ファモチジン 先発。 かんじゃさんの薬箱

ガスター、プロテカジン、ザンタックの違い

ファモチジン 先発

ファモチジン錠「クニヒロ」はガスター10と同成分 ファモチジン錠「クニヒロ」もガスター10も同じ「ファモチジン」という成分になっています。 ガスター10と同じ成分の薬は他にも 「ベッセンH2」なども同じ成分になります。 どうして同じ成分の薬が複数発売されているのか簡単に言うと、ファモチジン錠「クニヒロ」はガスター10の ジェネリック医薬品の様な位置付けになるんです。 ジェネリック医薬品というものをざっくり説明しますと、薬は大きく2つから成り立っています。 1つは効果を発揮する「主成分」、もう1つは薬を作る過程で必要な「添加物」で成り立っています。 この2つで薬ができているんですが、そもそも薬を開発するのは時間が数十年かかり、さらに数千億円かかるとも言われています(ただし薬によって異なります)。 しかし薬は10数年経つとその作り方や成分の特許が切れてしまうんです。 すると他の会社がその成分や作り方を利用して一斉に作り始めるんですが、最初に作った会社とは違い数千億の開発費がかかっておらず、さらに効果はお墨付きですから広告を打たなくても済みます。 するとその分値段を安くする事が可能となるんです。 つまりファモチジン錠「クニヒロ」はそんなガスター10と同じ主成分になり、さらに値段はガスター10よりも安くて販売されています。 効能・効果や飲み方は全く一緒になります。 定価はファモチジン錠クニヒロもガスター10も1580円(12錠)ですが、実際の販売価格は ファモチジン錠クニヒロは半額程度になっています。 ファモチジン錠クニヒロの胃への効果 ファモチジン錠クニヒロの成分はその名の通り 「ファモチジン」になりますが、このファモチジンはどのような働きがあるのかと言うと 「胃酸の分泌を抑えてくれる」働きがあります。 では胃酸の分泌を抑えるとどうなるのか説明します。 胃は食べ物を溶かすために胃酸を出しています。 当然胃酸は胃を傷つけるためではなく 食べ物を溶かすために分泌されています。 そして胃酸は非常に強力です。 歯を溶かすぐらいの強さは余裕であります。 そんな胃酸から胃を守るために様々なものが分泌されています。 これを 「防御因子」と呼びます。 胃酸から胃を防御するため防御因子ですね。 通常胃の中は「胃酸」と「防御因子」のバランスが保たれて胃を傷つける事はありません。 しかしストレスや食生活などが影響し、胃の働きが悪いとこのバランスが崩れて胃酸の方が強くなってしまう事があります。 その結果胃酸が食べ物だけでなく「胃自体」を攻撃してしまい、胃痛だったり胃潰瘍を引き起こしてしまうんですね。 そしてファモチジンにはそんな 胃酸の分泌を抑えてくれる効果があり、胃を胃酸から守ってくれる事につながります。 ファモチジン「クニヒロ」が人気な理由 ファモチジン錠クニヒロやガスターは大変人気がある商品です。 胃薬と言えば色んな成分を何種類も配合しているイメージがありますが、このファモチジン錠クニヒロやガスター10の成分は「ファモチジン」しか入っておりません。 それでも大人気です。 その理由としてはやはり 「胃酸を抑える力が圧倒的に強い」事が挙げられるでしょう。 胃酸を抑える成分はたくさんあります。 同じ様な働きのある「シメチジン」や「ラニチジン」などもあります。 しかしそれらと比較しても「ファモチジン」はかなり強く胃酸の分泌を抑えてくれるんです。 市販薬の中で 胃酸を抑える作用は現時点では一番強いと言って間違いありません。 この効果の強さが多くの人に支持される理由となります。 ファモチジン錠クニヒロがおすすめな人 胃痛や胸やけがある人にはファモチジン錠クニヒロは大変適しています。 また、これまでガスターを使用して症状の改善が見られた人や、ガスターは少し高いなあと思っていた人などには効果はほぼ同じと考えてもらっていいので、結果値段が安い薬となりますのでかなりおすすめの薬となっています。 ただ問題なのが症状によってはファモチジンでは治らず、 早めに病院を受診した方が良いケースがありますので紹介します。 ・周りにも同じような症状が起きている場合 ノロウイルスやロタウイルスなどによる感染性の胃腸炎の可能性があります。 下痢や嘔吐を伴う場合は特に脱水症状に注意してください。 ・出血がある場合 胃潰瘍や十二指腸潰瘍が起きている場合があります。 もし 吐血したり黒っぽい嘔吐物があったり、便が黒くなっていたりする場合は注意してください。 ・症状の改善がない場合 もし 3日経っても改善が見られない場合や、薬を使用していても 全く症状が変わらない場合は受診するようにしましょう。

次の

ガスター、プロテカジン、ザンタックの違い

ファモチジン 先発

ガスター錠20mgに関連する病気 関連する可能性がある病気です。 胃食道逆流症(逆流性食道炎) 胃潰瘍、十二指腸潰瘍 ガスター錠20mgの主な効果と作用• や、胃炎、などを治療するお薬です。 胃酸や胃液に含まれる消化 酵素の分泌をおさえる働きがあります。 胃酸や胃液に含まれる消化酵素の分泌をおさえる働きや、出血をおさえる働きがあります。 潰瘍や胃炎などによる 消化管の出血を治療するお薬です。 ガスター錠20mgの用途• Zollinger-Ellison症候群• の胃粘膜 病変の改善• の胃粘膜出血の改善• の胃粘膜 発赤の改善• の胃粘膜 浮腫の改善• の胃粘膜 びらんの改善• 急性ストレス 潰瘍の上部 消化管出血• 出血性胃炎の上部消化管出血• 消化性潰瘍の上部消化管出血• 吻合部潰瘍• の 急性増悪期の胃粘膜病変の改善• の急性増悪期の胃粘膜出血の改善• の急性増悪期の胃粘膜発赤の改善• の急性増悪期の胃粘膜浮腫の改善• 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 主な副作用 白血球減少、便秘、Al-P上昇、痙攣、徐脈、頻脈、房室ブロック、肝機能異常、可逆性の錯乱状態、うつ状態、めまい 起こる可能性のある重大な副作用 呼吸困難、再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、溶血性貧血、全身倦怠感、脱力、皮下出血、粘膜下出血、発熱、中毒性表皮壊死融解症、Toxic Epidermal Necrolysis、TEN、皮膚粘膜眼症候群、Stevens-Johnson症候群、肝機能障害、黄疸、AST上昇、ALT上昇、横紋筋融解症、高カリウム血症、ミオグロビン尿、著明な血清逸脱酵素上昇、筋肉痛、QT延長、意識障害、全身痙攣、痙直性痙攣、間代性痙攣、ミオクローヌス性痙攣、間質性腎炎、急性腎障害、皮疹、腎機能検査値異常、BUN上昇、クレアチニン上昇、間質性肺炎、咳嗽、胸部X線異常、不全収縮、ショック、アナフィラキシー、全身潮紅、血管浮腫、顔面浮腫、咽頭浮腫、蕁麻疹、血小板減少 上記以外の副作用 乳汁漏出症、CK上昇、味覚異常、背部痛、過敏症、発疹、紅斑、好酸球増多、下痢、軟便、口渇、悪心、嘔吐、腹部膨満感、食欲不振、口内炎、血圧上昇、顔面潮紅、耳鳴、総ビリルビン上昇、LDH上昇、無気力感、頭痛、眠気、不眠、月経不順、女性化乳房 ガスター錠20mgの用法・用量• 〈胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、上部消化管出血(消化性潰瘍、急性ストレス潰瘍、出血性胃炎による)、逆流性食道炎、Zollinger-Ellison症候群〉通常成人にはファモチジンとして1回20mgを1日2回(朝食後、夕食後または就寝前)経口投与する• また、1回40mgを1日1回(就寝前)経口投与することもできる• なお、年齢・症状により適宜増減する• ただし、上部消化管出血の場合には通常注射剤で治療を開始し、内服可能になった後は経口投与に切りかえる• 〈次記疾患の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善:急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期〉通常成人にはファモチジンとして1回10mgを1日2回(朝食後、夕食後または就寝前)経口投与する• また、1回20mgを1日1回(就寝前)経口投与することもできる• なお、年齢・症状により適宜増減する• (用法及び用量に関連する注意)7. 1. 腎機能低下患者への投与法ファモチジンは主として腎臓から未変化体で排泄されるが、腎機能低下患者にファモチジンを投与すると、腎機能の低下とともに血中未変化体濃度が上昇し、尿中排泄が減少するので、次のような投与法を目安とする〔9. Ccr:クレアチニンクリアランス ガスター錠20mgの使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• 過敏症• 肝機能障害• 腎機能障害• 腎機能低下• 心筋梗塞• 心筋症• 心疾患• 弁膜症• 薬物過敏症 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 高齢者• 授乳婦• 新生児 低出生体重児を含む• 幼児・小児 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 高齢者 65歳〜• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 小児等 0歳〜14歳• 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。 高齢者 65歳〜 ガスター錠20mgの注意が必要な飲み合わせ.

次の

ファモチジン錠20mg「トーワ」

ファモチジン 先発

効果・効能・作用 ファモチジン錠は胃酸を分泌させるように働きかけるホルモン信号のうち、一番強力なヒスタミンの信号をブロックするよう働きかける胃薬(H2ブロッカー)です。 症状の悪化や副作用などのリスクが高まる可能性もありますので医師に伝えておきましょう。 妊娠の有無を必ず医師に伝えてください。 医師の判断で使用されることもあります。 併用して使用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示をあおいでください。 ・アゾール系抗真菌薬(イトラコナゾール)(代表製品:イトリゾール) また、風邪の際によく処方されるムコダイン、メジコン、ロキソニン、フロモックスなどは飲み合わせに問題ありません。 効果時間 ファモチジンは、服用してからおよそ3時間後に血中で薬の濃度が最も高くなります。 最高血中濃度に達してから、およそ3時間後に血中で薬の濃度が半分になります。 H2ブロッカーは、薬が代謝されて血中濃度が低下すると、効力を急速に失うことが知られています。 薬効・薬理 ファモチジンは胃粘膜壁細胞のH2受容体を遮断し、胃酸分泌を抑制することにより、胃・十二指腸潰瘍、胃炎等の治癒効果を示します。

次の