シフォン ケーキ 型 から 外す タイミング。 パウンドケーキを焼いたあと、型に入れたまま放置した方がいい

道具いらず!シフォンケーキは型からこうやって外す!

シフォン ケーキ 型 から 外す タイミング

タグ 100均 DIY あいうえお作文 アイス アイデア アイテム アイロン アクセサリー アク抜き アレンジ アンティーク インコ・文鳥 インテリア ウォシュレット うさぎ エアコン エビ エプロン おかず おしゃれ おすすめ おにぎり おもちゃ おもてなし おもてなし料理 おやつ お弁当 お手入れ お玉 お神酒 お酢 お風呂 お風呂掃除 カーディガン カスタネット カニ カバー カバン カビ カビ臭い カリカリ カルキ カレー カレー鍋 キーキー音 キーホルダー キッチン キャベツ キンパ クーラー クエン酸 クッキー グッズ グッズ・アイテム グッピー・金魚・メダカ グラタン グリル グルーガン クロス ゲージ ケア ゴーグル コーデ コツ ゴミ箱 ゴミ袋 ゴロゴロ サーキュレーター サイズ サングラス シール シェービングフォーム しおり ジッパー シミ シミ取り じゃがいも シャンプー シュウマイ ジュニア シンプル シンプルライフ スエード スキー・スノーボード スキンシップ スタンド ズッキーニ ストレッチ スポーツ スポーツサングラス スポンジ スライダー スライム セスキ ソース タイミング ダニ タレ チーズ チーズソーズ チャック つくね つまみ テカリ テニス ドア・窓 トイレ トカゲ どのくらい トマト トマトソース トマト缶 トラブル トレーニング ナス ナット ニオイ ニット ネイル パウンド バスケ パスタ バスタオル バッテリー パテ パプリカ ハムスター バレエ パン ハンガー ハンドメイド パンプス ピーマン ひき肉 ピザ ブーケ ファスナー フィルター フライパン ブラインド プラスチック プラバン フラメンコ ブレーキ フレーム ベーキングパウダー ベーコン ペーパードライバー ヘアアクセサリー ヘアカラー ペイント ベランダ ヘルシー ペンキ ホーロー ポイント ホットケーキミックス ホットプレート ポリエステル ボルト マグカップ マスク マッサージ まっすぐ マナー マラソン・ランニング むね肉 メガネ メス メニュー メリット やかん やり方 やり方・手順 ヨーグルト ライト ラッピング リース リゾット リボン リメイク リュック ルール レース レザークラフト レシピ レモン レンジ ワッフル ワッペン ワンピース 一人 一人暮らし 上靴 下水 中学 丼 乾かす 乾燥 予防 予防方法 予防法 事前準備 交換 人気 人間関係 仕事 代用 会いたくない 体が硬い 体を柔らかくする方法 作り方 作り置き 使い方 便利 保存 保存方法 修理 傷 充電 先生 入学式 共働き 具 具材 内容 再婚 冷凍 冷凍ご飯 冷蔵 出産・産卵 出窓 初心者 刺繍 効果 勉強 勘違い 卓球 原因 友達 収納 取り付け 取り方 同居 名付け 名前 和風 和食 喜ぶ 固定 圧力鍋 塗り方 塩唐揚げ 塩素 墨汁 変色 夏 夏休み 夕食 夕飯 外干し 夢 大切 大学 大根おろし 天日干し 夫婦・家族 女の子 女性 好き 姑 婚活 嫌い 子供 子供が喜ぶ 子連れ 季節 定番 家事 家族 家電 容器 密閉 寝室 対処 対処法 対策 寿命 小・中・高校 工夫 布 布団 干し忘れ 干し方 年下 幸せ 幼稚園・保育園 床 弁当 彼氏 後悔 意味 意識 戸建て・アパート 手作り 押し花 挨拶 掃除 掃除・洗濯 排水口 揚げ物 換気扇 支度が遅い 料理 新聞 新聞紙 方法 旅行 早く乾かす 時短 時間 景色 曇り止め 最強 有効活用 服 服・ファッション 服装 朝 朝ごはん 期間 本 本場 材料 枚数 柑橘類 染み抜き 桜 梅雨 棚 植物 業者 正月 武士 歯磨き・歯ブラシ 歴史 残り 母 毎日 比較 毛玉 毛玉取り 気持ち・心理 水 水垢 水抜き栓 水槽 水泳 水漏れ 油汚れ 泡立て方 注意 注意点 洗い方 洗う 洗剤 洗剤投入口 洗浄 洗濯 洗濯槽 洗濯物 洗顔 浴室 海 海外 消す 消臭 消臭剤 湿気取り 準備 漂白剤 漢字 炒める 焼きおにぎり 焼き方 焼肉 煮浸し 片付け 片付け・収納 特徴 犬 猫 献立 理由 理由・原因 生乾き 生乾き臭 生地 男の子 男性 相場 石 秋刀魚 種類 窓拭き 窓掃除 管理 節約 簡単 米 紐 素材 紫外線 結婚 絵・イラスト 締め方 練習 練習メニュー 練習方法 繁殖 置き場 美味しい 習い事 肩こり 育て方 脱皮 自分 自分で 自宅 自己紹介 自転車 臭い 色 花 花束 茶渋 茶碗蒸し 菓子・デザート 菜箸 落とし方 落とす 虫 虫除け 衣類 裁断 裏技 裏返し 親 観光 言葉 試合時間 調味料 豆腐 豚ひき肉 豚挽き肉 豚肉 貴重品 費用 賞味期限 赤ちゃん 趣味 足の臭い 身長・体重 車 車・運転 車同士 近所 造花 道具 違い 違反 選び方 那須 部屋 部屋干し 酸性 酸素 酸素系漂白剤 重曹 野球 野菜 釣り 鍋 除湿剤 雑菌 離婚 雨 雨よけ 電圧低下 電子レンジ 韓国 頻度 風呂 風呂掃除 風呂釜 食事 食用 飲み物 飼い主 飼い方 飾る 餌 高所 髪型 鳴き声 鳴らし方 鶏肉 黒ずみ 黒豆 目次• シフォンケーキは生焼けなど失敗する人が少なくない ふわふわシフォンケーキを作るコツ シフォンケーキは特別な材料を用意しなくても気軽に作れるケーキですが、作り方は決して簡単ではありません。 お店のようにふわふわなシフォンケーキを作る場合には、いろいろなポイントが存在します。 そのポイントを間違えてしまっただけで、生焼けになり失敗してしまうこともあります。 まずは、シフォンケーキを作るときのメレンゲは泡を潰さないようにすること、そして卵黄生地と混ぜ合わせ過ぎないことも生焼けを防ぐポイントになります。 また泡を潰さないためには、焼く時にすばやく熱を中に加える必要もあるため、オーブンの温度管理も重要です。 自宅のオーブンのクセ、熱の伝わり具合などを把握することも失敗回避に繋がりますよ!レシピだけではわからないコツを掴んでくださいね。 シフォンケーキが生焼けで失敗する原因で多いことは シフォンケーキにはプレーンの他にも沢山の種類があり、上手に作れるようになると具材入りのシフォンケーキに挑戦する方も増えます。 しかし今までは上手く焼けていたのに、具材を入れ込んだ途端に生焼けになり失敗してしまうことも。 シフォンケーキに混ぜ込んだ具材の水分が関係している まずはレシピ通りの分量を守ること。 少しだけ余ったから入れちゃえ!と、アバウトにレシピを変えると水分が多くなり失敗の原因になります。 次に水分量が多くなるのは具材の大きさも問題です。 大きな具材ほど含んでいる水分量が多くなるので、大きさは1センチ以下になるようにカットをしましょう。 また具材に小麦粉をまぶすことによって、水分が生地に流れ込むのを防ぐことが出来ます。 しかし具材を入れ込んでから混ぜすぎると、泡が消えてしまうだけでなく具材にまぶした小麦粉も生地に混ざり合ってしまうので、注意をしましょう。 もちろん火加減も、いつもより焼く時間を長くするなどの工夫が必要です。 シフォンケーキが生焼けで失敗しないためにメレンゲ作りのコツ シフォンケーキの成功を握るポイントはメレンゲ メレンゲを上手に作れるかどうかによって出来上がりに違いが出ます。 生焼けになってしまうなどの失敗がないように、メレンゲづくりをしっかりと行いましょう。 失敗しないコツ 卵は冷やしたものを使うこと、道具には水や油が付着していないこと、まずはこのコツをしっかりと頭に入れておいてください。 そしてハンドミキサーで卵白を泡立てていきますが、卵白を泡立てる時に入れる砂糖のタイミングもポイントです。 何度かに分けて砂糖を加えますが、これは砂糖が卵白の泡立てを邪魔してしまうために分けるというのが理由です。 しかし砂糖の量が卵白の半分以下の場合は、一度に加えても問題がなく、砂糖が卵白の水分を吸収するので、きめ細かな艶のあるメレンゲを作ることが出来ます。 最初は高速で、ある程度泡がたったら今度は低速で泡のキメを整えて、メレンゲに艶を出していきましょう。 泡立てすぎると、今度は逆にスカスカの泡に変わってしまうので、丁度よい泡立ちを見極めるのも大事なコツです。 繊細なメレンゲ作りはここにも注意 メレンゲを作るときには道具に水や油がついていないことがコツとお話しましたが、特に卵白に油が加わると、泡が立たなくなってしまいメレンゲを作ることが出来ません。 これはほんのわずかな油でもです。 しかし洗い残しや材料の入れ間違いがない限り、油は卵白に入り込まないはずと思いますよね。 しかし卵の黄身は油が含まれています。 卵白と卵黄を分ける時に、黄身が少し卵白に混ざってしまってもNGというわけです。 私もシフォンケーキを作っている時に、少しだけ黄身がメレンゲの卵白に混ざってしまったことがあり、卵黄が混ざるといけないということを知っていながらも、少しだけだから大丈夫だろうと泡立てを進めてみましたが、ある程度から全く卵白が泡立たなくなり、結局メレンゲを作ることが出来ませんでした。 新鮮な卵は黄身がやぶれることも少なく、またメレンゲを作るときも泡が壊れにくいのでしっとりとしたシフォンケーキを作ることが出来ます。 メレンゲを作るときには卵の新鮮さにも注意をしてみてください。 シフォンケーキが失敗する原因と解決方法 シフォンケーキの中身が空洞になってしまう失敗 これは泡立てが十分ではなかったことや、型に生地を流し込んだ時に空気が入ってしまったことが原因になる場合が多いです。 型に記事を流す時は、何度かに分けると空気が入り込みやすくなるので、一気に流し込むこと、また空気抜きも忘れずに行ってください。 シフォンケーキでありがちな失敗、目詰まり これは卵黄にしっかりと小麦粉と油分が混ざり合っていないとメレンゲをつぶしてしまい、目詰まりの原因となります。 メレンゲだけに気を取られずにこちらもしっかりと、まぜあわせを行ってくださいね。 また十分に膨らんで成功だと思ったシフォンケーキが型から取り外した時に、しぼんでしまうこともあり、これは型から外すタイミングが早いことが原因です。 しっかりと冷ましてから型から外しましょう。 シフォンケーキが失敗する原因が成功のポイント シフォンケーキの生焼けや膨らみ具合の失敗は、お菓子作りではありがちなことです。 しかし、そのつど失敗には原因があり、その原因も一つではありません。 何が失敗の原因かを追求して、次のシフォンケーキ作りに生かしていきましょう。 私はシフォンケーキを上手に作りたいと思うようになって、いろいろなレシピ本を見るようになりました。 そうすると作り方にはちょっとした違いがあり、上手に作るコツもいろいろと知ることが出来るようになりました。 同じお菓子を作るときでも、一つのレシピだけではなく、いくつかのレシピを試してみることで自分が上手に出来る作り方を見つけることも出来ます。 また何度も作ることで、オーブンのクセを知ることが出来るのも失敗しないコツの一つです。 ぜひ失敗しても懲りずに上達するまで挑戦してみてください。

次の

シフォンケーキを型からきれいに取り外す方法・コツ

シフォン ケーキ 型 から 外す タイミング

目次 シフォンケーキナイフ?いらないいらない。 シフォンケーキを型から外す時に、 シフォンケーキナイフ といったものがあります。 こんなやつです。 私も以前使用したことあるのですが… すみません、表面がガタガタになってしまって、 1回でくじけましたー^^; というワケで、私は別の方法で型はずしをしています。 一番手軽な方法はこれ! シフォンケーキを型からはずす時に、 道具は使いません。 では肝心の、外し方についてご説明します^^ 側面をはがす まずはシフォンケーキの側面をはずします。 手で生地を優しく中央に向かって抑えていくと、 生地が型から剥がされていきます。 ポイントはゆーっくりはがすこと。 ケーキが潰れるのではないか? というのが心配になりますが、 シフォンケーキが正しく作れていれば、 型はずし程度の抑えつけには耐えてくれます。 上の部分が剥がれたら、 手を奥に入れて、側面全て剥がしていきます。 底面をはがす 側面が取れたら、 今度は底面を外していきます。 内側の軸が見えてきたらあと少し! 内側は自然と取れることが多いですが、 くっついているようでしたら、側面、底面と同じ要領で 優しく剥がしてあげてくださいね。 それでも取りにくい場合は やさしく軸の部分をひねってあげると良いです。 この方法だと、凄く簡単で綺麗に型からはずせますので、 次回シフォンを焼いた時にはチャレンジしてみてくださいね^^ それでも型はずしが面倒という方へ そもそも型を外すのが面倒だ! という場合は 紙のシフォン型を使う というのも1つの手です。 こんなやつです。 ですが、紙型を使う場合、 金属型よりは熱伝導悪く、 焼き上がりはやや劣る という点は知っておいてください。 一方で、贈り物にしたい場合は、 紙の型で焼いて、そのまま型ごとラッピングできるので そういった面では紙型は重宝します。 ご自身の目的に合わせて、使い分けてあげてくださいね^^ それでは、楽しいお菓子作りを^^.

次の

スポンジケーキを型から外すタイミングはいつ?失敗しない外し方知りたい!

シフォン ケーキ 型 から 外す タイミング

しっかりと冷ましていますか。 専用のシフォンナイフがあればいいのですが、柔軟性のある薄手のものであれば十分に代用できます。 竹串をカッターで薄く平らに削ったのとか、すっかり見かけなくなったテレホンカードのようなものとか。 型に沿うようにゆっくりと上下に動かしながら2周程度もやれば綺麗に剥がせます。 ナイフは温めてやるといいですよ。 後考えられるのは、生地を流し込んだときに気泡が出来てしまっている事くらいです。 軽くとトントンと型を落としたり、竹串で数回かき回して大きな気泡を追い出して下さい。 下手にやり過ぎると膨らまなくなります。 1の方がいっているバター等を塗るのは、他のケーキでは常識ですが、シフォンケーキでは御法度です。 そんなことしたら、逆さまにして冷ましている最中に、焼き縮みして型から抜け落ちてしまいます。 Q このところシフォンケーキに凝っていろいろな味のものを作っています。 いつもは21cmのフッ素樹脂加工の型で焼いているのですが、先日はお友達にCDをお借りしたお礼にプレゼントしようと思い、12cmの紙の型(100均で購入)で焼きました。 焼き上がりまでは普段通りうまくいって、逆さにしてさましていたのですが、しばらくして見てみると外側が型から離れてしぼんでしまっていました。 内側と底はくっついていたので落ちはしませんでしたが、とてもプレゼントできるようなものではなくなってしまいました。 紙の型で焼くと、このようなことはよくあるのでしょうか? もしかして、100均の紙型だからだめなのでしょうか? 紙なので型から離れるとは思っていなかったのですが、何となくつるつるしていてコーティングしてあるような紙だったのでそのせいかとも考えています。 (でも、シフォン型なのに…) 紙の型で焼く場合に特に注意することや、うまく焼けるおすすめの紙型があればお教えください。 ちなみに、この失敗した型のその後ですが、型にはがれた外側の生地が張り付いていたので、ここに流し込んだら今度は張り付いてうまくいくかもしれないと思い、しぼんでしまったケーキを取り出して、その型にもう一度生地を流し込んで焼いてみました。 (こうなるともう実験感覚です。 このところシフォンケーキに凝っていろいろな味のものを作っています。 いつもは21cmのフッ素樹脂加工の型で焼いているのですが、先日はお友達にCDをお借りしたお礼にプレゼントしようと思い、12cmの紙の型(100均で購入)で焼きました。 焼き上がりまでは普段通りうまくいって、逆さにしてさましていたのですが、しばらくして見てみると外側が型から離れてしぼんでしまっていました。 内側と底はくっついていたので落ちはしませんでしたが、とてもプレゼントできるようなものではなくなってしまいました... Q シフォンケーキを焼くと、焼き上がりはとてもすばらしくできるのに、切ってみると大きな空洞があいてることがあります。 抹茶やココアなどの副材料が空洞を作りやすくしているのだと思っていましたが、今日コーヒーリキュールとインスタントコーヒーを入れただけのシンプルなケーキを作ってみても、とても大きな空洞ができてしまいました。 わたしのシフォンケーキの作り方は、卵黄をハンドミキサーで丁寧にあわ立て、「の」の字ができるまでの状態にしてから、オイルと水分を加え、粉を加え、ミキサーで粉気がなくなるまでしっかりあわせます。 卵白は冷やしながらハンドミキサーの低速でゆっくりつやが出てクリームの常態になるまであわ立てて、7分立てくらいになってから卵黄生地とあわせて焼きます。 (以前焦げることあったので) 穴があいてない部分はとてもしっとりキメ細かくできていて、「絶対失敗しないシフォンケーキ」という本で作っていたときよりも、作り方は気に入ってはいます。 なので空洞ができてしまう原因が知りたいです。 型に流し込む時は空気が入ってしまう気配はなかったので、卵黄をあわ立てることに問題があったのでしょうか。 科学的な根拠等、おわかりになる方がいらっしゃいましたら是非教えてください! シフォンケーキを焼くと、焼き上がりはとてもすばらしくできるのに、切ってみると大きな空洞があいてることがあります。 抹茶やココアなどの副材料が空洞を作りやすくしているのだと思っていましたが、今日コーヒーリキュールとインスタントコーヒーを入れただけのシンプルなケーキを作ってみても、とても大きな空洞ができてしまいました。 わたしのシフォンケーキの作り方は、卵黄をハンドミキサーで丁寧にあわ立て、「の」の字ができるまでの状態にしてから、オイルと水分を加え、粉を加え、ミキサーで粉気... A ベストアンサー 前私もシフォンケーキ失敗して、色々調べた事あります。 その時参考になったサイトです。 surugaya. rakuten. rakuten. ちなみに私の場合、ココア追加したせいで変な粘りが付いたとばっかり思っていたら、実は卵の温度が原因で卵白の腰が無くなっていたせいでした… Q 最近シフォンケーキ作りにはまって、頻繁に作っていますが、なかなか完璧なものができません。 1101. 生地を流し入れたときにはだいぶ余裕があるのですが、焼くとどんどん膨らんで、中心の筒より高くなります。 若干横にも広がるので、冷まして型から外すときに、ナイフが入れにくいくらいです。 毎回、焼き縮みもします。 初心者なので判断しにくいのですが、これは膨らみすぎなのでしょうか。 何か対策はありますか? それからレシピによって、メレンゲを八分立てくらいにするものと、しっかり泡立てるものとあります。 こういうレシピは八分立て…とか、区別はありますか? 詳しい方に教えていただけると助かります! Q 家庭用の電気オーブンでプレーンのシフォンケーキを焼いていたのですが壊れたので業務用の小さいリンナイのガスオーブンに買い換えました。 ですが、ガスオーブンにしてから分量も 全く同じで焼いているのに生地はあふれるは、目詰まりするはで困っています。 色んな温度でためしていますが、温度を高くすると焼いてる途中までは綺麗に膨らみますが途中で横に広がりだします。 温度を低めにすると膨らみはいいのですが冷ましてから切るとやはり目詰まりしています。 水分量を減らしたりと試行錯誤していますが結果やっぱり目詰まりしています。 もはやどうしたらいいかわかりません。 ガスオーブンでうまく焼く方法はありませんか? ちなみにレシピは20cmで卵M8個、薄力粉160g、牛乳70g、練乳30g、砂糖150g、米油65gで焼いています。 A ベストアンサー 補足ありがとうございます。 電気にしろガスにして今まで60分でキレイに焼けていたなら 今度のオーブンも 60分でキレイに焼ける温度を探されるのが 一つのコツです。 45分で焼けてしまう事から考えても温度がまだ高すぎて早く焼き色がついているかもです。 シフォンケーキにしろ焼き菓子にしろ 体積が同じで型の形が同じなら 中心まで火が通る時間は、同じなわけです。 ガスでも電気でも違いはありません。 ボクは、昔お菓子教室をしていたのですが電気オーブンよりガスオーブンは、20度から30度くらいは 低く設定して焼いてください。 とお教えしていました。 ですから 130度から140度くらいでもよいかと思います。 聞いた話ですが普通のスポンジをガスオーブンで焼こうと試作して120度でちょうどよかったと言っていた お菓子教室の講師がいました。 「目詰まりする」とのトラブルですが これも温度がまだ高すぎるのが原因かもしれません。 もしこれが当たっているとすれば 温度を下げてやればおのずと解決します。 イメージとしては、やや低い温度のオーブンに型を入れて生地全体をゆっくり膨張させて それから表面や内部を凝固させ そして焼き色がついて焼成が終わるみたいな感じです。 こういう考え方は、シフォンケーキのように高さがある焼き物では、特に重要です。 長くなりましたがもしご参考になれば幸せです。 うまく焼けるように祈っております。 ジルより 補足ありがとうございます。 電気にしろガスにして今まで60分でキレイに焼けていたなら 今度のオーブンも 60分でキレイに焼ける温度を探されるのが 一つのコツです。 45分で焼けてしまう事から考えても温度がまだ高すぎ... Q シフォンケーキについて詳しい方にお伺いします。 これまで何十回かシフォンケーキを作っていますが、 どうしても焼いている最後の5分~10分で焼き縮んで しまいます。 逆さにして冷めす間にさらに2~3cm縮んでしまいます。 これまで水分を減らしたり、メレンゲにコンスターチや塩を入れて みましたが、問題を解決できません。 焼き上がりの表面は花が咲いてきれいな焼き上がりです。 失敗の原因はメレンゲにあることが多いようですが、 キッチンエイドを使ってだいたい4分~6分程度(途中砂糖を入れる際、中速にします) しっかりとピンと角が立ちます。 焼き終えた跡、30cmくらい落とすという人もいますが 底上げの原因となり、根本の解決ではないので他の方法を探しています。 混ぜる際も生地が流れないようモタッとした感じを意識してます。 どなたか同じ経験をされている方で、ご存知の方いらっしゃいましたら、教えてください。 ボウルに卵黄を入れ混ぜる。 砂糖(13g)を全て入れ、白くもったりなるまで泡立て器で混ぜる。 卵黄に油を3回に分けて入れ混ぜる。 卵黄に人肌の温度の牛乳を数回に分けて入れ混ぜる。 小麦粉を高い位置から全体に振るいにかけ、だまがなくなるまで混ぜる。 【メレンゲ】 卵白は低速でコシを切るように回転させ(1分くら)、高速に切り替える。 白く泡立ってきたら砂糖を最初は少量、3回に分けて入れる。 メレンゲつやが出て来て生地に重みを感じたら終了(キッチンエイドで約5分)。 残りのメレンゲを2回に分けて、真ん中の部分を救うようにへらで全体を混ぜる。 生地が流れない程度で終了。 型に入れ置いた状態で、型を振って全体を平にする。 温度差があるので、フタを開けた多まま、庫内で逆さにしてしばらく冷ます。 シフォンケーキについて詳しい方にお伺いします。 これまで何十回かシフォンケーキを作っていますが、 どうしても焼いている最後の5分~10分で焼き縮んで しまいます。 逆さにして冷めす間にさらに2~3cm縮んでしまいます。 これまで水分を減らしたり、メレンゲにコンスターチや塩を入れて みましたが、問題を解決できません。 焼き上がりの表面は花が咲いてきれいな焼き上がりです。 失敗の原因はメレンゲにあることが多いようですが、 キッチンエイドを使ってだいたい4分~6分程度(途中砂糖を入れる際、中速にし... A ベストアンサー 上の部分が割れてくるという表現をなさっていますが… それは膨らんできた生地が型の上部からはみ出てきた部分でしょうか? 焼き上がりが3cm程型から盛り上がるぐらいが生地の適量です。 参考になりそうな画像を貼り付けておきました。 その部分はお店ではカットして使っています。 もったいないのでまかないの時間にスタッフの子達と食べていますが味は全然問題ないし ご自分で食べる分ならそのままでいいと思いますよ。 どなたかへのプレゼントならシフォンを切り分けてからも座りが好いのでカットしてしまった方が無難かもしれませんね。 まぁどちらにせよ焼いているときは上でも食べるときは下になる部分ですのであまり気になさらずに作ることを楽しんでください。 katch. htm.

次の