッフたちは気づいて、彼らの協力もあって、気持ちを伝え合い、一旦は結ばれます。 ところが、実は早見倫子には、過去にどうしても忘れられなかった相手と、再会するのでした。 その頃、三ツ星レストランを目指し、奮闘していた尾花は、あと一歩のところで及ばず、三ツ星の称号を逃してしまいます。 尾花は「自分に足りない物は何なのか?」と思い悩んだ末、もう一度初心に帰り、フランスで修行し直すことを考えます。 これまでの協力してくれた、スタッフたちや、倫子のことを考えると、行動に移せずにいた尾花の気持ちを、倫子やスタッフたちは気づいていました。 「最高のシェフになって欲しい。 」と、背中を押すスタッフのみんなと、倫子さん。 尾花は夢の実現のために、フランスに旅立つのでした。 ナッツ混入事件の犯人が判明 第1話で、尾花夏樹が、フランスでシェフとして働けなくなったランブロワジーでの、日仏首脳会談で行われた食事会。 そこでのナッツ混入による、アレルギーの件がありました。 その時のうやむやとなっていた、犯人黒幕が分かると思います。 グランメゾン東京第5話では、平古祥平シェフが誤ってナッツオイルを使用したことが原因だと判明しています。 ですが、これだけのフレンチ料理の才能を持った平古が、重要な食事会の場面でミスをするのは考えれられにくく、他に黒幕犯人がいるのではないかと思います。 その犯人が謝罪することで、尾花夏樹の疑いが晴れ、再び尾花のシェフとしての評価が認められるのではないでしょうか? 第8話(12月9日放送)では、冨永愛さん演じるリンダが、ラストで3年前のエスコフィユのナッツ事件の件で激怒して、倫子のインタビューしたボイスレコーダーを踏みつける場面がありました。 リンダも、このナッツ事件のお陰で、自分の仕事にかなりの悪影響が出てしまい、忸怩たる思いをもっているのです。 中村アンさん演じる久住が、おそらく犯人捜しのために、グランメゾン東京で働き出したりしているのも、余程の事情があるのは間違いないでしょう。 日仏首脳会談という重要な場面なので、政治的思惑も絡んだ上での事件。 まさかと思うような意外な人物が犯人の可能性があります。 個人的には、江藤なんじゃないかと疑っていますが、どうでしょう。 実は、江藤があのレストランにいた外国人シェフに手をまわして、平古祥平が犯人になるよう仕向けたかな?と思います。 あらすじ 監修されるシェフの方ですか このかたのインスタにあった写真です。 慢心からすべてを失った カリスマシェフは 世界最高の 三つ星レストランを目指し、 再び立ち上がる。 そして相手役に 鈴木京香が決定!! 木村と組み、 世界最高のレストラン作りに 挑戦するシェフを演じる。

次の