キラー クイーン ジョジョ 立ち。 【ジョジョ】キラークイーンが最強すぎ…あり得ない能力や活躍まとめ

キラークイーンとは (キラークイーンとは) [単語記事]

キラー クイーン ジョジョ 立ち

キラークイーンとは、• 、()の曲「」• に登場する(第4部、第8部)の、キラークイーン(1.の曲が元になっている)• 「」 後の名前は。 本記事では、2.について解説する。 と髑髏を合わせたようなの頭部を持った近。 肩や、のベルトや靴などにがついたような髑髏のエンブをあしらっている(同じようなの柄のをは所有している)。 近としてのは、のズ3のラッシュをだけで軽くあしらうことができるほど優秀であるが、、共に最高のやなどには敵わない。 本体のは、自分から攻撃することは好まないが、正体を追ってくる者とは闘わざるを得ないという性格からこの差が生まれてくる。 は 『』。 用途によって第1~第3のを使い分けることができる。 この『』のによって、今まででのの拠を残さず消し去ってきた。 が初めてを犯したの事件(、当時)ではまだが発現しておらず、惨殺の事件は知れ渡ってしまったが、後にのが入手したによってこの「キラークイーン」が醒めた。 以下、基本である 第1のについて解説。 第2の「」、 第3の「()」についてはを参照。 わたしの『キラークイーン』は触れたものなんでも爆弾に変えられる キラークイーンの基本となる第1のは、が触ったものを『』にする。 あらゆる物を『』にすることができ、化した物はキラークイーンがの親で「」を押す動作によって好きな時に爆破できる。 『』のは、にした物及びに触っていた者を内側から粉々になって爆破される。 対を跡形もなく消滅させるように爆破できるので、の拠や撃者などを一切残さず木端微に消し飛ばしてきた。 キラークイーンが化した物は、外見からその区別はだが、劇中の描写から本体のには「の付いたマー」が見えており、化した物の区別がつく。 これは、本体のにもキラークイーンの爆破が及ぶためでもある。 『』に変えた物は、その破壊や起爆方法、にしておく範囲など自在に設定できる 限度は不明。 ただし、にしておけるものはひとつまでで、一度何かを化したら、それがし終わる(または解除する)までは次のを作動できない。 また、キラークイーンの『』はで固定されていて、破壊があっても化は解除されずはありえないが、あくまで『』なので、するには周囲にが必要であり、がければすることはできない。 キラークイーンの『』は、以下の設定をに行える。 『』化した物を爆破させるか、『』に触っている者を爆破させるか設定できる 例えば破壊が起これば周囲がに思うようなノブなど、爆破によって不利益が起こるようなものは破壊させず残しておくように設定できる。 『』の点火手段を、『接触点火』か『手動点火』か設定できる 『』にかが最初に触れれば自動的に爆破できる『接触点火』と、キラークイーンが「」を押したでのみ爆破できる『手動点火』の二通りの点火手段がある。 前者は直接触ったものを爆破できるので破壊は大きいが意図しないものを爆破してしまう恐れがある。 は点火を間違えると爆破に巻き込めないための周囲を視認する必要がある。 どちらの点火手段でもキラークイーンが「」を押せば点火できる。 『』にする範囲の設定 一人をに変えることは可だが、「の」・「のみ」・「両や手首だけ残して爆破」・「一本」など細かく化の設定ができる。 これによって『』と楽しむために手首などを残しておいたり、転んだ際に頭をぶつけて死んでしまったかのようにを偽装したりできる。 の大きさの設定 にしたとその周囲を爆破したいならを大きく、怪だけさせたいならを切断したかのような小さな、懐に仕舞ったものを消し去りたいだけなら気化するようなとの大きさも自在にできる。 「爆発」と「空気」ッ!この世にこれほど相性のいいものがあるだろうかッ!? 第4部終盤にて、にとなったが仮死状態からと一体化して『』となり、と一戦交えたが、はこの後を始末せず裏にこっそり飼っていた。 その理由とは、「」の弾を「キラークイーン」でに変えた攻撃手段のためだったのだ。 「」にて、の解除に成功したものの、がへの攻撃手段として持ってきてしまったによって、同士の格闘で分が悪いに対して、射程外から『弾』によるの攻撃によってを苦しめた。 弾は『接触弾』『着弾点火弾』の二種類に撃ち分けることができ、『接触弾』は飛んで行って触ったものを直接爆破し、『着弾点火弾』はを貫通しの通るところどこまでも飛んでいきを計って爆破できる。 また、この弾は外部の破壊によって壊れる事はないが、本体の意思で裂を走らせ、その抜けて行ったで方向転換させている。 この中で、キラークイーンの部に洞があり、そこにを収納して部の開閉で弾の調節をしているのだが、キラークイーンは最初から部に洞があったのか?という疑問が残る。 兄のは触れると爆発するだけの「しゃぼん玉」だった… 第8部「」に登場するの名も、第4部のと同じ「キラークイーン」である。 の像は、第4部で登場したキラークイーンと変わらないが、そのはのによると「すぼん玉を飛ばす」。 であるが、とがののでした人物であり、その「&ウェット」が的なものを奪う「しゃぼん玉」を飛ばすであることから、その関連性についてめかされていた。 12巻より、のとしてが登場し、のキラークイーンも活躍した。 第4部のキラークイーンの第2のだった「」が、の違った形として発動でき、のラッシュは「WRYEEA!」。 君は死ななくてはならないんだ…関連動画の目撃者は生かしておけないよ… それじゃあ関連静画をクリップしてやるッ!『キラークイーンッ』!! 『キラークイーン』はすでに関連商品をポチっている……… 何て事だ…せっかく平穏に関連コミュニティになじむと思ってたのに…… 『キラークイーン』ッ!関連項目を爆破しろォーッ!!•

次の

人体での再現が難しいジョジョ立ちも決められる「ジョジョの奇妙な冒険」フィギュアまとめ in ワンダーフェスティバル2010[冬]

キラー クイーン ジョジョ 立ち

このページの目次 OPEN• 1.キラークイーンに見られる意外な特徴とは? ジョジョに出てくる超能力の一つに、「 スタンド」というものがあり、超能力が具現化されたものと考えると分かりやすいでしょう。 このスタンドを使える能力者を、「スタンド使い」などと表記し人間の理解を超えた力を発揮し、戦闘面でかなりの活躍をします。 第四部に登場した吉良吉影のスタンド「キラークイーン」は、ある意味で特殊で相当な力を持っていました。 キラークイーンの特徴の一つは、「吉良吉影の思想が強く反映している」という点が挙げられます。 このスタンドは、吉良吉影が持つ快楽殺人の証拠隠滅、そして平和な生活を守るために誕生したという経緯があります。 さらに爆弾による攻撃の種類が3つあり、そのどれもが非常に高い攻撃能力を有しているという点も特徴に挙げられるでしょう。 そして爆弾による攻撃を引き起こすためのルールなど、キラークイーンにはいくつかの制限が設けられているのも興味深いところ。 こうした制限が設けられているのは、原作者曰く「 爆弾攻撃は使い方によっては無敵になるから」とのこと。 2.実は最強?キラークイーンが持つあり得ない能力 吉良吉影のスタンド「キラークイーン」ですが、どのような 能力があると本編で明らかになったのでしょうか? 以下から、キラークイーンの攻撃方法や技、さらにはルールについて簡単にまとめておきますね。 触れたあらゆる物を爆弾に変化させ、対象物の外見は特に変化しませんが全身が爆弾になっているので体そのものを吹き飛ばすことが可能。 また、爆発力を切り替えることもできますが、この能力によって一度に爆弾にできるのは1つだけというルールがあります。 新たな物を爆弾にさせるには、対象物を爆発させるか解除するしかありません。 スポンサーリンク 対象をどの程度爆弾にさせるかは、使用者が調節でき爆発量をどのぐらいにするのかも、調節が可能です。 そのため、スタンド能力を持たない人間は、爆弾化された人間が知らない間に瞬く間に消えていくという不思議な体験をします。 吉良吉影の「証拠隠滅」という目的を達成するのに、まさにうってつけの攻撃といえるでしょう。 キラークイーンの左手の甲に、体温を感知するこの爆弾が仕組まれており、 体温を自動追尾して攻撃するので攻撃力が非常に高いです。 相手に接触すると爆発しますが、シアーハートアタックは爆発してもそのまま残ります。 第二の爆弾を使っている時でも、キラークイーンは何もしていないので第一の爆弾を作りだすことは可能です。 爆破という攻撃以外にも、非常に高い防御力を有しており吉良吉影は「弱点がない」と言い切るほど。 しかし、熱を感知して自動追尾をする所から想像できますが、「 単純な動き」しかできず人間が複数人いた場合は、体温が一番高い敵を標的として狙うという弱点があります。 つまり効果を満足に発揮するには、使用する状況やタイミングなどが非常に重要になってくるということです。 吉良吉影が矢に射抜かれることで発現したもので、本体が絶望を強く感じたり不利な状況に陥ることで能力が発動します。 スタンド使いではなく、吉良吉影の情報を知る者に対してキラークイーンを取りつかせ、その者が吉良吉影の情報を得た人物、また得ようとした者や秘密を知る人間を攻撃しようとした人を爆殺。 それだけではなく、それまでの時間の経過を消し飛ばせ、およそ1時間ほど巻き戻してその件を無かったことにできます。 スポンサーリンク 証拠隠滅における最強のものであり、完全犯罪を成立させるのにこの上ない攻撃と言えるでしょう。 本編では「時間をぶっ飛ばす爆弾」と表現されており、この攻撃がどのようなものであるかが理解できるのではないでしょうか? 一見すると攻撃も守りも、そして証拠隠滅まで全てが揃っているように見えますが、実は弱点があります。 本体が能力を解除するタイミングを誤ると、一方的に相手を殺してしまう• キラークイーンが別の者の所に行くので本体が無防備になり、戦闘能力がゼロになる• 能力を一度でも解除すると、本体が再び強く絶望しなければならない こういった制限が付いているので、とても強力ではありますが使いどころが難しく、絶対に成功できる環境でなければ使いにくいです。 とても強い能力で原作者ですら「最強の能力の一つ」と挙げていますが、使用する描写が少ないため謎の多い技とも言われています。 3.キラークイーンの活躍がヤバいと分かるエピソード 冒頭でも軽く触れた通り、キラークイーンは吉良吉影が「証拠隠滅」と「平和な生活」の2つを実現するために登場しました。 快楽殺人犯であり、指のキレイな女性の手を切断していつも持ち歩き、その手で食事をするという常軌を逸した行動をしている吉良吉影。 数十人を殺害していましたが、キラークイーンの能力によって消し飛んだので彼が殺害したという証拠がありません。 自身の犯罪を消すためにはうってつけの能力なので、「証拠隠滅」という点で役立っているのは理解できます。 しかし、キラークイーンのもう一つの存在理由である、「 平和な生活」に関してはどのように貢献しているのでしょうか? 実は吉良吉影は、何事もない平和な毎日を誰よりも望み平穏であることを常に願っています。 静かに暮らしつつも、自身の性癖を抑えることはできないという一見すると 矛盾しているような感情が、彼の心を支配していました。 感情がかき乱されるのも嫌い、自身が殺人犯だと誰かに気付かれるのも、絶望を感じるのも嫌な人物が吉良吉影。 第三の爆弾「バイツァ・ダスト」は、時間を吹き飛ばす効果を持ち、それは吉良吉影にも影響を与えます。 つまり「絶望」という感情すら吹き飛ばすので、平安に暮らすための究極の方法として、この能力が発現するようになりました。 まとめ ここでは、 キラークイーンの特徴や活躍などについて紹介していきました。 キラークイーンは、爆弾を使って攻撃する吉良吉影のスタンドであり、彼が持つ願望を実現してくれる能力に秀でています。 自身の存在を知ろうとする者などを証拠隠滅のために爆殺し、さらに絶望を感じたという記憶すら吹き飛ばすことで「平安に暮らす」ことを叶えてくれるのです。 結局主人公側に倒されてしまいましたが、本作でもトップクラスの能力であることは間違いありません。 本体ではなくスタンドですが、特徴的なキャラクターなので読者の間でも支持されています。

次の

人体での再現が難しいジョジョ立ちも決められる「ジョジョの奇妙な冒険」フィギュアまとめ in ワンダーフェスティバル2010[冬]

キラー クイーン ジョジョ 立ち

キラークイーンとは、• 、()の曲「」• に登場する(第4部、第8部)の、キラークイーン(1.の曲が元になっている)• 「」 後の名前は。 本記事では、2.について解説する。 と髑髏を合わせたようなの頭部を持った近。 肩や、のベルトや靴などにがついたような髑髏のエンブをあしらっている(同じようなの柄のをは所有している)。 近としてのは、のズ3のラッシュをだけで軽くあしらうことができるほど優秀であるが、、共に最高のやなどには敵わない。 本体のは、自分から攻撃することは好まないが、正体を追ってくる者とは闘わざるを得ないという性格からこの差が生まれてくる。 は 『』。 用途によって第1~第3のを使い分けることができる。 この『』のによって、今まででのの拠を残さず消し去ってきた。 が初めてを犯したの事件(、当時)ではまだが発現しておらず、惨殺の事件は知れ渡ってしまったが、後にのが入手したによってこの「キラークイーン」が醒めた。 以下、基本である 第1のについて解説。 第2の「」、 第3の「()」についてはを参照。 わたしの『キラークイーン』は触れたものなんでも爆弾に変えられる キラークイーンの基本となる第1のは、が触ったものを『』にする。 あらゆる物を『』にすることができ、化した物はキラークイーンがの親で「」を押す動作によって好きな時に爆破できる。 『』のは、にした物及びに触っていた者を内側から粉々になって爆破される。 対を跡形もなく消滅させるように爆破できるので、の拠や撃者などを一切残さず木端微に消し飛ばしてきた。 キラークイーンが化した物は、外見からその区別はだが、劇中の描写から本体のには「の付いたマー」が見えており、化した物の区別がつく。 これは、本体のにもキラークイーンの爆破が及ぶためでもある。 『』に変えた物は、その破壊や起爆方法、にしておく範囲など自在に設定できる 限度は不明。 ただし、にしておけるものはひとつまでで、一度何かを化したら、それがし終わる(または解除する)までは次のを作動できない。 また、キラークイーンの『』はで固定されていて、破壊があっても化は解除されずはありえないが、あくまで『』なので、するには周囲にが必要であり、がければすることはできない。 キラークイーンの『』は、以下の設定をに行える。 『』化した物を爆破させるか、『』に触っている者を爆破させるか設定できる 例えば破壊が起これば周囲がに思うようなノブなど、爆破によって不利益が起こるようなものは破壊させず残しておくように設定できる。 『』の点火手段を、『接触点火』か『手動点火』か設定できる 『』にかが最初に触れれば自動的に爆破できる『接触点火』と、キラークイーンが「」を押したでのみ爆破できる『手動点火』の二通りの点火手段がある。 前者は直接触ったものを爆破できるので破壊は大きいが意図しないものを爆破してしまう恐れがある。 は点火を間違えると爆破に巻き込めないための周囲を視認する必要がある。 どちらの点火手段でもキラークイーンが「」を押せば点火できる。 『』にする範囲の設定 一人をに変えることは可だが、「の」・「のみ」・「両や手首だけ残して爆破」・「一本」など細かく化の設定ができる。 これによって『』と楽しむために手首などを残しておいたり、転んだ際に頭をぶつけて死んでしまったかのようにを偽装したりできる。 の大きさの設定 にしたとその周囲を爆破したいならを大きく、怪だけさせたいならを切断したかのような小さな、懐に仕舞ったものを消し去りたいだけなら気化するようなとの大きさも自在にできる。 「爆発」と「空気」ッ!この世にこれほど相性のいいものがあるだろうかッ!? 第4部終盤にて、にとなったが仮死状態からと一体化して『』となり、と一戦交えたが、はこの後を始末せず裏にこっそり飼っていた。 その理由とは、「」の弾を「キラークイーン」でに変えた攻撃手段のためだったのだ。 「」にて、の解除に成功したものの、がへの攻撃手段として持ってきてしまったによって、同士の格闘で分が悪いに対して、射程外から『弾』によるの攻撃によってを苦しめた。 弾は『接触弾』『着弾点火弾』の二種類に撃ち分けることができ、『接触弾』は飛んで行って触ったものを直接爆破し、『着弾点火弾』はを貫通しの通るところどこまでも飛んでいきを計って爆破できる。 また、この弾は外部の破壊によって壊れる事はないが、本体の意思で裂を走らせ、その抜けて行ったで方向転換させている。 この中で、キラークイーンの部に洞があり、そこにを収納して部の開閉で弾の調節をしているのだが、キラークイーンは最初から部に洞があったのか?という疑問が残る。 兄のは触れると爆発するだけの「しゃぼん玉」だった… 第8部「」に登場するの名も、第4部のと同じ「キラークイーン」である。 の像は、第4部で登場したキラークイーンと変わらないが、そのはのによると「すぼん玉を飛ばす」。 であるが、とがののでした人物であり、その「&ウェット」が的なものを奪う「しゃぼん玉」を飛ばすであることから、その関連性についてめかされていた。 12巻より、のとしてが登場し、のキラークイーンも活躍した。 第4部のキラークイーンの第2のだった「」が、の違った形として発動でき、のラッシュは「WRYEEA!」。 君は死ななくてはならないんだ…関連動画の目撃者は生かしておけないよ… それじゃあ関連静画をクリップしてやるッ!『キラークイーンッ』!! 『キラークイーン』はすでに関連商品をポチっている……… 何て事だ…せっかく平穏に関連コミュニティになじむと思ってたのに…… 『キラークイーン』ッ!関連項目を爆破しろォーッ!!•

次の